週刊すたのじん #012|節目のとき。

平成30年度も今日で終了。


この1週間で書いた記事を、当サイトの3本柱である「旅」「ガジェット」「アカデミック」を軸にまとめました。

「週刊すたのじん」のバックナンバーはこちらから。

週刊すたのじん バックナンバー


BATTABI 01|山中湖へ富士山を見に行く

BATTABI 01|山中湖へ富士山を見に行く – starnote*
行き当たりばったりなのは、いつものことです。 新シリーズスタート 「旅とガジェットとアカデミック」を謳っている当サイトなので、旅に関する新シリーズを始めます。題して〈スターノートの行き当たりばったり旅〉——少し長いので、略して〈BATTABI〉にしました。 内容としては、「思いつきでどこかに行って写真を撮り、それを掲載する」だけ。時間をかけて歩き回るわけではなく、まずは「その土地に行ってみること」を目的とした軽めの旅です。所要時間は数時間。 山中湖に行きました 関東に住んでいると、東西南北どの方向へも出かけることができます。最初はどこに行こうか迷いましたが、やっぱり日本人としては富士山を間近に見てみたかった。今まで空の上からしか見たことなかったんです。 ということで、山中湖に向けてクルマを飛ばします。 まずは「パノラマ台」へ 予報では昼から晴れ間がのぞくということだったので、12時ごろに着くように向かいました。途中、高速道路の渋滞もありましたが、結果的に11時半にパノラマ台に到着。 雪が残っていないか心配でしたが、昨日と今日の暖かさで溶けてしまったようですね。夏タイヤで全然大丈夫でした。 眼下にはこんな景色が広がります。あまりの迫力に圧倒されて言葉が出てきませんでした。「すげぇ…」しか言えなかった。 富士山に雲がかからないタイミングを見計らって写真に収めたいんだけど… なかなか切れないね… 切れた! 一応頂上が見えてるからこれで!(風強くて寒かったんです) パノラマ台からの景色をパノラマにしてみた。ここから星を撮ったらきれいだろうなぁ。 東京方面からだと東名高速の足柄スマートICで一般道に降り、40分ほど走ると到着します。途中には山道もあるので、運転に不慣れな方は十分注意してください。 長池親水公園 そのあと、湖畔まで降りて「長池親水公園」へ。遊歩道(サイクリングロード)が整備されていて、散歩したり自転車に乗ってる人がたくさんいました。 風がなくて湖に波が立たなかったら「逆さ富士」が見られるそうですが、今日はめちゃめちゃ風が強かったです。山中湖には白波が立っていました。また富士山にも雲がかかってるし… また星を撮りに訪れたい ドライブするにはちょうどいい距離だったので、また星を撮りに行きたいと思います。

BATTABI 01|山中湖へ富士山を見に行く

「スターノートの行き当たりばったり旅」を略して「BATTABI」です。日常生活の中に短い旅を少しずつ入れていこうと思っています。

第1回は山中湖に行きました。こんなに間近で富士山を見たのは初めてでしたけど、やっぱり圧倒されますね。次は海ほたるに行きたい。


ガジェット

第2世代AirPodsがやってきた|買い替える価値があるほどに音質が向上してます。

第2世代AirPodsがやってきた|買い替える価値があるほどに音質が向上してます。 – starnote*
予想外に音質が向上しててびっくり。 第2世代AirPodsがやってきた 2か月ほど前に、第1世代AirPodsをレビューしました。 → AirPods長期使用レビュー|2年で寿命を迎えそうだけど、また買う価値がある。 あまりにも生活に馴染みすぎて「AirPodsなしでは生活できない体になってしまった」と言っていましたが、この第2世代によってさらに拍車がかかる感じになってます。 というのは、第1世代の使い勝手はそのままに、 ワイヤレス充電 Hey Siriがより簡単に 音質向上 —— 低音域が強化されました など、細かいブラッシュアップがなされているからです。 ワイヤレス充電モデルを買いました ちょっと高くなっちゃいますが、このタイミングでワイヤレス充電モデルを買わない理由が見当たらなかったです。第1世代のバッテリーも劣化していたので、本体もケースもまるごと新しくしました。 内容物は、 AirPods本体+ワイヤレス充電ケース 説明書 Lightningケーブル となっています。 ワイヤレス充電モデルといっても、Lightningケーブルを介した有線でも充電することができます。なのでケーブルも付属しています。 ケースの外観は基本的に同じです ぱっと見で見分けられるのは、充電ランプの場所が違うことくらいしかありません。ワイヤレス充電に対応しない第2世代はランプの場所も同じなので、まったく見分けがつかないと思います。 第1世代、第2世代(ワイヤレス充電非対応モデル) —— ケース内側 第2世代(ワイヤレス充電モデル) —— ケース正面 写真左が第2世代(ワイヤレス充電モデル)で、右が第1世代です。 また、よく見ると背面には違いがありました。 ペアリングボタンの場所 ヒンジの加工 ペアリングボタンの場所は、第2世代は中央に、第1世代は中央下寄りにあります。リセットのときくらいにしか使わないボタンなので、変わったからといって特に支障はありません。 第1世代のヒンジ部は鏡面仕上げでしたが、第2世代はザラザラの加工が施されています。指紋が目立たなくなったのはいいと思います。 本体は全く同じで見分けがつかない 穴の場所も、センサーの場所も、下部のアンテナラインも、全く同じです。間違えて混ぜてしまったら本当にわからなくなります。

第2世代AirPodsがやってきた|買い替える価値があるほどに音質が向上してます。

勢いで買っちゃいましたが、ワイヤレス充電がめちゃめちゃ便利です。僕にとってはすごく地味な進化に思えるんですけど、「その日の使い始めが常に満充電」というのはストレスフリーでした。

あとは音質の向上も嬉しいポイントです。ここまで満足度の高いものが出てくると、AirPods以外の選択肢がかなり狭まってくるなー。


NURO光の開通前には、通信量無制限のモバイルルーターをレンタル可能。

NURO光の開通前には、通信量無制限のモバイルルーターをレンタル可能。 – starnote*
開通まで1か月以上かかるってさ。 新居の固定回線をどうするか問題 僕が借りている物件にはイッツコムのインターネットが入っていて月額3,800円で利用できます。しかし、いちばん早い「かっとびメガ」というプランでも上りが最大10Mbpsしか出ないんです(下りは160Mbps)。 このご時世、クラウドサービスで同期することも頻繁にあるし、記事や動画をアップロードするときも上りの速度は重要です。だから最大10Mbpsしか出ないサービスに3,800円は高いと思うのです。 真っ当な速度が出る光回線を使いたいので管理会社に相談したところ、「穴を開けないなら全然いいですよー」と工事の許可がすんなりと下りました。 それなら、そこそこ安くて(月額4,743円)速度も出る(下り2Gbps・上り1Gbps)と評判の「NURO光」を契約しようと、申し込みを入れました。 NURO光、開通まで1か月以上かかるって 申し込みを入れたとはいえ、引っ越しシーズンということもあり、開通まで1か月以上かかるような状況です。 iPhoneのテザリングでやり過ごすという選択肢もありますが、2月の実家の固定回線の通信量を確認したら200GBを超えていました。僕が契約しているドコモの20GBプランでは、とてもじゃないけど太刀打ちできない… しかしNURO光では、引っ越し後に固定回線がないことを見越してか、使い放題のモバイルルーターを月額3,980円で貸し出してくれるサービスを提供しています。せっかくなのでこれに乗っかってみることにしました。 メールを確認できない… モバイルルーターの申し込みのためには、公式サイトに 詳しくは『ご登録完了メール』をご確認ください。 → 光回線インターネットNURO 光 | NURO 光 という記述がありましたが、そのメールが届かないんですよね。 ちょっと調べてみると、このメールは申し込みと同時に開設されたSo-netのアカウントに届くらしいのです。でも、そのアカウントにログインするためのパスワードがハガキで届くみたい。 ハガキが届くまで申し込みから1週間かかったので、それまではモバイルルーターすら申し込めず、使い放題の回線がないという事態になりかねません。 しかし、「ユーザーIDパスワード再設定」という技を使えば、ハガキが届く前にもSo

NURO光の開通前には、通信量無制限のモバイルルーターをレンタル可能。

まだ新居に固定回線がないんです。NURO光の工事待ちなんですけど、その間に割安でモバイルルーターをレンタルできるプランが準備されていました。30日間で4,980円。

ずっとiPhoneでテザリングするのもギガが持たないので、今はこのモバイルルーターを固定回線の代わりにしています。


祖父から受け継いだ4つのフィルムカメラを紹介します。

祖父から受け継いだ4つのフィルムカメラを紹介します。 – starnote*
こんな形で手にするとは。 今回はひとまず外観を紹介 10年以上前に亡くなった祖父のコレクションを整理するということで、自由に持って行っていいよ!と言われたものの… 10年以上前に亡くなった祖父のカメラを整理中…もらっていいって言われたけど…どれがいいやつなのか…よくわからない… pic.twitter.com/anR9QxPghp— みけめろ@starnote* (@info_starnote) March 3, 2019 僕は根っからのデジタル人間なので、悲しいことにどれがいいものなのか全然わかりませんでした。それでも選ばないといけなかったので、なんとなくの勘で4つ選んで貰ってきました。 ということで、今回はその外観を中心に紹介します。 リコー35 見た目が心に響いたので選びました。かっちょええ… 1955年に発売された「リコー35」。レンズは交換式ではなく、45mm F3.5で固定です。フィルムには「35mmパトローネ入りフィルム(135)」が必要とのことなので、今売っているものも使える(のかな?) → フィルムカメラ / 製品 | RICOH IMAGING 時代はすっかりGR IIIの流れですが、こんなオールドカメラを持って街に繰り出してみるのもいいんじゃない? 35mmフィルムだからフルサイズですよ。 OLYMPUS PEN-D3 今でもつづく「OLYMPUS PEN」シリーズです。1965年に発売された「PEN-D3」というハーフカメラ。 レンズは「F.Zuiko 32mm F1.7」が装着されています。一応防湿庫に入っていたけれど、レンズの中には少しカビが生えてしまっています。いい味が出るかもしれないので、そのまま撮ってみようかな。 ASAHI PENTAX SP 1964年に発売された「PENTAX SP」。当時はまだ旭光学だったので「ASAHI」の文字も刻まれています。 タムロンのレンズ「TAMRON SP 28-80mm F3.5-4.2 CF MACRO」が装着されていました。標準ズームなので使いやすいかもしれませんね。もしかするとレンズだけα7 IIIで使えるかも。 ミノルタ XG-S 1979年に登場したカメラです。他のカメラと比べると時代が進んだ印象を受けます。 「RF

祖父から受け継いだ4つのフィルムカメラを紹介します。

一気に4つのフィルムカメラを手に入れたので、外観を中心に紹介しました。

まずは「OLYMPUS PEN-D3」から使ってみようとしていますが、部品(消耗品)を交換した方がいいかもしれないです。まずはそこからやります。


アカデミック

今日で長い学生生活が終了。これからは投資対効果を見極めるとき。

今日で長い学生生活が終了。これからは投資対効果を見極めるとき。 – starnote*
10年間も大学にいましたが、それも今日で終わり。 今日で長い学生生活が終了 僕は6年制薬学部を卒業したあと4年間の博士課程に進学しました。合計で10年間も大学に通うことになるので、この選択をするときは相当迷いました。 そこで辻褄合わせのように編み出した考えが、「お金を投資するのと同じように、時間を投資する人がいたっていい」というアイデアです。これについては以前詳しく書きましたね。 → 研究が嫌いだけど博士課程に進学した話。割り切るのも大切でした。 得たものや失ったものがたくさんありますが、得たものに関してはすでに手に入れているので放置で大丈夫でしょう。 問題は、「失ったものをこの先取り返すことができるか」「この先数十年間のトータルでプラスにできるか」ということです。 つまり、時間という投資は本日をもって完了したので、これからはどれほどの効果があったのか見極めながら、その効果を最大化させることに尽力すべきだと考えます。 そのために、これまで4年間の博士課程で得たものや失ったものを整理しておきたいと思います。 得たもの 得たもの一覧はこちらです。 博士(薬学) 論文を書くスキル 学会で発表するスキル 人脈 博士(薬学) これを取るために4年間研究していました。日本ではなかなか重視する傾向にありませんが、海外では博士を持っている人への信頼が大きいと聞いています。 まだ博士を取って10日くらいなのでそんな場面に出くわしてないですが、これから日本も少しずつそうなっていくはずです。 論文を書くスキル 「論文を書く」といっても最初は全然イメージできませんでした。そのへんにわんさか湧いてる文章と何が違うんだろうと思ってた。 同じ「文章」なんだけど、論文とWebライティングでは書き方がまるで違います。確かに根幹は同じなのでブログ運営による互恵関係はありますが、論文は論文向けのトレーニングをしないと全く書けません。 これからも論文を書く可能性は十分にあるので、4年間の博士課程で培ってきたことを活かす場はあると思っています。 → 頭の中から文章を、絞り出せ。 学会で発表するスキル

今日で長い学生生活が終了。これからは投資対効果を見極めるとき。

本日、2019年3月31日をもって学生生活の幕が下ります。いつもの日曜日なら週刊号だけを更新するところですが、節目なので思うところを文章化しました。


ライフスタイル

東京でもクルマがあると便利に決まってる

東京でもクルマがあると便利に決まってる – starnote*
武蔵小杉なので、正確には神奈川ですが。 東京でもクルマがあると便利に決まってる 「無くても生活できるかもしれないけど、あれば便利」という一言に集約されます。 つまり、公共交通機関が発達しているのでクルマが無くても不自由しないけど、あれば行動範囲やできることの幅が広がります。 クルマがいらないと言っている人は「行動範囲やできることの幅が広がる」という意味がわかっていないんじゃないかなーと思います。そう思う理由をこの記事で説明します。 ちなみに、東京に引っ越してきたからそう思ったわけではなく、長崎に住んでいるときから同じような状況でした。基本的に平日は公共交通機関で、クルマは週末しか乗らないみたいな。 だから、引っ越してきたからといって特に何も変わらないですね。それは同時に、「東京でも週末にクルマがあると便利」ということを意味します。 自宅モードのまま移動できる 大前提として、自分のクルマの中は自宅と同じです。 普段からオンオフを切り替えて「自宅モード」と「外出先モード」を使い分けると思います。 玄関から出ると「外出先モード」になり、電車に乗って目的地に行き、用事を済ませる。帰りの電車に乗って自宅まで歩き、玄関扉をくぐった瞬間に「自宅モード」になってリラックスする。 無意識的だとは思いますが、こんな感じで毎日生きている人がほとんどです。もちろん「外出先モード」が続けば疲弊してしまいます。 ポイントは、自分のクルマに乗っているときは「自宅モード」でいられるところです。独り言をつぶやいてもいいし、歌ってもいいし、大あくびをしてもいい。電車の中でこんなことしたら完全に不審者です。 どこかに買い物に行くことを想定してみても、クルマと電車とでは疲れ方が段違いです。常に「外出先モード」でいないといけない電車の方が疲れます。運転を加味してもクルマの方が断然楽です。 大きな荷物を持って帰れる IKEA、コストコ、プレミアムアウトレットなど、クルマで行くことを前提にした施設ってたくさんありますよ。そういうところに電車で行くのには手間も時間もかかって大変だと思うんです。 電車だと買ったものを持って帰るのも大変です。たまに見かけますけど、重くて大きな段ボールを抱えて電車に乗るの嫌じゃない?

東京でもクルマがあると便利に決まってる

東京ではクルマがいらないとか言われていますが、行動範囲が広い人にとっては必須です。実際に使ってみて身をもって体感しました。

確かにカーシェアリングもありますけど、僕の近所のステーションはいつも貸し出されていています。自分のタイミングで行きたいところに行くためには、自分のクルマが無いとやっていけないです。


オーブンレンジを載せる台はDIYするしかないのか?

オーブンレンジを載せる台はDIYするしかないのか? – starnote*
床に置くのはちょっとね。 オーブンレンジを載せる台が欲しい 3日間の弾丸スケジュールで新居のインテリアを(ある程度)構築したのは、以前お伝えしたとおりです。 → ひととおり住める部屋を作ったので現状を晒しつつ、ひとまず長崎に戻ります。 この記事以降、追加の家具は購入していなくて、食器や調理器具など生活に密着したものを中心にそろえてきました。ソファとかは後回しでいいかなーと思って。 調理器具のひとつとしてPanasonicのオーブンレンジを買ったのですが、現状では置くための台がありません。今はこんな感じ。 床に置いちゃってますね… PanasonicのNE-MS265というモデルです。 一応掃除はしてるけども、温めたものを取り出すときにホコリが舞いそうだし、足をぶつけたりしそうで危険です。だから早急にどうにかしないといけないのですが—— こんな台が欲しい レンジの上には鏡を掛けているので(レールの場所がここしかない)、腰くらいの高さの棚しか置けません。 今イメージしているのは、天板を含めて3段の棚で、中段にオーブンレンジを置きます。下段には調味料や食材のストックを置きたい。天板には炊飯器や電気ケトルでも。 つまりこんな感じ。 骨組みの部分が黒い鉄でできていて、棚板は木製。 イメージとしては下の棚が近いです。 自分で作るしかない? 雰囲気は違いますがサイズ的にピッタリだったので、最初は無印良品の「スチールユニットシェルフ」を買おうとしてました。 → スチールユニットシェルフ・スチール棚セット・小・ライトグレー幅58×奥行41×高さ83cm 通販 | 無印良品 でも現物を見てみるとあまりにもサイズがピッタリすぎて、レンジが入るかかなり微妙なところ。強度的にレンジの重さに耐えられるかという点も気にしないといけないし。 だからもう少し大きめの棚を探している最中なのですが、これといったものがなかなか見つからないんです。がんばって探すよりも、がんばって作った方が早い気がしてきました。

オーブンレンジを載せる台はDIYするしかないのか?

ちゃんと料理をしようと思ってオーブンレンジを買ったはいいものの、そのまま床に置いちゃってる状況なんです。ちゃんとした台が欲しいけど見当たらないので、自分で作った方が早い気がしています。


今週のカバー写真

目黒川の桜を撮ってきました。東京の激混みに初めて遭遇しましたが、これには慣れが必要だと確信しました。今日は撮るだけ撮って切り上げてきました。


最後に

明日から社会人になりますが、「頑張りすぎない」を目標にします。普段はセーブしておかないと瞬発力が求められるときに出せないと思うのです。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate