ユナイテッド航空の遅延証明はメールで申請可能。英語なので例文をつけました。

現地で交渉しなくて大丈夫です。

ユナイテッドの遅延に巻き込まれて、会社や学校に遅延証明書を提出しないといけないこと、あると思います。そのやり方をこの記事にまとめました。


今まさに遅延に巻き込まれている人へ

大丈夫。落ち着いて。

たとえ翌朝まで遅延になっても、ホテル代と食事代はユナイテッドが負担してくれるから。サービスセンターに行けばチケットをもらえます。だから周りのアメリカ人についていこう。

トラブルに巻き込まれているときは焦らずに平静を保つことが大切です。空港に取り残されても死ぬことはないので、落ち着いてください。

空港職員は見た目は怖いけど、親身になって話を聞いてくれる方もたくさんいます。だから周りの人たちを頼ってください。

もしすでに落ち着いているのであれば、僕の体験談を読んでみてください。たぶん同じような流れだと思います。

アメリカ入国早々、国内線が翌朝まで遅延するというトラブルに遭遇。 – starnote*
つい先日、1週間ほどアメリカに行ってきました。 しかし、入国早々に「乗る予定だったアメリカ国内線の便が翌朝まで遅延する」というトラブルに巻き込まれました。普通に飛ぶと思ってたのでかなり予想外の事態でしたが、起こったものは受け入れるしかない。 せっかくなので、その一部始終をまとめておきます。 ヒューストン発、アルバカーキ行き 「ニューメキシコ大学(University of New Mexico: UNM)でアメリカの薬剤師の役割について学んでくる」というのが今回の旅の目的でした。 UNMがあるのは「アルバカーキ」という都市。日本からの直行便は出ていません。なので、一旦アメリカのどこかの空港まで国際線で飛び、そのあとアメリカ国内線で行くことになります。 今回は「長崎 → 東京(羽田/成田) → ヒューストン → アルバカーキ」という経路で飛ぶことにしました。 ANAがオペレートする長崎 → 羽田の国内線が何の問題も無く飛んだのは言うまでもありません。また、ユナイテッドがオペレートする成田 → ヒューストン便も、10分くらい遅延したけれど普通に飛びました。さすがに国際線はしっかりしてる。 ヒューストン国際空港(ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン空港)での入国審査を済ませ、ゆりかもめみたいな乗り物「ターミナリンク」で移動します。保安検査通過後の制限エリアどうしをつなぐ乗り物です。 国内線の発着ターミナルに移動し、搭乗口の前に辿り着くまではよかった。 このときすでに国際線の着陸から2時間が経過していますが、トランジットに3時間半ほど余裕を持たせていたので大丈夫でした。 ヒューストン空港で国内線に乗り継ぎ。ひとりで海外にいるってワクワクするぜ。 pic.twitter.com/ASvQCQY2nN— みけめろ@starnote* (@info_starnote) 2018年11月3日 問題は、ここからがアメリカの国内線ということ。しかもユナイテッドの。 18:20出発予定の便で、搭乗は予定どおり17:55くらいから始まりました。機内に乗り込み、手荷物を前の座席の下にしまい、シートベルトをして出発を待ちます。

アメリカ入国早々、国内線が翌朝まで遅延するというトラブルに遭遇。

また、遅延証明は後日メールで申請できるので、空港で交渉しなくて大丈夫です。

そのやり方をこの記事で解説してるので、帰国後にまた読みに来てください。ただし、eチケット控えは捨てないように!


では、ここからが本題です。

ユナイテッド航空の遅延証明はメールで申請可能

ユナイテッドの公式ページには以下のようにあります。

弊社では、ご要望に応じてユナイテッド便の遅延またはキャンセルを証明する書類を発行いたします。 証明書をご希望の場合は、delayletter@united.com 宛てにEメールを送信してください。 Eメールには、お客様全員のお名前、ご予約番号、便名、旅行日程、ご連絡先の電話番号およびEメールアドレスまたは証明書の郵送先の住所を必ず明記してください。 手続きには5~10営業日かかります。

フライトの遅延およびキャンセル

流れとしては以下のような感じです。

  • メールで申請
  • 返信で証明書が送られてくる

つまりやるべきことは「メールを送るだけ」です。

ただ、公式サイトには記載がありませんが、返信のメールはすべて英語でした。なので、こちらから送る申請メールも英語で書く必要があります。


カスタマーサービスに英語でメール

僕はHISで予約したので、以下のような「eチケットお客様控え」が発行されました。

この中で必要な情報は4つです。

  • 名前(Name)
  • 予約番号(Confirmation number)—— 僕のはアルファベット6ケタでした
  • フライトの日付(Date of travel)
  • 便名(Flight number)

これら4つの情報を入れつつ、以下のような感じでメールするといいと思います。

タイトル

Verification letter of delay

本文

Dear United Costumer Support

Can I get a verification letter of delay?

Name
First: YUSUKE
Last: MIURA

Confirmation number
HXAAAA

Flight number
UA6069

Date of travel
SAT 03 NOV 2018

Phone contact and email address
+81-90-0000-0000
melopan@starrrrr.com


Sincerely,

Yusuke Miura

コピペして使ってもらってOKです。適宜ご自分の情報に書き換えてくださいね。


遅延証明書が返信される

5~10営業日で遅延証明書がメールに添付されて届きます。このときは2日で届きました。すごい失礼ですが仕事が速くてビックリしました。

また、すべて英語で書かれたメールが届きます。迷惑メールフォルダなどに入らないようお気をつけください。

Dear Mr. Miura,

On behalf of United, I am sorry for your inconvenience.
As requested I have attached a verification letter.
Thank you for your patience.

We appreciate your business and thank you for flying the friendly skies.

Regards, 

Jack Bauer
Customer Care
Case:00000000

遅延証明書は「Microsoft Word」形式(.docx)で添付されています。あとは印刷するなり、PDFで保存するなり、ご自由にどうぞ。

ちなみに、申請した便の直前に搭乗した成田→ヒューストン便も26分遅延したので、この証明書に記載されています。

Word形式を開くことができないという方は、Googleドキュメントをご利用ください。無料で使えます。

Googleドキュメントへ


焦らなくて大丈夫

このように、遅延証明書は帰国後に取得できます。英語ができなくても、上の例文をコピペして書き換えればOKです。質問があればTwitterでリプライ頂ければ答えます。

あ、アメリカに何しに行ってたの?って話は、こちらの記事をご覧ください。

日本とアメリカの薬学教育のちがいを学んできた。 – starnote*
学んできた者の使命は「発信すること」だと思うのです。 先日1週間ほどアメリカに行ってきたのは何回か書いているとおりですが、学んできたことや感じたことを僕の中だけ留めておいても何もいいことがありません。 当ブログの読者には薬学関係者がたくさんいると思うので、有益そうな知見を余すことなく発信できればいいなーと思っています。 1回目は「日本とアメリカの薬学教育のちがい」について。日本との差が大きく、取り入れてもいいんじゃないかと思える部分が数多くありました。 The University of New Mexico (UNM) 僕らがお邪魔してきたのは、アメリカ南部のニューメキシコ州アルバカーキにある「ニューメキシコ大学(The University of New Mexico: UNM)」。州立大学です。 僕の大学出身の先生がニューメキシコ大学で講師をしてらっしゃるというコネがあり、今回の訪問が実現しました。本当にお世話になりました。 日本とアメリカの教育制度 日本の教育制度は中央(文部科学省)が一括で決めていることが多いですが、アメリカは州の力が強い国。教育制度という面にもその影響が大きく現れていて、カリキュラムは州ごとに異なるそうです。 一例を以下に示します。 日本の場合 日本では全国共通の教育制度となっています。薬学部の場合、薬剤師免許を取得できるコース(薬学科)は6年制課程でなければなりません。その内容も「薬学教育モデルコアカリキュラム」というものに基づいています。 高校卒業後(浪人生の期間がある人もいるにせよ)、そのまま大学の薬学部薬学科に入学して6年間のカリキュラムをこなすと、薬剤師国家試験の受験資格を得られます。 大学では、基礎的な内容から徐々に高度な内容を積み重ねていくようなカリキュラムになっています。初年次には薬学とは遠い内容である教養教育も含まれます。 また、卒業前(学士取得前)でも、「卒業見込み」であれば国家試験を受験できるのが日本の制度です。試験は毎年2月末に1回だけ実施されます。次回の第104回薬剤師国家試験は2019年2月23〜24日。 アメリカ(UNM)の場合 アメリカは州ごとの裁量が大きいので教育制度も異なることがあります。ここでの内容はニューメキシコ州での話。

日本とアメリカの薬学教育のちがいを学んできた。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate