【iPhone 7で使える】手持ちのイヤホンをワイヤレス化するBluetoothレシーバーの選び方を教えます。

iPhone 7でイヤホンジャックが無くなった問題。Lightning接続のEarPodsが付属していたり、完全ワイヤレスのAirPodsが発表されたりと、Appleなりの解決策を準備してくれている。が、今現在いいイヤホンを使っているような人なら、これら新製品が鳴らす音は物足りなく感じてしまうのは想像に難くない。

今使っているイヤホンをこれからも使うとなると、あの悪名高いアダプタを装着することになるのか…? すごくカッコ悪いよ… でも諦めるのはまだ早い! 手持ちのイヤホンをBluetoothレシーバーでワイヤレス化してしまえばいいんです。

スポンサーリンク

ワイヤレス化して音質は劣化しない?

iPhone 6s

一番気になるこの話題。

そもそも、iPhoneで音楽を聴くときにいいイヤホンを使ってる人は「iPhoneで手軽に音楽を聴きたいけれど、付属のEarPodsでは音質が物足りない」とか「音楽専用機を持ち運ぶほどこだわりはないけど、ある程度の音質は必要」みたいな考えを持っているのではないだろうか。何が何でも音質が最優先っていう人はiPhoneで音楽を聴いていない、もしくはポタアンを使っているので今回の騒動とは無縁だと思う。

何が何でも音質最優先って人はいいプレーヤー買ってください。

言ってしまえば(語弊があるかもしれないが)、「iPhone + いいイヤホン」程度で満足できていた人はワイヤレス化による音質の変化(劣化ではないのがポイント)を許容できるような人だと思う。少なくとも僕はこのようにカテゴライズされるような人だし、音質の変化も気にならない。

ただし、レシーバー選びを間違えると悲惨な音質になってしまうので、この点に関してこの記事でまとめてみたい。

ポイントはAAC

ざっくり言うと、音楽をBluetoothで飛ばすときに重要になってくるのはコーデックだ。コーデックとは、MP3とかAACとか、要するに音楽のファイル形式のこと。音楽のBluetooth伝送には主に以下の4つのコーデックが使われる。

コーデック iPhone対応 音質 その他
SBC ×
AAC
apt-X ×
LDAC × 現状ソニー系のみ対応

iPhoneが対応しているのはSBCとAAC。SBCの音質は論外なので、レシーバーを探すときはAAC対応となっているものを選べばいい。

レシーバーによってはiPhone直刺しと比べて音の傾向は変化することはあるが、少なくとも劣化は無いと思う。Apple Musicで配信されている音楽ですらAAC 256kbpsなわけで、Bluetooth側でいいコーデックを使ってもこれを超えるのは不可能なのだ。

ポイント1:AAC対応のものを買おう。

バッテリーは保つ?

XBA-40

僕が使っているソニーのMDR-NWBT20Nは、個人的な感覚では意外と保つという印象だ。具体的に充電100%で何時間使えるか測ったわけではないが、1日2〜3時間の使用で1週間くらいは充電なしでいけるような感じ。

でもこの製品の弱点は、レシーバー本体のランプでしかバッテリー残量を確認できないことだ。バッテリー残量が減ってくると、普段青く光っているランプが赤くなる。これに気づかなかったらバッテリー0%になった途端いきなり電源が落ちて音楽が止まる。

それを防ぐために最近の製品では対策がされているのだ。

画面上で確認したい場合はBluetooth 4.0以上の製品を買おう

最近の製品では、レシーバーのバッテリー残量をiPhoneの画面上で確認できる。こんな感じだ。

iphone_widget
Bluetoothレシーバーではなくヘッドホンで恐縮ですが、こんな感じで表示されます。

この機能を使うためには、レシーバー側のBluetoothバージョンが4.0以上である必要がある。僕のMDR-NWBT20NはBluetooth 3.0なので使えない。

ポイント2:Bluetooth 4.0以上のものを買おう。

で、結局どれを買えばいい?

いいイヤホンをワイヤレス化するためのポイントをまとめてみたが、結局どれを買えばいいのか。迷っている人のために、「これを買えば間違いないはず!」と言う例をいくつか出しておきたい。

ELECOM LBT-PAR500AV

Bluetooth 4.0でAAC対応という、iPhoneで使うには最適なレシーバーだ。デザイン的にはちょっと微妙だけど。

200mWのヘッドホンアンプ(100mW+100mW)を搭載しているので、音質で選ぶならこれかな。

ELECOM LBT-PAR150

こちらもBluetooth 4.0でAAC対応。上のものより安価なモデルだ。

こちらはヘッドホンアンプが80mW(40+40)なので音質で劣るかもしれない。手っ取り早くワイヤレス化したいならこっちかな。

Sony MDR-NWBT20N

僕が使っているのはコレ。AAC対応でBluetooth 3.0。音質には不満はないけど、iPhone上でバッテリー残量の確認はできない。ウォークマン用のアクセサリだが普通にiPhoneでも使える。

コンパクトだから使いやすいけど、発売が古い製品なので今さら買うのはあまりオススメしない。

まとめ

iPhone用Bluetoothレシーバー選びで重要なポイントをおさらい。

  • ポイント1:AAC対応のものを買おう。→ 音質に括りたいなら必須条件
  • ポイント2:Bluetooth 4.0以上のものを買おう。→ 使い勝手向上のため

以上の2点を守れば、いいイヤホンを使っていても違和感なくワイヤレス化できると思う。

また、当ブログではレシーバー内蔵型のBluetoothイヤホンもレビューしているので、こちらも参考にして欲しい。

Bluetoothイヤホン「Ubegood QY8」を買ってみたら意外とよかったのでレビューします。 | starnote*
僕は普段はBluetoothヘッドホン「Beats Solo2 Wireless」を使っているが、この時期に屋外でヘッドホンを使うと暑いし蒸れるのでイヤホンを使いたい。でも一度ワイヤレスに慣れてしまうと有線は邪魔で仕方がないので、手頃なワイヤレスイヤホンを探していた。アマゾンでタイムセールになっていた「Ubegood QY8」(おそらく「QCY QY8」「SoundPEATS QY8」と同じもの)を買ってみたのでレビューしたい。特に宣伝料を貰ってるわけではないので悪いところは悪いって書きます。 リスニング環境 まずは普段の僕のリスニング環境の紹介から。これが評価の基準になります。 Beats Solo2 Wireless 外で使っていても重苦しくならないオシャレなヘッドホン。普段メインで使っている。1年ほど使用。 Sony XBA-40 + BluetoothレシーバーMDR-NWBT20N ソニーのプレミアムイヤホンにBluetoothレシーバーをつけてワイヤレス化したもの。サブで使っている。2年ほど使用。 iPhone 6s 再生機器はiPhone 6s。Apple Music + iTunes Matchに加入しているので、音楽ファイルはAAC 256kbpsだ。 開封していきます Ubegood QY8は簡素な段ボール製の箱に入っている。右下の部分凹んでるし。 開けると箱が2つ。 大きい箱と小さい箱。 下側の大きい箱にはイヤーピース、充電用のMicroUSBケーブル、マニュアル(英語)が入っていた。 上側の小さい箱には袋に入った本体。 取り出してみる。 ケーブル部分の長さは60cmほど。イヤーピースの袋の中に長さ調節用のクリップが入っていたのでつけてみた。 右側には操作ボタン類とマイクが固まっている。Uマークの部分が電源や再生を担うメインのボタン。側面の突起のあるボタンが音量調節/曲送り・戻しボタン。その下にある穴がマイク穴だ。 左側には充電用のMicroUSBポートのみ。 音質は悪くない 音質は悪くはないけど手放しにいいとは言えない。が、値段(タイムセールで1,999円)を考えると全然許容範囲だ。そんな音質。 おそらくダイナミック型ドライバ

Bluetoothスピーカーはこちら。

お風呂で使えるソニーの防水スピーカーがいい感じ | starnote*
一日の疲れを癒やし、ストレスから解放されるために最も向いているのは何か。もちろん人それぞれの方法があるかと思うが、個人的にはゆっくりお風呂に浸かることが一番だという結論に達している。次点で音楽に合わせて歌うことかな。この2つを同時にすることができれば、もう疲れなんて忘却の彼方だ、さよならストレスさん。こんな贅沢をするために防水スマホをお風呂に持ち込んでいたのだが、ゆっくり音楽鑑賞をするにはどうも音質がイマイチだった。そこで目をつけたのがソニーのアクティブスピーカー「SRS-X1」だ。ヤマダ電機で7,000円ほどで購入し、3か月ほど使用したのでレビューしたい。 ※ 防水性能を謳っているスピーカーだが、浸水して壊れても保証されないので注意。あくまでも自己責任で使おう。 アクティブスピーカー「SRS-X1」 公式サイトはこちら。ブラック・ホワイト・バイオレット・ピンクの4色展開となっている。 www.sony.jp 購入したのはホワイト。パッケージも防水を意識したものだ。(机の上汚いな…) iPhone 6sとサイズ比較。手のひらサイズの球形だ。初めて実物を見たときは思っていたよりも小さく感じた。 デザインもすばらしい。 本体左側には再生/一時停止ボタンや曲送り/戻しボタンが並ぶ。右側には音量ボタンに加えて通話のためのマイクや受話ボタンもある。 背面のパッキンを開けると、左から順に外部入力用のAUX端子、リセットボタン、充電用micro USB端子が並ぶ。 防水スマホ×防水スピーカー 当然ながらSRS-X1はスピーカーであるため、スマートフォンなりタブレットなりの音源を再生するデバイスが必要だ。お風呂で使う上では防水性が要となるが、そこで登場するのが防水スマホ。僕はXperia Z3 SO-01Gを使っている。 ※ 同じくお風呂での使用は保証対象外だ。自己責任で使おう。 NFCで簡単接続 SRS-X1とXperiaはBluetoothを使ってワイヤレスで接続される。NFCを使うとかざすだけで接続/切断がスムーズに行える。便利! XperiaのFeliCaマークを… スピーカーのNFCマークにかざすだけで… 接続される。かんたん! 切断も同様の手順だ。 音楽の再生にはGoogle Play
スポンサーリンク

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate