「展海峰」という最高の夕日スポットを、君は知っているだろうか?

夕暮れ時。一日のうちで最もロマンチックな空気で支配される時間帯だ。

その赤い光によって一日の終わりが思い起こされ、僕らは切ないような、もの悲しいような、何とも言えない気持ちになる。

今日はどんな日だっただろう? 何年経っても思い出せるような、強烈な記憶を脳みそに刻み込むことができただろうか?

明日はどんな日になるだろう? 誰かの心を揺さぶることができるような、誇り高い仕事ができるだろうか?

過去と未来に思いを馳せ、今の自分を見つめ直す。そんな場所だ。


古くから軍港として栄えた佐世保。現在でも、海沿いには自衛隊や米軍の基地が並び、商店街を歩くとさまざまな人種に出くわす。


中心部から山を越え、20分ほど車を走らすと、その場所はある。

「展海峰(てんかいほう)」と名付けられたこの場所は、海を望むことができる景色が自慢だ。海の上には無数の島が斑点のように浮かぶ。九十九島とよばれるこれらの島は、自然の力によって作り出された絶景というわけだ。また、春は桜や菜の花が、秋はコスモスが一面に咲き、その眺望に華を添える。


街の中心から離れているにもかかわらず、展望台には多くの人が訪れる。小学生の子どもを連れた家族、じゃれ合いながら距離を縮めるカップル、定年後の人生を楽しむ夫婦、大きな望遠レンズを携えた登山家、母国から遠く離れた日本を満喫する外国人。

その展望台は訪問客を静かに迎える。空に向かって伸びる階段の上には、思わずため息が出てしまうほどの絶景が待っている。


僕は展望台の下に三脚を構え、海から吹き付ける強風に耐えながら、日が落ちるのをひたすら待った。「その時」が近づくにつれて客は増えていき、ウグイスの鳴き声とともに、一帯にはカメラのシャッター音が鳴り響く。


星が出てくると、今日の撮影は終わりだ。僕はカメラを三脚から外し、誰もいなくなった展望台を背に、薄暗い丘を下った。

<完>

アクセス

[E35]西九州自動車道 佐世保中央ICから車で20分ほど。途中には案内板がたくさんあるので、わかりやすいと思います。

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate