週刊すたのじん #004|わかりやすく伝える。

人に伝えることの、なんと難しいことよ。

こんなに何本も記事を書いているのに、「わかりやすく人に伝える」というスキルを獲得できるのは一体いつになるのでしょうか。ゴールがなかなか見えてきません。試行錯誤の毎日です。


この1週間で書いた記事を、当サイトの3本柱である「旅」「ガジェット」「アカデミック」を軸にまとめました。

「週刊すたのじん」のバックナンバーはこちらから。

週刊すたのじん バックナンバー


週末台湾|第5回|観光客のいない路地裏

週末台湾|第5回|観光客のいない路地裏 – starnote*
物語の最終章は、人の少ない路地裏から。 実際に歩いてみないとその街の雰囲気はわからないから、できるだけ歩きたい。そう思った。 住宅街の中にあるステーショナリーショップ「TOOLS to LIVEBY」に寄ったあと、台北101を目指して歩く。Googleマップによると、道のりは1kmほどだ。 → 週末台湾|第4回|ステーショナリーショップ「TOOLS to LIVEBY」 普通に歩けば15分くらいで到着するはずなのに、被写体を探しながら右を見たり、左を見たり。全然進まないな。 台湾はバイクが多い。車が渋滞していても何のその。縦横無尽にすり抜けて、信号待ちのバイク専用レーンに吸い寄せられる。 観光客なんて誰もいないエリアだ。普通の外国人はこんなところを訪れないのだろうけど、人々の日常生活の中に「その国らしさ」が現れるはず。だから僕は歩く。 台湾の建物は少し特殊で、1階部分が奥まっている。ほとんどの建物がこんな構造なので、雨の日も傘を差さずに歩くことができる。 この先にあったスタバに寄って、軽く記事を書いた。 行き当たりばったりな旅だけど、ひとつだけ、自分に課したルールがある。それは、きちんと写真と向き合ってみよう、ということ。 → 写真と向き合う旅を、台湾にて。 スタバを出て少し歩くと大きな通りに出た。都会だ。 ここで後ろを振り返ると—— おお、台北101だ。いきなり現れてびっくりしたよ。最初は上るか迷ってたけれど、これを目前にしたら展望台に行ってみたくなるよね… → 週末台湾|第3回|光り輝く台北の街を、台北101から 小一時間、天空から写真を撮っていると、あたりはすっかり暗くなってしまった。 いったんホテルにチェックインして重い荷物を置き、士林夜市へ。 観光客よりも地元の人々で賑わってるような雰囲気。活気があっていいなぁ。 MRTに乗ってホテルに戻る。一日中歩いて疲れたから、足をゆっくり休めよう。 翌朝。ホテルを出てMRTの駅に向かう。

週末台湾|第5回|観光客のいない路地裏

日本にいればなんでもない週末を、ちょっと特別なものにしたい。——というコンセプトで紡いだ物語『週末台湾』。約3カ月間にわたって連載してきた記事が完結しました。

これまでの僕のブログに対する「飽きっぽい」というスタンスだと、永遠に完結しなかったかもしれない。でも、毎日更新することによって更新のモチベーションが維持され、他の記事を量産しながらでも無事に終わらせることができました。

プロローグも合わせると全部で6記事。数えてみると多くはないのですが、普段の記事よりも時間をかけて丁寧に文章を紡ぎ出しました。

『週末台湾』シリーズ一覧はこちら


ガジェット

iPadのペーパーライクフィルムを1日でギブアップした話。僕の評価をまとめます。

iPadのペーパーライクフィルムを1日でギブアップした話。僕の評価をまとめます。 – starnote*
書きやすいと評判の「ペーパーライクフィルム」。iPad Proの画面に貼ることで、Apple Pencilで書くときに紙のような質感を得ることができます。 確かに書きやすさは評判どおりなのですが、その分諦めないといけない要素が多かったです。なので1日でギブアップしてしまいました。 iPadのペーパーライクフィルムを1日でギブアップした話 僕が買ったのはこちらの商品です。エレコムの「上質紙タイプ」。貼ってると全体的にマットな質感になります。ノッチ部分の色が違うのでわかりやすいかな。 結構いい値段がして(2,000円くらい)、がんばって貼ったので、もし合わなくても最低でも1週間くらいは使おうと思っていました。でも僕には向いていなかったので、1日で剥がしてしまいました。 iPad Proにペーパーライクフィルムを1日過ごしたけど今すぐ剥がしたい衝動に駆られる。でも1週間使ってみるって決めたから我慢。— みけめろ@starnote* (@info_starnote) 2018年12月10日 結局のところ、何がよくて、どこがダメだったのか、この記事で振り返ります。 ペーパーライクフィルムの評価 まずは結果から。「書き心地」「手触り」「画面の見え方」の3つの視点でペーパーライクフィルムを評価してみましょう。 書き心地 書き心地は、10点満点中9点。 評判どおり、めちゃめちゃ書きやすいです。初めて使ってみましたが、本当に紙のような質感ですね。フィルム1枚でこんなに変わるなら、本職のイラストレーターさんは大助かりだろうなー。 本当は10/10にしたいですが、Apple Pencilの先がすり減るので1点減点しました。下のような「ペン先の消耗を抑えるケント紙タイプ」だと満点かもしれません。 手触り 手触りは10点中2点。もう最悪なので1点にしたかったけど、お情けで2点。 うーん、何と言えば伝わるのでしょうか。指先にかさぶたがついているような感じ、と言えば伝わるかな。滑りのいいiPadのディスプレイに慣れていると、「iPadではない別のモノ」を触っている感覚を覚えます。 また、言うなればヤスリみたいな感じなので、爪が削れるし、指をスライドさせるたびに音がしてうるさいです。ちょっと普段は使いたくないかな…

iPadのペーパーライクフィルムを1日でギブアップした話。僕の評価をまとめます。

11インチiPad Proの本体以上に楽しみだった「ペーパーライクフィルム」の感想です。期待値が大きかったからかもしれないですが、少し肩すかしを食らったような感じです。

記事にも書きましたが、「書きやすさに全振りしていて、それ以外のすべてが犠牲になっている」というのが、僕の感想を端的に表していると思います。

Apple Pencilで書くのがメインの用途であるのであれば、とても使い心地がいいと思います。でも僕は写真の現像をすることが多いので、残念ながら向かなかったです。


使いやすいリングノートの最新作「ロルバーン・ランドスケープ」をレビュー

使いやすいリングノートの最新作「ロルバーン・ランドスケープ」をレビュー – starnote*
こだわり抜かれて作られたモノに心が躍ります。 僕が大好きな「DELFONICS」というステーショナリーブランドが出している「Rollbahn」というリングノートがあります。よく使っている人を見かけるので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。 その新作を買ったのでレビューします。 使いやすいリングノートの最新作 僕は「DELFONICS」というステーショナリーブランドが大好きです。特にインナーキャリングがお気に入りで、もう10年くらい使っています。 → 数年来使ってきたDELFONICSのインナーキャリングとペンケースを、新しいものに入れ替えました。 そんなDELFONICSが出している「Rollbahn」(ロルバーン)というシリーズのリングノートがあります。 ゴムバンドがついていて不意に開いたりしないし、最後のページにはポケットがついていて付箋などを仕舞うことができるし、気の利いたリングノートなのです。意外と持っている人を見かけます。 つい先日、Rollbahnの新作「Landscape」が発売されたので購入してみました。考えることに特化しているそうです。 横長のRollbahn 「Landscape」という名前が表しているように、横長の形状です。普通のRollbahnは縦長サイズの印象が強いので、とても新鮮ですね。 サイズは2種類あります。小さめの「フィールド」と、大きめの「デスク」。僕が買ったのは「フィールド」です。 裏表紙の中央下には「DELFONICS」の刻印が入っています。ディテールまでこだわり尽くされているモノ、大好物です。 サイズ感を見てみよう いろんなモノを並べて、サイズ感を比較してみましょう。まずはiPhone XS Maxですが、縦方向が同じくらいです。実測で17cmでした。 また、キーボードやマウスと並べると、こんな感じです。横方向の実測はちょうど20cmです(リング部含まず)。 中身は5mm方眼+分割ガイド 開いてみると、見開きで横40cmもの巨大なノートになります。使いやすい5mm方眼に加えて、端と中央には「分割ガイド」とよばれる点がついています。

使いやすいリングノートの最新作「ロルバーン・ランドスケープ」をレビュー

文房具はカジェットではないかもしれないけれど、近いところにあると思うのでここに分類。

僕が大好きなステーショナリーブランド「DELFONICS」が出している、「Rollbahn(ロルバーン)」というリングノートのシリーズがあります。

このシリーズから「考えることに特化した」と謳うノートが先日発売されました。品川駅で時間を潰しているときにSmithで見つけたので買ってみました。


アカデミック

わかりやすい発表スライドを作るための5つの鉄則 〜内容とデザインの両面から〜

わかりやすい発表スライドを作るための5つの鉄則 〜内容とデザインの両面から〜 – starnote*
僕の大学院では、まもなく博士課程の学位論文公開審査会が開かれます。 なので最近は発表用のスライド作成に追われていますが、これまでの4年間の博士課程で試行錯誤してきたことの集大成だと思って作業しています。 せっかく試行錯誤してきたので、僕が発表スライドを作る際に気にかけていることを5つ、内容とデザインの両面から紹介します。 薬学系博士課程の大学院生です 本題に入る前に軽く自己紹介を。 僕は現在、国立大学薬学部の博士課程に在籍しています。4年間通うカリキュラムの4年生です。 在学中は、国際学会でも英語での発表を行ったりして、それなりに「学会発表」というものを経験してきたつもりです。この記事に書いている内容は、その中で試行錯誤してきた結果です。 わかりやすい発表スライドを作るための5つの鉄則 スライドにおけるデザインとは、聴衆が初見で理解できるものを作ることです。ただ見た目にこだわればいいわけではなく、わかりやすさが伴っていないと意味がないです。 ——という話を以前書いたので、未チェックの方はぜひ。当サイトで2番目によく読まれている記事です。 → 学会発表における「スライド」と「デザイン」の、切っても切れない関係。 上の記事はざっくりした概論のような話だったので、今回はもう少し踏み込みます。具体的には、内容とデザインの両面から、以下に示す「5つの鉄則」について解説します。 鉄則① —— 最初に全体像を示す 鉄則② —— 徹底的にエッジを合わせる 鉄則③ —— できるだけ原色を使わない 鉄則④ —— 文字を詰め込まない 鉄則⑤ —— イラストを多用してわかりやすく では、ここからが本題です。 鉄則①:最初に全体像を示す 自分が聴衆となる場合を想定してみましょう。初めて聞く話だと、最初から詳しい内容を説明されても理解が追いつかないことがあります。 その原因としては「話すのが速い」とか「スライドが難解」とか、さまざまです。しかし、突き詰めて考えてみると、発表の構成自体に問題があることが多いです。 聴衆が理解できない発表をするのも不本意だと思うので、できるだけ聞く側のペースに合わせた方がいいです。

わかりやすい発表スライドを作るための5つの鉄則 〜内容とデザインの両面から〜

博士課程の「公開審査会」というものが明日開催され、30分間のプレゼンで、在籍中に行った研究を発表します。普段の学会などは10分程度の発表なので、こんなに長い時間話すのは初めてです。(研究室内の文献紹介とかでは30分が普通だけども)

この1週間は、スライドを作ったり、リハーサルをしたりしていましたが、その中で感じたのは「人にわかりやすく伝える」というのはとても難しいということ。それはプレゼンだけではなく、論文やブログの執筆にも共通する問題です。

この記事では、人にわかりやすいと言ってもらうために、「スライドをつくる」という点においてどのようなアプローチをすればいいのか、ということについて書きました。


ライフスタイル

渋谷ヒカリエで開催中の「47都道府県の健やかなデザイン展」を見てきた

渋谷ヒカリエで開催中の「47都道府県の健やかなデザイン展」を見てきた – starnote*
東横線の改札を出てヒカリエのエスカレーターを上っていたら、気になるイベントのポスターを見つけました。その名も「47都道府県の健やかなデザイン展」。 素敵なデザインを見てワクワクする人間としては、ぜひ見ておきたい。本当は7階でご飯を食べようと思っていたけれど、僕の足はそのまま8階へ進んでいました。 47都道府県の健やかなデザイン展 「47都道府県の健やかなデザイン展」とは、日本全国から機能的で美しいデザインの製品を寄せ集めたデザイン展。 1都道府県につき1つ展示されていて、併設されているショップでは展示品と同じものを購入することができます。渋谷ヒカリエ8階の「8/04/d47 MUSEUM」で2019年3月4日まで開催中です。 47分の6をピックアップ 47都道府県からひとつずつ、計47種類の製品が展示してありますが、その中から僕の心に響いた6つを紹介します。5つに絞れなかったので6つです。 ※ 1〜3の紹介文は見やすいように転記しています。 BUNACO BOWL(青森県) 青森県で資源量日本一を誇るブナ。その有効活用のために開発された技術による食器。 フナの木製テープを使った他にない製造方法と、軽さと強度。 西目屋小学校の旧校舎をリノベーションした工場では、見学と製作体験ができる。 ブナ材を有効活用した新しい工芸品「ブナコ」。「コ」は「コイル」に由来していて、ブナの木を桂剥きのように薄くテープ状にして、それを手作業でコイル状に巻いているそうです。上から覗いたときに見える模様はこれみたい。 3つのサイズが展示されていて、 #261 —— 25cm #262 —— 20cm #263 —— 15cm となっています。 大きいものはサラダの盛り付けとかに使えるだろうし、小さいものはその取り皿に使えそうですね。食卓が華やかになるわけではないけれど、食材の色が一段と引き立つ器だと思いました。 → BUNACO(ブナコ)ボウル φ250 ナチュラル BOWL #261|BUNACO(ブナコ)の通販 セラミックヒーター サンラメラ(群馬県) どんな部屋にも馴染む、流行にとらわれないシンプルなデザイン。

渋谷ヒカリエで開催中の「47都道府県の健やかなデザイン展」を見てきた

先日、4月からの新居を探しに1泊2日で東京に行ってきたのですが、2日目が暇だったので中目黒や渋谷あたりをぶらぶらしてました。

ヒカリエでご飯を食べようかと思ってエスカレーターを上っていると、「デザイン」の文字が目に飛び込んできます。よく見ると「47都道府県の健やかなデザイン展」とあるではありませんか!

もうご飯なんてどうでもよくなったので、そのまま8階の会場に向かいましたとさ。めでたしめでたし。

※ 家は無事に決まりました。


寝る前に文章を書いてみると、いいことしかなかった。

寝る前に文章を書いてみると、いいことしかなかった。 – starnote*
「夜に書いた文章を朝から読み返すと恥ずかしい」 ——とよく言われますが、別に恥ずかしくてもいいじゃないですか。 この3日間、全世界に対して文章を公開してから眠りに落ちることにしていましたが、いいことの方が多かったですよ。 寝る前に文章を書いてみると、いいことしかなかった。 寝る前に文章を書くと、どのような「いいこと」があるのか。 1日の最後に思考が整理される 疲れるのですぐに眠りに落ちる 湧いてきたアイデアを掬い上げることができる 継続すると文章力が上がる こんな感じのいいことがあります。順を追って解説しますね。 ちなみにこの記事は、寝る前に書いたnoteを元にしています。 → 寝る前にnoteを書く|みけめろ|note 1日の最後に思考が整理される 文章を書くのに慣れている人には共感してもらえると思いますが、頭の中に湧いたモヤモヤを言葉として吐き出すことで、頭が軽くなるような感覚を覚えます。 これを寝る直前、つまり1日の終わりに行うことに意味があると思います。何もしなかったら流れていってしまう「その日の振り返り」をして、頭の中を空っぽにしてから眠りにつくことができるからです。 人が夢を見るのって、頭の中を整理整頓するためだって言われます。眠りに落ちる前に言語化して一日の振り返りをすることで、その準備運動をするような感じです。 また、文章として記録しておくとあとから読み返すことができます。noteやブログなどの「デジタルの文章」として保存することで、検索したりタグをつけたりすることができる。 何か月か経ったあと、「あのとき考えていたあのアイデアを見返したい」と思ったときに、デジタルだと瞬時にアクセスすることができるんです。せっかく記録するなら検索性も重視したいので、紙ではない方がいいと思います。 自分の思っていることを他人に見せたくない人は、非公開のnoteを作るといいです。検索性やタグ付けなどの機能はそのまま使うことができます。 → 5-4. 自分だけのマガジンをつくることはできますか?|よくある質問|note 疲れるのですぐに眠りに落ちる

寝る前に文章を書いてみると、いいことしかなかった。

「Twitterに書くには長いけれど、ブログに書くほど推敲してない」という文章を書く場所として、noteを使っています。ベッドに入って、そのときに思いついたことをnoteに書いてから寝ると、いいことがいくつかありました。

ちなみに、この記事で使っている写真は横浜で撮ってきたものです。α7 IIIで、全部手持ちで撮りました。やっぱすごいよこのカメラ。


今週のミュージック

ついにYUKIの曲が配信開始されました!やったね!(星屑サンセットが大好きです)


今週のYouTube動画

今は実家にいるので、引っ越したら家電から買いそろえなければなりません。冷蔵庫は冷えればいいので適当なものを買うけど、洗濯機は妥協しちゃいけないと思うんです。そうそう、乾燥機能付きのドラム式のやつ。

洗濯物をぶち込んで放置しておくだけで乾燥までやってくれるので、時間と労力がかなり節約できると思います。ちょっと高いけども、その価値は十分にあるんじゃないかなーと思っているところです。


今週のカバー写真

まだこんな記事を書いていてだれにも読んでもらえなかった頃、夜のドライブ中に撮ったものです。まさかね、僕のブログがこんなに読んでもらえるようになるとは思わなかったよね。

※ カメラはダッシュボードに固定してます。


最後に

明日のプレゼンを乗り越えれば自由になります。この記事をアップしたら最後の仕上げをします。がんばる!

また、長崎では2月5日から「長崎ランタンフェスティバル」が開催され、街中が橙色の光で彩られます。準備も着々と進んでいるので、ぜひお越しください〜!

長崎をフォトジェニックに切り取ろう|行き方と回りたい場所まとめ – starnote*
こんなに写真映えする街は、あまりないと思うのです。 西洋と中国の文化が混ざり合って独特な光を放つ街並みと、原爆が投下されたという負の歴史。最近では、軍艦島をはじめとした数多くの遺構が世界遺産にも登録されました。 この記事では、そんな長崎への行き方と、フォトジェニックな場所をまとめています。 長崎在住の大学院生です 僕は長崎市内在住の写真好きな大学院生です。生まれてこの方、ずっと長崎に住んでます。大好きな街なので、いろんな方々に訪れてほしいと思って、この記事を書いてます。 カメラを持って散策したときの記事はこちらです。 → α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ〈夜〉 各地から長崎空港へ 長崎空港に就航している主要な国内線は5経路です。関東では「羽田」「成田」から、関西では「伊丹」「関空」「神戸」から、それぞれ飛べます。 それぞれの経路に就航している航空会社は以下のとおり。 経路 航空会社 羽田 → 長崎 ANA JAL ソラシドエア(ANAとのコードシェア) スカイマーク(神戸経由) 成田 → 長崎 Jetstar 伊丹 → 長崎 ANA JAL 関空 → 長崎 Peach 神戸 → 長崎 スカイマーク 航空券と宿泊をセットで 旅行で訪れるなら、航空券と宿泊がセットになったパックを使うのが安くてオススメです。 じゃらんパック 楽天トラベル このあたりから予約するとポイントも貯まるのでおトクかと思います。クーポンを配ってることもあるので、探してみてくださいね。 中心部にアクセスのいいホテルとしては、 ホテルJALシティ長崎(新地中華街のすぐ横) ホテルニュー長崎(長崎駅前) ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル(グラバー園そば) この3つがオススメです。( )内の場所は、この記事を読み進めればどんな施設なのかわかると思います。 景色のいいホテルだと、 ルークプラザホテル(稲佐山の中腹) にっしょうかん新館梅松鶴(立山) 矢太樓・矢太樓南館(風頭山) こんな感じかな。 空港から長崎市内へ 長崎空港から長崎市内への移動は、 リムジンバス レンタカー 船

長崎をフォトジェニックに切り取ろう|行き方と回りたい場所まとめ


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate