規則正しい生活を送るためには家の間取りが重要だと思う

新居は1LDKにしました。


規則正しい生活を送るためには家の間取りが重要

以前は実家の自分の部屋にいたので、作業するデスクと寝るためのベッドが隣り合わせになっていました。

となると、どうしても作業中にベッドが視界の中に入ってきます。眠気を感じていたらもう最悪で、「少し横になろうかな」という思考が湧いてくる。

そうしているうちに30分も1時間も眠ってしまって、予定していた作業が終わらないままになる。睡眠時間は確保できるけども、作業が進まないというのは好ましくない事態です。

考えてみると、「少し寝よう」という発想は「ベッドが目に入る」ということがトリガーになって思い起こされるので、ベッドのそのものを作業環境から離すと発想が湧いてこないはず。

このような仮説を立てて、新居では作業をする部屋と寝る部屋を完全に分離しました。その結果、このような配置に。

点線のソファとラグはまだ買えてない…
点線のソファとラグはまだ買えてない…

向かって右側がリビングで、左側が寝室です。

ブログを書くのに使うiMacや、Amazonプライムビデオを見るテレビはリビングに。窓辺には本棚のスペースを大きく取り、キッチンの横にはダイニングテーブルを配しました。

一方、寝室にはダブルベッドと大きな鏡だけ置いています。寝るのと着替えるためだけの部屋として使っていて、リビングとの間の扉は閉めていることが多いです。

基本的にiPhoneなどもリビングの中でしか使わず、寝るときもiMacの横で充電しています。寝室の中には一切持ち込まない。

寝室の中にあるガジェットは、Google Home MiniとiPad Air。いずれも目覚まし用のデバイスです。こうすることで、寝室に入った瞬間に「就寝モード」に切り替えることができて効率的。

あまったiPadはめざましとして使う 〜僕が平日の朝、強制的に目覚める手順〜 – starnote*
朝起きるの苦手なんだよなー。 明るくなったら太陽光が部屋の中に入ってきて、誰から何からも起こされることなく、自然と目が覚める。これが理想の目覚めですが、なかなか実行できないですよね。 なので、朝は強制的に目覚めているという人が多いはず。僕もその内の一人ですが、その方法は人それぞれです。今日は「めざましとして古いiPadを活用する」という話をします。 以前noteに書いたものの、一番大事なところを放棄して筆を置いてしまったので、追記しつつ再構成しています。 もとの文章はこちら。 → あまったiPadは目覚ましとして使う|みけめろ|note 僕の目覚まし 現在、めざましとして使っているのは Google Home Mini —— 1次めざまし iPad Air —— 2次〜5次めざまし Philips Hue —— 1次めざましに合わせて明るくなる この3つの組み合わせです。 まずは、起きたい時間の30分前に1次を鳴らします。そのあと、10分前、定時、10分後、20分後に、それぞれ2次〜5次を鳴らしています。5次まで使うことは稀ですが、保険として入れています。(20分くらい寝坊しても問題ない時間に起きてるので大丈夫なんです) さらに、2次〜5次はスヌーズもオンにしているので、実際に鳴る回数はもっと多いです。いつも意識が朦朧としてるからちゃんと数えたことないですけど。 ポイントは、Google Home MiniとiPad Airをベッドの左側と右側に分けて置いておくことで、往復しないと止められないようになっている点。嫌でも起きられます。 また、Philips Hueを使って部屋を明るくするのもかなり効いています。明るくなると自然と目が覚めるものですね。1次が鳴る時間から10分かけてゆっくりと点灯するようなパターンにしています。 タイムラインをまとめるとこんな感じ。 iPadをめざましとして使うメリット 普通のめざまし時計と比較して、 細かい制御ができる バッテリー持ちがいい このようなメリットがあります。 分単位で細かい設定や複数のアラームを設定できるし、バッテリーも鬼のように持つので、充電切れの心配をする必要もあまりありません。

あまったiPadはめざましとして使う 〜僕が平日の朝、強制的に目覚める手順〜


部屋を分けたらどのような効果があった?

立てた仮説は検証する必要があります。結論から言うと、具体的には以下のような効果がありました。

  • 就寝時間、起床時間が一定に
  • 作業中に眠くならない

ほら、いいことしかないでしょ。


就寝時間、起床時間が一定に

僕はいつも夜12時くらいに就寝して、朝6時に起床します。実家にいた頃は意味もなくYouTubeを見続けてしまい、夜1時〜2時くらいに寝ることもありました。

しかし、作業空間と寝室を完全に分離することで、寝室に入った瞬間に「就寝モード」になります。なので夜更かしすることがなくなりました。立てた仮説がそのまま実証された形ですね。

心掛けていることは、「よし寝よう」と決めたらiMacからもiPhoneからも離れて何も触らない。ガジェット(=夜更かしのもと)から物理的に離れることができるので、もう寝るしかなくなります。

また、起きるときはGoogle Home MiniとiPad Airで何度か目覚ましをかけて、5秒の法則で立ち上がる。そしてシャワーを浴びて目を覚ます。完璧じゃん。

メル・ロビンズの「5秒の法則」を実践したら、すべてが捗りすぎて笑えてくるよ。 – starnote*
この数か月間実践してきたけど、効果ありまくりです。 メル・ロビンズの「5秒の法則」とは? Mel Robbins(メル・ロビンズ)の「The 5 Second Rule(5秒の法則)」。 具体的には【5秒以上考えると「やらない理由」を探してしまうので、それが見つかる前に動き出してしまう】というルールです。 つまり、 5 4 3 2 1 … GO!! というように、即断即決で動き出してみるというライフハック。 数か月間にわたって実践していたんですけど、めちゃめちゃ有用なので強くオススメします。準備するものは何もなくて、ただ単に自分の考え方を変えるだけなので、今すぐに始められます。 なぜ有用なのか なぜこの「5秒の法則」が有用なのか? その理由を考える前に、そもそも論として「自分が望むことでさえも、なぜ後回しにしてしまうのか?」ということについて考えてみましょう。 結論から言うと、モノゴトを後回しにしてしまうのは自分を守るために脳が命令しているからです。本能——つまり脳の深い部分の話なので、自分の意思では制御できません。 では何から守るのか? やらないといけないモノゴトに新たに直面したときに、心拍数が上がったりとか、呼吸が速くなったり、というような身体の変化が生じます。 この変化を脳が察知すると「危険を感じている」と捉えられ、人間の脳はその原因を探して「通常モード」に戻ろうとします。 なので、 If your mind can’t find a suitable explanation, your brain will make the anxiety worse so that you will want to physically run away from the situation and leave the room. 「なぜ危険を感じているか?」という説明が見当たらないときは不安が悪化しちゃうので、ただ単にその状況から逃げ出そうとしてしまうのです。 これこそが「あとでいいや」と思う原因です。 ポイントは、「逃げ出す」という選択をするときに5秒以上かかってしまうという点。 つまり、何かやりたいこと(=”危険”なこと)を思いついてから5秒間は、逃げ出す理由が見つかっていません。5秒経ってから「やっぱあとでいいや」という思考が湧いてきます。

メル・ロビンズの「5秒の法則」を実践したら、すべてが捗りすぎて笑えてくるよ。


作業中に眠くならない

前述しましたが、作業中にベッドが視界に入らないので、そもそも「眠る」という発想が湧いてきません。ブログを書くなり、コーディングするなり、調べ物をするなり、やりたい作業がテキパキと進みます。

気持ちの問題と言ってしまえばそうだけど、作業する上でのモチベーションって大事です。そういう意味で、視界から排除するというのは大きく効果がありました。

言ってみれば書斎を作るようなもので、集中する空間とダラダラする空間を分けると「その部屋にいるときに感じ取る空気」が変わります。

引っ越すにあたり試しに実践してみたけれど、予想以上の効果があったように思います。だからこれから引っ越しを考えている人は、「物理的に分けることができる物件」を借りてみるのがオススメです。


結論:空間を分けるのは効果的だった

ひとり暮らしで実践しようとすると、1DKや1LDK以上の広くて家賃の高い物件を借りないといけません。でも、空間を分けずにダラダラ過ごすよりずっといいと思います。考え方によってはこれも投資のひとつです。

僕も実践してみるまではうまくいくか自信がありませんでしたが、予想以上に効果があって笑っちゃいますね。この記事は実家で書いてますが、生活リズムが全然違いますもん。

なので、「家にいると何もしない自分」を変えたかったら、まるっと住環境を変えてみるのも手かもしれません。人間は自分の周りを取り囲んでいるものに影響を受ける動物なので、それだけでも効果があると思いますよ。


引っ越し前の計画はこちら

新居のインテリアを考える日々。コンセプトは「泊まれるオフィス」。 – starnote*
物件を探すのはとても面倒なのに、いったん決まってしまうとあとは楽しいことばかりが続きます。インテリアを考えたり、家電をそろえたり。 今はインテリアを考えるのに夢中なので、その過程をシェアしていこうと思います。まずは第1弾ということで。 家具の配置を考える デスクを中心に生活したくて、「泊まれるオフィス」というコンセプトで部屋を作ろうと思っています。 コンセプトは「泊まれるオフィス」かな— みけめろ@starnote* (@info_starnote) 2019年2月7日 1LDKの物件にしたので、ある程度家具で埋めないと殺風景になってしまいます。部屋の中心にデスクを置いてオフィスっぽさを出しつつ、その脇にはくつろげるスペースも作ろうかな、という感じです。 僕は壁を向いて作業すると気が滅入ってしまうんです。だから中央に置いたデスクにiMacを配置すると、開放感のある作業スペースにできるかなーと思っています。 というような感じで、iPad Proの手書きアプリを使って具体的に計画を練っているところです。 ちなみにこれは「Tayasui Sketches Pro」というアプリです。 → 僕が使っているiPadの手書きアプリを紹介します。 Pinterestを使ってイメージを膨らます 具体的なイメージを膨らませるためには「Pinterest」がとてもいいですね。 このように、明るめのナチュラル系?北欧系?で、王道のど真ん中を突っ切ろうと思っています。 結局IKEAと無印でそろえる気がします 今住んでいる実家から持っていく家具もいくつかあって、それはIKEAと無印とFrancfrancのものです。なので、新しくそろえるのも同じようなテイストにしようと思っています。 まず中心に置くデスクですが、上のPinterestのホームオフィスのように、IKEAのALEXという引き出しユニットの上に天板を置くスタイルでいこうかな。 → ALEX アレクス 引き出しユニット – ホワイト – IKEA テレビ台や棚は実家から持っていくとして、ソファはひとまず保留にしようと思います。新築の物件なので僕もまだ部屋に入ったことがなく、実際のスケール感が掴めていないのです。

新居のインテリアを考える日々。コンセプトは「泊まれるオフィス」。

引っ越し前に「あーでもない、こーでもない」と考えている記事はこちらです。配置は若干違いますが、ほぼコンセプトどおりにできたように思います。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate