1か月間毎日ブログを更新してわかったこと

すっかり習慣になりました。

自分の記事生産能力の低さにうんざりして毎日更新をはじめ、昨日でちょうど1か月となりました。これまでやったことなかったので続くかどうか全くの未知数でしたが、ちゃんと続いてて自分でも驚きます。

この記事には、毎日更新を続けて1か月経った今思うことを記しておきます。

1か月間毎日更新しました

毎日更新を始めたのは2018年12月9日なので、昨日の更新でちょうど1か月でした。

基本的には、「10日間毎日ブログを更新してわかったこと」でピックアップした内容は変わらなくて、追加でいくつか思うところがあります。

変わらない内容は以下の5点です。

  • ブログが習慣化する
  • 翌日更新する際にいいプレッシャーになる
  • 文章を書くのが速くなる
  • いろんな反応をもらえる
  • ネタが尽きなくなる

これらに関しての詳細は、10日目の記事をご覧ください。

10日間毎日ブログを更新してわかったこと – starnote*
「ブログを毎日更新する」と聞いてハードルが高いと感じている人、多いと思います。僕もつい先日までそう考えていました。 でも実際にやってみないとわからない感覚ってあると思うのです。なので、まずは10日間だけと思って毎日更新してみました。すると意外なことに、更新するのが全然大変じゃなくなってくるんです。 連続更新が続くにつれ、その都度思うところを記録しておきたいと思いますが、まずは「10日編」ということで。 10日間毎日更新する まずは、【ブログを毎日更新する】と聞いて「ハードルが高い」と感じる理由について考えてみました。 毎日時間がとれない 書くネタが尽きそう というようなことが思い浮かびます。結局これって、 「毎日更新」が無限に続く気がしているから重い腰が上がらない という1点に収束するような気がするのです。 だからまずは「10日間だけ」という期限を切ってやってみたらいいのではないかと考え、実際にやってみました。そのあとのことは、また10日後に考えてみればいいのです。 また、 そんなに更新しても読んでくれる人いないかも というネガティブ思考も顔を出すかもしれません。これに対しては、 そもそも書かないと読んでもらえる記事が生まれないよ! という言葉を贈っておきます。ブログって記事書いてなんぼの世界だと思います。 やりきったあとに感じたこと 10日間毎日更新したあとにこんなツイートをしました。 【10日間毎日ブログを更新してわかったこと】✅ブログが習慣化する10日も経てば「更新するのが当たり前」な感覚になります✅翌日更新する際にいいプレッシャーになるここで更新を絶やしちゃいけない!という意識が芽生えます✅文章を書くのが速くなる長文を量産するのが苦でなくなります— みけめろ@starnote* (@info_starnote) 2018年12月19日 ✅いろんな反応をもらえる僕が書く記事すべてが読者に一様に響くわけではないので、毎日違うジャンルの記事を書くといろんな反応が返ってきます✅ネタが尽きなくなる逆説的ですが、常に書く内容を探しながら生活するようになるので、書きたいことのストックが溜まりやすいです— みけめろ@starnote* (@info_starnote) 2018年12月19日

10日間毎日ブログを更新してわかったこと


追加したいのは5つ

で、さらに追加したいのが以下の5点。

  • 方向性を定めたくなる
  • コンセプトを意識して書くようになる
  • アウトプットが楽しくなって他の表現も模索したくなる
  • 次のステップに進みたくなる
  • ブログと向き合う時間が長くなる

これらについて詳しく解説していきます。


方向性を定めたくなる

毎日更新を始めた当初、当サイトのサブタイトルは「僕が書きたいことを書きたいときに書くブログ」でした。

確かにこのようなテーマにしておくと、「思いついたときに思いついたことを何でも書ける」というメリットはあります。それでも、日記の域を出ないし、誰かの役に立つ記事が出てくる可能性も限定的です。

毎日書いていると「あ、今日もこんな話題を書いているな」という気づきがあります。その気づきを自分の中だけで留めておくのはもったいない。それをコンセプトとして明言することで、読者にも自分にも明確な道を示した方がいいと思いました。

その結果、2019年から「旅とガジェットとアカデミックな個人メディア」を謳うようにしました。

2019年、starnote*は「旅とガジェットとアカデミックな個人メディア」へ – starnote*
あけましておめでとうございます。 この記事には、新年のごあいさつを行うとともに今後の方針について記しました。具体的には【コンセプトをきちんと明示】することにします。詳しくは続きを。 あけましておめでとうございます 旧年中は大変お世話になりました。定期的に読んでくださった方も、SNSでシェアしてくださった方も、LINEで感想を送ってくださった方も、本当にありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願いします。 2019年、「旅とガジェットとアカデミックな個人メディア」へ 結論から言うと、2019年からのstarnote*は 旅とガジェットとアカデミック 個人メディア を謳おうと思います。心機一転、僕の中ではリニューアル的なニュアンスを持ちます。 コンセプトの柱を立てよう これまで、 「僕が書きたいことを書きたいときに書くブログ」 をサブタイトルにしていましたが、はっきり言って何を書いてるブログなのか分からないですよね。 いや、確かにこのサブタイトルをつけたのは自分なんですけど、何か入力しなければならなかったので思いつきで入れました。 2017年8月にWordPressに移転したときの話です。その頃は書いてる記事の内容がバラバラだったのでこんな感じにしました。 しかし、最近は発信したオピニオン記事が反響をもらったり、毎日更新して自分のスタイルが定まってきたりなど、書く内容がだんだん変化してきたのも事実です。 つまり、よく書いている記事である、 旅 —— 2018年はいろんな場所に行きました → まとめ記事 ガジェット —— これは昔からだけど アカデミック —— 最近がんばって書いてます → こんな感じ これらを3本の柱にしたいと考えています。 脱・ブログ さらに、「ブログ」という文字を排したいというのも大きいです。 2日前にこのような記事を出しましたが、ブログというフォーマットで残すためには「蓄積されることが重視されるコンテンツ」である必要があると、最近強く感じています。 → 2019年のブログ界隈は専門化が進むんじゃないかという話 つまり、前述した3本柱のうち「アカデミック」な記事はブログに文章として残しておきたい。

2019年、starnote*は「旅とガジェットとアカデミックな個人メディア」へ


コンセプトを意識して書くようになる

前述のように、「旅」「ガジェット」「アカデミック」という3本柱を立てました。すると、記事を書くときにこの柱から離れていないか自然と気を配るようになりました。

このようなコンセプトを立てることはブログを書く上で基本中の基本ですが、これまでは全然意識していませんでした。ダメダメでしたね。反省します。

なので、過去のコンテンツは一応公開してますが、一からスタートしたつもりで書いています。

とはいえ、これまでよく書いていたことを柱にしたので、縛りができて窮屈になったというようなことはありません。ゆるい縛りなので少しくらい脱線してもいいし。


アウトプットが楽しくなって他の表現も模索したくなる

その前に記事書けよって話ですけど、毎日更新した上でやってるから許して。

ブログって文字と写真しかないので、ずっと向き合っていると少しずつ物足りなくなってきます。同じく文字と写真しかないけどレイアウトが自由な紙媒体とか、音と動きが加わった動画とか、いろんなことを試してみたくなります。

特に、こういう時代なので動画はやりたいですね。いま思っているのは、動画だけで完結させるのではなく、ブログ記事と動画のそれぞれがお互いを補完し合うようなものを作りたいです。まだなんとなくのイメージですが。

あとは、後述するZINEの第2弾・第3弾を出しつつ、洗練させていきたいです。このように、2019年は少しずつ活動の幅を広げていきたいなーと思っています。


次のステップに進みたくなる

こんな風に他の表現を試してみる実験のひとつとして、「ZINE」を制作してみました。

はじめて作ったので完成度はイマイチかもしれません。今の自分はすごいのを作ったと自負しているけど、あとから見返してみると大したことなかった、ってなりそうです。

それでも、やるかやらないかには天と地ほどの差があると思うんですよ。なんとなく作りたいなーと思ってるだけだったら何も成長しないので、とりあえず動いてみてから考えはじめた方がいいに決まっています。

最初から完璧なものを求めるのではなく、何度も試行錯誤しながら洗練させていけばいいのです。このように考えて、「まず動き始めてみた」のが今回のZINEです。

全然売れないと思ってましたが、買ってくれて方々がTwitterで報告してくれて嬉しかったです。ありがとうございます!

2018年の旅をまとめたZINEを出しました。Kindleで買えます。 – starnote*
お知らせです。 タイトルのとおりですが、2018年の旅をまとめたZINEを出しました。年末年始の休暇を制作に充て、なんとか完成しました。もうヘトヘトです。 2018年の旅をまとめたZINEを出しました タイトルは『Beautiful Travels 写真と向き合い、観察力を磨く旅』。Kindleでの出版です。お値段なんと300円! 本の紹介から流用すると、 心に響く写真を撮るには、観察力を磨く必要がある。道を歩くと目に入るものすべてが被写体になるように感じるが、その中から絶妙なアングルを選んでシャッターを押さなければならない。その場所を選ぶためには観察力が必要なのだ。 適当にシャッターを押して得られる写真は「適当な写真」なのであって、心に響く写真を撮るためには「心に響く景色」を見つけなければならない、と思っています。 そうやって何度も何度も試行錯誤をしていくうちに、観察力が磨かれるはず。 観察力を鍛えるためには、初めて見る景色を切り取る経験を重ねるのがいちばんいい。だから2018年はたくさん旅に出た。その記録を本書にまとめる。 一応写真と文章で構成されていますが、メインは写真です。 掲載している写真のほとんどはブログにも載せているものですが、このようにレイアウトを凝るとまた違った趣を味わうことができますね。ひとつの「作品」を作っているような感覚。(ブログに載せていない写真もあります) また、文章は8割くらい書き下ろしました。ところどころブログで使っていた文章がありますが、それ以上のものを書ける気がしなかったので、そのまま載せたものもあります。 自分で言っちゃいますけど、とてもおしゃれに仕上がりました。ぜひ読んでみてください! ブログとは異なる価値を 2019年からのstarnote*は「旅とガジェットとアカデミックな個人メディア」を謳い始めました。 → 2019年、starnote*は「旅とガジェットとアカデミックな個人メディア」へ 「旅」を前面に押し出し、「個人メディア」を謳うからには、ブログ以外の表現も手を出したいと思っています。その第一歩としてZINEを作りました。 なぜZINEなのか

2018年の旅をまとめたZINEを出しました。Kindleで買えます。


ブログと向き合う時間が長くなる

毎日更新を始めるまでは、本業(博士課程の大学院生)の傍らでブログ運営しているという意識でした。あくまでもブログは「サブ」だったんですね。このような意識だったから、更新したくないときは放置していたし、書く内容もバラバラだった。

しかし、毎日更新するという義務を自分に課してしまうと、否が応でもブログと向き合う時間が長くなります。作業時間という意味でも、ブログのことを考えている時間という意味でも。

というのは、ブログに付きっきりというわけではなく、これまで無駄に過ごしていたようなスキマ時間をブログ執筆に充てるようになった、という意味です。この文章だって研究室で少しずつ書いています。(最終的な仕上げは家でやりましたけど)

毎日更新を始める前はなんとなく後ろめたい気持ちがあって、研究室でブログを書くなんてことは絶対になかったです。研究に関係ないことを持ち込んじゃダメだと思ってました。

でも、少し冷静になってみると、「研究室」というレイヤーのさらに上には「自分の人生」というレイヤーがあるわけですよ。自分の人生の中の貴重な時間を使って、研究室に滞在していることもあれば、ブログを書いていることもあるし、本を読んでいることもある。

つまり、「研究室にいるからといって、その他の自分を捨てなくてもいいんだ」と考えるようになりました。スキマ時間は他の活動に充ててもいいんです。

このように、毎日更新を始めるとちょっとした時間がもったいなくて、「今のうちに書けるだけ書いておこう」という意識が芽生えるようになりました。自分の人生だから、人に迷惑をかけない範囲で、自分のやりたいようにすればいい。

また、スキマ時間をブログ執筆に充てていれば、ブログのことを考えている時間も長くなります。

前回の記事に書いた「ネタが尽きなくなる」という内容とも重複しますが、常にブログのことを考えているからこそ、何をしていても頭の片隅には常にブログのことがちらついています。


まとめ

10日目で感じたことも含めて、「1か月毎日ブログを更新してわかったこと」をまとめると、

  • ブログが習慣化する
  • 翌日更新する際にいいプレッシャーになる
  • 文章を書くのが速くなる
  • いろんな反応をもらえる
  • ネタが尽きなくなる
  • 方向性を定めたくなる
  • コンセプトを意識して書くようになる
  • アウトプットが楽しくなって他の表現も模索したくなる
  • 次のステップに進みたくなる
  • ブログと向き合う時間が長くなる

こうなりました。ちょうど10個。短期間の損得勘定で評価するのはあまり好きではないですが、今のところメリットしかないと思います。

特に、「文章を書くのが速くなる」というのは僕の本業である研究にもいい影響を与えてくれています。論文を書いたり、研究概要を書いたり、なにかと文章を書くこと多いんですよ。集中力をあまり使わずに文章を書けるようになるので、とてもいいです。

また、世の中に目を向けてみると、僕が書いた記事で救われている人がいると言うことができるかもしれません。本当にいるかどうかはわかりませんが、そう思うことにしておきます。

このように、毎日更新して記事を量産すれば、自分の役にも立つし、世の中の役にも立つかもしれません。そう考えるとメリットしかないですね。

というわけで、これからもできる限り続けていこうと思うので、また読みに来てくれると嬉しいです。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate