週刊すたのじん #008|次のステップの準備期間。

2月いっぱいで通常営業を終了し、普段どおり研究室に行くのは終わり。3月からは引っ越し作業に集中しています。そして1週間後に車で東京に向かうというスケジュールです。


この1週間で書いた記事をまとめました。「週刊すたのじん」のバックナンバーはこちらから。

週刊すたのじん バックナンバー


今日から引っ越しの準備を始めました。宅急便と自分の車でサクッと運びます。

今日から引っ越しの準備を始めました。宅急便と自分の車でサクッと運びます。 – starnote*
入居予定は10日後。 今日から準備を始めて、車に荷物を詰め込んで、その他の荷物は宅急便で送って、自分で運転して東京まで向かう、というなかなかのハードスケジュールです。 引っ越し業者を使うと高い ちゃんと訪問見積もりをしたわけではないですが、長崎→東京の一人暮らしの相場を見てみると15万円前後であることが多いです。日通の単身パックだと5万円くらいでいけそうですが、動き出すのが遅かったようで埋まってました。 よくよく考えてみると、実家からの引っ越しなので、大型の家電(冷蔵庫とか洗濯機とか)は現地で調達します。となると、運ばないといけないのは、 衣類 小型家電(空気清浄機、サーキュレーター、ダイソン、ScanSnap、デスクライトなど) ガジェット類(とその箱) iMac テレビ(40インチ) 棚4つ こんなもんです。 「あれ? これだけなら業者使わなくてもよくない?」 と思いついてしまったのが、事の発端。 勤務先から引っ越し費用が定額支給される もちろん引っ越し費用は支給されますが、距離に応じた定額制みたいなんです。なので領収書がいらないそうです。 領収書が必要だったら業者を使って楽チンな引っ越しをすると思いますが、定額支給だったらできるだけ節約したい。余ったお金を家具家電に充てたい。そしていい洗濯機を買いたい。 それなら自分でやったるわ!って感じです。余計に気合いが入りますね。 宅急便と自分の車を駆使する どっちにしても車は自分で運転して持っていくので、ガソリン代と高速代は必ずかかります。 それなら、車の中にありったけの荷物を相乗りさせると、実質無料で荷物を運ぶことができます。自分の労力はかかりますが、特にやることもないので全然問題ナシです。 でも、持って行きたい荷物がすべて自分の車に載るわけではないので、普通の宅急便も使います。衣類や小物など、段ボールに入る荷物は宅急便かなーと思っています。 つまりこんな感じ。 自分の車で持って行く —— テレビ、iMac、空気清浄機、棚など、宅急便で送りにくいもの 宅急便で送る —— 衣類、小物類など、段ボールに入るもの 自分の車で運ぶといっても、最低限の梱包は必要です。iMacは購入時の箱を取っているので大丈夫なんですが、問題は40インチのテレビです。

今日から引っ越しの準備を始めました。宅急便と自分の車でサクッと運びます。

長崎→東京を車で移動するというのは、引っ越しというよりも、もはや旅なんじゃないか。休憩なしでぶっ続けで走って14時間くらいかかるみたいなので、24時間かけてのんびり進もうと思っています。

ちなみに、昨日の時点で解体した棚と本を載せました。キューブめっちゃ積めるやん…


ガジェット

使い始めて2か月経った「PRESSo」の経年変化を観察してみよう。

使い始めて2か月経った「PRESSo」の経年変化を観察してみよう。 – starnote*
「キャッシュレス時代の理想の財布」というコンセプトのもとでデザインされ、Makuakeで支援したPRESSo(プレッソ)。使い始めて2か月あまりが経過したので、その経年変化を観察してみましょう。 PRESSoの経年変化を観察しよう 今回は、2か月使ったPRESSoの経年変化を観察します。が、本題に入る前にPRESSo関連でこれまで書いた記事を紹介します。 まずは、使い始めたばかりのファーストインプレッションがこちらです。この記事と比較しながら読むとおもしろいかなと思います。 → PRESSo・モカ|キャッシュレス時代の理想の財布はやっぱり理想だった また、使用開始後1か月後の感想も書きました。人の考え方まで変えてしまうという力を秘めた財布です。 → たったひとつの財布にも、人のライフスタイルを変化させる力がある。 そして今回は、2か月経過後の経年変化を中心に見ていきます。 小さいは正義 PRESSoの前は、ポールスミスの長財布を9年間も使ってました。ポケットに入れると大きく膨らんでシルエットが崩れてしまうので、いつもカバンの中に入れていました。 手持ちのカバンを持ち歩いているときはそうでもないけれど、バックパックを使っている日は取り出すのがとても面倒くさかったです。 一方、PRESSoは常にポケットに入っています。 これまで「ポケットに財布を入れて生活する」という習慣が全くなかったので想像したことすらなかったのですが、すぐに財布にアクセスできるってとても快適です。考えたら当たり前のことですが… 心配してたけど、容量は十分でした こんなに小さい財布なので、中に入れるものは厳選しないといけません。 そういうコンセプトなので確かに容量が小さいのは事実ですが、不足を感じたことは全くありません。僕が普段行くお店はApple Payかクレジットカードに対応しているので、これで十分です。 僕はいつもこんな感じで入れています。 カードポケット左 —— 運転免許証、保険証 カードポケット中央 —— メインのクレジットカード、キャッシュカード カードポケット右 ——

使い始めて2か月経った「PRESSo」の経年変化を観察してみよう。

最低限のカードと現金が入るだけという超コンパクトな財布「PRESSo」。使い始めた当初はタイトな作りで閉じるのも一苦労でしたが、2か月使うといい感じに革が伸びてきました。


ポケットドルツを5か月間使うと、もう普通の歯ブラシには戻れなくなる。

ポケットドルツを5か月間使うと、もう普通の歯ブラシには戻れなくなる。 – starnote*
「電動歯ブラシって本当に意味あるの〜?」 と疑ってかかる気持ちもよーくわかります。僕も昔はそう思ってました。でも実際に使ってみないとわからないかなーと思い立ち、価格もお手頃だったので、なんとなく手を出してみたのが2018年10月の頭。 軽いお試し気分で買ったのに、気がつけば手放せなくなってしまいました。自分でも信じられないくらい気に入りすぎて、5か月間毎日(ほぼ毎日ではなく、毎日欠かさず)使っています。 Panasonicの電動歯ブラシ「Pocket Doltz」 僕が購入したのは「EW-DS42」という型番の黒色。記事執筆時点でも最新モデルです。 長さは16cm、太さも1.7cmほどなので、とても持ち運びやすいです。というか、初めて見たときは普通の歯ブラシよりコンパクトな印象を受けました。 コンセプトとしては「持ち運び用」なのですが、僕は自宅でも外出先でも、この1本を使っています。 試しに買って使ってみて、もしよかったら自宅用の大きいやつも買おうと思ってましたが、結局1本だけで事足りています。 モーターの振動で汚れをこそぎ落とす スイッチは「切/入」の1つだけというシンプルな仕様です。電源を入れると、毎分約16,000ブラシストロークの微細な音波振動が発生します。 → 音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ポケットドルツEW-DS42 | オーラルケア(電動歯ブラシ) | Panasonic ただし、勝手に振動するからといって、ただ歯に当てておけばいいわけではありません。普通の歯磨きをするのと同じように、上下左右に動かしてブラッシングする必要があります。 つまり、「ブラッシング+音波振動」というダブルの作用で汚れをこそぎ落とすことができるのです。 歯磨きの時間が短くなる このように、手動のブラッシングに加えて音波振動があるので、歯磨きにかかる時間が短くなりました。だって数往復しただけでツルツルになるんです。初めて使ったときは本当に信じられなかったです。 ちゃんと測ったわけではないので体感ですが、普通の歯ブラシで5分かかるようなツルツルレベルに、ポケットドルツは1分半くらいで到達します。 単4電池1本で駆動 振動のエネルギー源は「単4電池1本」です。これは付属していないので自分で用意しなければなりません。僕はeneloopを入れています。

ポケットドルツを5か月間使うと、もう普通の歯ブラシには戻れなくなる。

ポケットドルツの長期レビューです。僕は2,300円ほどで購入したのですが、これ1万円でも買う価値があると思います。


Apple Pencil(第2世代)が接続不良になり、交換してもらいました。

Apple Pencil(第2世代)が接続不良になり、交換してもらいました。 – starnote*
いきなり使えなくなるなんてこと、あるんですね。 Apple Pencilを使って手書きしようとペン先を画面に当てても、何も反応がない。ここまでならたまにある現象なので、いつもなら再度iPad Pro本体にくっつければペアリングされます。 でも今回はうまくいきませんでした。 Apple Pencilが接続不良になり、交換してもらいました。 前日まで何の問題もなく使えていたApple Pencil。翌日になって使おうとすると、どうもうまくつながらない様子でした。 まずは、全体の経緯をまとめます。 2月27日までは使えてた 2月28日に使おうとすると反応なし すぐにAppleサポートに電話 シリアル番号が小さすぎて読めず、店舗に赴くことに 1時間後にカメラのキタムラに持ち込む その場で交換確定するも、在庫がないので取り寄せになる 3月1日夜に入荷の連絡 3月2日午前に引き取りに行く こんな感じ。ここからは時系列に沿ってドラブルの流れを追いましょう。 使おうとすると反応がない いつもどおりiPad ProにくっつけておいたApple Pencilを使おうとすると、なぜか反応がありませんでした。一瞬だけ接続が切れたのかなと思って、ペアリングしようと再度iPadにくっつけてみたんです。 すると、なんだか挙動がおかしかった。 正常時は、iPad Pro本体にApple Pencilをくっつけると—— 「Apple Pencil」という表示が出たあとで—— バッテリーの残量が表示されます。ここまでの所要時間はおよそ3秒です。 しかし、このときは「Apple Pencil」という表示のまま1分くらい止まっていて、しまいにはそのまま表示が消える始末。もちろんペン先を画面に当てても反応しません。 「うーん、おかしいなー」と納得がいかないまま、とりあえず問題を切り分けないといけないなと思い、 iPad Pro本体の再起動 AirPodsなど他のBluetooth機器は使える? → OK → iPad側の問題ではない Bluetooth設定からApple Pencilを登録解除 → 再登録 こんなことをしましたが、詰みました。なんと再登録のためにiPad Pro本体にくっつけても、反応しないんです。 すぐにAppleサポートに電話

Apple Pencil(第2世代)が接続不良になり、交換してもらいました。

Apple Pencilがいきなり使えなくなって交換してもらいました。最初は自分で解決しようとしていましたが埒があかなかったので、相談すると即交換に。


オピニオン・コラム

「自分フィルター」を持っているあなたに、発信をためらう理由なんてない。

「自分フィルター」を持っているあなたに、発信をためらう理由なんてない。

みんな生きてきた環境が違うので、それぞれの「フィルター」を持っています。そのフィルターを通して見たモノゴトは、他の人にはない視点があるかもしれない。だから発信をためらう理由なんてありません。


ブログの写真がパクられないように、ウォーターマークを入れておくべし。

ブログの写真がパクられないように、ウォーターマークを入れておくべし。

いつも写真の右下に「s*」というマークを入れています。これはパクられるのを防ぐためで、明確に著作権を主張するという意図があります。


今週のカバー写真

長崎に住むのはあと1週間。学位記授与式のときは戻ってきますが、普段どおりの生活が送れるのはこれで最後です。


最後に

引っ越し作業の合間を縫って息抜きとしてこの記事を書きました。この1週間はこんな生活が続きそうです。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate