MacBook Proをキーボード修理プログラムに出すと、バッテリーまで交換してもらえるよ。

きれいになって帰ってきました。

僕が使っている13インチMacBook Pro 2016のスペースキーがおかしくなって修理に出してました。Appleが実施しているプログラムの一環なのでもちろん無料です。

キーボード部分だけでなく、「キーボードが含まれる外装」ごと交換してもらえるので、一体成形されているバッテリーまで新品になって戻ってきました。


スペースキーを修理したかった

僕が使っているのは2016年モデルの13インチMacBook Pro(Touch Barモデル)です。2017年4月に購入したので、1年8か月ほど使っていることになります。

12インチMacBookから13インチMacBook Proに買い替えたファーストインプレッション。タッチバーモデルの特盛仕様(SSD以外)で購入しました!

ある朝、MacBook Proを使って文字入力をしていると左手の親指に違和感を覚えました。

あれ? おかしいな?

と思って何度押してもおかしい。

いつもならキーボードを押すと跳ね返ってきますが、そのクリック感が全くありません。スペースキーだけ底に埋もれてる感じ。

おかしい
おかしい

このモデル以降のMacBook Proには「バタフライキーボード」というものが採用されているのですが、Appleはそのキーボードを対象として修理プログラムを発表しています。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム

Appleによると、ごく一部のキーボードに以下の症状(の1つまたは複数)が現れる場合があるとのこと。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

スペースキーが埋もれてるというのは、3番目の現象にバッチリ当てはまっていますね。

さらに、まれにNキーが反復入力される現象もあったので、これも該当するかもしれません。頻度としてはそこまで高くないものですが。

ちなみに、修理に出している間は11インチiPad Proで生活してみることにしました。詳細はこちらの記事をどうぞ。

iPadチャレンジ|11インチiPad Proだけで生活してみる1週間 – starnote*
不本意ながらグッドタイミング。 ほぼ毎日のように使っているMacBook Proのキーボードが不具合を起こし、急遽Appleリペアセンターに入院することになりました。持ち運ぶことのできるMacはこれしか持ってないので、外で使うマシンがないという危機的な状況です。 不幸中の幸いと言うべきか、先週末に11インチiPad Proを購入したばかりでした。ちょうどいい機会なので、MacBook Proが返ってくるまでの間はiPad Proだけで乗り切れるかどうかチャレンジしてみようと思っています。 MacBook Proのスペースキーがおかしい! 僕が使っているのは2016年モデルの13インチMacBook Proです。ストレージ容量以外をカスタマイズした特盛仕様。 購入して1年8か月ほどが経過しました。研究室に持って行っているので、使わない日はないと言っても過言ではないほど酷使しています。 しかし、バタフライキーボードを搭載しているMacBookに対して「修理プログラム」が発表されたのが、今年の6月のことでした。特に問題なかったので、修理に出すのは見送っていました。 → MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム 昨日のこと。 朝から使おうとディスプレイを開き、Touch IDでロックを解除し、文字を入力して変換しようとスペースキーを叩くと、違和感を覚えました。僕はいつも左手の親指でスペースキーを叩くのですが、いつものクリック感がまったくありませんでした。 あれ? おかしいな? と思って、同じ場所をもう一度押し込んでみますが、押した感触が皆無です。このスペースキー、なんか埋もれてるぞ。 いつも押さない右側を押してみると少しだけクリック感がありました。でもそれでも普段より弱かったです。 そういえば、修理プログラムがあったよなー。 と思ってAppleサポートを覗いてみると、 文字が勝手に反復入力される 文字が表示されない 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない これ!3番目の症状がドンピシャです。 こうやって何回も押し込んでみていると、それまでクリック感のあった右側も怪しくなってきました。

Appleに電話で修理を依頼

修理プログラムのページからリンクをたどって修理を依頼しようとすると、Appleサポートと電話でやりとりをするように促されました。やったことある人はわかると思いますが、Appleから電話がかかってくるアレです。

担当さんと話をしていると、やはり修理プログラムの対象となる症状のようで、

  • 持ち込み修理
  • 配送修理

から選ぶことができます。しかし長崎にはMacを持ち込み修理できる拠点がないので、必然的に配送修理になりました。

あとは修理に関する注意事項を受けて、その場で引き取りの手配をしてくれました。いつものことですが頼もしかったです。

修理に出す前にやることは、以前記事にしています。詳しくはこちらを。

12インチMacBookに「バッテリーの交換修理」の文字。入院させる前に僕がやったこと。 – starnote*
僕が12インチMacBookを購入したのは2015年5月。新品で買って1年8ヶ月ほど使ってきたわけですが、新年早々「バッテリーの交換修理」の文字が現れました。Appleに電話で相談したところやはり修理が必要とのことで、配送修理の手配をしてもらい、先日ヤマトの人に渡しました。 普段通り使っていたら「バッテリーの交換修理」の文字が! 事の発端は1月5日。普段通り使っていたときに何気なくバッテリー残量が気になり、クリックしてみると何やら見慣れない文字を発見。 確かに最近バッテリーの持ちが悪いと思っていたのであまり驚かなかった。むしろバッテリーを新しくできるので嬉しかったくらい。 このまま使っていても支障は無いみたいなんだけど、早いとこ交換しちゃいたいのでAppleサポートに電話してみることにしました。 サポートに連絡 → 年末年始で部品が枯渇気味? サポートに電話して状況を説明するとトントン拍子に話が進み、入院させてバッテリーを交換してもらえることになった。僕はAppleCareに加入しているので料金は無料。 ただし、過失のある破損(落とした衝撃でロジックボードが壊れてるとか画面が割れてるとか)があれば、その分は有償になるとのこと。その場合はメールで連絡が来て、有償で修理するか、修理せずに返却するか、どちらか選べるらしい。 修理にかかる日数は「3〜5営業日、最大でも1週間」と普段は案内しているらしいが、僕が電話したのは1月5日。年末年始の休みで部品が枯渇気味らしく、もしかしたら最大で2週間程度かかることもあるかもしれない、とのことだった。 Apple Storeに持ち込んでもリペアセンター送りになる 12インチMacBookは機構が複雑なので、Apple Storeに持ち込んでもその場で修理できないとのことだ。だからApple Storeで修理を申し込んでも、配送修理を依頼しても、いずれにせよリペアセンター送りになる。 僕の住んでいる地域にはApple Storeが無いので、持ち込むのは非常に大変。修理完了後に受け取りに行くのも大変。だから配送修理を申し込むことにした。 今の時期は時間がかかりそうなので一瞬躊躇ったけど、バッテリーの持ちが悪いのも考えものなので、その場で手配をしてもらうことに。 修理に出すまでに僕がやったこと

ただし、この記事とは逆に今回はFileVaultで暗号化しないように依頼されました。ガイドラインが少し変わったのかもしれません。


修理は1日で完了も、配送に時間がかかる

修理自体は超特急で、1日でやってもらえました。しかし配送に時間がかかるので、僕のもとに戻ってきたのは発送から5日後でした。

タイムスケジュールにするとこんな感じ。

  • 12月11日(火) —— 夜、ヤマト運輸に本体だけ渡す。
  • 12月12日(水)〜13日(木) —— 移送
  • 12月14日(金) —— 朝イチでAppleリペアセンターに到着し、夕方に修理完了。発送される。
  • 12月15日(土) —— 移送
  • 12月16日(日) —— 帰還

Macのリペアセンターは厚木にあるので、長崎からだと宅急便で2日かかります。でもこれはどうしようもないですね…(往路は3日かかってますが、きっと時間の関係上12日の便になってしまったのでしょう)

待っている間もステータスを確認できるのはいいよね。


バッテリーも交換されて帰ってきました

報告書によると、

ご申告頂いた症状につきまして、Mキー(※ Nの入力ミス?)が連続入力される症状を確認しましたので、リペアエクステンションプログラムに基づき、トップケース(キーボード、バッテリー一体型)を交換致しました。

とあります。

トップケースというのはおそらくキーボード側の外装のことで、パームレストやトラックパッドがある部分のことでしょう。その内部に両面テープでバッテリーが固定されてるのかな。

起動してmacOSからシステム情報を参照しても、充電回数2回になっていました。修理に出す前は100回を超えて容量も85%ほどに減っていたので、これは嬉しいなぁ。


データはそのまま残ってました

基盤はそのまま使われているようで、データはそのまま残っていました。Time Machineでバックアップも取っていましたが、復元する手間が省けました。

ただ、iCloudからサインアウトしていたので、iCloud Driveのファイルを再ダウンロードするのに半日かかりました。戻ってきたらすぐに実戦配備というわけにはいかなそうです。


キーボードの刻印も変わり、タイプの感触も良好

Before
Before
After
After

2017年モデルから、これまで文字で表示されていたReturnキーやDeleteキーなどが、マークでの表示に切り替えられました。2016年モデルのトップケースが交換されるときにも、この新しいバージョンが使われています。

報告書にもきちんと記載がありました。個人的には新しいバージョンが好きなので大歓迎です。

また、この新しいバージョンはタイプした感触も変わりました。以前は少し安っぽい感じというか、おもちゃのように軽かったです。しかし今回は重厚感が増してとてもいいです。

タイプ音を擬態語にすると

  • 以前 —— ガチャガチャ
  • 今回 —— カタカタ

という感じです。音自体も静かになって高級感が増しました。


買い替えなくていいじゃん

先日モデルチェンジしたMacBook Airを触ってみたときに、キーボードの感覚が好きすぎて買ってしまおうか迷っていました。でも今回交換してもらったキーボードもそれと似た感触でタイプできるので、買い替える理由がひとつ減りましたね。

タイプしていて気持ちいいのでブログの更新が捗りそうです。やっぱりキーボードって大事なんですね。もっといいものに手を出してしまうかもしれません。


症状のあるMacBookをお持ちの方はぜひ修理を!

修理期間中のマシンをどうするか問題もありますが、それを解決できるのであれば修理に出すことを非常にオススメします。

バッテリーも新しくなるし、2016年モデルの場合はキータッチも改善するし、いいことしかありません。ぜひご検討ください。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate