文章力を鍛えるためには書くしかない。人に読んでもらいながら。

文章力を上げるためにはどうすればいいですか?

ってよく聞かれるんですけど、いつも「書くしかないです」と答えてます。でも、こう答えるだけだと情報が不足しているし不親切なので、僕の考えをこの記事にまとめておきます。

文章力を上げるためにはひたすら書くしかない

「文章力を上げたいけど、手っ取り早い方法ないかなー」

と思っている方に残念なお知らせです。結論から言うと、スラスラと文章を紡ぎ出せるようになるためにやるべきことは、

ひたすら書くだけ

です。近道なんて無くて、「自分で考えて言葉を紡ぎ出す訓練を重ねること」が文章力を鍛える唯一の方法なんです。

精神論みたいになって恐縮ですが、文章を書くのは筋トレだとよく言われます。実際に自分でやってみるとやっぱりそうだったので、この記事では成長(?)の過程をお見せします。


まともに文章を書いたことなかった

starnote*を開設する前の僕がまとまった文章を書いた経験は、

  • 国語の時間の作文
  • 大学のレポート
  • 就活のエントリーシート —— 学部生時代にも一応就活したんです
  • 大学の卒論

こんな感じでした。たぶん「平均的な日本人」だと同じくらいなんじゃないかな。

このように、我々日本人は義務教育で文章を書くためのトレーニングなんて受けてきませんでした。国語の時間だって、作文するときに原稿用紙が配られて、

「はい、400字で好きなように書いてみましょう!」

と言われただけです。理論もへったくれもないですね。もっと文章の書き方を教えてほしかったというのが正直な感想です。


なぜ文章力を上げたかったか

ある日、自分で書いた卒論を読み返してみてたんですよ。びっしりと考察が書かれた卒論を。

すると、言いたいことが全然伝わってこない文章の数々がそこには並んでいました。時間が経って第三者的な視点で読んだことも相まって、あまりの文章の下手さに絶望してました。

だから「このままじゃいけない!」と思って文章力を鍛える方法を探ってみると、行き着いた先がブログでした。

今では偉そうに【旅とガジェットとアカデミックな個人メディア】を謳っているけれど、最初の動機なんてこんなものですよ。


成長の過程を見てみよう

特に隠す理由もないので、まずはこのブログ1本目の記事を読んでみてください。

五島列島・奈留島に行ってきた〈その1〉 – starnote*
1か月ほど前のことだが、長崎県の五島列島にある奈留島に行ってきた。仕事で行ったために観光はしていないので、雰囲気だけでもお届けしたい。〈その1〉では奈留島に辿り着くまでを紹介する。写真多め。 長崎県の五島列島 九州から西に100kmほど離れたところにある五島列島。長崎市民の間ではなじみが薄いためか大まかに「上五島」「下五島」と分類されることが多いのだが、これはかなり大ざっぱな分け方だと思う。地図を見て分かるとおり、五島列島には大小さまざまな島がある。その中でもちょうど真ん中 *1 にあるのが奈留島。人口3,000人弱ののどかな島なのだ。 船を乗り継いで行く 長崎市内からのアクセスには高速船(ジェットフォイル)とフェリーがある。フェリーなら乗り換えなくて済むが、ものすごく時間がかかるし酔いまくるらしい。*2 今回は一旦福江島まで九州商船のジェットフォイルで行き、そこから五島旅客船の高速船ありかわに乗り換えた。乗り換え待ちを除くと2時間ちょっとで着く。 奈留島に行くには福江港で乗り換える。 ちなみにジェットフォイルとはボーイング社 *3 が開発した高速船だそうだ。ジェットエンジンを搭載し、海面から2〜3メートルほど浮上して進む。 ジェットフォイル「ぺがさす」。あいにくの雨。 長崎港の大波止ターミナルから11:30発のジェットフォイルに乗船し、90分ほどで福江港に着いた。運賃は片道で5,610円だ。船内の写真は撮っていないのだが、座席は90分過ごすのに十分なゆとりがあるし、荷物置き場もあるのでキャリーバッグの持ち込みもOK。浮上して進むためか船内はほとんど揺れない。船酔いしやすい人もこれなら安心して乗れるだろう。 福江港ターミナル。雨は上がっていた。 しまとく通貨 福江港ターミナルに到着したら、まずはじめに「しまとく通貨」を購入しよう。*4 6,000円分使える商品券が5,000円で買える、いわゆるプレミアム付き商品券だ。五島列島に限らず長崎県内の他の離島(壱岐・対馬など)でも使える。 ながさき しまとく通貨www.shimatoku.com

五島列島・奈留島に行ってきた〈その1〉

今の基準で読むと書き直したい部分がたくさんありますが、振り返ることがあると思って残しておきました。

文体が最近と異なるのはひとまず置いておきましょう。しかしそれでも「自分語り感」がありますよね。読み手が置いてけぼりにされています。

一方、最近書いた文章はこんな感じです。

30歳になりました。 – starnote*
ご無沙汰しております。半月ぶりの更新です。 私事で恐縮ですが、2日前に30歳を迎えました。いよいよ来るぞ…と、この1年間戦々恐々としていたわけですが、いざ迎えてみると、むしろ穏やかな心境です。あきらめたと言い換えることができるかもしれません。 自分の誕生日をアピールすることは滅多に無いのですが、十の位が上がるという節目なので、こうやって記しています。 昭和最後の世代 僕が生まれたのは1988年。元号にすると昭和63年です。 この世代はちょうど昭和から平成に変わる節目で、同級生には 昭和63年生まれ 昭和64年生まれ 平成元年生まれ の3種類が存在します。1週間しかなくてレアな昭和64年生まれと、新人類な平成元年生まれに囲まれて、昭和63年生まれは軽く劣等感を抱えて生きてきました。僕だけかもしれないけれど。 いずれにせよ、この世代は時代が変わっていくのを身をもって体感してきた世代。小学校低学年のときにポケモンが流行りはじめ、音楽を聴く手段としてカセット→MD→iPod→iPhoneという変遷に付き合い、コミュニケーションにはガラケーもスマホもがっつり使ってきました。 また、ゆとり教育2年目で先生方もまだ慣れない中、完全週休2日になったり、「総合的な学習の時間」という何でもありな授業が入ったりと、かなりのびのびと育てられた世代だなーと感じています。 平成30年。 ということはつまり、昭和から平成への境目の世代が30代に突入するということ。平成が終わろうとしているこの時代に、タイミングがいいのか悪いのか、なんとなく皮肉なものを感じます。 そんな世代が30代に 小学校6年生のときに担任をしてくれたK先生という方がいました。 その先生は4月の時点では29歳で、僕らの担任をしている間に30歳になるような、そういう年代。30歳になる誕生日にクラス全員で朝早く登校して、教室の飾り付けを行い、朝礼にやってきた先生を驚かせようと試みたのを覚えています。 当時は考えたこともなかったけれど、今にして思えば、いろんな問題を起こしがちな小学6年生を40人も一挙に束ね、1日中授業をして、保護者にも対応すると。並々ならぬ統率力と臨機応変な機転がなければ絶対に務まりません。

30歳になりました。

この記事は「starnote*を読んでくれている誰か」に向けて書きました。すると、この記事の文章が好きだと言ってくださる方がいたりして、ちゃんと伝わる文章が書けるようになったなーと感慨深かったです。

そう、もうお分かりかもしれませんが、これら2つの記事で大きく異なるのは「読み手がいることを想定しているかどうか」という点です。


他人に読んでもらう前提で文章を書く

ひたすら文章を書けばいいわけではなくて、

書いた文章を人に読んでもらう

これがとても重要です。自分のための備忘録的な文章と、自分の考えを他人にわかってもらうために書く文章は全く違います。

つまり、第三者の視点で客観的に評価しながら書くことで、伝わりやすくなります。他人を初見で理解させるためには、自分の思っていることを段階を追って丁寧に拾い上げる必要があるからです。

「丁寧に拾い上げる」とは、自分の中では省略しがちな論理の飛躍を、他人にわかる形ですべてピックアップすることを言います。

たとえば、以下の2つの文章を比べてみましょう。

  • おなかが減ったから焼き魚を食べたい。
  • おなかが減った。昨日の夜はハンバーグを食べたし、最近は肉料理ばっかりだな。だから今日は焼き魚を食べたい。

前者は「なぜ焼き魚なのか」という視点が抜けていますが、後者は判断の根拠が書いてあります。

このように、自分では無意識のうちに省略してしまうことでも、他人にとってはあなたの思考過程を理解するための重要な要素となることがあります。

なので、無意識な部分に目を向けて、きちんと拾い上げることが重要なのです。要するに「文章力を鍛える」とは、「省略しがちな部分に目を向けるためのトレーニング」だと言えます。


継続することが大切

無意識な部分=思考のコアな部分なので、人によって内容が全く違います。つまり、普遍的なコツがあるわけではなくて、自分のスタイルを見つけるしか道はありません。

はじめに筋トレみたいなものだと述べましたが、このようなスタイルを見つけるためには、ある程度の期間にわたって継続する必要があります。

だから近道なんてないのです。でも自分の言葉で文章を綴るのを継続すると、目に見えて効果が現れますよ。上の2つの記事を比較するとわかると思います。


何を書けばいいの?

  • 日記
  • 読書感想文
  • 学んだこと

など、最初はテーマを決めずに書くといいと思います。なぜなら「文章を書くこと自体」が目的なので、内容は問題ではありません。

ただ、日記であっても「他人に読んでもらう」という前提を崩さないようにしてください。そうしないと、無意識な部分に目を向けるトレーニングはできません。

いずれにせよ、最初は「書くことが目的」です。テーマを絞ってしまうと逆に書きづらくなるかもしれないので、思いつく内容について書けばいいというのが僕の見解です。


慣れてきたら段落構成も考慮しよう

この記事も上から順番に書いていったわけではないです。

まず最初に記事の要点を書き出して、段落ごと(見出しごと)に文章の塊を作っていきます。それをうまく伝わる順番に並べて記事を作り上げます。

また、文章を書いていると「最初の要点作成時には気づかなかったこと」が思い浮かんだりします。まさに今書いているこの段落がそうなのですが、必要に応じて付け加えることもあります。

このようにして全体を構成する文章を書きます。そのあと主張が1本の軸に寄り添っているか、タイトルと比較して内容のブレがないか、ということをチェックして完成です。

慣れてくると、このような「段落構成」にも気を配りましょう。


気持ちよく文章を書ける環境を整える

最初のうちは慣れないことの繰り返しなので、毎日苦痛かもしれません。なので、文章執筆に使うモノに投資して、自分の気持ちを高めてあげるといいでしょう。

手書きするんだったら、ちょっといい万年筆を買ってみるとか。下のようなLAMYサファリシリーズはお手頃でいいと思います。

しかし、手書きだとなかなか他人に読んでもらいにくいです。なので必然的にキーボードを叩くことになりますが、そのときに使うアプリに投資してみてはどうでしょう。

Ulysses
仕事効率化, ライフスタイル無料
Ulysses
仕事効率化, ライフスタイル無料iOSユニバーサル

僕はいつもこのアプリでブログを書いていますが、見た目も美しく、使い勝手も考えられていて、これ以外考えられないです。

また、副作用としてキーボード入力が早くなります。せっかくなので、タッチタイピング(ブラインドタッチ)の練習も一緒にやってみましょう。一石二鳥です。

【Macアプリ】Markdown形式のテキストエディタ「Ulysses for Mac」を導入しました。操作性バツグンで文章を書くのが楽しくなるアプリ。 – starnote*
濃いめのコーヒーと、MacBookと、美しいテキストエディタ。いい文章を書くのに欠かせない3要素だ。 その3要素の中で今日取り上げるのは美しいテキストエディタの代表格といっても過言ではない「Ulysses for Mac」。ずっと導入したいと思っていて、最近思い切って(というほどの値段でもないけれど)導入したので紹介したい。何回かに渡って取り上げるが、今回はこのアプリの概要を中心に。 ちなみにこのアプリ、先日の「僕が今年買って良かったもの10選」という記事でもノミネートしました。それくらいすばらしいアプリなのです。 → 僕が今年買って良かったと思うもの10選。その中から選ばれた【BEST SHOPPING 2016 大賞】はこれだ! そもそもテキストエディタってなんだ? テキストエディタとは、文字通り「文字を書くのに特化したアプリ」のこと。さらに細分化すると、 プログラミング・コーディング用 ライティング用 に分けることができると思うが、今回取り上げるのはライティング用テキストエディタ。すなわち「文章を書くためのアプリ」だ。 ちょっと脱線するけれど、Microsoft WordやiWork Pagesはテキストエディタではなく「文書作成ソフト」とよばれる。「文章」ではなくて「文書」。つまり文章を書くことに加えて、文書としての体裁を整えることにも重きが置かれているようなアプリだ。 テキストエディタはこのようなアプリとは違って「文章を執筆するのに特化したアプリ」と言うことができる。すなわち、文書としての体裁を整えることは目的としておらず、文章を作り出すためだけに存在している。 どういうときに使うの? じゃあ一体どういうときに使うのか気になるはず。簡単に言ってしまうと、体裁を気にせずに文章をゴリゴリ書きたいときに使う。それはもちろんブログの文章であったり、論文の原稿だったり、本の執筆だったり。文章だったら何でもOK。そりゃそうだw 文書としての体裁を全く気にしなくていいのは本当に楽で、頭の中から湯水のように沸いてくる文章をそのまま受け止めてくれる。思考の過程がビジュアライズされていく感覚だ。 美しさと使い勝手を妥協しない

【Macアプリ】Markdown形式のテキストエディタ「Ulysses for Mac」を導入しました。操作性バツグンで文章を書くのが楽しくなるアプリ。


まずは書きまくれ!

理論は後でいいから、まずは書きまくれ!

というのが、僕の経験上導き出した結論でもあり、よく言われていることでもあります。つまり、文章力に関する本を読んで理論をインプットする前に、自分で書いてみることが大切です。

自分で書いた文章を他人に公開する場所としては、ブログを開設するのが手っ取り早いです。せっかくこの記事をここまで読んでくれたのですから、今すぐ一歩踏み出しましょう。

いきなりWordPressで開設するのはハードルが高いかもしれないので、はてなブログで全然いいと思います。僕もそうでした。

はてなブログ

しかし、将来的にWordPressに移行することを見据えるのであれば、以下の2つはやっておきましょう。

これら2つは守らないとWordPress移行時に痛い目を見ます(僕は守ってたのですんなり移行できました)。

  • 独自ドメインを使う
  • 記事のパーマリンクに日付を入れない

もちろん、ずっとはてなブログで運営するのであれば、全く気にする必要はありません。でもWordPressに移行する可能性が1ミリでもあるのなら、必ずやっておいてください。

独自ドメインを使う

有料版の「はてなブログPro」にしないと使えませんが、独自ドメインでブログを開設しましょう。WordPressでブログを運営するためには必須なので、今のうちからやっておいた方がいいです。

お名前.comでドメインを取得する

今のうちからやっておいた方がいい理由は、Googleに評価してもらうには時間がかかるからです。ここには書きませんが、詳しく知りたい方は「SEO対策」などで検索してみてください。

記事のパーマリンクに日付を入れない

パーマリンクというのは、記事のアドレスのことです。

たとえばこの記事だと、

https://starrrrr.com/entry/writing-skills

というアドレスですが、「writing-skills」の部分は記事ごとに自分で設定できます。

ところが、はてなブログの初期設定だと「2018/01/02/200000」という感じになります。WordPressではここにスラッシュを入れることができないので、移行時に面倒なことになります。なので記事ごとに適切な文字列を設定しておきましょう。


迷ってる暇があったら飛び込もう

繰り返しますが、書き始める前にやることは2つ。

これだけです。いますぐやっちゃいましょう。迷ってる時間がもったいないです。

それでも踏み出せないあなたには、この記事を贈ります。

迷ってる暇があったら、さっさと飛び込んでみればいいのに。 – starnote*
そうすれば、新しい自分が新しい世界を作ることができる。 「迷い」とは。 新しいことを始めたい。登山を始めたい、ダイビングを始めたい、Webデザインの勉強を始めたい、大学に入り直して人生をやり直したい。 内容はもちろん人それぞれ。でも、「迷う」というプロセスは、みんな同じだ。 そもそも、やってみたいという気持ちが全くなかったら、「迷う」という状況に陥らない。だから「迷っている段階」で踏みとどまってしまうのは、すごくもったいないことだ。早く飛び込んでしまえば、自分の可能性をもっと広げられるかもしれないのに。 結局のところ、「やらない」という選択をするための「言い訳」を探しているだけだと思うんだ。新しいことをするのが怖いから。自分に合うかどうかわからないから。長続きするかどうかわからないから。 そんなの、手を出してみないとわからないじゃん。 実際に、自分のものに落とし込まないと、自分に合うか合わないかなんて判断できないはずなのに、どうしてその前で踏みとどまってしまうの? 僕の場合は、こうだ。 たとえば、カメラ。 全く知識の無かった僕がカメラを買ったのは、今からおよそ6年前の2012年夏。なんとなく「いいカメラを買ったらきれいな写真が撮れるかもー」というふんわりした動機で買った。十数万だ。決して安い買い物ではない。 だからといって特に撮りたいものはなかった。せっかく撮るならスマホより「ちょっといいカメラ」の方がきれいに撮れる気がしたから、買った。それだけだ。 だって「何が被写体となり得るか」なんて、ある程度経験を積まないとわからないじゃないか。実際に「自分の」カメラを手にして、何枚も何枚も写真を撮っているうちに、なんとなく感覚としてわかってくるもの。だから、その経験を積むにはカメラを「買う」必要がある。 買った当時はすべてオートで撮影し、背景をぼかせることだけで満足していた。絞り? シャッタースピード? 露出? RAW現像? なんだか難しそうだからオートでいいや。それっぽく撮れるし。こんな具合だった。 それが今では、ブログに載せる写真がきれいだと言ってもらえる程にはなった。新しいカメラを買って、さらに次のステップへと進もうと思えるようにもなった。

迷ってる暇があったら、さっさと飛び込んでみればいいのに。

質問があったらTwitterでリプライ頂ければ答えます。では!


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate