2018年下半期の方向性について|自分の個性とブログの輪郭

そんな大袈裟な話ではなくて。

約1週間ぶりの更新ですね。少しだけブログから離れていました。といっても頭の中からブログのことが消え去っていたというわけではなく、今後の方針についてぼんやりと考えていました。

情報の置き場ではなく、自分の個性を出す。

今年のはじめにこんな記事を書きました。

読者フレンドリーなブログを目指して。 – starnote*
ブログに何を書くか。 もちろん書く人の自由なのは間違いありませんが、よく読まれるのはどんなブログなんだろう、と最近ずっと考えていました。少しずつ考えがまとまってきたので、こうやって文章にしておきたいと思います。 読者の方を向く これまでの僕のブログに対するスタンス。それは、僕が自分のために残した記録を公開することで、それがどこかの誰かの役に立てばいいなーと思って公開しているというようなものでした。 僕がやりたいことをやって、書きたいことを書いて、参考にするならご自由にどうぞー!って感じでした。ただ事実だけを並べていて、書き手としてのメッセージが薄かった。 でもそれは、せっかく読みに来てくれた人を突き放すというか、関係性としてあまりにもドライすぎない? ネット上で無料で公開しているものではありますが、文章を書く人のスタンスとしてどうなの? 最近ではこんな風に考えるようになってきました。だから、もう少し読者の方に目を向けてみようと思いました。 とはいえ、大きく方向転換するというわけではありません。あくまでも僕がやりたいことをやって、書きたいことを書くつもりです。ただ、それを文章化するときのスタンスとして、「ご自由にどうぞー」的なものではなくて、もう少し読者の方を向いた文章を書きたいと思っています。 そのためにはどうすればいいか。自分なりに考えてみたのでこの記事にまとめておきます。 著者の個性をもっと出す まず、僕のブログが素っ気なくなってた原因はコレだと思う。 確かに「ご自由にどうぞー」というスタンスも、それ自体が僕の個性だと言うことができます。と同時に、ちょっとドライすぎるかなー何とかしないといけないなーと思ってました。でもうまい解決策が浮かばずにモヤモヤしていたのです。 そんな中、目についたのがmonographさんのこの記事。読んでみてはっとさせられました。 特にこの文章。 ブロガーが「情報」に重きを置くようになったのはSEOという言葉が一般的になったからだと思いますが、本来のブログっておそらくそうではなかったと思うんですよね。情報を発信する「人」の部分に重きを置いていたはずです。

ブログの読者のことを考えた記事の書き方。これまで情報を羅列するだけだったという反省を踏まえ、どうすればもっと読んでもらえるブログになるのか、ということについて考えました。

要するに僕は、記事の中での自己アピールが足りなかったんですね。僕が書いてるんだ!っていうアピール。だから、情報を並べただけの素っ気ない記事になってたと。

つまり、書き手(僕)の個性を出す、感じたことを素直に書く、自分の持っている意見を記事にする。このような方針でもって、2018年の上半期の記事を書いてきました。

振り返ってみると、完璧ではないにしろ、ある程度は自分の「素」を出せていたのではないかと思っています。

たとえば、もっとも反響が大きかったのは、これ。

「広める」という任務|論文を投稿するだけの時代から、その先へ。 – starnote*
ジャーナルに論文を投稿して、査読をクリアして、掲載されたら任務完了。でも、本当にそれだけでいいのでしょうか? 僕たち研究者は、自らが立てた仮説を実証し、その結果を論文にして広く知らしめる。このようなミッションがあるはずなのに、「知らしめる」部分を軽視しすぎていないか? つまり、論文を投稿するだけで満足せず、「他の分野の研究者」や「研究者ではない一般の方」がわかるような形で、研究成果を発信することが必要なんじゃないか、というお話。 まず最初に。 僕は現在薬学系の博士課程で研究しています。そのため、見聞きしたことや感じたことなどは、その周辺領域での話だということを念頭に読んでいただけると助かります。 また、この記事で書く内容は現時点では自分もできていないことなので、大きな顔して言うつもりはありません。 でも今後取り組んでいかないといけないことだと思っているので、こうして記事にしています。自分への戒めも込めて。 → 詳しいプロフィールはこちら シェアしないと広まらない たとえば、旅行の動画を作ってYouTubeに投稿したとしましょう。 もしあなたが有名人なら、そのまま放置していても再生回数は自ずと伸びるかもしれません。 しかし、僕のような一般人だと、投稿しただけでは伸びない。トップページにピックアップされたり、自動再生で流れてくるのもあるかもしれませんが、微々たるものでしょう。 実際、先月アップしたVlogだって記事執筆時点での再生回数は60回程度です。(見てくれた方はありがとうございます!) つまり。 いくらインターネットで世界中につながっているといっても、自分のコンテンツを見つけてもらう努力をしなければ、誰もたどり着けない。 その状況を打破するためには、「広める」ということがとても大切。 『milieu』編集長の塩谷舞さん(@ciotan)が言うところの「まるで無人島でお祭りを開いている状態」という表現が、非常に的を射ています。 コンテンツを作った先の広める役割がとても重要。その努力をしないのは「まるで無人島でお祭りを開いている状態」。そもそもお祭りをしていることに気づかないから、だれも来てくれないのは当たり前です。 → 「伝えたい」ものを「届けたい」ところへ。”無人島でお祭り”にならないWebコンテンツづくり – 朝日新聞デジタル&M

つい先日の記事ですが、研究者の方々を中心にさまざまな反応をもらいました。

この記事では、異なる分野の研究者に向けた情報発信の必要性について、自らの思うところを書き記しました。このブログにとっては珍しく、言葉を選びながら、構成を吟味しながら書いた記事となっております。

それと同時に、明確に「オピニオン記事」だと胸を張って言えるものは初めて書きました。これまでも、自分の考えていることをほんわかと書くエッセイはたびたび上げていましたが、主張の強いオピニオン記事は初めて。

こうやって自分が考えていることを記事にすることで、ブログで自分の個性をもっと出すことができる。そう思いながら書きました。

個性の発信を、もっと。

このように、「自分の意見」を発信する機会は増えてきました。ブログの中に僕が考えていることの輪郭が現れてきた、と言ってもいいでしょう。まだぼんやりかもしれないけれど。

しかし、「僕自身」のことは今でもあまり明らかにしていません。ここを明らかにしていけば、輪郭をもっと鮮明にすることができるはず。

そこで、2018年下半期は自分自身のことを積極的に記事にしたいと思っています。

よく聴いてる音楽を語ったり、普段持ち歩いているモノを紹介したり、最近気になっていることをアウトプットしたり。自分自身の内面に関することだったら、内容は何でもOK。

せっかくだから、企画の名前をつけましょう。

題して「INSIDE:me」、かな。そのまんま。

そういえば、いちばん最初に買ったパソコンがWindows Meだった。
そういえば、いちばん最初に買ったパソコンがWindows Meだった。

あんまりハイペースで書いたら自己アピールも甚だしいので、月に1〜2記事くらいでゆったりと書いていく予定です。その記事を再編集して「著者プロファイル」ページに追記していってもいいですね。

では、こんな感じで2018年下半期もよろしくお願いします〜。

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate