紙コップと陶器の間を埋めるタンブラー。RIVERSの「ウォールマグ デミタ」を購入。

こだわりのモノが、またひとつ。


紙コップと陶器の間を埋めるタンブラー

紙コップのような感覚で気軽に使えるけど、もっと丈夫な容器が欲しい。どのように荒く扱おうが全く気にならないのが紙コップのいいところ。でもすぐ潰れてしまうので、繰り返し使う用途には向かない。

硬い金属や陶器ほど大袈裟じゃなくても、それなりに信頼性のあるタンブラーが欲しい。アツアツのコーヒーを入れても、外側が熱くならないのが理想です。

自宅でコーヒーを飲むために、このような「紙コップ」と「金属や陶器」の間にあるようなタンブラーを漠然と探してました。

具体的なイメージは全くついてなかったけど、一目見て「これいいな!」と思えるモノを探してたんです。その過程がまた楽しいんだけども。

しかし、ついに先日、グランツリー武蔵小杉をうろうろしてたときに見つけてしまいました。


RIVERS ウォールマグ デミタ ダブルウォール

そうです。図らずもコーヒーグラインダーと同じ「RIVERS」のモノでした。

コーヒー沼に足を踏み入れるために、RIVERSのグラインダー「グリット」を購入。 – starnote*
せっかくならいいものを買いたい。 いきなりですが、開封しまーす。 RIVERSのコーヒーグラインダー「グリット」 コーヒーグラインダー(コーヒーミル)といえばAmazonで2,000円くらいのもありますが、せっかくならいいものを買いたいと思っていました。実物を見たらこれが心に響いたので、その場で購入。8,640円也。 先日ポケットメジャーを購入したniko and … TOKYOで見つけました。おしゃれなものが溢れてるお店って心地よい〜 → 「PENCOポケットメジャー」を購入。部屋の中をこだわりで満たそう。 開封を続けます。 箱を開けると説明書。 その下に本体。iPhoneみたいだな。 ブラックとシルバーの2色 僕が購入したのはブラックですが、シルバーもあるみたいです。お店にはブラックしか置いてなかったけど、こっちの方が好みだったのでその場で買いました。 中身はハンドルと本体だけというシンプルな仕様です。全身ブラックでかっこいい! 中を見てみよう。 刃の部分はセラミック製です。メンテナンスは中性洗剤につけ置きするだけ。それだけでこびりついたコーヒー豆をきれいに落とすことができるらしい。 → リバーズのコーヒーグラインダー『グリット』を徹底解説 – RIVERS シリコンバンドにハンドルを収納できる 実は「RIVERS」ロゴがある部分はシリコンバンドになっていて、ロゴと反対側にハンドル用のポケットがついています。収納もしやすいし、無くしにくいし、一石二鳥ですね。 コーヒーを入れてみよう 研究室最後の日に後輩からもらったコーヒーを入れてみます。こういう贈り物ができる人すごいと思う。(このコーヒーを挽くためにクランダーを買いました) 今日は「PACAMARA」というのを入れてみよう。 挽いて—— ドリップ。 うん!おいしかった!やっぱり挽き立てはいいですね。 最後に 今まではお店で挽いてもらって冷凍保存していたんですけど、これでもう挽いてもらわなくていいんですね。そのうち電動のやつが欲しくなるかもしれないけど、しばらくはこれを使っていきます。

コーヒー沼に足を踏み入れるために、RIVERSのグラインダー「グリット」を購入。


今回購入したのは「ウォールマグ デミタ」という商品です。

created by Rinker
リバーズ
¥864 (2019/06/26 04:21:48時点 Amazon調べ-詳細)

機能的なフタ

そのフタが特徴的なんです。上下二重構造になっていて、上部に穴が2か所空いています。


上部はクルクル回すことができます。左に60度くらい回すと下部に空いている穴が2つ露出します。端のが飲み口で、中央寄りの小さい穴が空気取り用のものですね。


一方、右に90度回すとストロー用の穴が出てきます。アイスコーヒーを入れてストローを刺すこともできるので、夏にもピッタリ。


フタの裏側には漏れないようにシリコンが貼ってあります。さらに、中央にあるツマミを外せば上部と下部を分離することができるので、洗って清潔に保つことが可能。


手に持つとこのくらい(実測で高さ12cm、直径8cmほど)。容量は350mLなので、よくある缶を思い浮かべてもらえれば、そのサイズ感です。


熱くならないタンブラー

「ダブルウォール」という名前がつけられているように、本体は二重構造になっていて熱くなりません。

実際にアツアツのホットコーヒーを入れてみましたが、外側はほんのり温かくなる程度で手に持つこともできます。ちゃんと測ってないですが、40度台前半くらいの温度かな。

また、本体もフタもポリプロピレン製で、合わせて重量100gと軽いです。なので紙コップのように気軽に扱うことができます。

このように、熱くならない「信頼性」と紙コップのような「お手軽さ」が両立しているのが、ウォールマグ デミタ。心に響くこだわりのモノが、またひとつ増えました。

created by Rinker
リバーズ
¥864 (2019/06/26 04:21:48時点 Amazon調べ-詳細)

次に読むなら:同じくRIVERSのコーヒーグラインダー

コーヒー沼に足を踏み入れるために、RIVERSのグラインダー「グリット」を購入。 – starnote*
せっかくならいいものを買いたい。 いきなりですが、開封しまーす。 RIVERSのコーヒーグラインダー「グリット」 コーヒーグラインダー(コーヒーミル)といえばAmazonで2,000円くらいのもありますが、せっかくならいいものを買いたいと思っていました。実物を見たらこれが心に響いたので、その場で購入。8,640円也。 先日ポケットメジャーを購入したniko and … TOKYOで見つけました。おしゃれなものが溢れてるお店って心地よい〜 → 「PENCOポケットメジャー」を購入。部屋の中をこだわりで満たそう。 開封を続けます。 箱を開けると説明書。 その下に本体。iPhoneみたいだな。 ブラックとシルバーの2色 僕が購入したのはブラックですが、シルバーもあるみたいです。お店にはブラックしか置いてなかったけど、こっちの方が好みだったのでその場で買いました。 中身はハンドルと本体だけというシンプルな仕様です。全身ブラックでかっこいい! 中を見てみよう。 刃の部分はセラミック製です。メンテナンスは中性洗剤につけ置きするだけ。それだけでこびりついたコーヒー豆をきれいに落とすことができるらしい。 → リバーズのコーヒーグラインダー『グリット』を徹底解説 – RIVERS シリコンバンドにハンドルを収納できる 実は「RIVERS」ロゴがある部分はシリコンバンドになっていて、ロゴと反対側にハンドル用のポケットがついています。収納もしやすいし、無くしにくいし、一石二鳥ですね。 コーヒーを入れてみよう 研究室最後の日に後輩からもらったコーヒーを入れてみます。こういう贈り物ができる人すごいと思う。(このコーヒーを挽くためにクランダーを買いました) 今日は「PACAMARA」というのを入れてみよう。 挽いて—— ドリップ。 うん!おいしかった!やっぱり挽き立てはいいですね。 最後に 今まではお店で挽いてもらって冷凍保存していたんですけど、これでもう挽いてもらわなくていいんですね。そのうち電動のやつが欲しくなるかもしれないけど、しばらくはこれを使っていきます。

コーヒー沼に足を踏み入れるために、RIVERSのグラインダー「グリット」を購入。

こちらは神宮前のniko and … TOKYOで出会った一品です。ちょっと高かったけど、その場で買っちゃいました。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate