App

テキストエディタ「Ulysses」をサブスクリプションに移行する価値はあるか。実際に移行してみたのでレポート。

つい先日、気持ちよく文章を書けると(僕の中で)評判の「Ulysses for Mac」「Ulysses for iOS」がサブスクリプション制に移行しました。長めの文章を書くときには必ずと言っていいほどこのアプリに頼っている僕としては、法外な値段でない限りはついていこうと思ったので、早速サブスクリプション版に移行してみましたよ。

【Macアプリ】テキストエディタ「Ulysses for Mac」をはてなブログの執筆に活用する方法。

以前紹介したMac用テキストエディタ「Ulysses for Mac」。前回は美しいテキストエディタとしてその使い勝手を中心に紹介しましたが、今回は「Ulysses for Mac」を使ったはてなブログの執筆というテーマでお届けしたいと思います。

前回も言及したように、このアプリではWordPressブログへの投稿機能を持っています。でもだからといってWordPressでしか使えないなんてことはありません。はてなブログでも十分活用できるのです

おことわり:当ブログはWordPressに移行してしまいましたが、はてなブログ時代の記事もそのまま残しています。

【Macアプリ】Markdown形式のテキストエディタ「Ulysses for Mac」を導入しました。操作性バツグンで文章を書くのが楽しくなるアプリ。

濃いめのコーヒーと、MacBookと、美しいテキストエディタ。いい文章を書くのに欠かせない3要素だ。

その3要素の中で今日取り上げるのは美しいテキストエディタの代表格といっても過言ではない「Ulysses for Mac」。ずっと導入したいと思っていて、最近思い切って(というほどの値段でもないけれど)導入したので紹介したい。何回かに渡って取り上げるが、今回はこのアプリの概要を中心に。

【Macアプリ】iTunesを使わずにiPhone内のデータを転送できる「AnyTrans 5」レビュー。ファイル単位できめ細かな転送が可能な有能アプリ! [PR]

今回のMacアプリレビューは、iOS端末とMac間の同期アプリ「AnyTrans 5」だ。

依頼を受けたレビューの冒頭でこういうことを言っちゃうのもアレなのですが、僕は今までこういうiTunes以外のiPhone同期アプリについてよく知らなかったし、そもそも何のために存在しているのかよく分かっていなかった。どうしてわざわざiTunesでできることを別アプリでやる必要があるんだろう、という感じで。

ところが実際に使ってみると、iPhoneの内部ファイルを直接触ることができるし、きめ細かな同期ができるし、かなり有能なアプリであることが分かった。まぁ、普段使いのレベルでここまでいじる必要があるのかと言われると微妙なところではありますが、このようなアプリのふさわしい使いどころについて考えてみたので参考にしてみてください。

Mac用データ復旧ソフトの決定版!「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」レビュー。2GBまで無料で使えますよ! [PR]

バックアップも取ってないのに、間違えて大事なデータを消してしまったという状況を想像してみよう。いや、想像したくないけどさ。例えば卒論のデータを消しちゃったとか、明日の会議の資料を消しちゃったとか、もう想像しただけで冷や汗が出てきそうだ。

そんなときの最後の砦となるのがデータ復旧ソフトなわけです。つまりほとんどの場合、気が動転しているときに使うようなソフトだと思うので、使い勝手がいいに越したことはない。無料で使えればなおよし。

ちょっと欲張りすぎかもしれないけれど、そういう人にちょうどいいソフトがあるんです。

Navigate