11インチiPad Proを買いました。僕はこんなことに使いたい!

1か月遅れで手に入れました。

なぜいつも真っ先に飛びつく癖に出遅れたのかと言うと、1つ前の10.5インチモデルでも全く不満がなかったからです。だから最初は買い替えない予定でした。

でも来年はiPad版のPhotoshopがリリースされるし、iPadを取り巻く環境がガラッと変わる気がしたので、やっぱり最新のモデルを手に入れておきたい。だから買いました。

本体のレビューについては今さら僕がする必要もないと思うので、想定している使い道について説明します。


11インチ * スペースグレイ * Wi-Fi + Cellular

購入したのは11インチモデルです。

本体サイズは従来の10.5インチモデルとほぼ同じなのに、画面が大きくなりました。ぐっと小さくなった12.9インチモデルとも迷いましたが、慣れているサイズにしました。

色はスペースグレイ。前モデルよりも濃くなってかっこいいです。iPhone 5s時代のスペースグレイに近くなりましたね。

もちろんWi-Fi + Cellularモデルを買いました。セルラーモデルという存在が、MacとiPadを差別化している部分のひとつです。なのでiPadは迷うことなくセルラーを買うようにしています。

前回の10.5インチはSIMフリーモデルを買いましたが、今回はドコモの2台目プラスで契約しています。主回線(iPhone XS Max)の20GBプランをシェアする形です。

これまでこの回線でモバイルルーターを契約していたのですが、そろそろ2年が経過して月々サポート(毎月の割引)が終わるということもあり、今回はドコモで契約。

iPadは初代から海外SIMフリーだし、最近は国内向けにもSIMロック解除できるので、キャリアモデルでも全く支障ありません。


同時購入のアクセサリ

形の変わるモデルチェンジはアクセサリも買い替えないといけないので大変です。今回もいつものセットを買いました。

Smart Keyboard Folio

iPad Proを「ちょっと小型の文章執筆デバイス」と捉えている僕にとって、なくてはならないアクセサリです。また後日レビューしたいと思っていますが、少しだけタイプの感触が硬くなったような気がします。

Apple Pencil

本体の側面に磁力で取り付けられるようになりました。待ち望んでたよ!

くっつけてる間に充電もできて、ダブルタップで消しゴムへの切り替えもできて、軽くなったから書きやすい、という3拍子そろった超スグレモノです。

iPad Proを買っといてApple Pencilを買わないという選択肢は絶対にあり得ません。

Smart Folio(のパチモノ)

いつもキーボードがいるわけではないので、必要に応じて通常のケースと使い分けるようにしています。

前回の10.5インチのときはSmart Coverではなくてスリーブケースにしました。

10.5インチiPad Proのアクセサリーをレビューします。JISキーボードとレザースリーブケースを中心に。

これ使っていて思ったのですが、毎回スリーブケースから取り出すのってすごく面倒くさいです。使い始めるまでの敷居が高くなってしまい、結局出番が少なくなるという悪循環に陥っていました。

なので今回は普通の風呂蓋ケースに。しかし純正のSmart Folioは1万円もする高級品となってしまいました。2万円のキーボードに加えての出費はできれば控えたい。

Amazonを物色していたらいいモノを見つけたので、即ポチりました。2,800円也。

手元にある純正のSmart Keyboard Folioと比較すると少しだけ質感は違いますが、必ずしもチープという意味ではありません。つまり十分なハイクオリティ。オススメできます。

なお、Amazonの写真では表面にメーカー名の刻印があるように見えますが、実際に届いたモノにはありませんでした。内側の刻印だけなので、装着すると純正と見分けがつきません。


想定している主な使い道5+1コ

残念ながら、新しいモデルに買い替えたからといって特に使い道が変わるわけではありません。何でもかんでもiPad Proでやろうとせず、iPadはiPadであるという割り切りが大事。でもこれまでよりも作業スピードは上がるかなーと思ってます。

そんな僕が想定している主な使い道はこれら5つです。

  • 文章を書く(主にブログ)
  • 写真を現像する
  • お絵かきする
  • アイデア出し
  • 読書する

博士課程の大学院生なのに論文読まないの?と思うかもしれませんが、論文はMacで読むことが多いです。僕は論文をじっくり読むことがあまり無く、作業の参考にするために読んでいる感じ。なので、Macを使っているときに論文の情報が必要となることが多いのです。

また、ドコモでのiPad契約に伴いモバイルルーターがなくなったので、MacBook Proとのインターネット共有という用途も増えました。

  • モバイルルーターとして

これはiPhoneでも構わないので、どちらかバッテリーが残っている方を使うような運用になる気がしています。


では、5つの主な使い道について。

文章を書く

前述しましたが、僕はiPad Proを「ちょっと小型の文章執筆デバイス」と考えています。だから12.9インチではなく11インチを買いました。(12.9インチiPad Pro + Smart Keyboard Folioだと1kg超えるから、もうMacBook Proでいいじゃん!)

iPadではブログの文章を書くことが多いです。でも最終的な体裁を整えるのはMacでやるので、あくまでも「草稿を練る」というレベル。

一応iPad Proだけでも記事執筆を完了できるような環境は構築していますが、作業スピードはMacの方が速いです。なので普段の生活においてはサブ的な位置づけです。

使っているのは「Ulysses」というアプリ。

Ulysses
仕事効率化, ライフスタイル無料iOSユニバーサル

【Macアプリ】Markdown形式のテキストエディタ「Ulysses for Mac」を導入しました。操作性バツグンで文章を書くのが楽しくなるアプリ。(Mac版のレビューですが機能はほぼ同じです)

写真を現像する

一方こちらはiPad Proで行うことが多い作業です。

カメラでRAW撮影した写真を「USB-C – SDカードアダプタ」経由でiPad Proに取り込み、Lightroom CCで現像しています。

Lightroomで写真一覧をスクロールすると、スペックアップしているのを実感できます。遅延もコマ落ちもなく高速にスクロールすることができるからです。自分の動体視力次第かもしれませんが、目的の写真をすぐ見つけることが可能。

Adobe Lightroom CC for iPad
写真/ビデオ, 仕事効率化無料

お絵かきする

ブログ記事をわかりやすくするために、最近は挿し絵を入れることが多くなってきました。たとえばこの記事とか。

アメリカの薬局①|薬をつくる「コンパウンド・ファーマシー」 – starnote*
日本と同じところと、ちがうところを、探しに行く。 日本で「薬局」というと、病院に行った帰りに処方せんを持って寄る薬局と、マツキヨのようなドラッグストア、この2種類があります。それはアメリカでも同じです。 この記事で取り上げるのは前者。日本で言うところの「調剤薬局」です。医師からの処方せんに基づいて調剤し、患者に薬を渡す、というのは日本と同じ。 ただ、アメリカは日本より薬剤師に認められている業務の幅が広かった。 11月上旬にアメリカに行ってきました。その目的は「日本とアメリカの薬剤師のちがいを体感する」こと。前回はアメリカにおける薬学教育について記事を出しました。 このプログラムの一環で、2か所の特徴的な地域薬局と、アメリカ全域に展開するドラッグストアを訪問してきました。まずはそのひとつについて詳しく紹介します。 MENUAL COMPOUNDING PHARMACY 僕らが滞在していたニューメキシコ州・アルバカーキにある「MENUAL COMPOUNDING PHARMACY」。 この薬局では、原薬の粉末からオリジナルの薬を作っています。日本では見かけない——というか日本では許可されていない——タイプの薬局です。 薬局で薬をつくる、とは? 日本でも、散剤(さんざい:粉薬のこと)や軟膏剤を混ぜ合わせることはできます。以下のように、医師からの処方せんに基づいて、混ぜ合わせて患者に渡すようなことです。青いフタの軟膏入れは見たことがあると思います。 アメリカはさらに進んでいて——進んでいるという表現がふさわしいはわかりませんが——原薬を基剤に練り込んで、薬局でゲル剤を作ることができるのです。 日本では製薬メーカーの工場でしかできないような工程を薬局で行うことができる。つまり、患者に合わせたオーダーメイドの薬を作ることができます。 日本の薬局でできるのは「散剤どうしの混合」「軟膏やクリーム剤の混合」「内用液剤の混合」というように、同じ種類の薬を混ぜ合わせることだけです。原薬の粉末から別の種類の薬を作り出すことはできない。 たとえば軟膏剤・ゲル剤にフォーカスしてみましょう。

これを書くときにiPad Proが大活躍です。「Tayasui Sketches Pro」というアプリで描いていますが、11インチの新しいスクリーンサイズにも対応してくれています。これからいろんな絵を描くのが楽しみです。

Tayasui Sketches Pro
仕事効率化, エンターテインメント¥720iOSユニバーサル

アイデア出し

いろんなことのアイデア出しをするときには、iPad Pro + Apple Pencilで手書きしています。これはブログのネタに限らず、思いついたことはメモするようにしています。

そのときに使っているのは「GoodNotes 4」というアプリです。

GoodNotes 4
仕事効率化, ビジネス¥960iOSユニバーサル

書いた内容をGoogleドライブ経由で同期し、MacではPDFで開くことができます。iPad Proでアイデア出しをして、MacでそのPDFを見ながら作業すると。生産性の向上に一役買ってくれています。

ちなみにこのスクショの内容は11インチiPad Proのファーストインプレッションとなってますので、ご参考にどうぞ!(そのうち記事にします)

読書する

以前はKindle Paperwhiteを持ち歩いていましたが、いつの間にか充電が切れていることがよくありました。長持ちするからこそ充電を忘れるんですよね。逆説的ですけど。

なので最近はiPad ProのKindleアプリで読むことが多いです。こっちをよく使うようになって気づいたのですが、読んでいる最中に自分の考えをメモできるという意味で、iPadの方が圧倒的に便利です。

Kindleアプリでスクリーンショットを撮り、GoodNotes 4に貼り付け、思ったことをメモします。すると、読み終えたときには「大事だと思った部分が抽出されている読書ノート」が完成しています。これはすごい。

Kindle
ブック無料iOSユニバーサル

もう少し使い込んでから感想を書きます

まだ1日しか使っていないので、表面的なことしかわかってないような状況です。もう少し使い込んでから感想を書きたいと思っています。

とりあえず、書きたいと思っていることは、

  • 1週間使って感じたこと(ファーストインプレッションとの差異)
  • はじめて買ったペーパーライクフィルムの感想
  • リニューアルしたApple Pencilについて
  • 新旧Smart Keyboard比較

このあたりかな。他にもあったらリクエストください!

友だち追加


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate