忙しい平日でもブログを更新するために僕が実践していることを3つ紹介します。

書きたいんだけど時間がなくて…

——というのは「書きたくない」ことに対する言い訳だと思っています。本当に書きたいのなら寝る間を惜しんでまで書いているはずです。

そうはいっても、忙しい平日にブログを書く時間を捻出するというのも、結構ハードルが高い。僕が毎日更新をはじめてそろそろ50日が経過しようとしていますが、自分の納得のいく記事を平日にも出すのは大変です。

この記事では、そんな僕が「忙しい平日でも記事を書くために実践していること」をご紹介します。


忙しい平日でもブログを更新するために僕が心掛けていること

精神論になってしまいますが、いちばん大事なのは「忙しいからといって更新をサボらないという心構え」です。

そのうえで、以下の3つのことを気をつけておけば、毎日更新できるようになると思います。

  • 常にネタを出しておく
  • スキマ時間で書く
  • 記事が書けるまで帰らない

この記事では、以上のようなことについて解説しています。

常にネタを出しておく

ネタになりそうなことを思いついたら、どんな些細なことでもすぐにメモする。

頭の中に湧いたアイデアは一過性ものなので、すぐに消えてしまいます。他のことを考えているうちに跡形もなく無くなってしまうことも。

だから、思いついた瞬間にメモをすることが重要です。後回しにしてしまうと、思いついていたという事実さえ忘れ去られてしまいます。

また、ネタを思いついたときがいちばん脳が活性化している状況です。時間が許すのであれば、書ける文章は書いておくと、もっといいでしょう。

このようなネタ出しに使うのは、手書きのメモだったり、スマホのアプリだったり、人によって使っているものがさまざまです。

僕は、記事執筆用に使っている「Ulysses」というアプリに、ネタ出し用のノートを作って作業しています。

時間があればちょっとした文章で書き出すこともできるので、ネタ出しから記事執筆までシームレスに進めることができます。

【Macアプリ】Markdown形式のテキストエディタ「Ulysses for Mac」を導入しました。操作性バツグンで文章を書くのが楽しくなるアプリ。 – starnote*
濃いめのコーヒーと、MacBookと、美しいテキストエディタ。いい文章を書くのに欠かせない3要素だ。 その3要素の中で今日取り上げるのは美しいテキストエディタの代表格といっても過言ではない「Ulysses for Mac」。ずっと導入したいと思っていて、最近思い切って(というほどの値段でもないけれど)導入したので紹介したい。何回かに渡って取り上げるが、今回はこのアプリの概要を中心に。 ちなみにこのアプリ、先日の「僕が今年買って良かったもの10選」という記事でもノミネートしました。それくらいすばらしいアプリなのです。 → 僕が今年買って良かったと思うもの10選。その中から選ばれた【BEST SHOPPING 2016 大賞】はこれだ! そもそもテキストエディタってなんだ? テキストエディタとは、文字通り「文字を書くのに特化したアプリ」のこと。さらに細分化すると、 プログラミング・コーディング用 ライティング用 に分けることができると思うが、今回取り上げるのはライティング用テキストエディタ。すなわち「文章を書くためのアプリ」だ。 ちょっと脱線するけれど、Microsoft WordやiWork Pagesはテキストエディタではなく「文書作成ソフト」とよばれる。「文章」ではなくて「文書」。つまり文章を書くことに加えて、文書としての体裁を整えることにも重きが置かれているようなアプリだ。 テキストエディタはこのようなアプリとは違って「文章を執筆するのに特化したアプリ」と言うことができる。すなわち、文書としての体裁を整えることは目的としておらず、文章を作り出すためだけに存在している。 どういうときに使うの? じゃあ一体どういうときに使うのか気になるはず。簡単に言ってしまうと、体裁を気にせずに文章をゴリゴリ書きたいときに使う。それはもちろんブログの文章であったり、論文の原稿だったり、本の執筆だったり。文章だったら何でもOK。そりゃそうだw 文書としての体裁を全く気にしなくていいのは本当に楽で、頭の中から湯水のように沸いてくる文章をそのまま受け止めてくれる。思考の過程がビジュアライズされていく感覚だ。 美しさと使い勝手を妥協しない

【Macアプリ】Markdown形式のテキストエディタ「Ulysses for Mac」を導入しました。操作性バツグンで文章を書くのが楽しくなるアプリ。


そのとき思いついた内容で書き出すこともあります

このように日頃からネタ出しをしていたとしても、

「あらかじめ準備していたネタ = 書きたいネタ」

という式がいつも成り立つわけではありません。前もって準備していないネタでいきなり書き出すこともあります。

つまり、「今日はこれを書こう!」と思っていきなり新規ノートを作り出すこともあれば、「とりあえず忘れないようにしておこう」と思ってネタノートに書くこともある、ということです。


日頃から考えることで生まれる好循環

このようなことを心掛けておくと、常に頭の片隅にブログのことがちらついています。

ネタを出そうと心掛ける → 常にブログのことを考える → ネタを出そうと心掛ける →(以下ループ)

という好循環が生まれ、いくらでもネタが湧いてきます。ネタ切れなんて本当に存在するの?って感じで、書きたいことはどんどん溜まっていくのに、記事化するのが追いつかなくなります。

現時点ではネタのストックが40個くらいあります。そのすべてが記事にできるわけではありませんが、「何も思いつかないなー」という日でも、この中からピックアップすることができるんです。

ピックアップしたあとは、そのネタをもとに記事の骨格を書き出して、それぞれ肉付けしていきます。この記事だと最初に書いた3つの箇条書きの部分が骨格で、それぞれに対して文章を書いていきました。

このような書き方をしているので、上から順番に書いていく必要すらありません。この記事は3つのトピックに関して同時進行で書いています。


スキマ時間で書く

このように、「記事内のいくつかのトピックに関して少しずつ書く」という書き方をしていると、スキマ時間に書き進めることができます。

思いついたことをとりあえず書いておいて、最後に記事の一貫性が保てるように整理する、という感じです。

最後の整理の部分だけまとまった時間が確保できれば(たとえば仕事が終わったあとなど)、記事としての体裁は保つことができると思います。

ただ、今の僕は博士課程の大学院生なので、研究室にいるときでも時間の使い方は割と自由です。

実験をしていることもあれば、論文を書いていることもあるし、スライドを作っていることもある。その作業のひとつとして、「ブログを書く」というものがあってもいいと思うのです。

どれも自分の命を削って行う作業なので、変な遠慮に縛られずに、好きなことをすればいいと思っています。

でも、仕事中となると話は違うかもしれません。会社にもよると思いますが、ほとんどの場合勤務時間中に私的なブログを更新したりとかはできないでしょう。

となると、昼休みとか、移動時間中とか、ちょっとした時間で書き進めるしかありません。スマホでゲームとかをしている時間をブログ執筆に充ててしまえば、少しくらい捻出することはできませんか?


ときには「記事執筆 = インプット」

必ずしも「記事を執筆する作業 = アウトプット」という式が成り立つわけではないです。

つまり、記事のネタにつながるインプットをするというのも、執筆には必要なことなのです。それなら通勤・通学時間でもできますよね。

僕は電車の中では集中できないのでアウトプットはせず、インプット専門です。Kindle本を読んだり、RSSフィードを消化したり、NewsPicksをチェックしたりしています。

でも、こうしてインプットした内容が新たなひらめきを生み、記事執筆につながることもあります。なので決して無駄な時間ではないのです。

たとえばこの記事。

「広める」という任務|論文を投稿するだけの時代から、その先へ。 – starnote*
ジャーナルに論文を投稿して、査読をクリアして、掲載されたら任務完了。でも、本当にそれだけでいいのでしょうか? 僕たち研究者は、自らが立てた仮説を実証し、その結果を論文にして広く知らしめる。このようなミッションがあるはずなのに、「知らしめる」部分を軽視しすぎていないか? つまり、論文を投稿するだけで満足せず、「他の分野の研究者」や「研究者ではない一般の方」がわかるような形で、研究成果を発信することが必要なんじゃないか、というお話。 まず最初に。 僕は現在薬学系の博士課程で研究しています。そのため、見聞きしたことや感じたことなどは、その周辺領域での話だということを念頭に読んでいただけると助かります。 また、この記事で書く内容は現時点では自分もできていないことなので、大きな顔して言うつもりはありません。 でも今後取り組んでいかないといけないことだと思っているので、こうして記事にしています。自分への戒めも込めて。 → 詳しいプロフィールはこちら シェアしないと広まらない たとえば、旅行の動画を作ってYouTubeに投稿したとしましょう。 もしあなたが有名人なら、そのまま放置していても再生回数は自ずと伸びるかもしれません。 しかし、僕のような一般人だと、投稿しただけでは伸びない。トップページにピックアップされたり、自動再生で流れてくるのもあるかもしれませんが、微々たるものでしょう。 実際、先月アップしたVlogだって記事執筆時点での再生回数は60回程度です。(見てくれた方はありがとうございます!) つまり。 いくらインターネットで世界中につながっているといっても、自分のコンテンツを見つけてもらう努力をしなければ、誰もたどり着けない。 その状況を打破するためには、「広める」ということがとても大切。 『milieu』編集長の塩谷舞さん(@ciotan)が言うところの「まるで無人島でお祭りを開いている状態」という表現が、非常に的を射ています。 コンテンツを作った先の広める役割がとても重要。その努力をしないのは「まるで無人島でお祭りを開いている状態」。そもそもお祭りをしていることに気づかないから、だれも来てくれないのは当たり前です。 → 「伝えたい」ものを「届けたい」ところへ。”無人島でお祭り”にならないWebコンテンツづくり – 朝日新聞デジタル&M

「広める」という任務|論文を投稿するだけの時代から、その先へ。

上の記事では、ホリエモンの『多動力』を読んで思いついた内容を書きました。自分の異なるフィールドで活躍する人が書いた本でも、その考え方には共通項がたくさんあります。

本を読んで得た知見を「自分ごと化」することで、記事のネタにつながる。だからこそ、「インプット」も大事な記事執筆作業の一部なのです。


記事が書けるまで帰らない

家に帰ると自然と副交感神経が優位になってしまい、眠くなってしまうことがあります。やる気に満ち溢れていても、襲ってくる眠気には勝てない。

だから、眠気を引き起こさないためには、副交感神経が優位になる環境に自分を置かないことが必要です。つまり、仕事や学校が終わったあと自宅に直行せずに、人目のある場所で作業して帰るといいです。

僕はよくスタバで作業してから帰っています。この文章も帰りに近所のスタバに寄って書いています。

ただし、必ずしも外で作業を完了させる必要はありません。なぜなら、終わりが見える状態まで進めておくと、帰宅後のモチベーションを保つことができるし、作業自体もすぐに終わるからです。

個人的には、記事の執筆をスラスラと進めるためには、おいしいコーヒーが欲しい。だから、記事を書くきっかけとして、「カフェに入る」ということをトリガーにするのです。

帰宅前にカフェに入ることにしておくと、ちゃんとしたコーヒーが飲めるし、作業も捗るし、余計な飲み会も断りたくなるし、いいことしかありませんね。

こんな方法は極端といえばそうかもしれませんが、自分に対して強制力を働かせ続けると自ずと考え方まで変わってくるものです。

最近では、現金が収納できる量が極端に少ない「PRESSo」という財布を使い始めて実感しました。

たったひとつの財布にも、人のライフスタイルを変化させる力がある。 – starnote*
「キャッシュレス時代の理想の財布」 そんな謳い文句を引っさげた財布を使い始めて1か月が経過しました。すると、僕の生活や考え方にも変化が現れました。 たったひとつの財布から始まったライフスタイルの変化を、この記事にまとめます。 たったひとつの財布にも、人のライフスタイルを変化させる力がある。 先日レビューした「キャッシュレス時代の理想の財布」こと「PRESSo」を使い始めて1か月が経ちました。 → PRESSo・モカ|キャッシュレス時代の理想の財布はやっぱり理想だった これまで、僕はポールスミスの長財布を9年間使っていたので、サイズが5分の1くらいになった気がします。毎日持ち歩くモノなので、とてもとても大きな差です。 このような「極限まで小さくなった財布」を1つだけ持ち歩くと決めただけで、1か月間でライフスタイルが大きく変わったんです。 物理的に身軽になった 僕は休日は車に乗ることが多いのですが、ほとんどの場合 カギ iPhone 財布 この最小限の3点セットを持って出かけます。 PRESSoの前に使っていたポールスミスの長財布は、パンツのポケットには入らないし、コートのポケットに入れるにしても重い。なので、 カギ → ポケット iPhone → ポケット 財布 → 手持ち こんな感じで、財布だけ手に持って出かけていました。 しかし、PRESSoはiPhoneよりも小さいのでポケットに入ります。つまり、PRESSoに変えたあとは カギ → ポケット iPhone → ポケット 財布 → ポケット というような状況になるわけで、両手がフリーになります。物理的に身軽になるので、外出に対する心理的なハードルが少しだけ低くなりました。 だから自分を慣らすまでは違和感ばかりでした。 いつも車でちょっとだけ外出するときは財布とカギとiPhoneだけ持って行くんですけど、PRESSoを使い始めて「あ!財布忘れた!」って思うことが多くなりました。ポケットに入っとるっちゅーねん。— みけめろ@starnote* (@info_starnote) 2018年12月22日 でも逆に現在では、大きい財布を持ち歩くのはあり得ないと思っています。

たったひとつの財布にも、人のライフスタイルを変化させる力がある。


まとめ

最後にもういちどまとめると、

  • 常にネタを出しておく
  • スキマ時間で書く
  • 記事が書けるまで帰らない

このようなことを心掛けながら生活していれば、平日でも無理することなくブログを更新することができます。むしろ毎日ブログを更新しないと気持ち悪くなります。

繰り返しになりますが、大前提として「忙しいからといって更新をサボらないという心構え」が必要です。

その上で、以上のようなことが、平日でも毎日更新するためのエッセンスになると思います。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate