リビングに音楽のシャワーを。IKEAのスピーカー「ENEBY」を買いました。

音楽を浴びることができる、ミニマルデザインなスピーカー。


IKEAのスピーカー「ENEBY」

「ENEBY(エネビー)」とは、2019年4月にIKEAから発売されたBluetooth接続のワイヤレススピーカー。ミニマルなデザインが話題になったのも記憶に新しいですね。

サイズ2種類×カラー2種類の4種展開となってます。カラーはホワイトとブラックの2種類で、サイズは以下のとおりです。

  • 小モデル(20x20cm) —— ウーファー×1:ツイーター×1:バッテリー使用可:5,999円
  • 大モデル(30x30cm) —— ウーファー×2(ステレオ):ツイーター×1:バッテリー使用不可:9,990円

下の写真の壁に掛かってるのが小モデル(20x20cm)で、手前に置いてあるのが大モデル(30x30cm)です。

ふらっと立ち寄ったIKEA港北で見かけたので、iPhoneを接続して(小さな音で)試聴してみると思っていたよりもいい感じ。なんだか欲しくなったので、その場で買っちゃいました。

ただ在庫があまりなくて、大きい方のブラックが3つしか残ってなかったです。小さい方は全滅だし、大きいホワイトモデルも売り切れ。どうせ買うなら大きいブラックモデルなので全然問題ないんだけれども。


予定はなかったけど買いました

ということで、大サイズ(30x30cm)ブラックモデルです。

スタンドが別売り(1,000円)です。本体だけでも自立するので必要ないといえばそうなのですが、スタンドがある方が安定感が増します。僕は床に置きたかったので蹴って倒さないように買いました。

では、開封してみましょう。まずは説明書が現れます。

その下には電源ケーブル。

梱包材を外すと本体。中身は以上です。


本体をチェック

本体を見ていきます。

まず、正面には右上に電源・音量ボタンがついています。このスピーカー唯一のコントローラーで、ポチッと押すと電源が入ります。回すと音量を調節できます。


裏には取っ手があります。小モデルは本体と別に取っ手がありますが、大モデルは内蔵されているのでシンプルです。

中央にはスタンド用の穴が2か所。下には3.5mmのオーディオ入力と電源があります。Bluetooth非対応のデバイスは有線で接続することができます。


底面を見てみましょう。


シリコン製の足が4つ付いているので、そのままでも自立させて使うことができます。また、小モデルの底面にはバッテリーポートがありますが、大モデルには何もありません。

ちなみに小モデルのバッテリーは別売りです(2,500円)。


スタンドを組み立てます

本体は電源に差すだけで使えますが、スタンドの組み立てはセルフサービス。このあたりはIKEAだね。

で、組み立てるとこうなります。

カバーも外せるよ。

個人的にはカバーを着けない見た目の方が好みです。

裏面はこんな感じ。電源ケーブルは横に出すタイプで、左右どちらでも大丈夫です。

スタンドの穴は高低2種類あります。僕は低い方に付けました。


聞いてみるとモニタースピーカー的な傾向

僕はいつも新しいスピーカーを買うと、ミスチルのTomorrow Never Knowsで音をチェックしています。今回も同様です。

おおっ…!

低音もちゃんと出てるし、ツイーターからの高音も気持ちいい。だからといってドンシャリではなく、低音〜中音〜高音まで満遍なく出てます。すごくモニタースピーカー的な傾向。

最初の感想としては「正面から音楽を浴びている」というものでした。左右のチャンネルが近いうえに上向きのスタンドが相まって、一直線に音を浴びているような感覚。すごい好きです。

ツイーターが1つしかないのが気になっていましたが、左右が近いので特に問題なかったです。シンバルの音もきれいに鳴りますよ。

また、低音と高音のレベルは調整することができます。なので好みによってドンシャリにすることもできますよ!(僕は少しだけ低音を大きくしました)


接続はスムーズ、だけどSBC…

電源を入れると検出モードになるので、iPhoneのBuetooth設定からペアリングします。特に引っ掛かることもなくスムーズでした。

音量はどちらかで一括制御するものではなく、スピーカーとiPhoneのそれぞれが独立しています。なので手元のApple Watchで制御することも可能。めっちゃいいやん。

ただ残念なお知らせがひとつ。

Macに接続してコーデックを確認してみたところ「SBC」でした。なので(あくまでも予想ですが)iPhoneともAACではなくSBCでつながってる可能性が高いです。

しかし、コーデックが気にならないほどにいい音を鳴らしてくれていると思いますよ。無理してフォローしているわけではなくて、本当にいいと思ってます。


まとめ

手に入れやすい価格帯で「インテリア」としても「オーディオ」としても成立しているスピーカーってなかなか無いです。

IKEAだからインテリアとして成立することに異論はないと思います。でも、オーディオ的な品質ってどうなの?と思うかもしれませんが、全然心配しなくて大丈夫でした。

ミニマルな見た目と、十分な音質・音圧を両立させたスピーカー。それがENEBYでした。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate