薬剤師免許の申請に必要な「診断書」を無料で手に入れる方法

方法は1つ。自分の大学で書いてもらうことです。

どの大学にも「保健センター」みたいな施設があると思います。健康診断とかでお世話になる、学生向けの診療所みたいなところがありますよね。そこで診断書を書いてもらえるんです。


診断書は大学で書いてもらおう

近所のクリニックで書いてもらうと医師の言い値になるので、だいたい3,000円くらいかかると思います。収入印紙も3万円分買わないといけないのに、この時期の出費はとてもとても痛いです。

だからできるだけ安く診断書を書いてもらえるクリニックを探しているところかもしれませんが、「大学の保健センター」は盲点ではないでしょうか?

3月中はまだ在籍しているはずなので、最後まで大学の施設を利用しましょう。

大学によって名称は異なるかもしれませんが、どの大学にもあるはずです。大学病院ではなくて、学生向けの診療所みたいな施設です。ここで書いてもらうと、無料で手に入ります。(大学病院はたぶん有料だから気をつけて)

ただし、注意事項が2つあります。

  • 事前に問い合わせる
  • 大学に籍があるうちに

事前に問い合わせる

まず最初に、診断書を書いてもらえるか電話で確認してください。十中八九書いてもらえると思いますが、もしダメなら諦めて近所のクリニックへ。

大学によって状況は異なると思いますが、内科の医師が毎日いるとは限りません。僕が通っていた大学は週に2日間しか医師がいなかったので、前もって電話予約してから赴く必要がありました。

このように、

  • そもそも診断書を書いてもらえるか
  • 医師のスケジュール

という2点を電話で確認してみてください。


大学に籍があるうちに

卒業式を終えても、おそらく3月31日まで大学に籍があるはずです(学生証などに記載の有効期限を確認してみてください)。それまでは学生なので、大学のサービスを受けることができます。

逆に言うと、4月以降は一切サービスを利用できなくなるので、必ず3月中に済ませる必要があります。この記事を書いているのは3月19日なので、今問い合わせればまだ間に合うと思います。


見切り発車でOK

自己採点で合否の予想が付いている人が大半だと思うので、合格してそうな人は見切り発車で合格発表前に診断書をもらっていて大丈夫です。

手際よく申請しないと、その分免許の交付が遅れていってしまいます。だから前もって集めておける書類は集めておくべきです。

申請方法に関して、詳しくはこちらの記事を。

【薬剤師免許】申請してから届くまでの流れをまとめてみたい。 – starnote*
僕は今年の2月末に行われた第101回薬剤師国家試験を受験したが、なんとか無事に合格したので免許を申請し交付された。来年受験する後輩たちのために、申請方法を中心に受験以降の大まかな流れをまとめておきたい。 国家試験の受験から薬剤師免許の有効化までは約2か月 2016年の受験から申請までの大まかな流れは以下の通り。僕の場合は国試の受験から免許の有効化までちょうど2か月かかった。申請以降の日程は人によってバラバラだと思うが、だいたいの目安にはなるかもしれないので載せておく。 2月27・28日第101回薬剤師国家試験受験 3月28日合格発表 3月31日くらい合格証書が届く 4月8日薬剤師免許申請 4月末薬剤師名簿に登録される(この時点で薬剤師免許が有効になる) 5月1日くらい登録済み証明書が届く 6月末薬剤師免許証が届く 2月27・28日 国家試験受験 2016年の第101回薬剤師国家試験は2月27・28日の2日間。当時は合格することに必死になっていたのであまり記憶が残っていない。今思えばかなり精神的に病んでいたように感じる。ここでは詳しく書かないが、国試についてはいつか記事にしたい。 2016年11月6日追記。書きました。 → 【薬剤師国家試験】11月突入。国立大の人も本気になるべき時期ですよ。2回受けた僕が言うから間違いない。 自己採点システムを使えば結果の予想はつく 多くの受験生がこのような自己採点システムを利用するので、自分の点数や順位などは大方予測できる。4月から薬剤師として就職する予定の人は、厚労省の合格発表まで待つとギリギリになってしまうので必ず利用しよう。 3月28日 合格発表〜通知書届く 合格発表は厚生労働省のWebサイトで見ることができるので、特にどこかに赴く必要はない。まあ、厚生労働省や各地の厚生局にも掲示されるので、雰囲気を味わいたい人は行くのもアリかもね。 ドキドキ感はあまりない 自己採点で結果はだいたい予想できているので、大学入試のようなドキドキ感はあまりなかった。「あ、やっぱり受かったんだ。ふーん」って感じ。ただし、来年以降は相対評価が本格的に導入されるかもしれないのでドキドキできるかも。 合格証書が届く 2日ほどで厚生労働省から合格証書が送られてくる。こんな感じ。

【薬剤師免許】申請してから届くまでの流れをまとめてみたい。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate