Apple

【大学生・院生は半額】Apple Music学生メンバーシップの登録方法が超簡単だったので解説します。

Apple Musicを利用している大学生・大学院生に朗報。僕も全く把握していなかったのだけど、2016年11月30日から日本でもApple Music学生メンバーシップがしれっと開始されていた模様。

大学から割り当てられているメールアドレスがあれば簡単に登録できたので、やり方を解説しておきます。これは絶対登録すべし!!

iMac不調の、その後。いろいろやってみたけど未だに原因不明のままなのです。もう少し様子を見ようと思います。

前回の記事の続きです。

スリープから復帰しなかったり、使用中にいきなり電源が落ちたり、ご機嫌斜めなiMac(27-inch, Late 2012)。症状が起きる度にコンセントを抜いてSMCをリセットして起動する日々が続いています。なんとか原因を探ろうとして試行錯誤してみたのですが、未だによく分かりません。僕がやったことをまとめておくといずれ誰かの役に立つかもしれないので、一応まとめておきます。

iMacの調子が悪いんだけど、どうやらHDDが死にかけてるっぽいぞ。Appleに問い合わせてみたのでまとめておきます。

iMac (27-inch, Late 2012) の調子が悪い。このiMacは2013年1月に購入したものなので、そろそろ丸4年。その間ずっと酷使していたのでついにガタが来てしまったようです。

調べてみるとどうやらHDD(正確には1TB Fusion Drive)が原因のようで、復旧を試みている最中にうんともすんとも言わなくなってしまったのでAppleに問い合わせてみました。

iPhone 6sのバッテリー交換プログラム。僕のは交換対象だったけど今は在庫が無いみたい。12月中旬頃には落ち着くとのこと。(追記あり)

iPhone 6sのバッテリー残量が半分以上残っているのにいきなり電源が落ちる、という問題。この対策として、Appleは一部のiPhone 6sを対象にバッテリーを無償で交換するというアナウンスをした。

iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues

で、Appleに問い合わせてみたら僕のiPhone 6sが交換対象だったので、聞いた情報をまとめておきたい。

2台以上のMacをバックアップ。Time Capsuleを購入するよりもmacOS Serverの方がお手軽ですよ。

2017年11月11日追記:macOS High Sierraでは、この「Time Machineサーバー」の機能がOSの標準機能として搭載されました。なのでmacOS Serverを購入する必要はありません。詳しくはこちらへどうぞ。

macOS High Sierraでは、Time Machineサーバーの機能がOS標準機能として組み込まれました。設定方法を解説します。 – starnote*
当ブログでは、これまで2台以上のMacのTime MachineバックアップをWi-Fi経由で取るときに「macOS Server」を使った方法をオススメしてきました。 この方法では、1台のMacを母艦にして、他のMacのバックアップをWi-Fi経由で母艦に保存することができました。その際は、Mac App Storeから「macOS Server」を購入する必要があったのです。 しかし、最新のmacOS High Sierraでは、この機能がOS標準機能として搭載されました。そのため、余計なツール(macOS Server)を導入せずとも、お手軽にワイヤレスバックアップ環境を構築することが可能になりました。 「macOSに直接組み込まれる」 High Sierra上で動作する「macOS Server 5.4」に関するAppleのサポートページがこちらです。 このサポートページによると、 キャッシュサーバ、Time Machine サーバ、ファイル共有の詳細オプションは、macOSに直接組み込まれることになりました。 とあります。 macOS Serverから設定項目が消えた! 実際に確認してみましょう。 以前の「macOS Sierra + macOS Server 5.2」のときは、Serverの方に設定項目がありました。こんな感じで。 しかし、現在の最新バージョンである「macOS High Sierra + macOS Server 5.4」では、サイドバーの中にTime Machineの文字は見当たりません。 じゃあどこから設定すればいいの?という疑問が湧きますが、ヒントは「ファイル共有」に隠されていました。 ファイル共有から設定 この設定は、バックアップデータの保存先として使う母艦のMacから設定します。 システム環境設定を開いて「共有」に進み、ファイル共有をオンにします。さらに、Time Machineバックアップに使いたいフォルダの上で右クリックすると、このような画面になります。 その中の「詳細オプション」をクリックします。 「Time

以下、macOS Sierra以前のバージョンでは参考になると思いますので、元の記事を掲載しています。


Macのバックアップ機能であるTime Machine。知らない間に自動でフルバックアップしてくれるというのは本当に便利なもので、今まで何度救われたことかわからないほどだ。

このTime Machineのバックアップ先として指定できるのは、「USB接続した外付けHDD」や「AirMac Time Capsule」が一般的だと思うが、意外と知られていないのが「macOS ServerをインストールしたMac」もバックアップ先に指定できるということ。今回はその方法を解説したい。

Apple純正iPhone 7 Plusレザーケース(ブラック)レビュー

全国的に品薄のiPhone 7 Plus。僕もドコモオンラインショップでジェットブラックの256GBモデルを予約しているが、一向に入荷する気配がない。発売日に入手できる前提でケースを先に確保しちゃったので、ひとまずケースだけレビューしたい。

今回購入したのはApple純正のレザーケース。色はブラックだ。今使っているiPhone 6sにも同じケースをつけているので比較しながらレビューしたい。

Mac上で快適Windows!Parallels Desktopを無料体験版から製品版に移行する。

Mac上で仮想環境を構築するためのためのソフト「Parallels Desktop 11」。14日間のフリートライアルですべての機能を試すことができるが、その期限が切れてしまったので製品版を購入した。僕は大学院生なのでアカデミック版を購入したが、アクティベートのやり方は通常版と同じはずなので紹介しておきたい。

大学生は要チェック!MacのAppleCareは学割で安くなるよ!

Macを買ったら誰もが一度は悩むこと。
それは「AppleCare Protection Plan」を買うかどうか、ではないだろうか。
Mac本体を購入後1年以内に登録すればいいので考える時間はたっぷりあるのだが、価格が高いのがネックになってしまう。
しかも「保証」という目に見えないものにお金を払うのは躊躇してしまうというのもあるかもしれない。
でも学割で結構安くできるなら?
つけておいてもいいかなと思うかもしれない。

27インチiMacのメモリを増設したのでやり方を解説

僕が現在メインマシンとして使っているiMac (27-inch, Late 2012) のメモリを増設したのでやり方を解説しておきたい。

注意事項
最新の27インチRetina 5Kディスプレイモデルではメモリの仕様が異なるようなので注意してほしい(裏蓋の開け方くらいは参考になるかも)。
あくまでもiMac (27-inch, Late 2012) でのやり方だ。

12インチMacBookのUSB-Cケーブルを交換した

「新しいMacBook」こと12インチMacBookに付属している充電ケーブルが交換対象となっていた。

Apple USB-C 充電ケーブル交換プログラム – Apple サポート

MacBook をお持ちのお客様のうち、製品登録時または Apple Online Store でのご購入時に有効な住所をご記載いただいた方に対しては、2016 年 2 月末までに新しい充電ケーブルを Apple からお送りさせていただきます。

とのこと。

 

僕のMacBookはヤマダ電機で購入した後Appleで製品登録を行っていたので、てっきり送られてくるものだと思っていたのだが、2月末になっても一向に送られてくる気配がない。特に実害が出でいたわけではないが(ケーブルを新しくしたいので)Appleサポートに電話して交換をお願いしてみることにした。

Navigate