【大学生・院生は半額】Apple Music学生メンバーシップの登録方法が超簡単だったので解説します。

Apple Musicを利用している大学生・大学院生に朗報。僕も全く把握していなかったのだけど、2016年11月30日から日本でもApple Music学生メンバーシップがしれっと開始されていた模様。

大学から割り当てられているメールアドレスがあれば簡単に登録できたので、やり方を解説しておきます。これは絶対登録すべし!!

Apple Music学生メンバーシップとは?

まずはApple Music学生メンバーシップとは何か説明しておきたいと思います。

Apple Musicはご存じですよね? この記事を読んでいるような人なら既に契約している人も多いと思いますが、ほとんどの場合は個人プラン(月額980円)で登録しているはず。

その契約をApple Music学生メンバーシップに変更すると、大学生や大学院生なら月額料金が半額の480円で契約できます。48ヶ月間(4年間)利用可能です。すばらしいサービスだ。

正確には「UNiDAYS」というサービスを使って就学状況を調査するようで、このシステムに登録されている教育機関に在籍している人なら大丈夫だと思われます。後述しますが、自分の大学名を検索して登録するので、その検索システムに出てくれば登録可能な模様。検索結果から考えるに、おそらく結構な数の大学を網羅しているのではないかと思います。

ちなみに、現在ファミリープランを契約している人は、Apple的には

Apple Musicのファミリーメンバーシップに参加している場合は通常、学生メンバーシップは必要ないと考えられます。

とのことです。

Apple Music の学生メンバーシップを利用する – Apple サポート

登録はiPhoneのミュージックアプリから。

登録はiOSのミュージックアプリから行います。実質メールアドレスを入力して認証をかけるだけなので、ものの5分程度で終わります。

Apple IDを表示してプラン変更

まずはミュージックアプリの「For You」タブを開いて、右上にあるシルエットのアイコンをタップ。

foryou

Apple IDを表示をタップ。パスワードの入力またはTouch IDによる認証が必要です。

apple-id

登録をタップ。

touroku

Apple Musicメンバーシップをタップ。

membership

学生をタップ。

student

メールアドレスで認証

すると新しいウィンドウが現れるので、利用資格を確認をタップします。このときにUNiDAYSのシステムを利用するようです。

shikaku1

Safariに切り替わります。メールアドレスと大学名を入力しますが、ここでのメールアドレスは大学ものでなくても大丈夫。大学名は、何文字か入力したら検索候補が出てくるので、それをタップすればOK。

shikaku2

続いて大学のメールアドレスで認証します。同じアドレスを2回入力してください。

shikaku3

大学のメールアドレス宛てに認証メールが送信されます。タイムラグは無く、すぐに届きました。

shikaku4

メールアプリに移動し、大学メールのアカウントに届いたメールを開きます。学生ステータスの確認をタップ。

mail

Safariが開いて登録完了です。続けるをタップ。

finished

開くをタップ。

open

確認してみよう

ミュージックアプリが開くので、「学生 (1か月) ¥480」にチェックがついていることを確認してください。これで完了です。

membership-student

お疲れ様でした。

お疲れ様でした。うまくいきましたか?

突然日本でも利用できるようなったこのサービスですが、Apple Musicカードを10%OFFで買うよりも全然安いので、大学生・院生でApple Musicを利用している人にはすごくお得なサービスですね。いや逆か。利用しないと損するサービスです。

おそらく定期的に就学状況のチェックが入ると思いますが、入り次第また追記したいと思います。では皆さんよいミュージックライフを!

次はAirPodsの記事、いかがですか?

AirPodsとBeatsXってどっちがいいの? → どっちも買ったけど、よく使ってるのはAirPods。 – starnote*
ワイヤレスばんざい! Appleから発売されているワイヤレスイヤホン、AirPodsとBeatsX。記事にはしてませんが、実はどっちも買っちゃってました。どちらもほぼ同時に買って、4か月ほど使ったので、ここらへんで思うところをまとめておきますね。 どんなもの? この記事を読んでいるような方なら、いまさら説明はいらないと思うので簡単に。 AirPodsは左右独立型のイヤホンで、iPhoneに付属しているEarPodsを形はそのままにワイヤレス化したものです。イヤホン内部とケースのどちらにもバッテリーが内蔵されていて、連続再生時間は5時間(ケースで充電しながらだと24時間)。 BeatsXは左右がつながっているカナル型のワイヤレスイヤホンで、使わないときは首にかけておけるのが特徴。あくまでもBeats製品なので、接続音などは他のBeats製品と同じです。45分でフル充電でき、8時間再生できる製品です。 使ってみた感想は? 4か月使ってみた感想ですが、総合的にはどちらも満足です。どのへんが満足しているのか、あるいは不満な点はどこなのかについて、まとめてみます。 AirPodsは「意外といい」 まずAirPodsの音質ですが、これはベースになっている有線のEarPodsと遜色ありません。つまり、オープンなインナーイヤー型としては頑張っている方だと思います。集中して音楽を聴きたいときには力不足なところもありますが、BGMとして聴く分には大大大満足です。 全然落ちないよ また、AirPodsについてよく言われるのは「意外と落ちない」ということです。これには完全に同意します。 使ってみてわかったことですが、AirPodsはただ耳に乗っているだけではなくて、棒状の部分(よくうどんだと揶揄される部分)をクイッと前に傾けてやると、意外と固定できます。この動画を見るとよくわかりますが、思いっきり傾けてますよね。こうすることで固定することができます。 ただ、フィッティングを直そうとして伸ばした手が当たって落としたことはあります。2回ほど。1回目は家の中、2回目はエレベーターの中だったので紛失せずに済みました。それ以降は扱いに気をつけるようにしてます。不必要にさわらないことが重要! 片方ずつの使用も可

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate