α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ〈昼〉

すごいカメラを手に入れたぞ…!

ソニーのフルサイズミラーレス「α7 III」を購入して2週間。ある程度使い込んだので、ブログでもレビューしたいと思います。

この記事では「ながさきカメラさんぽ」の〈昼の部〉として、快晴の長崎を散歩しながらα7 IIIで撮影した写真をご紹介します。

〈夜の部〉はこちらです。

α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ〈夜〉 – starnote*
これはモンスターカメラだ…! ソニーのフルサイズミラーレス「α7 III」を購入して2週間。購入前から「高感度に強い」との前評判を聞いていましたが、実際に自分のモノとして使って見ると、もう驚きの連続です。 そんなα7 IIIを持って、夜の長崎の街をぶらぶら散歩してみました。この驚きは共有したい! 〈昼の部〉はこちらです。 機材は「α7 III ズームレンズキット」 型番はILCE-7M3K。α7 III本体とキットレンズ「SEL2870」の組み合わせです。レンズの焦点距離は28–70mmでF値は3.5–5.6。あまり性能がいいとは言えないレンズですが、フルサイズEマウントはこれしか持っていないのです。 僕と同じように、初めてα7シリーズを手にする人にはありがちな構成だと思うので、参考にしていただければと思います。 なお、今回の写真はすべて手持ちです。繰り返します、すべて手持ちです。 ながさきカメラさんぽ〈夜〉 夕焼け空と山の稜線。 夕焼け空と木の葉。 夕焼け空と建物。貯水タンク下の網の描写にも注目。 路面電車とバス。 電車内ではサイレントシャッター機能を使います。 長崎駅前の交差点。 かもめ広場。 長崎駅。 終着駅なので、こんな構図で撮れちゃう。 裏道。 建設中の新駅とクレーン。 走る男性。 光る帆船。 電球を点線にして遊んでみる。 ロシアの船員さん。 イルミネーション。 夜のヨットハーバー。 振り返って撮影。 よく見ると帆船の上にオリオン座が。 昼と同じ構図。 手前が神戸から来た「みらいへ」。奥がハウステンボスの「観光丸」。 高感度すごいな。 ぼかしてみる。キラキラ。 振り返って出島ワーフ。 ロシアの帆船「パラダ」。光がこちらを向いていたのでフレアを入れてみました。 帆船と女神大橋。 奥の夜景もきれい。 以上、手持ちでお送りしました。 高感度耐性 × ボディ内手ぶれ補正 = モンスターカメラ α7

機材は「α7 III ズームレンズキット」

型番はILCE-7M3K。α7 III本体とキットレンズ「SEL2870」の組み合わせです。レンズの焦点距離は28–70mmでF値は3.5–5.6。あまり性能がいいとは言えないレンズですが、フルサイズEマウントはこれしか持っていないのです。

僕と同じように、初めてα7シリーズを手にする人にはありがちな構成だと思うので、参考にしていただければと思います。

ながさきカメラさんぽ〈昼〉

長崎駅から旭大橋の上まで登ってきました。被写体は移転したばかりの長崎県庁。緑が美しいですね。


大波止方面へ。右奥の行列は「軍艦島クルーズ」に乗る人々。


夢彩都前のスクランブル交差点。


ちょうど「長崎帆船まつり」の期間中。


出島ワーフ前も人が多い。


ドラえもんだ!


こちらは最も広角側「28mm」での撮影。


望遠側「70mm」。ここまで寄れます。


天気いいね!


桟橋にはロープで「長崎」の文字が。


ロシアの帆船「パラダ」。


ロシアの船員さん。


太陽を入れてもきれいな描写。


いろいろな国旗が風に揺られています。


後ろから縦位置で。


空を舞う凧と鯉のぼり。


カヌー教室。


会場は「長崎水辺の森公園」。海辺の気持ちいい公園です。


浮き輪。


公園沿いの電車通り。


一本奥に入りました。通称「オランダ通り」。


なぜかというと、これがあるから。


公園方面を望みます。


メディカルセンターの裏を抜けて湊公園へ。


長崎新地中華街。

このあとスタバでまったりブログを書きましたとさ。めでたしめでたし。


信頼してシャッターを押せるカメラ

今回掲載した写真は、RAWで撮ってLightroomで若干補正をかけています。が、撮って出しのJPEGを見てもすばらしい画質でした。これまで6年前に発売された「NEX-7」を使っていた僕としては、空の青さと雲の描写力に驚いています。こんなきれいに撮れちゃうんだ!って。

また、本体サイズもNEX-7より大きくなるので、持ちにくくなるんじゃないかなと心配していましたが、全くの杞憂でした。α7 IIIの方が大きくて、その分「塊感」があって握りやすい。それでも小さいと感じる人もいるようですが、僕は手が小さいので、小指まで使ってしっかりホールドできます。

狙った以上の画が撮れちゃうなぁというのが、全体を通しての印象です。だから、どんなシチュエーションでも信頼してシャッターを押せば、確実に期待に応えてくれる。そんなカメラです。それって最強じゃないか。

最後に

6年ぶりに買った新カメラですが、本当に買ってよかったと思っています。むしろ、ここまで我慢した自分を褒めてやりたい。と同時に、6年分の進化の過程を身に染みて実感しています。技術の進歩ってすごい!

これだけのモノを25万で出しちゃうソニーは頭がおかしいと思う。もちろん最大限の褒め言葉です。もっといろいろなレンズを買って楽しみたい。こんな風にワクワクさせてくれるカメラです。

夜の部はこちら

この記事には、続編〈夜の部〉があります。もしよかったらこちらもどうぞ。

α7 IIIでめぐる、ながさきカメラさんぽ〈夜〉 – starnote*
これはモンスターカメラだ…! ソニーのフルサイズミラーレス「α7 III」を購入して2週間。購入前から「高感度に強い」との前評判を聞いていましたが、実際に自分のモノとして使って見ると、もう驚きの連続です。 そんなα7 IIIを持って、夜の長崎の街をぶらぶら散歩してみました。この驚きは共有したい! 〈昼の部〉はこちらです。 機材は「α7 III ズームレンズキット」 型番はILCE-7M3K。α7 III本体とキットレンズ「SEL2870」の組み合わせです。レンズの焦点距離は28–70mmでF値は3.5–5.6。あまり性能がいいとは言えないレンズですが、フルサイズEマウントはこれしか持っていないのです。 僕と同じように、初めてα7シリーズを手にする人にはありがちな構成だと思うので、参考にしていただければと思います。 なお、今回の写真はすべて手持ちです。繰り返します、すべて手持ちです。 ながさきカメラさんぽ〈夜〉 夕焼け空と山の稜線。 夕焼け空と木の葉。 夕焼け空と建物。貯水タンク下の網の描写にも注目。 路面電車とバス。 電車内ではサイレントシャッター機能を使います。 長崎駅前の交差点。 かもめ広場。 長崎駅。 終着駅なので、こんな構図で撮れちゃう。 裏道。 建設中の新駅とクレーン。 走る男性。 光る帆船。 電球を点線にして遊んでみる。 ロシアの船員さん。 イルミネーション。 夜のヨットハーバー。 振り返って撮影。 よく見ると帆船の上にオリオン座が。 昼と同じ構図。 手前が神戸から来た「みらいへ」。奥がハウステンボスの「観光丸」。 高感度すごいな。 ぼかしてみる。キラキラ。 振り返って出島ワーフ。 ロシアの帆船「パラダ」。光がこちらを向いていたのでフレアを入れてみました。 帆船と女神大橋。 奥の夜景もきれい。 以上、手持ちでお送りしました。 高感度耐性 × ボディ内手ぶれ補正 = モンスターカメラ α7

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate