【月刊すたの通信】2018年6月のできごと。

ハロー、エブリワン。

その月のできごとをまとめて振り返る「月刊すたの通信」2018年6月号です。今月は、僕にとって大きなできごとがあったり、新しいことを始めてみたり、有意義な月でした。

就活してました

6年制薬学部を卒業し、博士課程に進学して3年の月日が経ちました。自分の可能性を広げたいと思って博士課程(4年制)に進学しましたが、そろそろ次を考えなければならない時期になりました。

そうです。「シューカツ」です。

本来であれば2018年3月に説明会などが解禁され、6月から面接と内々定が出る、というスケジュールが一般的。しかし、経団連が定めたこのスケジュールは博士課程の大学院生には適応されません。

つまり、

  • 大手就活サイトが対応しておらず情報が少ない
  • 企業によってバラバラの時期に行われ、就活が長引く

という相当カオスな状況なんですよね。この話題についてまとめたら、大きな反響を頂きました。

薬学系博士課程に通う大学院生の就活のリアル。 – starnote*
博士課程に在籍している人の就活の情報って、驚くほどネット上に転がってません。 博士課程の選考スケジュールは経団連の協定の影響を受けないので、企業によってバラバラ。しかも、このスケジュールにはリクナビやマイナビなどの大手就活サイトも対応していないため、能動的に情報を集める必要があります。 だから、僕がこれまで手探りでやってきたことを、ある程度体系化しようと思いました。今回は「薬学系博士課程に通う大学院生の就活」の概要について。 就活してました ブログには初めて書きますね。 ご無沙汰しております。生きてます。就活のためネットから身を潜めていました。無事に内定が出て、来年4月から霞ヶ関で働くことになりました。東京の皆さん仲良くしてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。— みけめろ@starnote* (@info_starnote) 2018年6月7日 そうです。ダサいダサい黒無地のリクルートスーツを着て、就活生だということを無駄にアピールしながら、東京や大阪を歩き回る。たまに同じような格好の人とすれ違うと、何とも言えない一体感を抱くことができます。 今回はできるだけ「コスパのいい就活」というのを心掛けました。基本的に交通費の出ない説明会には行かないということです。特に僕は九州からの参加となるので、東京まで往復するとなると3万円かかります。高頻度に行ってたら破産してしまうよ。 なので、交通費に見合うリターンを得られると判断したときだけ、自腹を切って東京まで向かいました。交通費を支給してくれる選考には躊躇なく行けるんですけどね…。 薬学系の博士課程に通う大学院生の進路 そもそも、博士課程の大学院生の進路とは? 大学教員としてアカデミアに残る ポスドクとして研究を続ける 企業や官公庁に就職する という3つのルートが考えられます。 いずれにせよ、博士課程では研究を行うのが仕事なので、そのスキルを生かすことのできる職に就くのが、最もストレートな進路でしょう。 ここで言う「研究」とは、実験を行ってデータを集めるスキルだけではありません。 仮説を立てて検証する上でPDCAを回したり、英語で論文を書いたりするようなスキルも、広い意味で「研究」に含まれます。 →

動画に力を入れてみる

これまで写真にこだわって記事を書いていたら、「写真のきれいなブログ」として認識されることが多くなったように思います。(ありがとうございます!)

写真の次は動画だ。

と、そう思ったわけです。これはこれで、越えなきゃいけない大きな山がいくつもある分野に足を踏み入れようとしているわけですが、新しいことを始めるのって本当に楽しい。

これまでやったことのなかったことを始めてみることで、「自分、こんな能力あったの?」ということに気づかされます。

今回のVlogだって、最初は適当に撮った素材をつなぎ合わせるだけの予定でした。しかし、実際に手をつけてみると、あれよあれよという間に沼にはまっていく。

こっちのシーンは明るい雰囲気を出したいから、この音楽を使って、映像にはこんなエフェクトをかけて。あっちのシーンは少しだけ重さを出して、おしゃれな感じに。

そうやって「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤して作り上げたのが、この作品。長さは10分くらいですが、編集には累計5時間くらいかかっています。

だからといって、これまでこだわってきた写真も手を抜きたくない。そんな視点で記事を書きました。

トーキョー・クラウディ・ショット – starnote*
今年は動画をやるって決めたから。 2週間ほど前、1泊で東京に行ってきました。お昼の便で長崎から羽田に飛び、用事をすませました。翌日は暇だったので、浅草をスタート地点に決めてぶらぶらと散策しました。そして夜の便で帰る、というスケジュール。 しかし、当日の空にはどんよりとした雲、雲、雲。 梅雨の真っ只中だったので、雨が降らなかっただけでもマシなのですが、神戸のときのように青空の下ですがすがしい写真や動画を撮りたかったというのも事実。 そう言っても仕方がないので、この道中ではできるだけカメラを回し、作品を作ることに集中しました。目標は記事1本分の写真を撮ること。そしてVlogを1本作ること。 はたして、この2つの目標は両立することができるのでしょうか。 トーキョー・クラウディ・フォト 当日は大井町の東横インに泊まっていました。帰りは品川から京急で羽田に行く予定にしていたので、まずは荷物を品川駅のコインロッカーに入れました。 山手線→地下鉄銀座線と乗り換えて、やってきました、浅草。 雷門を見るのって子どもの頃以来な気がするなぁ。 さすがの迫力。 横から。 まだ朝10時なのに賑わってます。3〜4割くらいが外国の方でした。 門の中にも部屋があるのかな。 人すごい。 先日は京都にも行きましたが、場所が変わるとこんなにも雰囲気変わるんですね〜。 炎って撮るのが難しい。 お店の中もひしめき合ってる。 スカイツリーは雲の中。 路地裏。 人力車が来たので振り返って撮りました。咄嗟のシャッターチャンスにも応えてくれるすごいカメラです。 ところ変わって上野駅です。地下鉄からJRに乗り換えたい。 京浜東北線で東京駅まで来ました。 丸の内口。 KITTE丸の内。 見下ろしてみる。 横断歩道。 駅前の広場、きれいになりましたよね。 旧東京中央郵便局長室。 丸の内。 おしゃれな街だ。 銀座にて。マリオネット、初めて見たかも。 GINZA SIXのエスカレーターから。 浅草〜上野〜丸の内〜銀座というコースで巡ってきました。このあとは、表参道〜原宿方面でお買い物をして家路につきましたとさ。

iMac、復活。

以前から「突然電源が落ちる」とか「スリープから復帰しない」という不具合が発生していたiMac。

iMac不調の、その後。いろいろやってみたけど未だに原因不明のままなのです。もう少し様子を見ようと思います。

この不具合が発生しはじめた当初は「HDDの不調」を疑っていましたが、検査するとなぜか「問題なし」という結果が返ってくる。

だから他の可能性も含めて探っていましたが、原因が全くわかりませんでした。

事態が大きく動いたのは先月のことでした。尋常ではないほど動作が重くなり、まともに操作できないほどに。さすがにおかしいと思い、Apple Hardware Testを行ったところ、HDDがエラーを吐きました。

調子の悪かったiMacの結末は、やっぱりHDDの故障で落ち着きそう。

5年落ちのiMacを有償で修理に出す気にはならなかったので、自力でHDDを交換することにしました。幸い、分解の方法は先人の知恵がたくさん蓄積しています。

iMacのディスプレイを取り外してHDDを交換しました。 – starnote*
この記事が最後になることを祈りつつ。 僕は2012年モデルの27インチiMacを使っています。以前からずっと調子が悪く、一時的によくなったものの、ついには一切操作できないほどに重くなってしまいました。 前回の記事では、Apple Hardware Testで検証し、おそらくHDDが故障しているのだろうという仮説を立てました。そのあと、半ば見切り発車で交換用のHDDを購入し、iMacの開腹手術を行いました。 前回の記事はこちらです。 大がかりな作業が必要だった 液晶パネルを固定している両面テープを剥がし、画面を外して、スピーカーユニットをずらすと、HDDを交換できます。文章にすると簡単そうに聞こえてしまいますが、大変だったから。 幸い、詳しい手順についてはiFixitが動画を出してくれています。 動画では、左側のスピーカーユニットを完全に取り外していますが、ネジを外して少しずらすだけでHDDにアクセスできました。なので、わざわざスピーカーや電源ボタンのケーブルを抜いて取り去る必要はありません。 iMacのHDDを交換するために必要なもの まずは「液晶パネルを外すために必要なもの」について。上の動画では、専用のオープナーとプラスチックカードを使っていますが、わざわざそんなものを買わなくても大丈夫です。 僕は、本の裁断用として購入していた「ロータリーカッター」と、転がっていたギターピックで開けました。 ロータリーカッター ギターピック 2枚 期限切れのクレジットカード 2枚(必要に応じて) オルファ(OLFA) ロータリーカッターLL型 136Bposted with カエレバ KAWAGUCHI(カワグチ) Amazon楽天市場Yahooショッピング Fender フェンダー ピック 346 PICK PACK(12) WHITE MED.posted with カエレバ Fender(フェンダー) 最初は、ピックではなく期限切れのクレジットカードを使おうとしましたが、厚さのせいでうまく入りませんでした。なのでピックも薄手のものがいいと思います。 ピックをねじ込んで、空いた隙間にクレジットカードを挟んでおくと、両面テープが再接着されなくてよかったです。

交換して約1週間が経過しましたが、全く問題なく動いています。


note、はじめました

ちょっとだけ告知です。

僕は、ブログの記事は「ひとつの作品」だと思って書いています。少し大袈裟かもしれませんが、「心を込めて書いた文章」と「丁寧に現像した写真」と「目を引くアイキャッチ」が三位一体となって読み手の心を動かせればいいな、と考えています。

だからこれまで、「ちょっとした日記」を書く場所がなかったんです。

Twitterに書くには長いけれど、ブログに書くほどでもない文章。その中間の立ち位置としてちょうどいいのが「note」です。そのときその場所で考えていることを、iPhoneを使ってポチポチと書き記す。そんな場として使ってみたいなと思っています。

みけめろ|note
薬学系博士課程に在籍している大学院生です。starnote*というブログを書いています。

細かい運用方法は全く考えていませんが、トライ&エラーの繰り返しで良くしていこうと思っています。もしよければ、こちらも気にかけてもらえると嬉しいです。


最後に

今月は就活や学会が重なったため、あまり記事を書けませんでしたね。決して放置しているわけではありませんので、安心してください。

来月は本来のペースで、2〜3日に1記事を出すような頻度でお届けできればと思っています。ではでは。

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate