博士課程の公開審査会を終えて思うことを、筆の進むがままに。

普段はnoteに書くような日記だけれど、せっかくの節目なのでstarnote*に書きます。


3度目のセンター試験を受けていた、10年前の君へ。 – starnote*
ちょうど10年前、君は人生のどん底で、センター試験を受けていましたね。 真面目に過ごしてきた中学時代の反動で、何もかもが嫌になっていた高校3年間。県内で一、二を争う進学校に通っていた君の周りには頭のいい奴らばかりで、自分が嫌になっていたんだと思います。 同級生同士で成績を競わせるような学校の指導方針が、争いごとに興味がない君の性格と反発し合って、勉強に対するモチベーションがひどく落ちていたよね。瞬く間に成績は急降下し、ついには勉強する意味を見出せずにいましたね。 それでも欲張りな君は、高校3年生の成績で入れる学部には納得がいかず、もっと上を目指したいと思っていました。だから浪人するという選択をしたのは、とても軽い気持ちだったはずです。 でも、その浪人生活が、まさか2年間にも及ぶことになるとは思っていなかったと思う。たった1年間、予備校に通って言われたとおり勉強すれば、それなりの学部には行けると考えていたはずです。 予備校では、朝から夕方まで授業を受けて、夜10時まで自習をして帰ってくる。それが理想とされていたのに、予習もせずになんとなく授業を聞き、十分な復習もしてなかったよね。甘ったれるのもいい加減にしなさい。 だから結局、1年だけでは結果を残すことができずに、もう1年同じ勉強をすることになりました。ひとつだけ褒めるすれば、センター試験の点数を200点近く伸ばしたことでしょうか。元が低すぎたことの裏返しでもあるけれども。 2年目は、少しは学習したのか、それとも2周目だったから慣れてきたのか、1年目よりは順調に行きました。でも模試の点数は足りず、本番までどれだけ伸ばせるかにかかっていましたね。追い込まれないとやる気が出ない性格は、10年後でもしっかり引き継がれていますよ。 さて、今日あった1日目、手応えありましたか? 英語はたぶん大丈夫だったと思うけど、苦手な国語は? ちゃんと登場人物の気持ち、読み取れた? 明日は2日目ですね。がんばって勉強してきた数学・物理・化学は、きっと大丈夫。落ち着いて、満点を狙いにいこう。 あ、10年後からやってきた未来の君という立場からアドバイスしてあげると、今回はちゃんとうまくいくはず。申し訳ないけど、未来が変わってしまうと大変だから、あんまり詳しく教えられないんだ。ごめんよ。 でも気になるだろうから、少しだけチラ見せしておこう。

3度目のセンター試験を受けていた、10年前の君へ。

上の記事にも書きましたが、10年前の僕は2浪目の大学入試を受けていて、はっきり言って人生のどん底でした。

薬学部に進学することにしたのも医学部に行くのに学力が足りなかっただけだし、そもそも医学部に行きたいと思っていたのも特に使命感があったわけじゃない。なんとなく、当時の自分の狭い視野の中ではそれがいちばんいい選択肢のように思えただけ。

浪人中は脱線していたけれど、またレールのようなものに乗って6年間の大学生活が始まりました。でも、「結果が変わらなければ、その過程は気にしない」という考えがコアにある僕は、特にやる気のある学生ではありませんでした。単位さえ取れればいいというタイプ。

さらに、6年制薬学部は5年次に薬局と病院で実務実習を行うのですが、これを終えた僕の中には「薬剤師になる」という選択肢は消え去っていました。

なぜなら、あんまり言葉がよくないかもしれませんが、現場で患者さんに関わる仕事はしたくないというか、そもそも向いてないというか。そんな感じのことを思っていました。(これは今でも変わらないです)

しかし、3年生の後期から研究室に配属されたものの、途中に実習が挟まるのでまともに研究成果も上げていない。だから、「薬剤師にならない = 博士課程に進学する」というのが最適解のように思えました。

薬学生の進路|6年制を卒業して薬剤師に「ならない」という選択肢。 – starnote*
6年制薬学部を卒業したら、薬剤師にならなきゃいけない。そう思い込んでいませんか? 確かに薬剤師免許を取りたくて薬学部に入学したはずなので、そのまま薬剤師として働いている人が多いのが普通です。 でもそれが同調圧力になって、自分のやりたいことを抑え込んでいないか? 自分が本当は何をしたいのか考えることから逃げてないか? だから、それ以外の選択肢もあるよ!ってことを声を大にして言いたい。 6年制を卒業後、博士課程に進学しました。 僕は6年制を卒業して薬剤師免許を取り、その上の博士課程に進学して研究するという、他の人があまり選択しないような道に進みました。 なぜ、そのような選択をしたのか? 結論から言いましょう。僕が薬剤師にならなかった理由は3つです。 この先ずっと薬剤師として働く自信がなかったから 上に行こうと思うと、博士課程は避けられない道だから これからは個人のスキルが重視される時代になるから 一見すると「薬剤師にならなかった理由」ではなく、「博士課程に進学した理由」じゃないかと思うかもしれません。でも根っこは同じなんです。 これらを順番に説明していきます。 6年制薬学部とは? 本題に入る前に、前提を共有しておきましょう。現役薬学生でない方々もこの記事を読んでいると思うので、現在の薬学部の制度について軽く触れておきます。 以前の薬学部には4年制しかありませんでした。大学に入学して、4年間勉強して、薬剤師国家試験の受験資格を得られていました。 しかし、2006年に制度が改定され、現在の薬学部には2つのコースがあります。 6年制 —— 薬剤師免許を取るためのコース 4年制 —— 主に研究者を養成するようなコース 薬剤師国家試験を受験できる資格が得られるのは、6年制だけです。4年制では薬剤師免許を取ることができません。 なぜそうなったかと言うと、厚生労働省によると 臨床に係る実践的な能力を培うことを主たる目的とする → 薬学教育6年制 – 厚生労働省(PDFです) ということみたいです。要するに、修業年限を増やしてその分を臨床実習に充てましょう、ということ。 しかしながら、そのカリキュラムを修了したからといって、どんな職業に就くかは個人の自由です。だから、6年制を卒業したあと「薬剤師ならない」という道を選んだっていい。 〈今〉の自分を基準にしよう

薬学生の進路|6年制を卒業して薬剤師に「ならない」という選択肢。


大学進学時と同じように、博士課程への進学もただなんとなく選択しました。特に研究が好きだったわけではなく、この先の時代の中でのキャリアパスを考えたときに「PhD」があった方がいいかなーと、本当になんとなーく思っただけ。

こんな感じなので、最初はちゃんと修了できるか謎でした。でも一応、やらないといけない研究は進めていたので無事に論文がアクセプトされ、修了というゴールが見えてきた。

だから決して、PhDを持っているからといって、とりたてて優秀だというわけではありません。少なくとも僕は優秀な人々からはほど遠い場所にいると、自分では思っています。

このようにいい加減な僕でも博士課程を修了し、PhDを取れそうです。もし博士課程に進学するか迷っている人がいても、「自分には無理かも」という思いは捨て去ってください。最初からそうやって決めつけるの、よくないです。

だって、大学入試を突破して、必要な単位を取って、大学を卒業できそうなんでしょ? それなら大丈夫。「卒業するために必要なことをする」という点では、大学も大学院も同じです。「勉強」なのか「研究」なのか、という違いはあるけれども。

研究が嫌いだけど博士課程に進学した話。割り切るのも大切でした。 – starnote*
博士課程の大学院生をやってると、 「博士に進学するほど研究が好きなんだね!」 って言われることがありますが、いや、全然好きじゃないです。 新しいことを発見するためのプロセスは好きなので、研究全般が嫌いというわけではなく「研究室に籠もって行う研究が嫌い」と言った方が正確かもしれませんね。 こんな僕がなぜ博士課程に進学したのか、という話をします。 この記事では、先日の内容をもう少し掘り下げてみました。まだの方はこちらから読んでみてください。 上に行くには博士が必要? 先日、6年制薬学部を卒業後に博士課程に進学したという話をしました。その理由のひとつとして、このようなことを述べました。 薬剤師として働くにせよ、そうでないにせよ、博士を持っていないと上に登り詰めることのできない時代になったということです。病院薬剤師だって薬剤部長は博士が必要なところが多くなっているし、僕が働く組織でも博士がないと出世コースに乗ることさえできません。 これが真理です。 まず一般論ですが、大学進学率が半数を超えて6割に近づきつつある現在、「大卒」というだけでは他の人と差別化できなくなってきました。「大卒!?すごいねー」なんて言われないよね。 これと同じようなことが薬学分野でも言うことができます。昔は国立とごく一部の私立大学にしか薬学部がなかったのに、私大に薬学部の新設を重ねるという政策が取られました。その結果として薬学部が増えすぎてしまい、偏差値50を切るような薬学部があるというのが現状です。 なので、「薬剤師免許」を持っているだけでは他の薬剤師と差別化しにくくなってきました。これこそが、僕が薬剤師にならなかった理由でもあり、博士課程に進学した理由でもあります。 サイエンスを極めた人じゃないと、のし上がれない。 たしかに「専門薬剤師」という制度もあり、それに認定されれば普通の薬剤師と差別化することができます。しかし、それでも学部卒の薬剤師であることに変わりはありません。

研究が嫌いだけど博士課程に進学した話。割り切るのも大切でした。


公開審査会は終わったので、あとは事務的な手続きをして、教授会で承認が得られれば(たぶん問題ないです)、晴れてPhDを取得できます。

いやー長かった。

学部6年+博士4年なので、合計すると10年間も大学に通いました。人と比べてだいぶ生き遅れているような気がするけれど、これからも自分は自分のペースで進もうと思っています。

その過程はブログやnoteに書いていく予定なので、これからも読んでもらえると嬉しいです。できる限りちゃんと更新します。

今思うのはこんな感じです。ではまた。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate