アクションカムで夜のドライブ動画を作ってみた。

車載動画リベンジ!

以前、アクションカムをクルマのダッシュボードに置いてタイムラプスを撮影してみたことがありました。しかし、きちんと固定していなかったためカメラが横を向いたり、タイムラプスにそぐわない山道を走ったりなど、散々な結果でした。

ドライブしながらアクションカムでタイムラプス撮影をしてきたよ。撮影方法から感想や反省点まで。

なのでそのリベンジをやってみましたよ、というお話です。今回はタイムラプスではなく、普通に動画を撮影しました。

完成品

まずは完成品をご覧ください。

もっとおしゃれな感じに仕上げたかったのですが、僕の技量ではこれが精一杯でした。もっと極めないとね。

機材について。車載動画のシーンはソニーのアクションカム「AS200V」で、クルマに乗り込むシーンはソニーのミラーレス「NEX-7」+「E 20mm F2.8」で撮影しています。

技術的な話をすると、今回の映像フォーマットは1080p・60fpsです。秒間60コマなので滑らかな映像になっているかと思います。本当は4Kで撮影したいんですけどね。僕の機材ではフルHDが限界でした。

音楽はSoundCloudから拝借。CC(クリエイティブ・コモンズ)ライセンスのものを使っています。詳細はYouTubeの説明欄に書いたので、そちらからお願いします。

また、編集はAdobe Premiere Pro CC 2018を使いました。撮影した映像に「Fuji F215 Kodak 2395」というカラーフィルターをかけ、上下に帯を着けて映画っぽく仕上げています。

前回の反省を踏まえて

前回は撮影に関する反省点がいくつかありました。

ドライブしながらアクションカムでタイムラプス撮影をしてきたよ。撮影方法から感想や反省点まで。 – starnote*
宝の持ち腐れを回避! せっかく持っているソニーのアクションカムを、もっと外に持ち出さないともったいない!と急に思い立ち、車載してドライブに出かけてみましたよ。 この記事では、アクションカムでの車載タイムラプス撮影のやり方から、それを動画にする方法までを軽くまとめ、感想や反省点も振り返ってみたいと思います。 まずは見てもらった方が早いと思う。 やり方とかいろいろ説明する前に、まずは完成品を見てもらいましょう。2分少々の動画になりました。 はい、いろいろと反省点の多い動画となってしまいましたので、この記事の後半でまとめますね。 今回のドライブコースは、JR長崎駅前をスタートして雲仙の温泉街を経由し、諫早湾干拓の堤防道路まで。地図にするとこんな感じです。 ゴールの堤防道路は以前記事にもしていますので、もしよかったらどうぞ〜。 撮影方法など 動画は2分くらいですが、実際の撮影時間は2時間10分ほど。クルマのダッシュボードにアクションカムを置いて、2秒ごとに写真を撮影しました。運転席から見たらこんな感じ。 まずダッシュボードへのマウントですが、今回はJOBY Micro Tripodというミニ三脚を使って、ポンと置いているだけです。 ちなみのこのミニ三脚、普段はミラーレス一眼NEX-7に付けているのですが、角度をつけて置きたいときなどに意外と重宝します。オススメです。 JOBY ミニ三脚 マイクロトライポッド ブラック/ブルー 010874posted with カエレバ ジョビー 2015-02-26 Amazon楽天市場Yahooショッピング 「インターバル」モードで2秒間隔で撮影 アクションカムでの撮影は、動画モードではなく「インターバル」モードを使用しました。このモードでは、2秒、5秒、10秒など、あらかじめ指定した間隔で写真を撮影してくれます。出力されるのはあくまでJPEGです。 なぜこのモードを使ったかというと、バッテリーの持ちの問題から。アクションカムで「動画」を撮影すると、すぐにバッテリー切れを起こしてしまいます。2時間とかは無理なんじゃないかな。どうせ早送りにして編集するので、今回はバッテリーの持ちがいい「インターバル」モードで撮影しました。

振動によるズレ

まず1点目は「走行中の振動でズレていく」という問題。

ソニーのアクションカムに「JOBY Micro Tripod」を装着してクルマのダッシュボードに置いているというのは、前回と同じです。

しかし、前回はただ置いただけだったので、少しずつズレていってしまいました。これを改善すべく、今回はこうしました。

テープで止めただけ。剥がれるかと思いましたが、意外と大丈夫でした。

夜の撮影ということもあり、周りが暗くて映り込みが発生しやすいような状況です。なので固定する位置はできるだけフロントガラスに近づけました。こうすることで室内側からの反射をできるだけ抑えることができるはず。

車外から見るとこんな具合です。

タイムラプスではなく動画で

前回(7月)は夏場だったので、熱が心配で「2秒ごとのタイムラプス撮影」を行いました。しかし、カーブの多い山道を走ってしまったので、画面を注視できないほどチカチカする映像になってしまいました。

アクションカムで動画を撮影すると、カメラがかなり熱を持ちます。それに加え、夏場のクルマのダッシュボードは50℃くらいになることも珍しくありません。そのため発熱が原因で撮影が停止してしまうこともしばしば。

一方、タイムラプスは2秒や5秒ごとに写真を1枚撮るだけなので、動画撮影と比べると発熱は少ないはずです。だから前回はこっちを選んだ。

しかし今回は、前回とは大きく状況が異なります。それは冬だということです。カメラが発熱しても周りの空気が冷やしてくれるので、熱暴走は気にしなくていい季節。だから、比較的発熱量が多めな動画でも大丈夫でした(それでも撮影終了時のアクションカムは結構熱を持ってました)。

しかもタイムラプスではないので、少しくらいカーブのある道でも映像がチカチカしません。60fpsのヌルヌル映像でカバーできてしまいます。

このような背景から、今回は動画で撮影してみました。

最後に

今年はブログの執筆に加えて、たくさん動画を出せたらいいなぁと思っています。いい機材も揃えたいんですけどね。でもまずは動画のセンスを上げるところから始めないと。ではではー!

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate