経年変化|これまでレビューしたモノたちの、その後。

「劣化」ではなく「変化」なのです。

経年劣化というと、ゴム製品が硬くなってひび割れたりとか、プラスチックが黄色くなったりとか、ネガティブなイメージがつきまといます。しかし「経年=劣化」という公式は、必ずしも当てはまりません。

たとえば革製品は、使い込むことでその風合いが変化していきます。「味が出る」というやつですね。でもこれは、「経年」であっても「劣化」ではない。だからここでは「経年変化」と呼ぶことにします。

これまで当ブログではいくつかの製品を紹介してきましたが、購入直後にレビューしたものがほとんどです。その中には経年変化するモノもあったので、しばらく使い込んだらどうなるのか見てみよう、というのがこの記事の主旨です。


この記事で取り上げるのは

  • iPhone Xレザーケース
  • 真鍮製のキーホルダー
  • ヌメ革の名刺入れ

の3つです。

iPhone Xレザーケース

2017年11月からなので、約10か月間使っていることになりますね。2色買ったので、同じものを10か月間つけていたわけではありませんが、ある程度は参考になると思います。

きちんと測っていたわけではありませんが、体感的にはトータルで

  • ブラック:5か月間
  • コスモスブルー:4か月間
  • 裸運用:1か月間

といった具合です。

【iPhone X 純正レザーケース】ブラックとコスモスブルーの2色を買ったのでレビュー。 – starnote*
iPhone Xを買ったので、それに合わせてケースを新調しました。 今年のiPhoneは8もXも背面がガラスなのでケースは必須かもしれませんね。純正・非純正問わず様々なケースが発売されていますが、僕はその品質の高さに惹かれて、iPhone 6sの頃からApple純正レザーケースを買っています。なので今回で3回目になりました。 色はずっとブラックを買っていたのですが、新色「コスモスブルー」が綺麗な色だったので、思わず買ってしまいました。つまり今回買ったのは「ブラック」と「コスモスブルー」の2色。気分に応じて付け替える予定にしています。 せっかく買ったのでレビューしてみましょう。 昨年もiPhone 7 Plus用のレザーケース(ブラック)を買っているので、比較したい方はこちらからどうぞ。 2色買いました 左が「コスモスブルー」、右が「ブラック」です。早速開封してみましょう。 パッケージはいつもと同じで、スライドさせて開けるタイプです。 ご対面。 寄ってみる。 高品質なレザーです。 内側は起毛加工がなされています。これもいつもどおり。 ナチュラルレザーのロゴも健在。 コスモスブルーから着けてみよう まずは新色「コスモスブルー」から装着してみましょう。全体はこんな感じです。 裏返す。カメラの部分はきれいにくり抜かれています。 うんうん、いい色です。使っているうちにどのような色に変わっていくのか楽しみです。 詳細を見てみよう ボタン部分はアルミ製です。これも昨年のレザーケースと同じ。 サイレントスイッチ周りの処理も同じです。 底面はガバッと開いています。これも同じ。 カメラ周り。ケース自体の処理は同じですが、iPhone Xではフラッシュやマイクも出っ張りの中に収められているので、ケースとの一体感がすばらしいですね。 ブラックの詳細を見てみよう 続いてブラックを装着してみましょう。 サイドボタン。 サイレントスイッチと音量ボタン。 底面。 カメラ周り。右側に傷がついているのは引っ掻いてしまったからです。ごめんなさい。 ディスプレイと干渉しない?

こちらが10か月前の状態。左が「コスモスブルー」、右が「ブラック」です。

Before
Before

10か月間使うと、こうなりました。

After
After

レザーは使っているうちにくすんでいくので、ブラックだと変化がよくわかりません。一方、コスモスブルーは全体的に色が変化している上に、エッジの部分が黒くなっています。


コスモスブルーはエッジが黒くなる

僕はいつもiPhoneをポケットに入れています。

そのせいかどうかはわかりませんが、エッジ部分が黒く変色してしまいました。iPhone Xは落としたことないので、手の脂やポケットとの摩擦だけでこうなるのでしょう。

After
After

いい感じに味が出てきたと思いませんか?

After
After

ちなみに黒くなり始めたのは、4か月間の運用期間中2か月目くらいだったと記憶しています。

After
After

手がよく触れるからか、下半分の方が黒いです。

After
After

表もエッジが黒くなりました。

Before
Before
After
After

Before
Before
After
After

ブラックは見た目は変わらない

一方、ブラックは黒ずんだとしてもわかりません。なので見た目はあまり変わらないのですが、手触りは確実に変わっています。

Before
Before
After
After

最初は全体的にサラサラな手触りだったのに、使い込むにつれてエッジ部分(コスモスブルーの黒くなっているのと同じところ)の摩擦が上がっています。

After
After

iPhone XS Maxにもブラックのレザーケースを購入したので比較してみましょう。

左が累計5か月間使ったiPhone Xのレザーケース、右が新しく購入したものです。

左:iPhone X|右:iPhone XS Max
左:iPhone X|右:iPhone XS Max

ぱっと見ではよくわからないので、角度を変えてみましょう。

上:iPhone X|下:iPhone XS Max
上:iPhone X|下:iPhone XS Max

角の部分の光沢が失われているのがわかります。最初はサラサラと気持ちのいい手触りだったのに、使い込むにつれてサラサラ成分がすり減ってしまいました。


このように、iPhoneのレザーケースを使い込むと、

  • 見た目は味が出てくる

けれど、その反面

  • 手触りは劣化する

ということがわかりました。


ULYSSESのキーホルダー「OTTO」

続いては、5か月前にレビューしたULYSSESのキーホルダー「OTTO」。真鍮製のキーホルダーで、使い込むことで味が出てくるということを公式にもアピールしているものです。

妥協しないミニマム。ULYSSESのキーホルダー「OTTO」レビュー。 – starnote*
見せびらかさないモノだからこそ、こだわりたい。 たとえばスマートフォン。今では誰もが持っていて当たり前のように使っています。観察力のある人だと、この人はiPhoneで、あの人はXperiaを使ってる、とか覚えていたり。「どのようなモノを選ぶか」という部分に、その人の個性を垣間見ることができます。 誰もが持っていて、毎日使っている。それなのに、人前に晒すことが少ないモノがあります。それがキーホルダー。 見せびらかさないモノ 他人に見せびらかさないモノに、その人の個性の深い部分が投影される。僕はこのように考えています。 下着にこだわる。ジャケットの裏地にこだわる。飲み水にこだわる。調味料にこだわる。書き出すとキリがなくなってしまいますが、他人からは分からないモノにこだわるのって素敵です。 20世紀を代表する建築家ミース・ファン・デル・ローエは「Less is more.」という名言を残しました。最初から余計な手を加えない方が、それ以降の発展の余地が大きくなり、結果としてより多くのことを与えてくれる。僕はこのように訳したい。 現代のミニマリズムにも通じるココロを感じるこの表現。さらに考えを突き詰めてみると、「妥協しないミニマム」という言葉を思いつきました。 人に見せびらかさないのに、一切妥協しない。それでいて、できるだけミニマムでシンプルなモノ。そういうものに心が惹かれる僕にピッタリの「モノ」を見つけたので、ご紹介します。 真鍮製の黄色いキーホルダー 今日ご紹介するのは、僕がいつも使っているカメラストラップを作っているショップ「ULYSSES」の商品。 「OTTO」は7つの円から成り立っています。2つは大きくて、5つは小さなもの。そう、キーホルダーです。 本体には2つの円。リングをぶら下げるための円と、指をかけるための円。この2つの大きさは微妙に違っていて、前者が小さく、後者が大きい。ちょうど8の字のようになっています。 また、5つの円は鍵を取り付けるリングです。このリングが取り外せるように本体の一部が薄くなっていますが、余った場合も予備として残しておくのがオススメだそうです。

最初はピカピカでしたが、だいぶくすんできましたね。

Before
Before
After
After

Before
Before
After
After

かっこよくなりました。

Before
Before
After
After

経年変化というと革製品が真っ先に思いつきますが、このような金属製のキーホルダーもかっこよく変化するんですねー。

5か月間でここまで変化するのだから、これから使い込むにつれて、もっとかっこよくなると期待しています。

ちなみに、購入時はゴールドの真鍮製のみしかありませんでしたが、いつの間にかステンレス(シルバー)と赤銅バージョンも登場しています。気になったらぜひチェックしてみてくださいね。おすすめです。

8の字型 キーホルダー オット
・真鍮製のシンプルなキーホルダー

ヌメ革の名刺入れ

1年半前の2017年3月にレビューした「Made in Kobeなヌメ革名刺入れ」。国際学会に行く前に購入しました。今では博士課程の名刺とブログの名刺を入れて毎日持ち歩いています。

ヌメ革の名刺入れを買ったので軽くレビュー。全工程を神戸で行っている「Made in Kobe」な一品。 – starnote*
イマドキの博士課程の学生は名刺くらい持ってますよ。 僕はこれまでどこかで貰ったアルミ製のだっさいだっさい名刺入れを使っていたのですが、いい加減ちゃんとしたものを買わないといけないな——と想い続けて早1年。来週学会に行くのでいい機会だと思って革製の名刺入れを新調しました。せっかく買ったので軽めにレビューしておきますね。 楽天の「カミカゼオンライン」というショップで買いました。 購入したのは楽天で革製品を販売している「カミカゼオンライン」というショップから。加工の全工程を神戸で行っている「FOOTAN」というブランドのものです。 値段も税込3,488円と本革製品にしては大変お手頃。それでも国産のヌメ革を使って作られているのです。カラバリは全5色で、ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ワインレッド、ディープグリーンから選択可能。別料金で名入れもできますが、僕はできるだけ早く手に入れたかったので名入れはしませんでした。 送料はメール便なら無料です。発送も大変迅速で、注文の翌日には発送されていました。クロネコヤマトのメール便で送られてくるので追跡も可能です。 それじゃあ前置きはこのへんにして、開封していきましょうかね。 丁寧に作り込まれている一品。 封筒を開けると、納品書1通と不織布に包まれた名刺入れ本体が入っていました。 取り出すと革の香りが漂います。 僕が購入したのは「ライトブラウン」。使い込むにつれていい感じに変化しそうだからね。 開けてみるとこんな感じです。内側に「FOOTAN」の刻印がしてあって、外側には何もありません。主張しすぎない感じで、個人的にはかなり好印象。 刻印部分に寄ってみるとこんな感じ。縫い目やエッジの処理も丁寧です。さすが国産。 ALL MADE IN KOBE。レザー自体は「栃木レザー」とのこと。 ポケットは3つ ポケットは3つあります。まずは名刺を入れる大きなポケットがこんな感じ。 紙の厚さにもよると思いますが、上の写真は20枚入れた状態で厚さにして約6mm。詰め込んだらもう少し入るけれど、取り出しにくくなるのでこのくらいが現実的かな。 反対側には2つのポケットがあります。 貰った名刺をこっちに入れる感じになりそう。これだけ収納できれば名刺入れとしては上出来です。 まとめ

シンプルの極みだったカードケース。

Before
Before

まったく手入れはしていないですが、光沢が出てきました。

After
After

内側も名刺の型がついています。

Before
Before
After
After

Before
Before
After
After

やっぱりヌメ革という素材は経年変化を体感しやすいですね。

以前と同じような感じで撮ってみました。

値段は高くないのに、経年変化を楽しむことができる。身の回りを高級品で固めるのもいいですが、このような「素材を活かす」ものが1つくらいあってもいいかもしれませんね。

ヌメ革の名刺入れを買ったので軽くレビュー。全工程を神戸で行っている「Made in Kobe」な一品。 – starnote*
イマドキの博士課程の学生は名刺くらい持ってますよ。 僕はこれまでどこかで貰ったアルミ製のだっさいだっさい名刺入れを使っていたのですが、いい加減ちゃんとしたものを買わないといけないな——と想い続けて早1年。来週学会に行くのでいい機会だと思って革製の名刺入れを新調しました。せっかく買ったので軽めにレビューしておきますね。 楽天の「カミカゼオンライン」というショップで買いました。 購入したのは楽天で革製品を販売している「カミカゼオンライン」というショップから。加工の全工程を神戸で行っている「FOOTAN」というブランドのものです。 値段も税込3,488円と本革製品にしては大変お手頃。それでも国産のヌメ革を使って作られているのです。カラバリは全5色で、ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ワインレッド、ディープグリーンから選択可能。別料金で名入れもできますが、僕はできるだけ早く手に入れたかったので名入れはしませんでした。 送料はメール便なら無料です。発送も大変迅速で、注文の翌日には発送されていました。クロネコヤマトのメール便で送られてくるので追跡も可能です。 それじゃあ前置きはこのへんにして、開封していきましょうかね。 丁寧に作り込まれている一品。 封筒を開けると、納品書1通と不織布に包まれた名刺入れ本体が入っていました。 取り出すと革の香りが漂います。 僕が購入したのは「ライトブラウン」。使い込むにつれていい感じに変化しそうだからね。 開けてみるとこんな感じです。内側に「FOOTAN」の刻印がしてあって、外側には何もありません。主張しすぎない感じで、個人的にはかなり好印象。 刻印部分に寄ってみるとこんな感じ。縫い目やエッジの処理も丁寧です。さすが国産。 ALL MADE IN KOBE。レザー自体は「栃木レザー」とのこと。 ポケットは3つ ポケットは3つあります。まずは名刺を入れる大きなポケットがこんな感じ。 紙の厚さにもよると思いますが、上の写真は20枚入れた状態で厚さにして約6mm。詰め込んだらもう少し入るけれど、取り出しにくくなるのでこのくらいが現実的かな。 反対側には2つのポケットがあります。 貰った名刺をこっちに入れる感じになりそう。これだけ収納できれば名刺入れとしては上出来です。 まとめ

まとめ

自分の使い方によって、幾重もの変化のパターンが楽しめる素材。もともとは大量生産品であっても、使い込むことで自分自身の色に染めることができる。すばらしいことではありませんか。

モノを買うということは、そのスタート地点にすぎないのです。良いものを買って、長く使って、世界に1つだけの製品に仕上げていく。それってすごく楽しい。

だから僕はきっとこれからも、このような経年変化を楽しめる素材を好んで選択するのでしょう。

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate