毎日更新100日を達成しても新たな世界が開けるわけじゃない。

昨日の更新でちょうど100日目でした。

100日間毎日更新すると新しい世界が見えてくると思っていましたが、全然あっけなかったです。いつもと何も変わらないし、新しい何かを掴んだという実感もない。

ただひとつ感じているのは、コツコツ積み上げていくことで少しずつ成長できる、という当たり前のことでした。


毎日更新する中で見えてきたもの

僕が毎日更新を始めたのは2018年12月9日です。それから毎日欠かさず記事を書いて、昨日の更新でちょうど100日になりました。

毎日更新を始める前は「そんなコツコツ継続できるわけないよなー」と思っていて、毎日ブログを書いている人たちのことを別の生き物を見るような目で見ていたのも事実。

しかし、実際に自分でやってみることで、その感覚を掴んでみないといけないと思い立ち、実行に移してみました。


ブログが生活の中心になる

何回か言っていますが、いろんなものに興味が向きがちな自分に「ひとつの軸」を通すつもりで、このブログを書いています。

試行錯誤したこと、楽しかったこと、大変だったこと、思っていること——こんなことを記事として書き記しておくと、いつかまた同じような状況に遭遇したときに、解決する助けになると思っています。(それを公開しておくと他の人も見ることができるからより良いよね)

「自分の軸になるもの」を書けば書くほど、それが自分自身の本質へと近づいていく。当然かもしれませんが、自然とブログが生活の中心になってきます。

街を歩いているときもネタになりそうなものを探しているし、夕方を過ぎると体が執筆モードになってくるし、暇さえあればiPhoneをポチポチして記事を書いてる。この文章だって市役所で転出届の待ち時間に書きました。

病的かもしれないけれど、「いや待て、2時間あれば記事1本書けるから、この時間は映画館じゃなくてカフェで過ごすか」というように、時間に対してシビアになり、記事執筆にかかる時間が評価基準になっていく——。

このように、常にブログのことばかり考えるようになっています。病気だな。


いろんな角度で物事と向き合うようになる

こうしてブログのことばかり考えていると、記事執筆のために日常生活でも「多角的な分析」をする習慣がつきます。

研究においてはとても大切なことですが、いくら博士課程に在籍していても、研究とは関係なく日常的に行う習慣はつきにくいものです。でも、ブログを書いていると常に分析せざるを得ない状況に自分を持って行くことができます。

たとえば、先日はポケットドルツの長期レビューを書きました。何も考えなかったら「めちゃめちゃいい!」の一言に集約されてしまう内容を、いろんな角度から分析しました。

ポケットドルツを5か月間使うと、もう普通の歯ブラシには戻れなくなる。 – starnote*
「電動歯ブラシって本当に意味あるの〜?」 と疑ってかかる気持ちもよーくわかります。僕も昔はそう思ってました。でも実際に使ってみないとわからないかなーと思い立ち、価格もお手頃だったので、なんとなく手を出してみたのが2018年10月の頭。 軽いお試し気分で買ったのに、気がつけば手放せなくなってしまいました。自分でも信じられないくらい気に入りすぎて、5か月間毎日(ほぼ毎日ではなく、毎日欠かさず)使っています。 Panasonicの電動歯ブラシ「Pocket Doltz」 僕が購入したのは「EW-DS42」という型番の黒色。記事執筆時点でも最新モデルです。 長さは16cm、太さも1.7cmほどなので、とても持ち運びやすいです。というか、初めて見たときは普通の歯ブラシよりコンパクトな印象を受けました。 コンセプトとしては「持ち運び用」なのですが、僕は自宅でも外出先でも、この1本を使っています。 試しに買って使ってみて、もしよかったら自宅用の大きいやつも買おうと思ってましたが、結局1本だけで事足りています。 モーターの振動で汚れをこそぎ落とす スイッチは「切/入」の1つだけというシンプルな仕様です。電源を入れると、毎分約16,000ブラシストロークの微細な音波振動が発生します。 → 音波振動ハブラシ(電動歯ブラシ)ポケットドルツEW-DS42 | オーラルケア(電動歯ブラシ) | Panasonic ただし、勝手に振動するからといって、ただ歯に当てておけばいいわけではありません。普通の歯磨きをするのと同じように、上下左右に動かしてブラッシングする必要があります。 つまり、「ブラッシング+音波振動」というダブルの作用で汚れをこそぎ落とすことができるのです。 歯磨きの時間が短くなる このように、手動のブラッシングに加えて音波振動があるので、歯磨きにかかる時間が短くなりました。だって数往復しただけでツルツルになるんです。初めて使ったときは本当に信じられなかったです。 ちゃんと測ったわけではないので体感ですが、普通の歯ブラシで5分かかるようなツルツルレベルに、ポケットドルツは1分半くらいで到達します。 単4電池1本で駆動 振動のエネルギー源は「単4電池1本」です。これは付属していないので自分で用意しなければなりません。僕はeneloopを入れています。

ポケットドルツを5か月間使うと、もう普通の歯ブラシには戻れなくなる。

この記事に書いている内容は、記事を書きながら考えたわけではなくて、日常の使用中になんとなく考えていたことをまとめて言語化しただけです。

よし!記事書くぞ!と思ってMacに向かって言葉をひねり出しているのではなく、日常的に発生する「ふわふわした感想の断片」をキーボードを通して翻訳し、記事としてまとめていく作業。

これこそがブログを書くということであり、こんなプロセスで書くからこそ、いろんな角度の分析がアウトプットされてくるのではないかなーと思っています。机上で唸っていても何も出てこないのです。

もし記事としてアウトプットしなかったら「ふわふわした感想」がそのまま放置され、いつの間にか脳内から消え去ってしまいます。それはもったいないよね。


誰もができることのはず

このような「ふわふわした感想」は、誰もが持っているものです。つまり、誰かと出会ったり、何かを使ったり、どこかに訪れたりしたときに、誰もが何かを感じているはずです。

ただ、自分の感じたことを丁寧に拾い上げて言葉として記録している人は、なかなか少なくなるんじゃないかなーと思います。いつも「すごい」の一言だけで済ませていませんか?

なぜすごいと思ったのか、どうすごいと思ったのか、もっと別の言葉で言い換えることはできないか——。日記を書いたことのある人ならわかりますよね、この感じ。

そこからさらに、「人に伝わる形で言語化する」というところに少し大きなハードルがありますが、訓練次第でどうにかなるものでもあります。

僕だってこうして記事を書いていますが、別に特殊な訓練を受けているわけではないし、文章を書くスペシャリストでもない。好き勝手にブログを書いていたらいつの間にか文章力が上がっていたような人です。

文章力を鍛えるためには書くしかない。人に読んでもらいながら。
文章力を上げるためにはどうすればいいですか? ってよく聞かれるんですけど、いつも「書くしかないです」と答えてます。でも、こう答えるだけだと情報が不足しているし不親切なので、僕の考えをこの記事にまとめておきます。 文章力を上げるためにはひたすら書くしかない 「文章力を上げたいけど、手っ取り早い方法ないかなー」 と思っている方に残念なお知らせです。結論から言うと、スラスラと文章を紡ぎ出せるようになるためにやるべきことは、 ひたすら書くだけ です。近道なんて無くて、「自分で考えて言葉を紡ぎ出す訓練を重ねること」が文章力を鍛える唯一の方法なんです。 精神論みたいになって恐縮ですが、文章を書くのは筋トレだとよく言われます。実際に自分でやってみるとやっぱりそうだったので、この記事では成長(?)の過程をお見せします。 まともに文章を書いたことなかった starnote*を開設する前の僕がまとまった文章を書いた経験は、 国語の時間の作文 大学のレポート 就活のエントリーシート —— 学部生時代にも一応就活したんです 大学の卒論 こんな感じでした。たぶん「平均的な日本人」だと同じくらいなんじゃないかな。 このように、我々日本人は義務教育で文章を書くためのトレーニングなんて受けてきませんでした。国語の時間だって、作文するときに原稿用紙が配られて、 「はい、400字で好きなように書いてみましょう!」 と言われただけです。理論もへったくれもないですね。もっと文章の書き方を教えてほしかったというのが正直な感想です。 なぜ文章力を上げたかったか ある日、自分で書いた卒論を読み返してみてたんですよ。びっしりと考察が書かれた卒論を。 すると、言いたいことが全然伝わってこない文章の数々がそこには並んでいました。時間が経って第三者的な視点で読んだことも相まって、あまりの文章の下手さに絶望してました。 だから「このままじゃいけない!」と思って文章力を鍛える方法を探ってみると、行き着いた先がブログでした。 今では偉そうに【旅とガジェットとアカデミックな個人メディア】を謳っているけれど、最初の動機なんてこんなものですよ。 成長の過程を見てみよう 特に隠す理由もないので、まずはこのブログ1本目の記事を読んでみてください。

文章力を鍛えるためには書くしかない。人に読んでもらいながら。

だからこそ、文章を書いて発信することに少しでも興味があるのであれば、躊躇せずに始めてみてほしいと常々言っています。

自分に向いているかどうかなんて、その環境にしばらく身を置いてみないとわからないです。だから最初の1歩をさっさと踏み出して、向いていたら続ければいいし、向いていなかったらやめればいいと思うんです。

「自分フィルター」を持っているあなたに、発信をためらう理由なんてない。


まだまだ成長が足りないから継続します

毎日更新を始めた当初は「100日くらいが目安になるから、達成したら一区切りつけようか」なんてことを思っていました。

でも、それを掴んだ今考えてみると、100日間毎日更新したくらいでは全然成長が足りないです。もっと前に進みたいし、僕よりも圧倒的な速度で成長している人もたくさんいるし、ここで止まってしまったら成長どころか退化してしまいます。

だから、これからも毎日更新を続けるつもりです。「更新しない」という例外を作ってしまうと、そこで一気に習慣が崩れ去ってしまいます。1日でも休んだらサボり癖が付くのと同じです。

どんなに忙しくても1日1本記事を書いてアップする。それが自分との約束。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate