僕が2018年に買ったガジェットを客観的に数字で評価する。

2018年ももうすぐ終わってしまいますね。

年末恒例の振り返り記事をいくつか書いてきましたが、今回はお待ちかねの「ガジェット編」です。今年は少しだけ趣向を変えて、客観的に「数字」で評価してみました。


僕が2018年に買ったガジェットを客観的に数字で評価する。

今年もベストガジェットを選出する時期になりました。もちろん僕もやります。

しかし!

このような「ベスト○○」って、評価基準が曖昧で主観的なものになりがちです。当ブログはアカデミックを謳っているので、できるだけ客観的にいきましょう。

つまり、以下の3つの指標についてそれぞれ1〜5の5段階で評価し、その合計点で順位をつけます。

  • 使用頻度
  • 費用対効果 —— コストパフォーマンスですね
  • 貢献度 —— 僕のQOL向上に寄与したか

貢献度は若干主観的な指標ですが、自分がガジェットを使っていく上で重要なので入れました。

早速ですが、結論から見ていただきましょう。

ガジェット
使用頻度
費用対効果
貢献度
合計
ポケットドルツ
5
5
5
15
α7 III ズームレンズキット
3
5
5
13
iPhone XS Max
+ 純正レザーケース
5
3
5
13
Zolo Liberty
4
5
4
13
11インチiPad Pro
Smart Keyboard Folio
Apple Pencil (2nd)
4
3
5
12
GoPro HERO7 Black
3
4
4
11
Beats Studio3 Wireless
3
3
4
10
USB-C – SDカードリーダー
2
3
4
9
Zhiyun Smooth 3

–:評価対象外

Zhiyun Smooth 3はスマホ用のジンバルです。買ったくせに使ってないので評価対象外とさせてください。来年は使いたい!

では、ここからは順番に紹介しましょう。

ポケットドルツ(15pt)

ガジェット
使用頻度
費用対効果
貢献度
合計
ポケットドルツ
5
5
5
15

Panasonicの携帯用電動歯ブラシです。Amazonで2,300円ほどと安かったので、なんとなく購入してみましたが、

  • 使用頻度
  • 費用対効果
  • 貢献度

これらすべての指標で満点になりました。恐るべしポケットドルツ。

使うまでは「あんまり意味ないんじゃないの?」と疑心暗鬼でしたが、使ってみるとそんなものは吹っ飛びました。普通の歯ブラシと違って「ツルツルの持続力」が全く違います!

全く!

違います!

ほんとに!

持ってない人は今すぐ買って!

「携帯用」を謳っていますが、もちろん自宅で使うこともできます。試しにこれを買ってみて、よかったら据え置き用も買おうと思っていましたが、もうこれ1台で済ませています。

単4電池1本で駆動するので、僕はeneloopを入れています。1日3〜4回の頻度で3か月ほど使っていますが、まだ交換したことはありません。

ちなみに、持ち運ぶときは無印良品のEVAケースに入れています。他には歯磨き粉、携帯用シリコンコップ、うがい薬も一緒に持ち歩いています。詳しくは以下の記事を。

無印の携帯用シリコーンコップで、充実したポケットドルツライフを。 – starnote*
食後には歯を磨きたい派。 僕はいつもカバンの中にポケットドルツを入れていて、ランチ後にも歯を磨けるようにしています。こんな人たくさんいると思うんですが、コップを持ち歩いている人ってあまりいないんです。 確かに、コップって場所をとるから持ち歩きにくいんです。わざわざ貴重なカバンの中のスペースを割くほど、優先順位が高くない。 でも、コンパクトに持ち運べるものがあったらどうでしょう? 普段持ち歩いている歯みがきセット 以前、台湾に持って行ったバックパックの中身記事でチラ見せしましたが、普段から歯みがきセットを無印良品のEVAケース(税込100円)に入れて持ち歩いています。 この記事のときは旅行だったので、他にも爪切りとかオロナインとか入ってましたが、普段持ち歩いているのはこの4点セットです。 ポケットドルツ(Panasonic) 歯みがき粉 携帯用シリコーンコップ(無印良品) うがい薬 で、今日ご紹介したいのは真ん中のやつ。 無印良品 携帯用シリコーンコップ 外出先での歯みがきに特化したコップです。お値段は税込350円也。 → 携帯用シリコーンコップ約65×12×82mm 通販 | 無印良品 持ち運び用なので、こんなに薄く軽く作られています。厚さは12mm、重量20g。 でもシリコン製で柔らかいので、こうして両側をつまむように持つと広がります。 で、その中に水を注ぐというわけ。 手が濡れないから冬場にも最適 たとえば、ランチ後に歯みがきをするというようなシチュエーション。 歯ブラシや歯みがき粉を持ち歩いていてもコップがないので、口をゆすぐときは水を手で掬っている人、結構見かけます。というか僕もこのコップを買う前はそうしてました。 でも手が濡れてしまうし、袖の中に水が入っていってしまうこともあります。もう最悪だー!っていう思いを何度したことか。 さらに冬場は水が冷たいんですよね。できれば手を濡らしたくないし、何かスマートな解決策はないものかと思ってたところ、無印良品で偶然このコップを見つけました。 しかも350円と安い。買わない理由なんてなかったので、その場で買いました。 うがいにもちょうどいいサイズ

無印の携帯用シリコーンコップで、充実したポケットドルツライフを。


α7 III ズームレンズキット(13pt)

ガジェット
使用頻度
費用対効果
貢献度
合計
α7 III ズームレンズキット
3
5
5
13

4月に購入したソニーのモンスターカメラが2位にランクイン。

35mmフルサイズのセンサーを搭載しており、高感度にも強いので、どんなシチュエーションにも安心して連れて行ける頼もしい相棒です。旅行にも、ブログ用のブツ撮りにも大活躍しています。

ただ、これだけ大きいカメラを毎日持ち歩くわけにはいかないので、使用頻度は「3」にしました。パンケーキレンズを買えば常にカバンの中に入れておけるんですけどね…

購入後、何度もこのカメラを持って旅行に行きました。京都、神戸、東京、福岡、台湾、アメリカ——あとちょっとしたドライブのときにも。

使っていて思うのは、やっぱり僕は写真を撮るのが好きなんだなーということです。ファインダーを覗いて構図を決め、狙いすました一瞬を切り取る。最高に楽しい瞬間です。

このカメラには来年もたくさんお世話になると思います。

週末台湾|プロローグ|心に響く「今」を探す旅 – starnote*
週末に1泊2日で台湾へ。 日本にいればなんでもない週末を、ちょっと特別なものにしたい。だから週末の2日間を使って台湾に行ってきた。 コンセプトは、「心に響く『今』を探す旅」。まだまだ日本国内にも訪れたことのない場所がたくさんあるけれど、海外に行けば自分がいかに井の中の蛙だったか思い知ることができる。そのぶん、より大きく、心に響く。 台北は〈昔からの伝統〉と〈最新の流行〉が混ざり合う都市。発展途上な街だから、相反する新旧のものが絶妙なバランスで成り立っている。 そこには、「伝統がベースとなり、新たなエッセンスが加わることで、最新のものが作り出されていく」というサイクルがある。 日本はそのサイクルを何回も回したせいで、伝統が占める割合はずいぶん薄くなってしまった。 でも、まだそのサイクルが少ない台湾は、まるで水と油のように思える〈伝統〉と〈流行〉が、片方がもう片方の領域を侵すことなく、静かに共存している。 だからこそ、僕らはそのバランスに惹かれるのではないか。 でも、今でこそ伝統と流行が共存しているように見える台湾も、着実に前に進んでいる。 昔からの伝統ももちろん大切だけど、これからの台湾が向かう先を知りたい。理由は自分でもよくわからないけど、ただ知りたいんだ。理屈を説明できなくてもいいじゃないか。 伝統をベースに進化していく。それはつまり、今あるものの上に新しい要素が積み重ねられていく、ということ。「今どのような方向を向いているのか」ということ。 だからこそ、伝統と未来のどちらもバランスよく体現しているのが「最新の台湾」なのだと思う。 旅に目的なんて無くたっていい。 ただその土地の空気を吸い、文化に触れ、自分の中に取り入れる。 そうすることで、今までとはちょっと違う自分に出会える気がする。その少しの差が、時間が経つとだんだん大きくなっていき、広い視野を持って物事を見ることができるようになるのだろう。 だから知りたい。すぐ隣の国で、どんなことが流行しているのか、そこにはどんな暮らしがあるのか、人々はどんなことを考えているのか。 普段の生活から少し離れてみると、凝り固まった思考が解放される。 五感を研ぎ澄まして新しい空気を取り入れ、脳はフル回転する。その結果は新たなアイデアとして姿を現し、次のクリエイティブを生み出すことができる。

週末台湾|プロローグ|心に響く「今」を探す旅


iPhone XS Max + 純正レザーケース(13pt)

ガジェット
使用頻度
費用対効果
貢献度
合計
iPhone XS Max
+ 純正レザーケース
5
3
5
13

今年も買いました、最新のiPhone。

2017年にiPhone Xを買ったときから「iPhone X Plusが欲しい」と言っていましたが、現実のものになったので飛びつきました。

まだ記事にはしてないですが、使い心地はとてもいいです。iPhoneという安定感と画面の広さが相まって、使っていて気持ちがいい。やっぱり毎日使うものには投資した方がいいですね。

また、いつものようにApple純正のレザーケースを装着しています。質の高いナチュラルレザーは手触りもよく、iPhone XS Maxを使う体験をさらにいいものに押し上げてくれています。

下の記事にも書きましたが、黒色は汚れが目立たないのでとてもいいです。経年変化という意味ではブラウン系の色でもいいのですが、iPhoneケースはすぐ汚れるので黒にしています。

経年変化|これまでレビューしたモノたちの、その後。 – starnote*
「劣化」ではなく「変化」なのです。 経年劣化というと、ゴム製品が硬くなってひび割れたりとか、プラスチックが黄色くなったりとか、ネガティブなイメージがつきまといます。しかし「経年=劣化」という公式は、必ずしも当てはまりません。 たとえば革製品は、使い込むことでその風合いが変化していきます。「味が出る」というやつですね。でもこれは、「経年」であっても「劣化」ではない。だからここでは「経年変化」と呼ぶことにします。 これまで当ブログではいくつかの製品を紹介してきましたが、購入直後にレビューしたものがほとんどです。その中には経年変化するモノもあったので、しばらく使い込んだらどうなるのか見てみよう、というのがこの記事の主旨です。 この記事で取り上げるのは iPhone Xレザーケース 真鍮製のキーホルダー ヌメ革の名刺入れ の3つです。 iPhone Xレザーケース 2017年11月からなので、約10か月間使っていることになりますね。2色買ったので、同じものを10か月間つけていたわけではありませんが、ある程度は参考になると思います。 きちんと測っていたわけではありませんが、体感的にはトータルで ブラック:5か月間 コスモスブルー:4か月間 裸運用:1か月間 といった具合です。 こちらが10か月前の状態。左が「コスモスブルー」、右が「ブラック」です。 10か月間使うと、こうなりました。 レザーは使っているうちにくすんでいくので、ブラックだと変化がよくわかりません。一方、コスモスブルーは全体的に色が変化している上に、エッジの部分が黒くなっています。 コスモスブルーはエッジが黒くなる 僕はいつもiPhoneをポケットに入れています。 そのせいかどうかはわかりませんが、エッジ部分が黒く変色してしまいました。iPhone Xは落としたことないので、手の脂やポケットとの摩擦だけでこうなるのでしょう。 いい感じに味が出てきたと思いませんか? ちなみに黒くなり始めたのは、4か月間の運用期間中2か月目くらいだったと記憶しています。 手がよく触れるからか、下半分の方が黒いです。 表もエッジが黒くなりました。 ブラックは見た目は変わらない

Zolo Liberty(13pt)

ガジェット
使用頻度
費用対効果
貢献度
合計
Zolo Liberty
4
5
4
13

2018年1月に購入したので、もうすぐ1年になります。

ファーストインプレッションの記事では「音の傾向が好きじゃない」とか「AirPodsと比べて使い勝手がよくない」とか言ってますが、なんだかんだずっと使っています。

その理由を考えてみると、

  • カナル型の完全ワイヤレスイヤホンはこれしか持ってない
  • コスパが優秀

この2点にまとまるかなーと思います。

他のも購入すればZolo Libertyの使用頻度は落ちてくるかもしれませんが、「まだ買わなくてもいい」と思わせる力はあります。要するに、それなりに満足しているということです。

レビュー記事はこちらです。

完全ワイヤレスなイヤホン「Zolo Liberty」のファーストインプレッション。AirPodsと比べてどうなの? – starnote*
「Zolo Libertyのおかげで、AirPodsの完成度の高さを知る」か。 スマホ関連のアクセサリで有名なAnkerが、2017年に鳴り物入りで始めた「Zolo」というオーディオブランドがあります。その第1弾として発売されたのが「Zolo Liberty」というイヤホン。 いわゆる「完全ワイヤレス」とよばれているジャンルで、ケーブルがなく左右が分離されているタイプです。なんとなく気になって購入してみたので、今日はZolo Libertyのファーストインプレッションを中心に、AirPodsと比べてみた感想などをお届けできればと思っています。 ちなみにこのZolo Liberty、自腹で買いました。提供してもらったわけじゃないので、バイアスは一切かかってません。言いたいことは正直に言いますよ! ※ 書いているうちにだんだん熱が入ってきてしまったことは、最初にお伝えしておきますね。笑 僕のワイヤレスイヤホン・ヘッドホン歴 よくわからない人は読み飛ばしてくださいね。 → 読み飛ばす 音質に関する話って言葉だけではなかなか伝わりにくいし、そのせいで説得力が薄くなってしまう部分があると思うんです。なので最初に、こんな人が意見してますってことで、参考にしてもらえるかなーと思って書いてます。 僕がイヤホンをワイヤレスにし出したのは、2013年末のことです。ちょうどiPhone 5sの頃ですね。当時はソニーのバランスド・アーマチュア(BA)ドライバを搭載した、比較的高級な有線イヤホン「XBA-40」をメインで使っていました。 それに対して、Bluetoothレシーバー「MDR-NWBT20N」を組み合わせて無理矢理ワイヤレスイヤホンとして使っていたんですね。 → 手持ちのイヤホンをワイヤレス化するBluetoothレシーバーの選び方を教えます。 ちなみにこの組み合わせは今でも(この記事を書きながら)使っています。BAドライバなので、聴いててニヤニヤしてしまうほどの音の粒の細かさですよ。本当に幸せです。 こんな調子で使っていると、ヘッドホンもワイヤレスにしないと気が済まなくなってきます。スタイリッシュなワイヤレスヘッドホンが欲しくて、「Beats Solo2 Wireless」を購入したのが2015年の秋。 → Beats Solo2

完全ワイヤレスなイヤホン「Zolo Liberty」のファーストインプレッション。AirPodsと比べてどうなの?


11インチiPad Pro フルセット(12pt)

ガジェット
使用頻度
費用対効果
貢献度
合計
11インチiPad Pro
Smart Keyboard Folio
Apple Pencil (2nd)
4
3
5
12

11インチiPad Proはこんな順位に。確かに僕のQOL向上に多大なる貢献はしてくれていますが、ちょっと値段が高いかな…

「セルラー版256GB + Smart Keyboard Folio + Apple Pencil」というフルセットで購入したので17万円ほどに。できることの幅は広いですが、この値段だとそれも霞んでしまうよね。

iPadチャレンジ・報告編|11インチiPad Proだけで1週間生活してみた – starnote*
意外といけるじゃん、というのが率直な感想。 MacBook Proの修理をきっかけに、強制的に1週間iPad Proをメインマシンとして暮らさないといけない生活をしていました。研究室でもカフェでも大活躍していたMacBook Proが使えないのは正直痛い。 でもこんな状況を可能な限りポジティブに捉え、本来ならMacBook Proを使って行う作業をiPad Proでやってみよう!というチャレンジをしていました。その結果報告です。 iPadチャレンジとは? MacBook Proをキーボード修理プログラムに出している間、そのポジションを11インチiPad Proに置き換えてみようというチャレンジです。 自宅に帰ればiMacがあるので生活のすべてをiPadに置き換えるわけではないですが、大部分を占めているMacBook ProをiPadに置き換えるのは僕にとって大きなできごとです。 詳しい経緯は前回の記事をご覧ください。 やったこと、できたこと、できなかったこと では本題に入りましょう。1日目の様子をお伝えした前回の記事と重複しますが、すべてをまとめてお伝えします。 本来ならMacBook Proを使って行っていた作業をiPad Proでやってみた、というのが本記事の主旨です。以下のような「もともとiPadメインで行っていた作業」は除いています。 LightroomでRAW写真を現像 手書きでアイデア出しをする Kindleアプリで読書してメモを取る このような「僕がiPad Proでやりたいこと」は以下の記事に書きました。こちらもぜひどうぞ。 スライドを作ってみた 普通にできました。 使用アプリはKeynoteですが、iPadだけで全く問題ない作業ですね。テキストの編集、写真や動画の挿入、手書きで文字を入れるなど、一通りの作業ができました。 手書き文字を入れるのはiPadでしかできない作業なので、むしろアドバンテージがあると思います。 Wordで報告書を編集してみた これもできます。 Office 365のサブスクリプションが必要ですが、Microsoft

でも、Smart Keyboard Folioの使い心地はとてもいいです。以前の10.5インチ用はおもちゃ感がありましたが、こちらは背面でがっちり固定されるので安定感があります。

キーボードに関してはまた後日レビューします。

また、側面にくっついて充電できるようになった第2世代Apple Pencilは「素晴らしい」の一言。

書き心地は以前と変わらない(以前から書きやすかった)ですが、

  • 置き場所に困る
  • 充電方法がダサい

という不満が一挙に解決されました。このためにiPad本体ごと買い替えたと言っても過言ではありません。

この11インチiPad Proの使い道については、こちらの記事にまとめました。

11インチiPad Proを買いました。僕はこんなことに使いたい! – starnote*
1か月遅れで手に入れました。 なぜいつも真っ先に飛びつく癖に出遅れたのかと言うと、1つ前の10.5インチモデルでも全く不満がなかったからです。だから最初は買い替えない予定でした。 でも来年はiPad版のPhotoshopがリリースされるし、iPadを取り巻く環境がガラッと変わる気がしたので、やっぱり最新のモデルを手に入れておきたい。だから買いました。 本体のレビューについては今さら僕がする必要もないと思うので、想定している使い道について説明します。 11インチ * スペースグレイ * Wi-Fi + Cellular 購入したのは11インチモデルです。 本体サイズは従来の10.5インチモデルとほぼ同じなのに、画面が大きくなりました。ぐっと小さくなった12.9インチモデルとも迷いましたが、慣れているサイズにしました。 色はスペースグレイ。前モデルよりも濃くなってかっこいいです。iPhone 5s時代のスペースグレイに近くなりましたね。 もちろんWi-Fi + Cellularモデルを買いました。セルラーモデルという存在が、MacとiPadを差別化している部分のひとつです。なのでiPadは迷うことなくセルラーを買うようにしています。 前回の10.5インチはSIMフリーモデルを買いましたが、今回はドコモの2台目プラスで契約しています。主回線(iPhone XS Max)の20GBプランをシェアする形です。 これまでこの回線でモバイルルーターを契約していたのですが、そろそろ2年が経過して月々サポート(毎月の割引)が終わるということもあり、今回はドコモで契約。 iPadは初代から海外SIMフリーだし、最近は国内向けにもSIMロック解除できるので、キャリアモデルでも全く支障ありません。 同時購入のアクセサリ 形の変わるモデルチェンジはアクセサリも買い替えないといけないので大変です。今回もいつものセットを買いました。 Smart Keyboard Folio iPad Proを「ちょっと小型の文章執筆デバイス」と捉えている僕にとって、なくてはならないアクセサリです。また後日レビューしたいと思っていますが、少しだけタイプの感触が硬くなったような気がします。 Apple Pencil 本体の側面に磁力で取り付けられるようになりました。待ち望んでたよ!

11インチiPad Proを買いました。僕はこんなことに使いたい!


GoPro HERO7 Black(11pt)

ガジェット
使用頻度
費用対効果
貢献度
合計
GoPro HERO7 Black
3
4
4
11

つい最近購入したので、まだレビューしていません。同じ理由で使用頻度も「3」としています。

旅行とか研究室のイベントとかでカメラは持っていても、「自分が写っている写真が少ない」ということに気づいたんですよ。人の写真ばっかり撮るのもなんだか悔しい。

なので、

  • α7 IIIと同時に持ち歩いても邪魔にならない
  • 広角で撮影できて自分が写れる

という基準で探したときに、「やっぱりGoProかなー」となりました。

このような目的で買ったので、本体とは別に「Shorty」という延長ポールと三脚が合体しているものも同時購入。使ってみると撮るのが楽しくて楽しくて。

「いー!」
「いー!」

この写真はShortyではなく本体を直接持っていますが、それでもこんなに広角で撮れるんですよ。素晴らしすぎませんか!?(Shortyを使った写真は研究室のみんなが写ってるので公開できないのです)

また、車に載せてTimeWarpを撮るのも楽しいです。このあたりはレビューと一緒に記事にしますー。


Beats Studio3 Wireless(10pt)

ガジェット
使用頻度
費用対効果
貢献度
合計
Beats Studio3 Wireless
3
3
4
10

ある日突然ノイズキャンセリングのヘッドホンが欲しくなって、その勢いで買いました。

ソニーの1000Xシリーズと迷ったのですが、見た目が好きではないのでBeatsにしました。やっぱり、この無駄な要素をそぎ落としたBeatsのデザインが好きです。

実際にアメリカ行きの機内でも使いました。ノイキャンは「周りの音がまったく聞こえなくなる」というレベルではありませんが、それなりに効いてくれています。個人的にはこれで十分満足です。


USB-C – SDカードリーダー(9pt)

ガジェット
使用頻度
費用対効果
貢献度
合計
USB-C – SDカードリーダー
2
3
4
9

ついに純正品が発売されたと一人で盛り上がってた製品です。

僕はシンプルなものが好きなので、USB-Cハブという存在は愚の骨頂だと思っています。せっかく最新のUSB-Cで統一されているのに、ハブを使ってレガシーポートをまとめて増やすのは頭が悪いと言わざるを得ない。

なので、単独のSDカードリーダーが欲しかったのですが、まともなものがありませんでした。つまり、USB-C接続のSDカードリーダーで

  • 高性能(UHS-II対応)で
  • 見た目がおしゃれな

ものを探していたのです。その両方を初めて満たす製品がこちらです。

USB-C接続なので、iPad Proでも——

MacBook Proでも使えます!

しかも読み込みも爆速です。時間は測ってないですけど、数十枚のRAW画像もすばやく読み込んでくれます。

買ってよかったけど使用頻度がそれほど高くないので、このような順位になりました。

USB-C – SDカードリーダー
USB-C – SDカードリーダーは、高解像度の写真やビデオをUHS-IIの速度であなたのMacやiPad Proに転送します。apple.comで今すぐ購入できます。

まとめ

最後にもういちど振り返りましょう。

ガジェット
使用頻度
費用対効果
貢献度
合計
ポケットドルツ
5
5
5
15
α7 III ズームレンズキット
3
5
5
13
iPhone XS Max
+ 純正レザーケース
5
3
5
13
Zolo Liberty
4
5
4
13
11インチiPad Pro
Smart Keyboard Folio
Apple Pencil (2nd)
4
3
5
12
GoPro HERO7 Black
3
4
4
11
Beats Studio3 Wireless
3
3
4
10
USB-C – SDカードリーダー
2
3
4
9
Zhiyun Smooth 3

–:評価対象外

とにかくポケットドルツは素晴らしすぎるので、持ってない人は今すぐ買ってください!何度でも言うよ!


2019年も期待したい!

やはり2018年の最も大きいカジェット的なトピックは、「iPad Proが次世代に移行した」ということだと思います。僕のポイントは低かったですが、この記事の中でいちばんワクワクするのはiPad Proです。

来年もたくさんの新しいガジェットが発売されるでしょう。

今は全く想像がつきませんが、暮らしが劇的に変わるモノが出てくればいいなーと思います。2019年も大豊作の年になることを期待しつつ、この記事を締めくくりたいと思います。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate