週末台湾|第4回|ステーショナリーショップ「TOOLS to LIVEBY」

行き先を決めないからこそ、その場の気分で行きたいところに行ける。好きなものをとことん探せる。そうすれば、短い間でも旅の密度を上げることができる。

僕は文房具が好きだ。これだけデジタル化やらペーパーレスやらの波が押し寄せていても、アナログのよさがなくなるわけではない。だから、いいものはいいと、素直に認めたい。

そんなことを思える空間が、台湾にあった。


台北MRTを乗り継いで住宅街へ

台北MRTを乗り継いで六張犁駅までやってきた。


このあたりに観光客なんて誰もいないなぁ。


信号待ち。台湾には二輪車専用のスペースがあるんだ。


路地に入る。


奥まで来ると、左手には公園。


完全に住宅街だ。公園ごしに向こう側を撮る。


こんなところに本当に文房具屋さんがあるのか?


ぐるぐる歩き回っていると見つけた。さっき公園ごしに撮った建物の隣だった。


TOOLS to LIVEBY

漢字で書くと「禮拜(レイバイ)文房具」。禮拜とLIVEBYをかけてるんだ。

おしゃれな看板が出迎えてくれる。

こじんまりとした店内には、オリジナルの商品や、DELFONICSの文房具がところ狭しと並ぶ。店内の雰囲気はDELFONICS直営店にとても似ていた。


この店オリジナルの商品として「ハサミ」が有名。とても美しかったので買いたかったけど、ここで買ってしまうと帰りの飛行機に乗れないんだ。

日本でも売ってるみたいだから、今度買おう。

created by Rinker
TOOLS to LIVEBY
¥2,376 (2019/04/19 14:24:39時点 Amazon調べ-詳細)

僕が厳選に厳選を重ねて買ったのはこちら。

大きな消しゴムのついた鉛筆と、ハサミ型のクリップ。あとしおりが付いてきた。

「パロミノ ブラックウィング」という鉛筆。

created by Rinker
¥345 (2019/04/19 14:24:39時点 楽天市場調べ-詳細)

いろんな形のクリップがあったけど、せっかくこの店で買うならハサミ型かな。

紙の袋に入ってる。いちいちおしゃれだ。

枠の部分には「TOOLS to LIVEBY」の頭文字「TTLB」が刻印してある。


「好き」を集める旅を

旅行に来たからといって、観光地ばかりを回らなければならないなんて決まりはない。見知らぬ土地で「自分の好きなもの」を集める旅だって、十分有意義なものじゃないか。

旅から帰ってきたあとも、現地で買ってきた好きなものを使うことで、旅の思い出が蘇る。好きであればあるほど、使う頻度も高くなるだろうから、思い出される機会も多い。

そうして何度も何度も旅の記憶を蘇らせることで、旅で得てきたエッセンスが、少しずつ自分の思考に染み込んでいく。

だから、「好き」を集める旅を、これからも続けたい。


TOOLS to LIVEBY

台北MRT「六張犁駅」から徒歩約5分ほど。住宅街の中にある公園の目の前です。


「週末台湾」全5回


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate