研究に関する図はIllustratorで「マスター」を作っておくと効率的です。

もうPowerPointで消耗するのは終わりにしよう。

研究において「図を作る」場面ってどんなときでしょうか? 論文、申請書、学会発表のスライドやポスター、などたくさんありますが、それぞれで使うソフトが違います。

でも、学会で使った図を申請書でも使いたいとか、論文用に作った図を加工してポスターにも貼りたいとか、別の用途で作った図を使い回したいときってありますよね。

こうなることを見越して、最初からAdobe Illustrator(通称イラレ)で「マスター」を作成しておけば効率的なんです。

「Illustratorでマスターを作る」とは?

まずは概念からお伝えします。

それぞれ別々のソフトで図を作るのをやめて、Illustratorに一本化します。

たとえば、スライド用の図を(PowerPointではなく)Illustratorで作るとしましょう。そうすると、その図を次に申請書で使いたくなったときに、Word用に体裁を合わせる必要がありません。マスターのIllustratorファイルからコピペするだけです。

このようなマスターが存在すれば、さまざまなフォーマットに合わせることができるのです。


非効率を取り除こう

研究にあたってデスクワークをすること、よくあります。

論文を書いたり、スライドをつくったり、申請書を書いたり、内容はさまざまです。でも本来の目的から外れた部分で余計な時間を取られると、本当にやりたかったことに時間をかけられません。

たとえば、PowerPointで作っていた図をWordに貼りたいときにサイズ調整が大変だったり、なにかと時間がかかります。

グループ化した図の大きさを変えても、中の文字サイズがそのままだったりしてイライラ。テキストボックスを選択してフォントサイズを変えないといけないのが大変です。

文字サイズ変わらんのかい!
文字サイズ変わらんのかい!

また、論文の投稿規定に「JPEG」「TIFF」「EPS」のいずれかの形式でアップロードするように書かれていることがよくあります。このときEPSで入稿すれば、拡大してもギザギザならない図が論文に掲載されます。

いわゆる「ベクター形式」という図で、PDFと非常に相性が良い。このような図を作るときのスタンダードとなるソフトがAdobe Illustratorなのです。


Illustratorでマスターを作るメリット

Illustratorでマスターを作ると、

  • 使い回す際に時短になる —— 文字が入っていてもそのまま拡大縮小できる
  • きれいな図を作れる —— ベクター形式で出力できる

というメリットがあります。

グラフィックソフトというだけあり、かゆいところに手が届くのがIllustratorのいいところ。本職のデザイナーだけでなく、研究においてもメリットありまくりです。(詳しくは後述します)

Illustratorでマスターを作るデメリット

一方デメリットも存在して、

  • 使い方を習得する必要がある —— 最初はとっつきにくいかもしれません
  • お金がかかる —— Adobe Creative Cloudのサブスクリプションを購入しないといけない

というものがあります。

個人的には、スキルは一生モノなので少しくらい時間をかけて習得してもいいと思います。

時短のためのスキルを時間をかけて習得するのは本末転倒だと思うかもしれませんが、昔から「急がば回れ」というじゃないですか。一度習得さえしてしまえば、そのあとの時間のかかり方は逆転します。

また、Creative Cloudのサブスクリプションを購入する必要がありますが、時短のための出費は「投資」です。お金で時間を買えるのなら払う価値は十分にあります。

Illustratorを使いこなせるようになれば、図だけではなくポスターもIllustratorで作れるようになりますよ。PowerPointで消耗するのはもうやめましょう。


具体例を見てイメージをつかもう

ここからは、僕が作ったものを見てイメージをつかんでみてください。

以前、スライドデザインに関する記事を書きました。よく読んでもらえている記事なので、未チェックの方はこちらもどうぞ。

学会発表における「スライド」と「デザイン」の、切っても切れない関係。 – starnote*
研究をして成果が出た以上、「それを広く社会に知らしめる」という責任がある。 その手段として「論文」や「学会発表」が存在する。論文は文章を使って説明できるので、できるだけ詳細に書くことで読者との理解の共有を図ることができます。一方、学会発表(特に「口頭発表」)は時間制限があるために、簡潔にわかりやすく説明しなければならない。 だから、発表者は「聴衆が一目で理解できるスライド」を作るに越したことはありません。それを実行するために、スライドデザインという観点では何ができるのか、というのが今回のお話。 薬学系博士課程の大学院生です 本題に入る前に軽く自己紹介を。 僕は現在、国立大学薬学部の博士課程に在籍しています。4年間通うカリキュラムの4年生です。 在学中は、国際学会でも英語での発表を行ったりして、それなりに「学会発表」というものを経験してきたつもりです。この記事に書いている内容は、その中で試行錯誤してきた結果です。 スライドは補助的な役割 よく忘れがちな視点ですが、あくまでも「口頭」発表であるということを、僕はいつも心掛けています。発表の主体となるのは「自分が話す言葉」であって、スライドではない。だからスライドは補助的な役割として、口では伝えにくいものを記しておけばいい。 つまり、スライドに載せるのは「イラスト」「表」「グラフ」などが主体になります。長々と文章を書くのはNGです。スライドに書いてある文章って読むのが大変だし、聞いている方もうんざりしてきます。 重要なのは、スライドを作るときに「自分が聴衆の側としてこのスライドを見たときに、初見で理解できるかどうか」という視点を常に持っておくことです。 スライドを作るスキルも必要ですが、それよりも「相手の立場に立ったホスピタリティ」の方が大切。聴衆に配慮したスライドなら、多少スキルが劣っていても、みんな理解しようとしてくれます。 だからこそ、聴衆の目線に立ったわかりやすい発表を心掛けることが大切です。 → 学会発表の準備では、スライドの作成よりも先にストーリーを練るべし。 まずは、このような思いの下で、僕が作ったスライドを紹介します。 僕が作ってきたもの 論文であれ学会発表であれ、決まった流れがあります。

で、その記事ではイントロ部分としてこんなスライドを出しました。

スライドを作っているのはKeynoteですが、右側にある血管断面図はIllustratorで作っています。元ファイルがこんな感じです。

スライド用に作った図ですが、Illustratorのマスターからいろんなものに使い回せます。

たとえばポスターに使い回したり——

隠してばっかですみません(※ポスターです)
隠してばっかですみません(※ポスターです)

就活の研究概要書に使い回したり。

隠してばっかですみません(2回目)
隠してばっかですみません(2回目)

薬学系博士課程に通う大学院生の就活のリアル。

このように、いろんな場面で使うことができます。一度作ってしまえばあとはコピペで使い回せるので、もうメリットしかないですね。


サイズ変更も自由自在

Illustratorで図を拡大縮小すると、中の文字の部分もズレることなくサイズが変わります。

図を選択して——

拡大すると、文字もついてきます。(Endothelial cell、Pericyte、Astrocyteという文字に注目)

GIFにするとこんな感じです。

PowerPointで1コずつ大きさを変えるのがアホらしくなってきませんか?


IllustratorからPowerPointやWordにコピペできる

作った図をPowerPointに取り込むのも簡単です。

使いたい図をIllustratorで選択 → コピーしたあと、PowerPointで「図としてペースト」すると簡単に取り込むことができます。(MacでKeynoteをお使いの方は普通にペーストするだけです)

こうすれば、テキスト部分も含めて図として取り込まれるので、パワポ内でも自由自在に拡大縮小が可能です。

同様にWordにもペーストできます。「形式を選択してペースト」からPDFを選ぶだけです。

ただし、図を再編集する際は元のIllustratorファイルに戻ってくる必要があります。

面倒といえば面倒かもしれませんが、「図はすべてIllustratorで作る」というスタンスにしておけば全く問題ないです。


Excelで作ったグラフにもIllustratorでマスター化

この手法はExcelで作ったグラフにも適応可能です。

確かにSigmaPlotなどの専用アプリを使っている方もいると思いますが、やっぱり「簡単にグラフを作ることのできるソフト」ってExcelなんですよね。論文に掲載するレベルのグラフを作り込むこともできます。

しかし、Excelで有意差を表すアスタリスク(*)を入れたりするときには、新たにテキストボックスを作成してグラフの上に重ねることになります。

でもExcelで地道に作るのは効率が悪いし、別のアプリに取り込むときに配置がずれる可能性だってあります。

なので僕は、グラフの作成と誤差範囲の挿入といった基本的なことだけをExcel上で行い、それ以降の有意差の描画などはIllustratorでやってます。

Mac版のExcel → Illustrator間では、グラフをコピペすればベクターデータのままIllustratorに取り込むことができます。(Windows版は未確認)

このように、グラフにも「マスター」の概念を取り入れてIllustratorで一括管理しておけば、必要なときに簡単に取り出すことができるのです。

さらに、このマスターファイルからEPSで出力すると、論文のグラフをベクター形式のまま入稿することができます。読みやすさの向上にもつながるので、ぜひやっておきたいポイントです。

この手法をはじめとして、僕が研究にどのようなソフトを使っているか、ということについては以前記事にしました。詳細はこちらを。

博士課程をイメージしてみよう③|僕が論文を書くときに使うアプリ – starnote*
日本で「博士課程に進学する」と言うと、どうしてもネガティブなイメージが伴ってしまいます。なぜ学士や修士で就職して社会に出ないのか、と。 それは、海外ほど「博士号」というものが重要視されない風潮があるから、というのはよく言われることです。 でも僕はもうひとつ原因があると思っています。 きっと得体の知れないものに対する拒絶反応の一種で、博士課程と聞いても何をしているかわからないから、そのような反応になるのではないか。こう思うのです。 だから、博士課程に在籍する人たちがもっと積極的に情報を発信しなきゃいけない。このような想いで、いまこの記事を書いている次第です。 ブログの輪郭をはっきりと 先日、これまでぼやけていた僕自身のことについて書くことで、このブログ自体の方向性をはっきりさせたいという記事を書きました。 この取り組みの一環として、僕が現在在籍している博士課程のことをもっと書いたらいいのではと思い、これまで2つのトピックについて書きました。 1回目は、3〜4年という時間と、決して安くはないお金をかけて博士課程に進学する価値を見いだすことができるのか、ということについて。 → 博士課程をイメージしてみよう①|「時間」と「お金」の話 2回目は、そもそも「研究」とは、ということについて、俯瞰的な内容を書きました。 → 博士課程をイメージしてみよう②|「研究」とは? 研究という大枠の中に実験があり、その成果を広めるための手段として、学会発表や論文があります。 学会発表に関してはこれまでも何回か書いたので、今回は論文を書くということについて。 → 国際学会でポスター発表をしてきました。英語で発表したけれど、自分でもビックリするくらい喋れてすごく楽しかった話。 → 学会発表における「スライド」と「デザイン」の、切っても切れない関係。 論文とは 僕は薬学系の研究をしているので、よく読むのは生命科学系の論文です。 なので、論文を見つけるときによく使うのは「PubMed」という検索エンジン。アメリカ国立医学図書館が運営しているサイトです。

Adobe CCの購入は公式サイトかAmazonから

Illustratorを使うためには「Adobe Creative Cloud」というサブスクリプションサービスのうち、

  • コンプリートプラン —— すべてのソフトを利用可能
  • 単体プラン —— イラレのみを契約

このいずれかを契約する必要があります。

学生や教職員の場合は割引になり、

  • コンプリートプラン —— 1,980円/月(初年度のみ・次年度以降は2,980円/月)
  • 単体プラン —— 980円/月

となります。プランに関する詳細は公式サイトをご覧ください。

Creative Cloud プラン比較表 | Adobe Creative Cloud

また、12か月・24か月・36か月分まとめてAmazonで購入することもできます。契約内容は同じなのに公式サイトの年払いよりも若干安いので、Amazonで購入することをオススメします。

価格は変動しやすいので下のリンクから確認してみてくださいね。


効率化を進めて成果を最大化しよう

繰り返しになりますが、本来の目的から外れた部分で余計な時間を取られるというのは、本当にもったいないです。やりたいことに時間をかけることができれば、研究成果をもっと上げることができるかもしれないのに。

時間は有限なので、どこかを圧縮しないと新たな時間は生まれません。だから効率化できる部分はできるだけ効率化して、時間を作り出すことが重要になってきます。

そのためには、ある程度お金がかかってしまうものです。でもそれに見合うリターンは十分にあります。

なので、このようなツールにできるだけ投資し、どんどんスキルを身につけてみましょう。最終的には、自分自身に新たな時間をもたらしてくれる「強い味方」となってくれるはずです。


次に読むなら:画力を鍛えよう

自分の研究をわかりやすく伝えるために、画力を鍛えよう。 – starnote*
研究者にとって大切なことは、研究成果を上げることです。 しかし、それ以上に成果を「伝える」部分にも気を配らないと、必要としている人の元に届かないと思うのです。 文章で伝えるのは限界があるので、可能な限り視覚に訴えることで理解を共有できます。だから画力を鍛えて、自分の研究を伝えるのに必要なイラストを、最適な形で作り出しましょう。 自分の研究をわかりやすく伝えるために、画力を鍛えよう。 この記事では、 研究者がイラストを描くメリットは? どんなツールを使えばいいの? その使い方は無料で学べる? というような疑問に答えます。 研究者がイラストを描くメリット・デメリット まずは、なぜ研究者がイラストを描かないといけないのか、という話題から。そのメリットとしてこのようなことが挙げられます。 イラスト化して余計な文字を排し、受け手(読者や聴衆)の負担を軽減することができる 言葉では表現しにくいことも一発で伝えることができる 他分野の研究者が多くいるような場でも、理解を促すことができる こんなメリットがあります。要するに、言葉では伝えにくい内容をイラストとして視覚に訴えるということです。 しかしなんと、デメリットはありません。確かに資料の準備に時間がかかりそうに見えますが、イラストを一度描いてしまうと何度でも使い回せる上に、文章も少なくできるので、結果的に時短になります。 このように、いいことしかないから皆イラスト描こうぜ!っていうのが、この記事の趣旨です。 具体例を見てみよう 偉そうな文句を並べるよりも、まずは実際に見てもらった方がわかりやすいと思います。いろんな権利の関係上、僕が作ったものだけになってしまいますが、どうぞご了承ください。 先日博士の公開審査会があったので、ほとんどはそのスライドから引っ張ってきました。 まずは背景のスライドを示しています。 脳への薬物送達というものに3種類のアプローチ法がありますよ、という説明をするためのスライドです。その3種類をイラストにして示すことで、聴衆が一目で理解できるようにしました。 これは博士の公開審査会のスライドなので、他の分野の先生方がたくさん見てらっしゃるような場です。なので、全面的に視覚に訴えた方がわかりやすい。

自分の研究をわかりやすく伝えるために、画力を鍛えよう。

自分の研究成果をわかりやすく伝えるために、イラストを描くことがあると思います。この記事では、僕が作ってきたものや使っているツールについて紹介します。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate