週刊すたのじん #018|新たな世界に足を踏み入れる。

これまで視界に入ってなかったものが見えてくる。


腹痛が止まらないと先週書きましたが、処方されたレボフロキサシン(抗菌薬)を服用したらすっかりよくなりました。何か食べ物に当たったのかな…これからの時期も気をつけよう。

さて、この1週間で書いた記事をまとめました。「週刊すたのじん」のバックナンバーはこちらから。

週刊すたのじん バックナンバー


BATTABI 04|川崎の工場夜景を切り取る

BATTABI 04|川崎の工場夜景を切り取る – starnote*
鉄の塊が美しく輝く。水面に反射する。 夜に写真を撮りたくなると、選択肢は少ない。夜景か、星空か、燦然と輝く街の中か。この3つ。 やっぱり真っ先に思いつくのは夜景。でも、上から見下ろす街並みはどこも変わり映えがしなくて刺激が少ない。これまで夜景にジャンルがあるなんて考えたこともなかったけれど、どうやら「工場夜景」というのがエモいらしい。 確かに、夜中にアクアラインに乗ろうと川崎の海岸を走っていたら、幻想的な工場の森に遭遇した。だからいつか、きちんと向き合ってみたいと思っていた。 そこで昨日の夜に思い立って行ってみたというわけ。 僕が行ったのは「千鳥運河」という夜景ポイント。夜景を見に来た人と釣りをしている人が混在しているという珍しい場所だ。 公道だから誰でも入れるけども、車が無いと相当行きにくいと思われる。広い4車線の道から裏道に入って行き止まりまで進むと到着だ。 そして、目の前には幻想的な夜景が広がる。 この場所は工場地帯の中にあるから、夜景から90度首を右に回せばこんな景色が広がる。もちろん立ち入ることはできないが、外から見るだけでも激しく心が引き込まれた。そんな金曜日の夜。

BATTABI 04|川崎の工場夜景を切り取る

僕は一応川崎市民ですが、武蔵小杉に住んでるので川崎側にはあまり馴染みがないです。

だから車でアクアラインに乗るときとか、電車で羽田空港に行くときとか、どちらかというと「ただの通り道」になっていました。

だけど、実際に目を向けてみると心が揺さぶられる景色がたくさん広がっていて、今回はそのひとつに向き合ってみました。

これまで踏み入れたことのなかった「新たな世界」。でも工場夜景、楽しいよ。


ガジェット

リビングに音楽のシャワーを。IKEAのスピーカー「ENEBY」を買いました。

リビングに音楽のシャワーを。IKEAのスピーカー「ENEBY」を買いました。 – starnote*
音楽を浴びることができる、ミニマルデザインなスピーカー。 IKEAのスピーカー「ENEBY」 「ENEBY(エネビー)」とは、2019年4月にIKEAから発売されたBluetooth接続のワイヤレススピーカー。ミニマルなデザインが話題になったのも記憶に新しいですね。 サイズ2種類×カラー2種類の4種展開となってます。カラーはホワイトとブラックの2種類で、サイズは以下のとおりです。 小モデル(20x20cm) —— ウーファー×1:ツイーター×1:バッテリー使用可:5,999円 大モデル(30x30cm) —— ウーファー×2(ステレオ):ツイーター×1:バッテリー使用不可:9,990円 下の写真の壁に掛かってるのが小モデル(20x20cm)で、手前に置いてあるのが大モデル(30x30cm)です。 ふらっと立ち寄ったIKEA港北で見かけたので、iPhoneを接続して(小さな音で)試聴してみると思っていたよりもいい感じ。なんだか欲しくなったので、その場で買っちゃいました。 ただ在庫があまりなくて、大きい方のブラックが3つしか残ってなかったです。小さい方は全滅だし、大きいホワイトモデルも売り切れ。どうせ買うなら大きいブラックモデルなので全然問題ないんだけれども。 予定はなかったけど買いました ということで、大サイズ(30x30cm)のブラックモデルです。 スタンドが別売り(1,000円)です。本体だけでも自立するので必要ないといえばそうなのですが、スタンドがある方が安定感が増します。僕は床に置きたかったので蹴って倒さないように買いました。 では、開封してみましょう。まずは説明書が現れます。 その下には電源ケーブル。 梱包材を外すと本体。中身は以上です。 本体をチェック 本体を見ていきます。 まず、正面には右上に電源・音量ボタンがついています。このスピーカー唯一のコントローラーで、ポチッと押すと電源が入ります。回すと音量を調節できます。 裏には取っ手があります。小モデルは本体と別に取っ手がありますが、大モデルは内蔵されているのでシンプルです。 中央にはスタンド用の穴が2か所。下には3.5mmのオーディオ入力と電源があります。Bluetooth非対応のデバイスは有線で接続することができます。 底面を見てみましょう。

リビングに音楽のシャワーを。IKEAのスピーカー「ENEBY」を買いました。

買うつもりはなかった(お店に行くまでは存在すら忘れていた)のですが、展示されているのを見つけてしまった以上試聴せざるを得ない。でも聴いてみると予想以上に好感触で、その場で買いました。

それから1週間が経った今はというと、BGMを流すスピーカーとして毎日使っています。

これまではGoogle Homeに与えていた役割だったのですが、音質が段違いなので気づいたらENEBYを使っちゃってます。そのうちソファを買ったらメインのスピーカーとしてさらに活躍してもらう予定です。


暮らしのモノ

「natural69」の波佐見焼に手を出した。新しい世界が見えてきた。

「natural69」の波佐見焼に手を出した。新しい世界が見えてきた。 – starnote*
この世界にはもっと、おもしろいものが広がってる。 波佐見陶器まつりが開催されてました 古くからの陶器の産地である「長崎県波佐見町」や「佐賀県有田町」。県をまたいで隣どうしに位置するこれの町では、毎年ゴールデンウィークの時期に陶器まつりが行われています。 通常では流通しないアウトレット品が格安で売られているので、毎年多くの人で溢れかえります。ガチ勢は何万円も買い付けるとの話です。 ひとり暮らしを始めてお皿も揃えないといけないので、僕にとってもちょうどいい機会です。車で長崎から東京に向かう途中で寄り道してみました。 小さい頃に両親に連れられて行ったきりなので、十数年ぶりです。 いざ、natural69へ。 波佐見陶器まつりは「やきもの公園」を本会場として、それぞれの工房でも開催されています。 今回は本会場に行くのは時間的に厳しかったので、「natural69(ナチュラルロック)」という工房に行ってみました。波佐見焼を現代風にアレンジして若い人を中心に人気のある工房です。 → 長崎県波佐見焼の器|natural69の公式サイト 本会場は駐車場から離れているので歩いて回るのに時間がかかります。でも、このnatural69は会場の目の前に駐車場があるので、パッと寄ってサッと買って帰ることができます。 このときは駐車場の背景になっちゃってましたが、こちらがギャラリーショップとなってます。陶器まつりの期間中は閉まってたけど、通常はこちらで営業しています。 会場の中はこんな感じです。シリーズごとに、床にざっくりと置かれています。 支払いにはLINE Payが使えました。レジ前に300円クーポンのQRコードも掲示されていて、LINE Pay一択な状態。それなのに現金を使っている人が多かった。 戦利品はこちら いっぱい欲しいのがあったけど、これでも抑え気味で買いました。総額が5,010円でした。 ツバメ模様の角皿だけがアウトレット品で通常の半額(1,200円→600円)。その他は市場流通品と同じクオリティですが定価より数百円安くなっています。 なぜツバメの角皿がアウトレット品なのか観察してみたところ、湾曲している部分の絵が少し伸びて線になっていました。

「natural69」の波佐見焼に手を出した。新しい世界が見えてきた。

なんとなく気になって、長崎から東京に車で帰るついでに「波佐見陶器まつり」に寄ってみました。メイン会場ではなくて「natural69」という工房を訪れましたが、素敵なお皿が所狭しと並べられていました。

実際に目にしたら欲しくなっちゃうというのが僕の性格。その場でいくつか見繕って購入してきました。こちらも1週間ほど使っていますが、「いいものはいい」ということを実感しています。

素敵なお皿がもっと欲しい!と思っているくらいで、えらいところに足を踏み入れてしまったな…という感想。でもワクワクするからいいんです。


今週のミュージック

Apple Musicのレコメンドで最近知ったのですが、久しぶりにグラッときたアルバムだったので紹介。

「ヒッチコック」のサビの抜け感が好き。こうまとまったらきれいだよなーという予想どおりの展開なんだけど、だからこそ気持ちいいメロディです。


今週のカバー写真

川崎の工場地帯を覗き見た1枚。夜景を撮るのすごく楽しかったので、これからも行くと思います。ただ被写体が遠いのでもっと寄れるレンズが欲しくなりますね。悩ましいぜ…


最後に

海の日(7月15日)まで祝日がないという事実に震えています。6月に有給入れようかな。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate