AirPods長期使用レビュー|2年で寿命を迎えそうだけど、また買う価値がある。

もっと評価されていいと思うの。

Appleに関して、Mac → iPod → iPhoneと革新的な製品を発表してきたのに、iPhone以降の10年間はパッとしないとよく言われます。

でも僕は、iPhoneの次の革新的な製品は「AirPods」だと思うんですよ。わずか2年で寿命を迎えそうなのに、また買いたいと思わせてくれるものってなかなか無いです。

そのAirPodsの2年間をレビューします。


AirPods長期使用レビュー

この記事では、2年間使っているうちにどのようなことが起こったかということを中心にまとめました。その上で、AirPodsのどこに惚れているのかということを述べていきます。

あくまでも「僕のAirPodsはこうでした」というまとめです。n=1なので全く一般化できませんが、少しは参考にしてもらえるかと思います。

AirPodsを2年間使いました

僕がAirPodsを購入したのは2017年2月です。

それから2年間、雨の日も風の日も、晴れの日も曇りの日も、日本でも台湾でもアメリカでも、とことん使い倒してきました。

使い始めて4か月目のレビューは以下の記事ですが、

集中して音楽を聴きたいときには力不足なところもありますが、BGMとして聴く分には大大大満足です。

という評価は今でも変わりません。

AirPodsとBeatsXってどっちがいいの? → どっちも買ったけど、よく使ってるのはAirPods。 – starnote*
ワイヤレスばんざい! Appleから発売されているワイヤレスイヤホン、AirPodsとBeatsX。記事にはしてませんが、実はどっちも買っちゃってました。どちらもほぼ同時に買って、4か月ほど使ったので、ここらへんで思うところをまとめておきますね。 どんなもの? この記事を読んでいるような方なら、いまさら説明はいらないと思うので簡単に。 AirPodsは左右独立型のイヤホンで、iPhoneに付属しているEarPodsを形はそのままにワイヤレス化したものです。イヤホン内部とケースのどちらにもバッテリーが内蔵されていて、連続再生時間は5時間(ケースで充電しながらだと24時間)。 BeatsXは左右がつながっているカナル型のワイヤレスイヤホンで、使わないときは首にかけておけるのが特徴。あくまでもBeats製品なので、接続音などは他のBeats製品と同じです。45分でフル充電でき、8時間再生できる製品です。 使ってみた感想は? 4か月使ってみた感想ですが、総合的にはどちらも満足です。どのへんが満足しているのか、あるいは不満な点はどこなのかについて、まとめてみます。 AirPodsは「意外といい」 まずAirPodsの音質ですが、これはベースになっている有線のEarPodsと遜色ありません。つまり、オープンなインナーイヤー型としては頑張っている方だと思います。集中して音楽を聴きたいときには力不足なところもありますが、BGMとして聴く分には大大大満足です。 全然落ちないよ また、AirPodsについてよく言われるのは「意外と落ちない」ということです。これには完全に同意します。 使ってみてわかったことですが、AirPodsはただ耳に乗っているだけではなくて、棒状の部分(よくうどんだと揶揄される部分)をクイッと前に傾けてやると、意外と固定できます。 ただ、フィッティングを直そうとして伸ばした手が当たって落としたことはあります。2回ほど。1回目は家の中、2回目はエレベーターの中だったので紛失せずに済みました。それ以降は扱いに気をつけるようにしてます。不必要にさわらないことが重要! 片方ずつの使用も可

AirPodsとBeatsXってどっちがいいの? → どっちも買ったけど、よく使ってるのはAirPods。


1年経つと挙動が怪しくなる

数回ツイートしてましたが、購入後1年2か月〜1年4か月くらいの時期に、すごく調子が悪くなっていました。

2018年4月(購入後1年2か月)

2018年5月(購入後1年3か月)

2018年6月(購入後1年4か月)

結局このあとは、しばらく使っていると元に戻りました。何だったんだろう。


購入2年後の現在、実用的なバッテリーの持ちが「1時間」に

購入直後は3時間くらい持っていたバッテリー。今日音楽を流しながらバッテリー残量の推移をチェックしてみました。

当サイトはアカデミックを謳っている個人メディアなので、エビデンスベースでいきましょう。


満充電で93%。そもそも100%まで充電できません。


音量はスライダーの半分くらいです。聴いてたのは[Alexandros]の『Sleepless in Brooklyn』(50分)。左右どちらも使っています。


15分で75%


30分で59%


1時間で23%に。ここまで減ってたら「そろそろ充電しないと!」って思います。


1時間12分で10%に。残量低下の「ポロロン」という音が鳴ります。


1時間38分で5%


1時間47分で1%に。再び残量低下の「ポロロン」という音が鳴ります。一瞬接続が途切れました。


再生開始から1時間51分、ご臨終。


ケースに戻すとなぜか86%との表示。


そのまま取り出して装着しても86%でした。でも1分ほどで再生が止まります。


グラフにするとこうなります。

三相性のグラフが得られるような制御がされているみたいですね。

  • 93% → 10% —— 一定の傾きで減少
  • 10% → 5% —— 傾きが緩やかになり、15分かけて減少
  • 5% → 0% —— 減少ペースが速くなる

20%を切って10%台に突入したら表示が赤くなるので、体感的なバッテリー持ちとしては「1時間」と言っても差し支えないかと思います。

少しずつバッテリー持ちが悪くなってる気がしてましたが、こうして可視化してみると一目瞭然ですね。


そろそろ寿命みたい

このように、挙動も怪しいし、バッテリーの持ちも悪くなっていました。なのでそろそろ寿命なのかなーという気がしています。

このまま使い続けても状況は悪くなる一方なので、何か手を打たないといけません。具体的には、

  • バッテリー交換サービスに出す
  • 他のイヤホンで代替する
  • 新しいAirPodsを購入

この3つの選択肢がありそうです。


バッテリー交換サービスに出すよりも買い直した方が安い

AirPodsにはバッテリーの交換サービスがあります。ただ、左右+ケースのすべてを交換すると、税抜で17,400円にもなります。新品が16,800円(税抜)なので、新しく買った方が安いですね…

AirPods 修理 – Apple サポート 公式サイト

追加で購入すると手元に2つのAirPodsが残ることになるので、使い分けてもいいかもしれません。自宅用と外出用とか。

だから交換サービスに出すのは「ナシ」で。


他のイヤホンでは代替できない価値

左右が分離している完全ワイヤレスのイヤホンとして、僕はZolo Libertyも持っています。

完全ワイヤレスなイヤホン「Zolo Liberty」のファーストインプレッション。AirPodsと比べてどうなの? – starnote*
「Zolo Libertyのおかげで、AirPodsの完成度の高さを知る」か。 スマホ関連のアクセサリで有名なAnkerが、2017年に鳴り物入りで始めた「Zolo」というオーディオブランドがあります。その第1弾として発売されたのが「Zolo Liberty」というイヤホン。 いわゆる「完全ワイヤレス」とよばれているジャンルで、ケーブルがなく左右が分離されているタイプです。なんとなく気になって購入してみたので、今日はZolo Libertyのファーストインプレッションを中心に、AirPodsと比べてみた感想などをお届けできればと思っています。 ちなみにこのZolo Liberty、自腹で買いました。提供してもらったわけじゃないので、バイアスは一切かかってません。言いたいことは正直に言いますよ! ※ 書いているうちにだんだん熱が入ってきてしまったことは、最初にお伝えしておきますね。笑 僕のワイヤレスイヤホン・ヘッドホン歴 よくわからない人は読み飛ばしてくださいね。 → 読み飛ばす 音質に関する話って言葉だけではなかなか伝わりにくいし、そのせいで説得力が薄くなってしまう部分があると思うんです。なので最初に、こんな人が意見してますってことで、参考にしてもらえるかなーと思って書いてます。 僕がイヤホンをワイヤレスにし出したのは、2013年末のことです。ちょうどiPhone 5sの頃ですね。当時はソニーのバランスド・アーマチュア(BA)ドライバを搭載した、比較的高級な有線イヤホン「XBA-40」をメインで使っていました。 それに対して、Bluetoothレシーバー「MDR-NWBT20N」を組み合わせて無理矢理ワイヤレスイヤホンとして使っていたんですね。 → 手持ちのイヤホンをワイヤレス化するBluetoothレシーバーの選び方を教えます。 ちなみにこの組み合わせは今でも(この記事を書きながら)使っています。BAドライバなので、聴いててニヤニヤしてしまうほどの音の粒の細かさですよ。本当に幸せです。 こんな調子で使っていると、ヘッドホンもワイヤレスにしないと気が済まなくなってきます。スタイリッシュなワイヤレスヘッドホンが欲しくて、「Beats Solo2 Wireless」を購入したのが2015年の秋。 → Beats Solo2

完全ワイヤレスなイヤホン「Zolo Liberty」のファーストインプレッション。AirPodsと比べてどうなの?

でもZolo LibertyよりもAirPodsの方が活躍の場が多いです。なぜなら、

  • 耳穴を塞がない ——「ながら聴き」できます
  • iPhoneとのシームレスな連携
  • 遅延がない —— YouTubeの動画も快適

このような点がAirPodsの強みで、その強みを僕はとても気に入っているから。

耳穴を塞がない

AirPods以外の完全ワイヤレスイヤホンって、なぜかどれも耳穴を塞ぐカナル型なんですよね。

音楽に集中したいときにはカナル型の方がいいので、僕もZolo Libertyを使っています。でも音楽を聴く状況ってそれだけではない。

道を歩いているときとか、電車に乗ってるときとか、周りの音が聞こえた方がいい状況ってたくさんあります。

カナル型を使ってしまうと、自分の周囲を把握するのに使う「視覚」と「聴覚」のうち、片方を完全に塞いでしまうことになります。危険すぎて僕にはできません。

iPhoneとのシームレスな連携

ケースからAirPodを取り出して耳に入れると、「ポーン」という音がしてiPhoneに接続されます。あとはポンポンと叩けば音楽が再生されます(設定は変更可能)。

両耳再生中に片方だけ取り出せば止まるし、片耳だけ入れれば左右のチャンネルがミックスされてモノラルで出力されるし、痒いところまで手の届くイヤホンです。

耳に入れたままで接続先をMacにiPadにと変更することも可能です。これはApple W1チップを搭載している「BeatsX」などでも可能ですが、完全ワイヤレスに限定するとAirPodsだけです。

遅延がない

動画を見る上ではとても重要な要素です。

iPhoneだけでなく、動画をよく見るようなiPad Proでもヘッドホンジャックが廃止されてしまいました。そのため、「ワイヤレス」で「遅延のない」イヤホンの重要性は日に日に増しています。

他のBluetoothイヤホンでは遅延が生じるのは避けられないです。おそらくAirPodsやBeats製品はソフトウェア的なチューニングがされているのでしょう。

11インチiPad Proを買いました。僕はこんなことに使いたい! – starnote*
1か月遅れで手に入れました。 なぜいつも真っ先に飛びつく癖に出遅れたのかと言うと、1つ前の10.5インチモデルでも全く不満がなかったからです。だから最初は買い替えない予定でした。 でも来年はiPad版のPhotoshopがリリースされるし、iPadを取り巻く環境がガラッと変わる気がしたので、やっぱり最新のモデルを手に入れておきたい。だから買いました。 本体のレビューについては今さら僕がする必要もないと思うので、想定している使い道について説明します。 11インチ * スペースグレイ * Wi-Fi + Cellular 購入したのは11インチモデルです。 本体サイズは従来の10.5インチモデルとほぼ同じなのに、画面が大きくなりました。ぐっと小さくなった12.9インチモデルとも迷いましたが、慣れているサイズにしました。 色はスペースグレイ。前モデルよりも濃くなってかっこいいです。iPhone 5s時代のスペースグレイに近くなりましたね。 もちろんWi-Fi + Cellularモデルを買いました。セルラーモデルという存在が、MacとiPadを差別化している部分のひとつです。なのでiPadは迷うことなくセルラーを買うようにしています。 前回の10.5インチはSIMフリーモデルを買いましたが、今回はドコモの2台目プラスで契約しています。主回線(iPhone XS Max)の20GBプランをシェアする形です。 これまでこの回線でモバイルルーターを契約していたのですが、そろそろ2年が経過して月々サポート(毎月の割引)が終わるということもあり、今回はドコモで契約。 iPadは初代から海外SIMフリーだし、最近は国内向けにもSIMロック解除できるので、キャリアモデルでも全く支障ありません。 同時購入のアクセサリ 形の変わるモデルチェンジはアクセサリも買い替えないといけないので大変です。今回もいつものセットを買いました。 Smart Keyboard Folio iPad Proを「ちょっと小型の文章執筆デバイス」と捉えている僕にとって、なくてはならないアクセサリです。また後日レビューしたいと思っていますが、少しだけタイプの感触が硬くなったような気がします。 Apple Pencil 本体の側面に磁力で取り付けられるようになりました。待ち望んでたよ!

11インチiPad Proを買いました。僕はこんなことに使いたい!


AirPodsなしでは生活できない体になってしまった

こんなにAirPodsの魅力に取り憑かれてしまうと、もはや離れることは不可能です。だから買い増すのがいちばんいい落とし所かなーと思います。

とはいえ、2〜3日前からAirPodsの在庫整理が行われているみたいで、そろそろ新しいバージョンが出そうな気配があります。

なので、しばらくは今のやつを使い続けてみようかなと思っています。そこまで差し迫っていないので様子見ですねー。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate