京都・カフェ&ウォーク〈後編〉

快晴の京都を、ただあてもなく、練り歩く。

気温もぐっと上がり、外を歩いていると半袖でも暑くなってきた初夏。「青もみじ」と呼ばれるように、木々の新緑が美しい季節。

そんな時季の京都に滞在するというだけでも貴重な体験なのに、美しい景色とおいしいコーヒーを求めながら、あてもなく練り歩くという贅沢。

そんな物語を、丁寧に書き記すかのごとく、ファインダーを覗き、シャッターを押す。

この記事は〈プロローグ〉〈前編〉〈後編〉の3回に分けてお送りしています。

プロローグ
前編
→ 後編(この記事)

〈後編〉へようこそ。

「京都・カフェ&ウォーク」も、この〈後編〉で完結です。

〈後編〉では、このようなスケジュールで散策しました。といっても、あらかじめルートを決めていたわけではなく、適当に散策した結果がこのスケジュール表に示されています。

ちなみに、散策のスタンスは〈前編〉と同様です。

京都・カフェ&ウォーク〈前編〉 – starnote*
カメラを片手に、物語を作りに行こう。 その日の天気は、気持ちのいい快晴。半袖でも過ごしやすくなってきて、日差しがそこまで強くなく、空気も澄んでいる。絶好のお散歩日和だったのです。 前日に天気予報をチェックした僕は、朝早くから動き出すことを決め、京都駅にやってきたのが7時半。通勤・通学で先を急ぐ群衆をよそに、首からカメラをぶら下げ、いかにも観光に来ました!という雰囲気を放ちながらバスに乗り込みました。 この記事は〈プロローグ〉〈前編〉〈後編〉の3回に分けてお送りしています。 → プロローグ → 前編(この記事) → 後編 洛東エリアを中心に 今回は、「洛東」エリアを中心に散策しました。 こうやって京都を散策するのは、僕の記憶が正しければ、中学校の修学旅行以来です。あまりにも久しぶりで、どこをどう回ったらいいのか事前に調べまくりました。 でも結局よくわからなかったので、エリアだけ決めて、あとは気の向くままに散策することにしました。 ルールはこれだけ。初心者の僕には、それっぽい名所と、おしゃれなカフェと、いい写真が撮れればいいのです。少しずつ学んでいこう。 ちなみに、1年ほど前に国際学会でも訪れているのですが、そのときは時間がなくて全く散策できませんでした。だから今回は、そのリベンジというわけです。 → 国際学会でポスター発表をしてきました。英語で発表したけれど、自分でもビックリするくらい喋れてすごく楽しかった話。 先に、適当に散策した結果をお示ししておきましょう。 前日は夜から京都に入り、伏見稲荷大社で写真を撮ってました。 その翌朝から始まります。 京都駅からスタート 時刻は午前7時35分。京都駅のコインロッカーに荷物を預けて、いざ出発です。とりあえず、バスに乗って清水寺方面にでも行きましょうか。 京都にいます😎 pic.twitter.com/Lkw89ymdGC— みけめろ@starnote* (@info_starnote) 2018年5月10日 バスを降りてしばらく歩いていると、こんな石碑に遭遇しました。 近道だと言われたらこっちに行きましょう。 時刻は朝8時。さすがにどのお店もまだ閉まっていました。 お、なんか見えてきたぞ…!

高台寺の境内にある「Slow Jet Coffee」でお昼を食べて、おいしいコーヒーを飲みながら写真を現像した、その後から始まります。


高台寺を出て

時刻は午後12時30分。

背後から「すみません」と声をかけられたので、何事かと思って振り返る。人力車のお兄さんが狭い道を通りたそうにしていました。

「あ、ごめんなさい」

そう言って僕は道を空けると同時に、これはいい画が撮れるんじゃないかという下心が芽生えます。しかも、向かいから着物姿の女性が歩いてくるのもタイミングがいい。

構図をすばやく決め、カメラがぶれないように息を潜め、シャッターを切ることに集中する。

ベストショットが撮れたと、心の中でガッツポーズをした1枚。人力車と着物姿の女性がすれ違う路地を、情景豊かに撮影することができました。

この路地を進むと、人だかりに遭遇します。

着物を着た方々が大勢。地元の人ではなさそうな様子です。このあたりで着付けサービスでもやっているのでしょうか。

この通りにやってきたのには理由があります。それが、こちら。


% ARABICA 京都 東山

通りの中にひっそりと佇む、ガラス張りの明るいお店。ひっそりすぎて、最初は気づかずに通り過ぎてしまいました。

石畳にも「%」のロゴが。強いこだわりを感じますね。

気を取り直して店内へ。僕が注文したのは、アイスのカフェラテ。ちなみに、クレジットカードが使えます。SquareをつないだiPadがレジ代わりでした。

お店の正面から見えていたのは、このエスプレッソマシンだったんですね。

このときは2人で切り盛りされていました。

待つこと3分ほど。店員さんが満面の笑みで渡してくれて嬉しかった。

グラデーションが美しい。

店内には10席ほどのスペースがあり、タイミングよく空いていました。おいしいカフェラテを飲みながら、30分くらいまったりしてました。

ショーケースにはグッズが並んでいます。真っ白なタンブラーがすごく気になる。

結局買いました。

僕が購入したのは12ozのタンブラー。

% 12oz Tumbler (JP) – % ΔRΔBICΔ

持ち帰ってからは毎日使っています。真空断熱になっていて、長時間温度をキープしてくれます。非常に気に入りました。


散策をつづけよう

時刻は午後1時。帰りの飛行機の時間を考えると、4時すぎには京都を発たないといけないので、ちょっとのんびりしすぎた気がします。

そのまま八坂神社・祇園方面に歩いて行きます。BGM置いておきますね。


八坂神社まできました。

時刻は午後1時20分。写真を撮りながらのんびり歩いて、八坂神社まできました。

正面に回ります。

ちょうどこの日は出店がたくさんあって、イベントでもやっている雰囲気でした。が、カフェでまったりしすぎたツケもあって、先を急いでいたのでパスしました。

ここからバスに乗って銀閣寺方面に行くことにします。


平安神宮に寄り道

銀閣寺方面行きのバスに乗り、「銀閣寺 → 周辺のカフェ → 下鴨神社」というルートを思い描いていたのですが、平安神宮にも寄りたくなったのでバスを途中下車しました。

余談ですが、京都の市バスはアナウンスで観光案内までしてくれるんですね。そのアナウンスを聞いて途中下車したいと思いました。

時刻は午後1時半。だいぶ暑くなってきました。

日差しまぶしい。夏はもうすぐそこです。


哲学の道

気を取り直してまたバスに乗り、「銀閣寺道」で下車。少し歩きます。

正面の坂を登ると銀閣寺、右は「哲学の道」です。

「哲学の道」。哲学者・西田幾多郎や田辺元らがよく散策したことから、その名がついたそうです。(→ Wikipedia

本当はもっと歩きたいけど、時間ないんだ。引き返して銀閣寺へ歩みを進めます。


銀閣寺へ

時刻は午後2時20分。銀閣寺(東山慈照寺)に到着です。

チケットを購入して中へ。

銀閣寺は何年ぶりでしょう。小学生の頃に一度来て、それ以来だと思います。

銀閣、いきなり現れるのね。

観光客がいっぱい。

せっかく来たので、庭園の丘にも登りましょう。

苔がすごい。

きらびやかな金閣寺よりも、地味だけど趣のある銀閣寺の方が、個人的には好きです。

時刻は午後3時を回りそうな時間帯。参道にも心が惹かれるカフェがたくさんあったのですが、先を急いでいたので泣く泣く諦めました。


下鴨神社へ

以前Twitterで見かけた、下鴨神社の「糺の森」には絶対行きたくて、最後に組み込もうと思っていました。時間ギリギリかもしれないけど、行くだけ行ってみよう。

と、その前に「鴨川デルタ」を見てみたかったので、寄り道しました。

境内に入ります。こちらは「河合神社」の鳥居。

糺の森へ。

鳥居までやってきました。

時刻は15時55分。そろそろ帰ろうか。


神戸空港から長崎へ

下鴨神社からバスで京都駅に戻り、新快速で三宮まで移動し、ポートライナーに乗って神戸空港へ。長崎行きのスカイマーク147便で帰路につきます。

カメラを片手に京都で作ってきた物語もこれで終わり。このカメラを持って、次はどこに行こうか。


この旅を振り返って

本編はこれにて完結ですが、最後に今回の反省点を軽くまとめておきたいと思います。自分用のメモでもあります。

〈反省点①〉荷物重すぎ問題

何を思ったか、MacBook ProとiPad Proを両方持ち歩いていました。無印良品のリュックに入れて背負っていたのですが、このリュックも長距離を歩くのに特化したものでもない。なので、歩いているうちに腰が痛くなってきて散々でした。

後になって考えてみると、キャリーバッグを京都駅のコインロッカーに預けたときに、MacBook Proも一緒に入れればよかったですね。

ただ唯一の救いは、このことに気づいたのが帰宅後だったこと。歩いている途中に気づいていたら、後悔の度合いが半端なかったと思います。

〈反省点②〉バスの一日乗車券、買えばよかった

清水寺からずっと歩いてやるぜ!とか思ってたけれど、まず無理ですね。特に写真撮りながらだと歩くペースが落ちてしまうので、夕方までに銀閣寺に辿り着かない可能性だってあります。

だから結局バス乗りました。iPhone XのSuicaで払って、合計1,010円。一日乗車券が600円なので、これ買った方がコーヒー1杯分くらい安かったですね。


最後に

以上、3回にわたって「京都・カフェ&ウォーク」をお送りしてきました。「それっぽい名所と、おしゃれなカフェと、いい写真が撮れればいい」という目標は、一応達成できたように思います。

次に行くときは、今回の経験と反省を踏まえ、さらに充実した旅にしたいですね。また、洛東エリア以外にも行きたいです。特に嵐山とか。

いずれにせよ、今回の旅はこれをもって締めくくりたいと思います。ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

プロローグ
前編
→ 後編(この記事)

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate