α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ〈夜〉

これはモンスターカメラだ…!

ソニーのフルサイズミラーレス「α7 III」を購入して2週間。購入前から「高感度に強い」との前評判を聞いていましたが、実際に自分のモノとして使ってみると、もう驚きの連続です。

そんなα7 IIIを持って、夜の長崎の街をぶらぶら散歩してみました。この驚きは共有したい!


「α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ」シリーズはこちらです。

α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ〈昼〉
α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ|初秋の西海橋

機材は「α7 III ズームレンズキット」

型番はILCE-7M3K。α7 III本体とキットレンズ「SEL2870」の組み合わせです。レンズの焦点距離は28–70mmでF値は3.5–5.6。あまり性能がいいとは言えないレンズですが、フルサイズEマウントはこれしか持っていないのです。

僕と同じように、初めてα7シリーズを手にする人にはありがちな構成だと思うので、参考にしていただければと思います。

なお、今回の写真はすべて手持ちです。繰り返します、すべて手持ちです

ながさきカメラさんぽ〈夜〉

夕焼け空と山の稜線。


夕焼け空と木の葉。


夕焼け空と建物。貯水タンク下の網の描写にも注目。


路面電車とバス。


電車内ではサイレントシャッター機能を使います。


長崎駅前の交差点。


かもめ広場。


長崎駅。


終着駅なので、こんな構図で撮れちゃう。


裏道。


建設中の新駅とクレーン。


走る男性。


光る帆船。


電球を点線にして遊んでみる。


ロシアの船員さん。


イルミネーション。


夜のヨットハーバー。


振り返って撮影。


よく見ると帆船の上にオリオン座が。


昼と同じ構図。


手前が神戸から来た「みらいへ」。奥がハウステンボスの「観光丸」。


高感度すごいな。


ぼかしてみる。キラキラ。


振り返って出島ワーフ。


ロシアの帆船「パラダ」。光がこちらを向いていたのでフレアを入れてみました。


帆船と女神大橋。


奥の夜景もきれい。

以上、手持ちでお送りしました。


高感度耐性 × ボディ内手ぶれ補正 = モンスターカメラ

α7 IIIの特徴は、なんといっても「高感度耐性」と「ボディ内手ぶれ補正」の組み合わせによる、夜景撮影の強さ。高感度でもノイズが乗らないので、シャッタースピードを短くすることができます。強力なボディ内手ぶれ補正と相まって、少しぶれただけでも流れてしまう点光源を、確実に捉えることができます。

このような強みに開発部隊も自信を持っているのか、ISOオートにしておくと積極的に感度を上げるような制御がされます。ISO 12800とか普通に使ってくるから。それでもノイズが乗らないのは感動モノです。

また、オートフォーカスも爆速なので、不意に訪れたシャッターチャンスを逃すことなく撮影することができます。たとえば、上のロシアの船員さんの写真は、電源を入れてシャッターを押しただけですが、しっかりとピントが合っていますよね。すばらしすぎる!

高感度にも強くて、手ぶれもしにくい。そのうえAFも速いときた。全く文句のつけようのない、モンスターカメラです。

最後に

評判どおりの画が撮れないじゃないか!と文句のひとつでもつけてやろうかと思ったのですが、使ってみると欠点が見当たらなかった。

ただ、メニュー画面のUIについては指摘されることが多いですが、今回は目を瞑ることにします。理由は2つで、僕が最初からソニーのミラーレスを使っているので違和感がない点と、いくらUIがよろしくなくても撮れる画には影響を及ぼさない点。

声を大にして言いたいのは、撮っていてものすごく楽しいカメラだということです。昼の部にも書いた「信頼してシャッターを押せるカメラ」ということにも通じますが、何も考えずにシャッターを切っても期待以上の画が撮れる。だから驚きを持って撮影を楽しむことができます。

これからもっといろんな場所に持ち出して、撮ることを楽しみたい。今はこのように思っています。

「α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ」シリーズ

α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ〈昼〉 – starnote*
すごいカメラを手に入れたぞ…! ソニーのフルサイズミラーレス「α7 III」を購入して2週間。ある程度使い込んだので、ブログでもレビューしたいと思います。 この記事では「ながさきカメラさんぽ」の〈昼の部〉として、快晴の長崎を散歩しながらα7 IIIで撮影した写真をご紹介します。 「α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ」シリーズはこちらです。 → α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ〈夜〉 → α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ|初秋の西海橋 機材は「α7 III ズームレンズキット」 型番はILCE-7M3K。α7 III本体とキットレンズ「SEL2870」の組み合わせです。レンズの焦点距離は28–70mmでF値は3.5–5.6。あまり性能がいいとは言えないレンズですが、フルサイズEマウントはこれしか持っていないのです。 僕と同じように、初めてα7シリーズを手にする人にはありがちな構成だと思うので、参考にしていただければと思います。 ながさきカメラさんぽ〈昼〉 長崎駅から旭大橋の上まで登ってきました。被写体は移転したばかりの長崎県庁。緑が美しいですね。 大波止方面へ。右奥の行列は「軍艦島クルーズ」に乗る人々。 夢彩都前のスクランブル交差点。 ちょうど「長崎帆船まつり」の期間中。 出島ワーフ前も人が多い。 ドラえもんだ! こちらは最も広角側「28mm」での撮影。 望遠側「70mm」。ここまで寄れます。 天気いいね! 桟橋にはロープで「長崎」の文字が。 ロシアの帆船「パラダ」。 ロシアの船員さん。 太陽を入れてもきれいな描写。 いろいろな国旗が風に揺られています。 後ろから縦位置で。 空を舞う凧と鯉のぼり。 カヌー教室。 会場は「長崎水辺の森公園」。海辺の気持ちいい公園です。 浮き輪。 公園沿いの電車通り。 一本奥に入りました。通称「オランダ通り」。 なぜかというと、これがあるから。 公園方面を望みます。 メディカルセンターの裏を抜けて湊公園へ。 長崎新地中華街。 このあとスタバでまったりブログを書きましたとさ。めでたしめでたし。 信頼してシャッターを押せるカメラ
α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ|初秋の西海橋 – starnote*
長崎県の佐世保市と西海市の間には「針尾瀬戸」という海峡があります。 日本三大急潮のひとつとされ(ちなみに他の2つは鳴門海峡と関門海峡)、タイミングがよければ渦潮を見ることができます。 その針尾瀬戸には2本の橋が架けられています。名前は「西海橋」と「新西海橋」。 古い方は63年前の1955年に完成し、今でも南北をつなぐ動脈として活躍しています。新しい方は2006年に開通し、「西海パールライン」という高規格道路の一部となっています。 これらの橋の一帯は公園として整備されていて、天気のいい日の散歩コースとしてうってつけなのです。 「α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ」シリーズはこちらです。 → α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ〈昼〉 → α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ〈夜〉 2本の橋 写真奥の赤い橋が「西海橋」。 1955年に開通したそうですが、終戦からまだ10年しか経過していないことを考えると、復興のスピードは凄まじいものだったことが窺えます。 総事業費は5億6,000万円(当時)で、完成時には固定アーチ橋として世界で3番目の長さを誇っており、日本の橋として初めて支間長200メートルを超えた長大橋であった。 → 西海橋 – Wikipedia 「すぐ近くなのに急流のせいで渡れない海峡」を橋でつなぐのは、大変有意義なことだったと思います。長崎県は真ん中に大きな海(大村湾)があるので、この橋が架かることによって長崎−佐世保間の距離が大幅に短縮されました。 また、写真手前が2006年に開通した「新西海橋」です。こちらは地域高規格道路「西海パールライン」の一部として活用されています。 1955年と2006年なので、この空間には約50年の時を隔てて開通した橋が並んでいます。一方が2車線で他方が4車線。アーチの大きさも数も全然違う。 これら2つの橋を眺めていると、その間を埋める技術の進歩はすごいんだなぁ、と思ってしまいますね。 新西海橋の下を歩く 古い方の西海橋は設計も古いためか——あるいは建設当時の技術的な限界なのか——その幅は2車線の道路だけでいっぱいいっぱいです。隅を歩けなくはないですが、それなりに交通量も多いのでちょっと怖い。

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate