macOS High Sierraでは、Time Machineサーバーの機能がOS標準機能として組み込まれました。設定方法を解説します。

当ブログでは、これまで2台以上のMacのTime MachineバックアップをWi-Fi経由で取るときに「macOS Server」を使った方法をオススメしてきました。

2台以上のMacをバックアップ。Time Capsuleを購入するよりもmacOS Serverの方がお手軽ですよ。 – starnote*
Macのバックアップ機能であるTime Machine。知らない間に自動でフルバックアップしてくれるというのは本当に便利なもので、今まで何度救われたことかわからないほどだ。 このTime Machineのバックアップ先として指定できるのは、「USB接続した外付けHDD」や「AirMac Time Capsule」が一般的だと思うが、意外と知られていないのが「macOS ServerをインストールしたMac」もバックアップ先に指定できるということ。今回はその方法を解説したい。 Time Machineを使うために必要な構成をおさらい まずは本題に入る前にTime Machineを使うために必要な構成についておさらいしておこう。 外付けHDDにバックアップ 最も標準的なバックアップ方法だ。外付けHDDを繋いで初期設定をするだけで、あとはすべてMacが自動的にやってくれる。イメージはこんな感じだ。 外付けHDDをUSB接続してバックアップを作成。 確かにMacが1台だけならこれで十分なのだが、2台以上となると少々面倒だ。理由は2つ。 Macの台数分だけ外付けHDDを用意しなければならない(費用がかさむし、場所もとる) 外出先に持ち運んでいるMacBookだと、いちいちUSBケーブルを接続するのが億劫 2台のMacのバックアップを別々にとる場合、それぞれに外付けHDDが必要になる。 バックアップのような「普段はなくても全く支障が無い」ようなものの場合、ちょっとでも面倒になるとやらなくなるのが人の性というもの。いざ必要となった場面で使えないのでは意味が無い。 そこで選択肢に上がってくるのがバックアップのワイヤレス化だ。 AirMac Time Capsuleを使ってワイヤレスバックアップ ワイヤレスでTime Machineバックアップをとる方法をApple公式で用意してくれている。それがAirMac Time Capsuleを使う方法だ。 AirMac Time Capsuleを使ったワイヤレスバックアップ環境。 確かにこれが理想型なんだけど、僕は導入を見送る判断をした。なぜなら既に自宅にWi-Fi環境を構築していたので、ルーターごと入れ替えになり費用がかさむと考えたからだ。Wi-Fi環境を新たに作る場合は、AirMac Time

この方法では、1台のMacを母艦にして、他のMacのバックアップをWi-Fi経由で母艦に保存することができました。その際は、Mac App Storeから「macOS Server」を購入する必要があったのです。

しかし、最新のmacOS High Sierraでは、この機能がOS標準機能として搭載されました。そのため、余計なツール(macOS Server)を導入せずとも、お手軽にワイヤレスバックアップ環境を構築することが可能になりました。

「macOSに直接組み込まれる」

High Sierra上で動作する「macOS Server 5.4」に関するAppleのサポートページがこちらです。

macOS Server 5.4 について
macOS High Sierra にアップグレードした後で、macOS Server 5.4 にアップデートできます。

このサポートページによると、

キャッシュサーバ、Time Machine サーバ、ファイル共有の詳細オプションは、macOSに直接組み込まれることになりました

とあります。

macOS Serverから設定項目が消えた!

実際に確認してみましょう。

以前の「macOS Sierra + macOS Server 5.2」のときは、Serverの方に設定項目がありました。こんな感じで。

しかし、現在の最新バージョンである「macOS High Sierra + macOS Server 5.4」では、サイドバーの中にTime Machineの文字は見当たりません。

じゃあどこから設定すればいいの?という疑問が湧きますが、ヒントは「ファイル共有」に隠されていました。

ファイル共有から設定

この設定は、バックアップデータの保存先として使う母艦のMacから設定します。

システム環境設定を開いて「共有」に進み、ファイル共有をオンにします。さらに、Time Machineバックアップに使いたいフォルダの上で右クリックすると、このような画面になります。

その中の「詳細オプション」をクリックします。

「Time Machineのバックアップ先として共有」にチェックを入れます。また、必要ならばバックアップサイズを制限しましょう。

バックアップ保存先として指定

ここからは、バックアップしたいMac(多くの場合MacBook)の側から設定します。もちろん、母艦のMacと同じネットワークに接続してくださいね。

システム環境設定を開いて「Time Machine」に進み、「ディスクを選択」をクリックします。

すると、先ほど母艦のMacで設定したフォルダが表示されるので、それを指定するだけです。

設定はこれだけです。随分と簡単になりました。

まとめ

macOS Serverが不要なったということは、つまりTime Machineサーバーの機能を無料で使えるようなったと言うことができます。有料で買った身としては少し悔しい気もしますが、さまざまな機能が無料化されていく流れは歓迎したいです。

ただね、僕のiMacはずっと調子が悪いので、恩恵を受けられそうにないんです。そこだけが残念かな。今回は以上です。

スポンサーリンク

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate