海外に飛び立つ前のワクワク感が好きだ

旅に出る。

日本は島国だから、外国に行くときは飛行機に乗ることがほとんど。出発の数時間前までに空港に行き、チェックインを終え、荷物を預け、保安検査を受けて、出国する。

海外での体験そのものはもちろんだけれど、出国が近づくにしたがって沸き上がる「ワクワク感」が好きなんだ。


自宅を出て、空港に向かう。

長崎空港に就航している国際線はとても限られているから、海外に出るときはもっと大きなハブ空港を利用することになる。今回は日本の玄関、成田空港だ。

長崎駅前から空港行きのバスに乗る。バスは長崎市内を少しだけかすめ、トンネルに潜り込み、やがて高速道路へと達する。何度も通った道だけど、行き先が海外となると思いは複雑だ。

未だ見ぬ人々に出会うことができるという期待。また無事にこの街に戻れるだろうかという不安。

ひとつの言葉では言い表せないほどの感情が入り乱れている。そして、自分はこんなに感情豊かな人間だったのかと気づく。

海外に出ると一種のトランス状態のようなものになるけれど、その源泉はこのように入り乱れた感情なんだ。きっと。


この日は、空に水色の絵の具を流し込んだような、疑う余地のない快晴。

無事に飛行機が飛んでくれることを祈っていたけれど、何の心配もいらなかったみたいだ。ひとまず東京までは行ける。第1関門突破。

飛行機に乗り込み、シートベルトを締める。やがてドアが閉まり、プッシュバックされ、ジェットエンジンを噴射して、飛行機は進み始める。

外では整備士たちが手を振っている。グッバイウェーブと呼ばれるこの光景も、日本特有のものなのかもしれない。

そんなことを思いつつ、海外に向かっているんだという事実を噛み締める。


海外に飛び立つ直前。

羽田からバスで成田に移動する。日本の玄関からはあらゆる場所に飛行機が飛んでいるから、この空港を利用する人の国籍はさまざま。

日本は時間の流れが早いから、待つのが苦手な人が多い。自分はそうではないと思っていたけれど、実は根っからの日本人だったみたいだ。

成田空港でバスを降りるとき、インド人らしき方が通路を塞いで、網棚の荷物をのんびりと取り出していた。

その2つ後ろにいた僕は、何気なく、本当に何気なく、「早く出してくれないかなー」と思っていた。別に急いでいたわけではないのに。

すると、そのインド人と、僕の前にいた女性が

Sorry. —— It’s OK.

という会話を交わした。

僕ははっとした。それと同時に、自分の脳裏によぎった考えを恥じた。それがいくら見ず知らずの人であっても、目の前の人を思いやる心を持つのは、人として当たり前のことじゃないか。

自分に甘く、他人に厳しい。この社会にはどこかそんな空気があるけれど、いつの間にか、少しも抵抗することなく、そんな空気に染まっていた自分が恥ずかしくなったんだ。

海外に出ると、こんな風な「はっとする体験」が目白押しだ。それがポジティブなことでも、自分のことが嫌いになるようなことであっても、「気づき」であることには変わりない。

自分と向き合うための新しい視点を手に入れることができる。これこそが、海外に飛び立つ前のワクワク感の正体なんだ。

バスを降り、スーツケースを受け取って、バスの方を振り返りながら、そう思った。


日本の玄関はとても煌びやかだ。眩しすぎて、自分なんかがこんなところにい存在していいものなのか、という思いすら芽生えてくる。

チェックインを終え、荷物を預け、両替を済ますと、いよいよ日本から脱出だ。

この先どんな旅が僕のことを待っているのだろうか。すべてがうまくいくとは思っていないし、むしろ困難が立ちはだかった方が面白い。だってその方が自分が成長できる気がするから。

またこの国に戻ってくるときには、どんな自分になっているだろうか。きっといろんな気づきがあって、視野が広がって、他人に優しくできる人になっているだろうか。

少しだけ残っていた不安はここに置いていく。期待だけを両手に抱えて、心の中をワクワクで満タンにして、出国ゲートに向かう。

だから、旅は楽しい。


そして、この記事につながる。少しも色褪せることのない、素敵な旅になった。

アメリカに行ってきます。 – starnote*
成田空港のイミグレを通過し、搭乗口前のベンチに腰掛け、iPhoneでポチポチとこれを書いています。 なぜアメリカに行くのか とあるプログラムで行ってきます。その概要を引用すると、 海外での臨床薬剤師の活躍を見学し、日本との差異を体験することでもって、高度先導的薬剤師の養成に資することを目的とする。 となっています。 ちょっと難しいので噛み砕いてみると、医薬分業という仕組みに関することが主な話題です。 病院で処方せんをもらって、それを持って薬局に行くというとわかりやすいかもしれません。その目的は、医師が気づかなかったミスの最後の砦として薬局を機能させようというもの。実際、結構な頻度で見つかります。 また、最近では病院に入院している患者の薬物療法にも、薬剤師が積極的に介入するようになりました。 医師が処方して薬に対して妥当性を検証するというのがこれまでの薬剤師の仕事でした。しかし最近では、医師が処方する前から患者にとって最適な薬物療法を医師とともに考えるというような取り組みをしている病院もあります。 日本では、このような取り組みの歴史はまだ浅いですが、アメリカはもっと進んでいます。 薬のスペシャリストである薬剤師が、患者に対する処方権を直接持つことができると聞いています。つまり、医師の許可なく患者に薬物を投与できるらしい。 で、そのあたりの仕事について現地に赴いて学ぼうというのが、今回の趣旨です。 行き先は、アメリカ合衆国 ニューメキシコ州 アルバカーキにある「University of New Mexico(ニューメキシコ大学)」。1週間ほど滞在します。 学生3人と引率の先生1人の、合計4人で行きます。とはいえ、僕だけ別のフライトで行くので(みんなはJALで行くけど、僕はANAのマイルを貯めたかった)、アルバカーキの空港で落ち合う形です。 ちなみに旅費はすべて支給されます。自分で出すのは食事くらい? それでもウェルカムパーティーとかもあるので、ほんの数回の手出しで済みそう。やったぜ。 もちろん、例によってカメラとMacBook Proも持ち歩いているので、現地からサクッとブログも更新したいと思ってます。 スケジュール的にも余裕があるので、普段より更新頻度が上がるかも? まだわからないけど。 まもなく搭乗 往路は「長崎 → 羽田 → 成田 →

アメリカに行ってきます。


さらに続きはこちらから。収穫しかなかったから、たくさん記事を書いた。

真面目な記事

真面目じゃない記事


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate