週末台湾|第2回|くつろげるおしゃれカフェ「Woolloomooloo」

ずっと歩き回ってたら、疲れる。

いくら行き先を決めないノープラン旅でも、あてもなく歩き回っていたらヘトヘトになってしまう。だから適度に歩いて、それから適度に休憩して、また適度に歩く。この繰り返し。

休憩するといっても、ただぼけーっと過ごすのは生産性がないから、旅先で感じたことを記録する時間にしている。

だから、旅の途中でも、腰を据えて文章を綴る空間が欲しい。


台北101近くのおしゃれカフェ

どのカフェに寄ろうかと事前にリサーチをしていたら、台北101の近くに居心地のよさそうなお店を見つけた。

その名も「Woolloomooloo(ウールームールー)」。語源はオーストラリア・シドニー市内の街の名前みたいだ。

ビルの奥まった1階なので、あやうく通り過ぎるところだった。

1泊2日の台湾旅、2日目の昼前にこの界隈を散策していたから、ちょうどブランチの時間だ。休憩するのにちょうどいいタイミング。寄ってみよう。

ドアの前に立つと店員のお兄さんが開けてくれた。一瞬自動ドアかと思ったよ。


雰囲気のいい店内。(撮影許可取ってます)

近所にあったら毎日寄るかも。

地元の人も、ヨーロッパ系の人も。店内には多言語が飛び交う。

みんな思い思いの時間を過ごしていた。


ブランチにトーストをいただく

メニューも洒落てる。雑誌を読んでるみたいだった。

ブランチメニューからトーストとアイスコーヒーを注文した。メニューの写真を見て「これください」って注文したから、料理の名前はわからない。

水もボトルで来る。洒落てるな。

待つこと20分くらい。色鮮やかなトーストが目の前に。

トーストの上にきのこの炒め物がまんべんなく敷き詰められ、さらにポテトサラダが乗っている。その上にはローストビーフがこれでもかと乗せられて、色鮮やかな野菜たちが花を添える。

断面図を書いてみた。

見た目以上に、味のインパクトが強かった。上に乗ってるものだけでもおいしいはずなのに、トーストがあることで味がまとまるというか、一本の軸ができる感じ。こんなにおいしいトースト、はじめて食べた。


心地よい場所で文章を綴る

おなかが満たされたあとは、持ってきたiPadのキーボードをカタカタと。記憶が新しいうちに文章にするといいと言うけれど、それなら現在進行形なときに書き始めた方がもっといいはずだ。

小一時間作業して、この記事の草稿を書いた。

週末台湾|プロローグ|心に響く「今」を探す旅 – starnote*
週末に1泊2日で台湾へ。 日本にいればなんでもない週末を、ちょっと特別なものにしたい。だから週末の2日間を使って台湾に行ってきた。 コンセプトは、「心に響く『今』を探す旅」。まだまだ日本国内にも訪れたことのない場所がたくさんあるけれど、海外に行けば自分がいかに井の中の蛙だったか思い知ることができる。そのぶん、より大きく、心に響く。 台北は〈昔からの伝統〉と〈最新の流行〉が混ざり合う都市。発展途上な街だから、相反する新旧のものが絶妙なバランスで成り立っている。 そこには、「伝統がベースとなり、新たなエッセンスが加わることで、最新のものが作り出されていく」というサイクルがある。 日本はそのサイクルを何回も回したせいで、伝統が占める割合はずいぶん薄くなってしまった。 でも、まだそのサイクルが少ない台湾は、まるで水と油のように思える〈伝統〉と〈流行〉が、片方がもう片方の領域を侵すことなく、静かに共存している。 だからこそ、僕らはそのバランスに惹かれるのではないか。 でも、今でこそ伝統と流行が共存しているように見える台湾も、着実に前に進んでいる。 昔からの伝統ももちろん大切だけど、これからの台湾が向かう先を知りたい。理由は自分でもよくわからないけど、ただ知りたいんだ。理屈を説明できなくてもいいじゃないか。 伝統をベースに進化していく。それはつまり、今あるものの上に新しい要素が積み重ねられていく、ということ。「今どのような方向を向いているのか」ということ。 だからこそ、伝統と未来のどちらもバランスよく体現しているのが「最新の台湾」なのだと思う。 旅に目的なんて無くたっていい。 ただその土地の空気を吸い、文化に触れ、自分の中に取り入れる。 そうすることで、今までとはちょっと違う自分に出会える気がする。その少しの差が、時間が経つとだんだん大きくなっていき、広い視野を持って物事を見ることができるようになるのだろう。 だから知りたい。すぐ隣の国で、どんなことが流行しているのか、そこにはどんな暮らしがあるのか、人々はどんなことを考えているのか。 普段の生活から少し離れてみると、凝り固まった思考が解放される。 五感を研ぎ澄まして新しい空気を取り入れ、脳はフル回転する。その結果は新たなアイデアとして姿を現し、次のクリエイティブを生み出すことができる。

あとは何枚か写真を現像したり、LINEに返信したり。そろそろ街に繰り出そうか。


また歩き出そう

先の見えない行き当たりばったりな旅。気の向く方向に歩みを進め、その先で出会った人や、街並みや、風景と向き合う。見るものすべてが日本とは違うものだ。

だからこそ、こうやってこまめに足を休め、そのときに感じたことを丁寧に拾い上げて文章にしていく。また新たな発見が生まれる。すると、次に進みたい方向が自ずと見えてくる。

店を出て、とりあえず右かな。そうだ、気になっていたあの場所に行ってみよう。

Woolloomooloo

地下鉄「淡水信義線」の信義安和駅と台北101駅の中間地点。台北101で観光した帰りに寄るのがいいかも。

Woolloomooloo – 為這個城市提供多一點選擇
我們不是澳洲餐廳,我們百分百台灣在地,但我們想要在這座城市傳遞、分享從澳洲吸取來的養份與感受到的精神。

「週末台湾」全5回(予定)

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate