口頭発表の質疑応答でよくあるダメなパターンを克服しよう。

学会の口頭発表における質疑応答って難しいですよね。

どんな質問が飛んで来るか全くわからないし、大勢に見られている前で答えを導き出さないといけないし、慣れていないとテンパってしまいます。

それでも、自分が気をつけておくだけで改善できるポイントはいくつもあるので、質疑応答を難なくこなすのは意外と難しくないかもしれませんよ。


学会の質疑応答でよくあるダメなパターン

ここではダメなパターンを5つピックアップしてみました。

  • 結論をなかなか言わない
  • 文末になると声が小さくなって、肯定文なのか否定文なのか判断できない
  • 自分の考えなのか人の引用なのか区別しない
  • 発言が文章になってなくて支離滅裂
  • レーザーポインターを振り回す

それぞれについて具体例と解決策を示しています。

結論をなかなか言わない

ダメな例はこんな感じ。

ご指摘の点につきましては、スライド5枚目のこちらの図にありますように、これら2つの群間に有意差がみられておりまして、確かに6枚目のこちらの写真では同じように見えてしまうのですが、やはり5枚目では有意差があるということで、さらにスライド7枚目の実験ではその結果を裏付けるような結果も得られていますので、やはり私どもとしましては、ある程度有効なものであるという風に考えております。

国会中継か!

結論から話さないのはダメです。それがいくら偉い先生だろうと、有名な政治家だろうと、ダメなものはダメ。(偉くて業績のある先生は結論から話してくださると思うけども)

なぜなら、結論を先延ばしにすると、聴衆側はずっと「そろそろ結論が来るか…!」と身構えておかないといけないからです。コミュニケーションのカロリーが高くなってしない、聞いている側はとても疲弊してしまいます。

そしていつの間にか、「演者は話しているのに聴衆は誰も聞いていない」という状況が発生します。

→ 解決策

「ある程度有効であると考えている」という結論を最初に持ってくると、聞いている側はとても分かりやすくなります。

ご指摘の点につきましては、ある程度有効であると考えております。

その根拠が2点ございまして、5枚目のスライドにありますように、これら2つの群間には有意差がみられているという点と、スライド7枚目の実験でそれを裏付けるような結果が得られた点です。

確かに6枚目のスライドにある写真では同じように(差がないように)見えるのですが、詳細に解析しました5枚目の実験で有意差がみられたため、ある程度有効であると考えております。

「結論 → その根拠 → 反論へのディフェンス → もう一度結論」というような流れで話すと、メリハリがあって聞きやすくなると思います。


文末になると声が小さくなって、肯定文なのか否定文なのか判断できない

自分じゃ気づいてないのかもしれないけどね。

ご指摘ありがとうございます。確かに我々としましてもその問題は認識しておりますが、今後どこかのタイミングで検討する必要があると思いまs…

どっちやねん!

自分の発言に自信がないのか知らないけれど、言葉として自分の外に出す以上、それがきちんと伝わらないと意味がないです。その内容が合ってるか間違ってるかはまた別の問題なので、まず伝わらないと話にならない。

だから、いくら自信がなくても最後までハキハキと話しましょう。

→ 解決策

文末までしっかりと丁寧に発音する。

ご指摘ありがとうございます。確かに我々としましてもその問題は認識しておりますが、今後どこかのタイミングで検討する必要があると思います!

自信がなくてもハキハキと喋る。以上!(この記事も自信たっぷり風に書いてるけど、読者の反応が不安だったりします)


自分の考えなのか人の引用なのか区別しない

人の業績を横取りしない。

ご指摘の内容につきましては○○ような結果もありますので、信頼性のあるものと考えています。

ん…?

こんな発言をしてしまうと、「結果があるならなぜスライドに入れなかったの?」と思われてしまいます。でもよく聞いていると、「○○ような結果」は実際は他の文献からの引用であり、自分で行った研究ではないらしい。

それならそう言わないと伝わらないよ!

→ 解決策

5W1Hを意識して話すと、「誰が行った研究なのか」という点にも目が向くはずです。

ご指摘の内容につきましては、信頼性のあるものと考えられます。他の文献の内容ではございますが、○○ような結果もございまして、我々の結果はこの文献をサポートするものであると考えています。

先行研究をリスペクトする心は、研究を行う上でとても大切です。結論から述べるのもお忘れなく。


発言が文章になってなくて支離滅裂

自分が思っている以上に冷ややかな目で見られてるよ。

このような結果…えー我々はそれ…スライド8枚目の結果を見ると…有意差が確かにみられていますが…一方…失礼しました…まず6枚目の写真を見ますと…結果…考えられることは…えっと…

落ち着いて!

こうなってしまう人は、日頃から文章を書くというアウトプットをしておくと、いつの間にか訓練されると思います。僕も昔はこんな感じでしたが、ブログを書き殴るようになってからは苦しまなくなりました。

文章力を鍛えるためには書くしかない。人に読んでもらいながら。
文章力を上げるためにはどうすればいいですか? ってよく聞かれるんですけど、いつも「書くしかないです」と答えてます。でも、こう答えるだけだと情報が不足しているし不親切なので、僕の考えをこの記事にまとめておきます。 文章力を上げるためにはひたすら書くしかない 「文章力を上げたいけど、手っ取り早い方法ないかなー」 と思っている方に残念なお知らせです。結論から言うと、スラスラと文章を紡ぎ出せるようになるためにやるべきことは、 ひたすら書くだけ です。近道なんて無くて、「自分で考えて言葉を紡ぎ出す訓練を重ねること」が文章力を鍛える唯一の方法なんです。 精神論みたいになって恐縮ですが、文章を書くのは筋トレだとよく言われます。実際に自分でやってみるとやっぱりそうだったので、この記事では成長(?)の過程をお見せします。 まともに文章を書いたことなかった starnote*を開設する前の僕がまとまった文章を書いた経験は、 国語の時間の作文 大学のレポート 就活のエントリーシート —— 学部生時代にも一応就活したんです 大学の卒論 こんな感じでした。たぶん「平均的な日本人」だと同じくらいなんじゃないかな。 このように、我々日本人は義務教育で文章を書くためのトレーニングなんて受けてきませんでした。国語の時間だって、作文するときに原稿用紙が配られて、 「はい、400字で好きなように書いてみましょう!」 と言われただけです。理論もへったくれもないですね。もっと文章の書き方を教えてほしかったというのが正直な感想です。 なぜ文章力を上げたかったか ある日、自分で書いた卒論を読み返してみてたんですよ。びっしりと考察が書かれた卒論を。 すると、言いたいことが全然伝わってこない文章の数々がそこには並んでいました。時間が経って第三者的な視点で読んだことも相まって、あまりの文章の下手さに絶望してました。 だから「このままじゃいけない!」と思って文章力を鍛える方法を探ってみると、行き着いた先がブログでした。 今では偉そうに【旅とガジェットとアカデミックな個人メディア】を謳っているけれど、最初の動機なんてこんなものですよ。 成長の過程を見てみよう 特に隠す理由もないので、まずはこのブログ1本目の記事を読んでみてください。

文章力を鍛えるためには書くしかない。人に読んでもらいながら。

だから毎日文章を書くのはとてもオススメです。マジで。

→ 解決策

あらかじめ頭の中で文章を構築した上で、口から出力するようにしてください。

まず確認いただきたいのは、6枚目の結果です。こちらの写真では細胞内への取り込みが上がっているように見えます。同じ条件にて実験を行ったあと、ウエスタンブロッティングで解析した結果が8枚目のスライドで——

きちんと文章にする。とても大事です。


レーザーポインターを振り回す

これは質疑応答だけではないですが、ポインターを振り回す人をたまに見かけます。

こちらの結果を見ますと(ポインターぐるぐる)(高速回転)

今すぐポインターを置け!

ぐるぐる振り回すと、まるでスライドの上を虫が飛んでいるかのように目障りです。だから内容が全く頭に入ってきません。

基本的にポインターの光はノイズだということを意識して、できるだけ使用を控えましょう。ここだ!というポイントだけ指し示すように使うと、とても効果的になります。だから「ポインター」という名前がついているのです。

→ 解決策

1点を指す。振り回さない。

こちらの結果を見ますと(ピシッと1点だけを指す)

これだけです。


まとめ

以上のように、ここで挙げたダメなパターンは、心がけ次第で改善することができます。

  • 結論から話す
  • 文末までハキハキと喋る
  • 先行研究にはリスペクトを
  • 頭の中で文章を作って口から出力
  • レーザーポインターは1点のみを指す

いくらスライドにこだわったところで、うまく話せないとスライドの価値も半減してしまいます。だから、普段は慣れない話し方でも少しずつ克服する必要があるのです。


次に読むなら:プレゼンはストーリーから作り始めよう。

学会発表の準備では、スライドの作成よりも先にストーリーを練るべし。 – starnote*
わかりやすいプレゼンをしたい!って思っていても、なかなか難しいですよね。 どうすればわかりやすくなるのか全く見当がつかなかったり、どこから手をつけたらいいのか全然わからなかったり。自分ではわかりやすいプレゼンをしたつもりなのに、聴衆の反応が芳しくないこともあります。 それ、もしかして、スライドから作り始めていることが原因なんじゃない? 薬学系博士課程の大学院生です 本題に入る前に軽く自己紹介を。 僕は現在、国立大学薬学部の博士課程に在籍しています。4年間通うカリキュラムの4年生です。あと3か月ほどで修了です。 在学中は、国際学会でも英語での発表を行ったりして、それなりに「学会発表」というものを経験してきたつもりです。この記事に書いている内容は、その中で試行錯誤してきた結果です。 学会発表の準備をするときは、スライド作成よりも先にストーリーを練る 研究は、仮説を立ててそれを証明し、得られた成果を発信することで成り立っています。この記事では「研究成果の発信」のうち、学会における口頭発表について取り上げています。 仮説を立てて実験を行い成果を出すというのが得意でも、それを「誰かに伝える」というフェーズとなると、一気に苦手になる人が多くなるような印象です。 論文だと文章力の問題があるし、学会発表だとプレゼン力の問題にぶち当たる。しかし、人前で話すのが苦手な人でも、事前にしっかりと準備をすることで、わかりやすいプレゼンを行うことができます。 つまり、その場でうまく話すのはオマケみたいなもので、事前に試行錯誤したかどうかが大きなポイントになります。特に「スライドを作り始める前のストーリー構築」が重要なんです。 「口頭」発表だということを忘れない 多くの人は、スライドを先に作って、それっぽい順番に並べて、「スライドに合わせた話」をしてしまう。スライドがメインで、話をしている自分がサブ。 しかし、「口頭」発表だということを忘れてはいけません。つまり、メインとなるのは発表者が話している「言葉そのもの」なんです。スライドには言葉では説明しにくい内容を記しておくというスタンスでOK。 だから、メインのものから先に作るのは当然だと思うんです。だから先にストーリーを練る必要がある。

学会発表の準備では、スライドの作成よりも先にストーリーを練るべし。

わかりやすいプレゼンを作り上げるためには、スライドより前に「ストーリー」から作り始める必要があります。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate