頭の中から文章を、絞り出せ。

文章を書くときは、最適な表現を探し求めながら脳汁を絞り出さなきゃいけない。


「いや、ちょっと何言ってるかわからないっす」

最近は、学部生の文章を見ることがよくある。彼ら(と一括りにするのはよくないけれど)が書く文章は、主語述語の関係性が滅茶苦茶であることが多く、言いたいことが自分の中でまとまっていないまま文章化されているから、こんなツッコミを入れたくもなる。

文章を書くことに慣れていないと、自分の考えていることを最適な文章としてそのまま出力することができない。だから、卒論やレポートで支離滅裂になっていることもよくある。

自分は自分の思考をすべて把握しているので、不完全な文章を読んだときに記憶を使って補完することができる。でも、他人がその文章を読んでも補完機能は作動しない。

だからこそ、文章を紡ぎ出すときは、脳内に湧き上がっている思考を丁寧に拾い上げる作業が必要になる。

つまり、脳がカラカラになるまで絞り出すようなイメージ。考えて考えて考え抜いて、脳汁の最後の1滴まで文章に変換する。

最初のうちは、すぐにカラカラになるように感じるかもしれない。でも、それはきっと気のせいで、絞り出せばもっと脳汁が出てくるに決まっている。

要は、脳の絞り方を知らないのだ。

濡らしたぞうきんを絞るときだってそう。一方向から絞って、もう水が出てこないほど固く絞っても、一度広がして絞る方向を変えると、まだ水が出てくる。

文章を紡ぎ出すのが苦手な人は、脳を一方向からしか絞っていない。つまり、最初に出力された文章をそのまま使ってしまうのだ。

考えれば考えるほど「こういう風に表現を変えればもっと分かりやすくなるかなー」「この文章は前に持ってきた方がいいな」というような閃きが生まれる。そして修正する。書き足す。順番を変える。

これこそが、「別の方向から脳を絞る」ことだと思うんだ。

このような経験を何度も繰り返すうちに、最初から最適な表現で出力されるようになる。この状態に持って行くには、ひたすら書き続けて訓練するしかない。

だから、もっと文章を書こう。綴ろう。絞り出そう。そうすれば、自ずと光は射してくるはずだ。


文章力を鍛えるためには書くしかない。人に読んでもらいながら。
文章力を上げるためにはどうすればいいですか? ってよく聞かれるんですけど、いつも「書くしかないです」と答えてます。でも、こう答えるだけだと情報が不足しているし不親切なので、僕の考えをこの記事にまとめておきます。 文章力を上げるためにはひたすら書くしかない 「文章力を上げたいけど、手っ取り早い方法ないかなー」 と思っている方に残念なお知らせです。結論から言うと、スラスラと文章を紡ぎ出せるようになるためにやるべきことは、 ひたすら書くだけ です。近道なんて無くて、「自分で考えて言葉を紡ぎ出す訓練を重ねること」が文章力を鍛える唯一の方法なんです。 精神論みたいになって恐縮ですが、文章を書くのは筋トレだとよく言われます。実際に自分でやってみるとやっぱりそうだったので、この記事では成長(?)の過程をお見せします。 まともに文章を書いたことなかった starnote*を開設する前の僕がまとまった文章を書いた経験は、 国語の時間の作文 大学のレポート 就活のエントリーシート —— 学部生時代にも一応就活したんです 大学の卒論 こんな感じでした。たぶん「平均的な日本人」だと同じくらいなんじゃないかな。 このように、我々日本人は義務教育で文章を書くためのトレーニングなんて受けてきませんでした。国語の時間だって、作文するときに原稿用紙が配られて、 「はい、400字で好きなように書いてみましょう!」 と言われただけです。理論もへったくれもないですね。もっと文章の書き方を教えてほしかったというのが正直な感想です。 なぜ文章力を上げたかったか ある日、自分で書いた卒論を読み返してみてたんですよ。びっしりと考察が書かれた卒論を。 すると、言いたいことが全然伝わってこない文章の数々がそこには並んでいました。時間が経って第三者的な視点で読んだことも相まって、あまりの文章の下手さに絶望してました。 だから「このままじゃいけない!」と思って文章力を鍛える方法を探ってみると、行き着いた先がブログでした。 今では偉そうに【旅とガジェットとアカデミックな個人メディア】を謳っているけれど、最初の動機なんてこんなものですよ。 成長の過程を見てみよう 特に隠す理由もないので、まずはこのブログ1本目の記事を読んでみてください。

文章力を鍛えるためには書くしかない。人に読んでもらいながら。


フォローしてもらえると嬉しいです

Twitter でみけめろ@starnote*をフォロー

Feedlyでstarnote*を購読 follow us in feedly

関連記事はこちらです

 

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate