週末台湾|第3回|光り輝く台北の街を、台北101から

最初は行くつもりがなかったけど、近くまで来たので。

「心に響く今を探す旅」をコンセプトに、台北の街を練り歩く。人気の場所だからといって僕の心に響くとは限らないから、定番は外したいと思っていた。

でも近くまで来ると、その圧倒的な存在感がゆえに「せっかくだから寄らないともったいないかな」という思いが芽生えてきた。


「ランドマーク」って

近くまで来ると、ビルの後ろに、路地の先に、あらゆるところから顔を覗かせる「台北101」。

周りの建物があまり高くないから、存在感がすさまじい。

だからこそ地元の人にも愛されるし、絶えず観光客も訪れるのではないか。「ランドマーク」ってこういうことだ。

低層階はショッピングモールだ。誰もが知っているブランドが軒を連ねていた。

5階まで上ってくると展望台の入口。チケットを手に入れて、世界最高速級のエレベーターで、一気の空の中へ。


台北の空の中に立つ

空中の展望台は89階。39秒でたどり着く。

日が傾き始めた午後4時。霞んだ空気で太陽の光が散乱し、まるでライブ会場のような輝きを放つ。

空の上から見る街並みはミニチュアのよう。


さらに上へ

天気のいい日は91階の屋外展望台が解放されている。せっかくだから上ってみよう。

空からはスポットライトが降り注ぐ。


もう少し待ってみよう

あと少し日が傾くまで89階で待つ。マンゴーシャーベットを食べてみたら美味しかった。


オレンジ色のステージを、天空の観客席から

夕暮れになってきたので、もういちど91階の屋外へ。さらに街が輝きだした。

いい写真が撮れた。日が傾くまで待っててよかった。そろそろ次の場所に行ってみよう。


台北の街がステージで、太陽がスポットライトで、台北101の展望台は観客席。

光り輝くステージの上は眩しくて、そこで暮らす人々の活動によって光が増幅されているようだった。


「週末台湾」全5回(予定)


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate