自分の研究をわかりやすく伝えるために、画力を鍛えよう。

研究者にとって大切なことは、研究成果を上げることです。

しかし、それ以上に成果を「伝える」部分にも気を配らないと、必要としている人の元に届かないと思うのです。

文章で伝えるのは限界があるので、可能な限り視覚に訴えることで理解を共有できます。だから画力を鍛えて、自分の研究を伝えるのに必要なイラストを、最適な形で作り出しましょう。


自分の研究をわかりやすく伝えるために、画力を鍛えよう。

この記事では、

  • 研究者がイラストを描くメリットは?
  • どんなツールを使えばいいの?
  • その使い方は無料で学べる?

というような疑問に答えます。

研究者がイラストを描くメリット・デメリット

まずは、なぜ研究者がイラストを描かないといけないのか、という話題から。そのメリットとしてこのようなことが挙げられます。

  • イラスト化して余計な文字を排し、受け手(読者や聴衆)の負担を軽減することができる
  • 言葉では表現しにくいことも一発で伝えることができる
  • 他分野の研究者が多くいるような場でも、理解を促すことができる

こんなメリットがあります。要するに、言葉では伝えにくい内容をイラストとして視覚に訴えるということです。

しかしなんと、デメリットはありません。確かに資料の準備に時間がかかりそうに見えますが、イラストを一度描いてしまうと何度でも使い回せる上に、文章も少なくできるので、結果的に時短になります。

このように、いいことしかないから皆イラスト描こうぜ!っていうのが、この記事の趣旨です。


具体例を見てみよう

偉そうな文句を並べるよりも、まずは実際に見てもらった方がわかりやすいと思います。いろんな権利の関係上、僕が作ったものだけになってしまいますが、どうぞご了承ください。

先日博士の公開審査会があったので、ほとんどはそのスライドから引っ張ってきました。


まずは背景のスライドを示しています。

脳への薬物送達というものに3種類のアプローチ法がありますよ、という説明をするためのスライドです。その3種類をイラストにして示すことで、聴衆が一目で理解できるようにしました。

これは博士の公開審査会のスライドなので、他の分野の先生方がたくさん見てらっしゃるような場です。なので、全面的に視覚に訴えた方がわかりやすい。

実はこのスライド、いったん文字ばかりで作っていました。しかし、わかりにくいとのご指摘をいただいたので、イラストを多用した形で作り直しました。

ボツにしたスライド
ボツにしたスライド

このようにイラストを多用することで、随分わかりやすくなったと自分では思っています。


こちらは方法のスライドです。

いちばんイラストが活きるのは実験系を示すときだと思います。僕は実験の全体像をイラストとして上半分に配置し、その下に詳細情報を文字で書いています。

この分野に詳しくない方はイラスト部分を見てイメージを持ってもらって、詳細を知りたい方は下半分の文字の部分を参照してもらう、というような棲み分けができるかなと思っています。


考察はどうしても文章が多くなってしまいますが、イラストを入れることでビジーな印象を避けることができます。下のスライドは少し文字が多いかな、という印象は抱きますが…

文字ばかりだとコミュニケーションのカロリーが高くなるので、聞く側も頭をフル回転させなければなりません。でもイラストがあれば頭の回転数を下げることができます。

さらに、言葉では説明しにくい内容をイラストで描いておくことで、説明する時間の節約にもなります。持ち時間にシビアな発表だと、十数秒の違いはとても大きな差です。


また、話題が変わるときもイラストを入れるとわかりやすくなります。

「百聞は一見にしかず」といいますが、話題が変わったことを聴覚だけでなく視覚にも訴えることで、聴衆が話題についてくることができるのです。


これは2年くらい前に作ったものですが、文字ばかりのスライドも配置を工夫することで見やすくできる可能性はあります。

いずれにせよ、スライド作成時に「自分が聴衆側としてこのスライドを提示されたときに、一発で理解できるかな?」という視点を持ち続けることが大切です。


どんなツールを使えばいいの?

自分の研究を直接誰かに伝えるときは、「スライド」や「ポスター」という形式を使うことが多いと思います。僕は以下の2つのツールを組み合わせて作っています。

  • Keynote —— スライド
  • Adobe Illustrator CC —— ポスター、各種イラスト

僕はMacを使っているのでKeynoteで作りますが、Windowsをお使いの方はPowerPointでも構いません。

ただし、Keynoteの方が痒いところに手の届く機能が満載なので、MacでPowerPointを使う理由は1ミリもないと思います。

余談ですが、スライドを作るときは主にMacBook Proを使います。僕の作業環境に関する話題はこちらを。

僕がブログや論文の執筆に使うマシンたち。 #わたしのブログ環境 – starnote*
人間というもの、他人のことが気になってばかりです。カバンの中身が気になったり、デスク環境が気になったり、どのような環境で作業をしているか気になったり。 だいぶ出遅れましたが、トバログさんから「#わたしのブログ環境」というハッシュタグが発信され、多くのブロガーさんが環境を晒しています。せっかくなので僕も乗ってみて、ブログや論文を執筆しているマシン環境について紹介してみることにしましょう。 starnote*の裏側公開シリーズ → starnote*の記事ができるまで。 → starnote*流、アイキャッチ画像のつくりかた。 → starnote*的、アイキャッチ画像に使う写真を選ぶ基準。 Who am I? 作業環境を紹介する前に自己紹介から。「どのような背景を持った人か」ということを共有しておかないと、参考になりにくいと思うので。 薬学系の博士課程で研究してる大学院生です 専門分野はDrug Delivery System ブログやってます(このブログ) なので、執筆といえば「論文」や「ブログ」です もっと詳しいことを知りたい方は、下のページをご参照ください。 → 著者プロファイル では本題に参りましょう。 Mac使ってます 現在メインマシンとしているのは2台。外出先(研究室やカフェなど)では「13インチMacBook Pro」、自宅では「27インチiMac」を使います。 外出先で使う13インチMacBook Proは2016年モデルの特盛仕様です。AppleオンラインストアでSSDの容量以外を盛れるだけ盛りました。1年間毎日のように使ってきたので、もう既に僕の体の一部のようになっています。 ディスプレイ 13.3インチLEDバックライトディスプレイ、2,560 x 1,600ピクセル プロセッサ 3.3GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.6GHz) メモリ 16GB 2,133MHz ストレージ 512GB PCIeベースSSD OS macOS 10.13 High Sierra → 12インチMacBookから13インチMacBook Proに買い替えたファーストインプレッション。タッチバーモデルの特盛仕様(SSD以外)で購入しました!

僕がブログや論文の執筆に使うマシンたち。 #わたしのブログ環境


Keynote

操作体系が洗練されているので、Macをお使いの方は「Keynote」でスライドを作るのがオススメです。

できることはPowerPointと大差ないかもしれませんが、クオリティの高い最終成果物に至るまでのステップがKeynoteの方が短いです。だから作りながらイライラせずに済みます。

たとえば、上で示した背景スライドの編集画面はこんな感じです。

血管内のイラストはAdobe Illustratorで作りましたが、脳の中に突き刺さっているオレンジ色の矢印はKeynoteで付け加えました。

自分の感性の部分なので言葉にするのが難しいですが、矢印ひとつ取っても、先端が丸みを帯びていたりとか、先っぽまで点線が続いてないとか、細かい部分が洗練されています。

こんな風に、他にもさまざまな要素が相まって、全体として見栄えのいいスライドができるのだと思っています。


また、Keynoteはアニメーションもきれいなものが多いです。

下からニュッと出したり——

補足情報をポップアップさせたりできます。

ポップアップは複数のアニメーションを組み合わせて作っています。詳しくは次の記事を。

Keynoteのアニメーションを使いこなして、理解の深まるスライドを作ろう。 – starnote*
イメージしているのは、「iPhoneやAndroidのユーザーインターフェイス」のような心地よさ。 この記事では、Keynoteで作る自然なアニメーションについて、3つ解説しています。いずれも、プレゼンの理解を深めるのに貢献するようなアニメーションです。 Keynoteのアニメーションを使いこなす プレゼンのときに余計なアニメーションを使いまくるとウザがられますが、自然なアニメーションを適切な場面で使うことで、視覚的ノイズが減り、聴衆の理解が深まると考えます。 そのためには、標準の設定をそのまま使うのではなく、いくつかカスタマイズして最適化を施したり、複数のアニメーションを組み合わせたりして、より自然な動きを演出することも必要です。 今回は、Keynoteでのアニメーションについて、僕がよく使っているものを3つ紹介します。詳しい設定方法も解説するので、この記事に書いてあることを実践すれば、すぐに作ることができると思います。 紹介するアニメーションは以下の3つです。 スライドオーバー トランジション後の要素移動 ポップアップ 上から順番に読むことを想定していますが、一応目次も置いておきますね。 この記事に出てくるスライドは、ブログに合わせて「3,200×2,000px」という変則的なサイズで作っています。 通常のプレゼン用に4:3でスライドを作ると「1,024×768px」になると思うので、記事中で出てくる座標は適宜スケールを合わせて換算してください。 スライドオーバー このように、補足資料の書類などを提示するときに使います。下からスライドオーバーするので、書類の下を切って上部2/3くらいを表示するといいでしょう。 書類全体を表示したいときは後述する「ポップアップ」を使ってみてください。下を切らずに書類全体をスライドオーバーさせると間抜けな印象になってしまうので。 以下、つくりかたです。 「スライドオーバー」をつくる ここでスライドオーバーさせるのは青い図形です。スライドの外に配置し、左右方向は中央揃えしておいてください。(スライドの下に見切れているやつです) 上に重ねる青い図形にはドロップシャドウをつけましょう。「層の重なりは影で表現する」というのが最近のデザインの共通認識になっているからです。

Keynoteのアニメーションを使いこなして、理解の深まるスライドを作ろう。


Adobe Illustrator CC

ポスター本体を作ったり、スライドに入れるイラストを描いたりするのは「Adobe Illustraor」です。言わずと知れたプロ用ツールですが、研究者が使いこなせると強いです。

つまり、自分に必要なイラストを、必要な形で作り出すことができます。僕は下のような感じで、背景スライド用のイラストを描きました。

使いこなすまでが大変ですが、一度マスターしてしまうとそのスキルは一生モノです。だからやってみる価値は十分にあるかと。

研究に関する図はIllustratorで「マスター」を作っておくと効率的です。 – starnote*
もうPowerPointで消耗するのは終わりにしよう。 研究において「図を作る」場面ってどんなときでしょうか? 論文、申請書、学会発表のスライドやポスター、などたくさんありますが、それぞれで使うソフトが違います。 でも、学会で使った図を申請書でも使いたいとか、論文用に作った図を加工してポスターにも貼りたいとか、別の用途で作った図を使い回したいときってありますよね。 こうなることを見越して、最初からAdobe Illustrator(通称イラレ)で「マスター」を作成しておけば効率的なんです。 「Illustratorでマスターを作る」とは? まずは概念からお伝えします。 それぞれ別々のソフトで図を作るのをやめて、Illustratorに一本化します。 たとえば、スライド用の図を(PowerPointではなく)Illustratorで作るとしましょう。そうすると、その図を次に申請書で使いたくなったときに、Word用に体裁を合わせる必要がありません。マスターのIllustratorファイルからコピペするだけです。 このようなマスターが存在すれば、さまざまなフォーマットに合わせることができるのです。 非効率を取り除こう 研究にあたってデスクワークをすること、よくあります。 論文を書いたり、スライドをつくったり、申請書を書いたり、内容はさまざまです。でも本来の目的から外れた部分で余計な時間を取られると、本当にやりたかったことに時間をかけられません。 たとえば、PowerPointで作っていた図をWordに貼りたいときにサイズ調整が大変だったり、なにかと時間がかかります。 グループ化した図の大きさを変えても、中の文字サイズがそのままだったりしてイライラ。テキストボックスを選択してフォントサイズを変えないといけないのが大変です。 また、論文の投稿規定に「JPEG」「TIFF」「EPS」のいずれかの形式でアップロードするように書かれていることがよくあります。このときEPSで入稿すれば、拡大してもギザギザならない図が論文に掲載されます。 いわゆる「ベクター形式」という図で、PDFと非常に相性が良い。このような図を作るときのスタンダードとなるソフトがAdobe Illustratorなのです。 Illustratorでマスターを作るメリット

研究に関する図はIllustratorで「マスター」を作っておくと効率的です。


Illustratorを使いこなした結果

このようにIllustratorを使っていると、いつの間にかいろんな仕事が舞い込んできます。

たとえば、僕が作ったイラストが「Chemical and Pharmaceutical Bulletin」という学術誌の表紙を飾りました。

原案はボスが作ったので、僕の仕事はそれを形に落とし込むことでした。これもIllustratorで、たぶん2時間くらいで仕上げた気がします。


使い方は無料で学べますよ

このように、自分専用のイラストを描くためには、Adobe Illustratorを使えないと話にならないです。

でもKeynoteは必須ではなくて、IllustratorさえあればPowerPointでもわかりやすいスライドは作れると思います。

created by Rinker
アドビシステムズ
¥26,160 (2019/04/19 14:02:46時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに僕は誰かに教えてもらったわけではなく、完全に独学です。

独学といっても最初からイラストを描くのが好きだったわけではなく、スライドを作るときに必要に迫られて見よう見まねで使っていたら、いつの間にか使えるようになってました。

こんな感じなので独学でも学ぶことは(一応)可能ですが、何かを参考にした方が習熟スピードは速いかなと思います。そのための無料で学べるツールをいくつか紹介しておきますね。


Adobeの公式チュートリアル

Adobeの公式チュートリアルは動画付きでとてもわかりやすいので、まずはこちらから参考にしまくりましょう。

Illustratorチュートリアル | Illustrator CCの使い方

こちらで解説されていることを一通りマスターできれば、スライドに入れるイラストは描けるようになると思います。なのでまずは公式チュートリアルから。


YouTube動画

YouTubeにもチュートリアル動画を出してくれている方がたくさんいて、無料で学ぶことができます。本当いい時代ですよ。

Adobe公式チュートリアルの内容が物足りなくなったら、さらなる高みを目指してYouTubeのクリエイターを参考にしてもいいかもしれませんね。

illustrator – YouTube(検索結果です)

何度も言いますが公式チュートリアルの方が先です。まずは基本から押さえていってください。


まとめ

このように、研究者がイラストを描けると、

  • イラスト化して余計な文字を排し、受け手(読者や聴衆)の負担を軽減することができる
  • 言葉では表現しにくいことも一発で伝えることができる
  • 他分野の研究者が多くいるような場でも、理解を促すことができる

というようなメリットがあります。

さらに、「Adobe Illustrator CC」というプロ用のツールを使うことで、イラストのレベルを上げることができます。その勉強法も無料で準備されているので、今すぐ始めない手はありません。

Illustratorは無料体験もできるので、試してみたい方は利用してみるといいでしょう。

Illustrator無料体験版 | Adobe Illustrator CC完全版のダウンロード

しかし、スキルを獲得するためには多少の投資も必要となるので、サブスクリプション版の購入もご検討ください。少しの出費でプロ用のツールを使えると考えると、全然安いと思います。

created by Rinker
アドビシステムズ
¥26,160 (2019/04/19 14:02:46時点 Amazon調べ-詳細)

次に読むなら:「広める」という任務

「広める」という任務|論文を投稿するだけの時代から、その先へ。 – starnote*
ジャーナルに論文を投稿して、査読をクリアして、掲載されたら任務完了。でも、本当にそれだけでいいのでしょうか? 僕たち研究者は、自らが立てた仮説を実証し、その結果を論文にして広く知らしめる。このようなミッションがあるはずなのに、「知らしめる」部分を軽視しすぎていないか? つまり、論文を投稿するだけで満足せず、「他の分野の研究者」や「研究者ではない一般の方」がわかるような形で、研究成果を発信することが必要なんじゃないか、というお話。 まず最初に。 僕は現在薬学系の博士課程で研究しています。そのため、見聞きしたことや感じたことなどは、その周辺領域での話だということを念頭に読んでいただけると助かります。 また、この記事で書く内容は現時点では自分もできていないことなので、大きな顔して言うつもりはありません。 でも今後取り組んでいかないといけないことだと思っているので、こうして記事にしています。自分への戒めも込めて。 → 詳しいプロフィールはこちら シェアしないと広まらない たとえば、旅行の動画を作ってYouTubeに投稿したとしましょう。 もしあなたが有名人なら、そのまま放置していても再生回数は自ずと伸びるかもしれません。 しかし、僕のような一般人だと、投稿しただけでは伸びない。トップページにピックアップされたり、自動再生で流れてくるのもあるかもしれませんが、微々たるものでしょう。 実際、先月アップしたVlogだって記事執筆時点での再生回数は60回程度です。(見てくれた方はありがとうございます!) つまり。 いくらインターネットで世界中につながっているといっても、自分のコンテンツを見つけてもらう努力をしなければ、誰もたどり着けない。 その状況を打破するためには、「広める」ということがとても大切。 『milieu』編集長の塩谷舞さん(@ciotan)が言うところの「まるで無人島でお祭りを開いている状態」という表現が、非常に的を射ています。 コンテンツを作った先の広める役割がとても重要。その努力をしないのは「まるで無人島でお祭りを開いている状態」。そもそもお祭りをしていることに気づかないから、だれも来てくれないのは当たり前です。 → 「伝えたい」ものを「届けたい」ところへ。”無人島でお祭り”にならないWebコンテンツづくり – 朝日新聞デジタル&M

「広める」という任務|論文を投稿するだけの時代から、その先へ。

こうやってブログを運営しているとひしひしと感じますが、投稿するだけでは必要としている人に届かなくて、投稿後の「シェア」が重要なのです。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate