五島列島・奈留島に行ってきた〈その2〉

長崎県の五島列島にある奈留島に行ってきたレポート。前回の続きです。読んでない方はこちらからどうぞ。

五島列島・奈留島に行ってきた〈その1〉 | starnote*
1か月ほど前のことだが、長崎県の五島列島にある奈留島に行ってきた。仕事で行ったために観光はしていないので、雰囲気だけでもお届けしたい。〈その1〉では奈留島に辿り着くまでを紹介する。写真多め。 長崎県の五島列島 九州から西に100kmほど離れたところにある五島列島。長崎市民の間ではなじみが薄いためか大まかに「上五島」「下五島」と分類されることが多いのだが、これはかなり大ざっぱな分け方だと思う。地図を見て分かるとおり、五島列島には大小さまざまな島がある。その中でもちょうど真ん中 *1 にあるのが奈留島。人口3,000人弱ののどかな島なのだ。 船を乗り継いで行く 長崎市内からのアクセスには高速船(ジェットフォイル)とフェリーがある。フェリーなら乗り換えなくて済むが、ものすごく時間がかかるし酔いまくるらしい。*2 今回は一旦福江島まで九州商船のジェットフォイルで行き、そこから五島旅客船の高速船ありかわに乗り換えた。乗り換え待ちを除くと2時間ちょっとで着く。 奈留島に行くには福江港で乗り換える。 ちなみにジェットフォイルとはボーイング社 *3 が開発した高速船だそうだ。ジェットエンジンを搭載し、海面から2〜3メートルほど浮上して進む。 ジェットフォイル「ぺがさす」。あいにくの雨。 長崎港の大波止ターミナルから11:30発のジェットフォイルに乗船し、90分ほどで福江港に着いた。運賃は片道で5,610円だ。船内の写真は撮っていないのだが、座席は90分過ごすのに十分なゆとりがあるし、荷物置き場もあるのでキャリーバッグの持ち込みもOK。浮上して進むためか船内はほとんど揺れない。船酔いしやすい人もこれなら安心して乗れるだろう。 福江港ターミナル。雨は上がっていた。 しまとく通貨 福江港ターミナルに到着したら、まずはじめに「しまとく通貨」を購入しよう。*4 6,000円分使える商品券が5,000円で買える、いわゆるプレミアム付き商品券だ。五島列島に限らず長崎県内の他の離島(壱岐・対馬など)でも使える。 ながさき しまとく通貨www.shimatoku.com

さて、無事に奈留島へと到着した僕。その目に飛び込んできた風景とは!(今回も写真多めです。)

スポンサーリンク

漁業の島

奈留島の産業といえば漁業。あじの開きやきびなごがイチオシみたい。

www.jfnaru.com

港には漁船がズラリ。さすがは漁業の島という佇まいだ。

奈留港

奈留港

奈留港

 

ENEOSには屋根がない。

ENEOSには屋根がない

 

島内唯一のスーパー。

島内唯一のスーパー

 

宿泊は旅館へ

今回お世話になった奥居旅館。奈留ターミナルから歩いて10分ほど。

奥居旅館

夕食は魚介類が中心だ。どれも新鮮でおいしかった。特にとれたての魚を使ったお刺身は格別。

奥居旅館の夕食

 

さて、観光はしていないので写真はここまで。ここからは受け売りの情報ではあるが奈留島の観光地について軽く紹介しておこうと思う。

 

奈留島観光

奈留島は九州自然歩道に指定されており、奈留ターミナルの目の前に案内板がある。 

f:id:melopan:20150720231528j:plain

九州自然歩道について
 九州自然歩道は、四季を通じて、九州の豊かな自然と歴史・文化を巡ることができる歩道です。九州7県を一周することができ、長崎県内のコースは、島原半島口之津港から雲仙、橘湾岸を通り旧長崎街道へ、さらに西彼杵半島を縦断、西海橋を通り佐賀県境の栗ノ木峠までの山岳、渓流、海岸など変化に富んだコースと、五島列島から野崎島、平戸島、生月島をへて北松浦半島に至る、優れた島しょ景観やキリスト教関連遺産を含む人文資源豊かなコースからなる延長465.4 km(幹線)の長距離歩道です。
 奈留島のコースは、国指定重要文化財「江上天主堂」を始め、国指定天然記念物「権現山樹叢」など、豊かな奈留島の歴史・文化と自然を巡る17.4 kmからなるコースです。

ふむふむ。自然を満喫しながら歩いて巡るのがオススメなのね。確かにポカポカ陽気の日に歩いたら気持ちよさそう。でも17.4 kmも歩くのはちょっと…という人にはレンタカーもある。

奈留島港レンタカー

島内の道は狭いが軽自動車なら大丈夫そうだ。

 

江上天主堂

長崎の世界遺産といえば、先日登録が決定した軍艦島などからなる「明治日本の産業革命遺産」が記憶に新しいと思うが、この江上天主堂(を含む教会群)も世界遺産に登録しようという動きがある。詳しくはリンク先を参照してもらいたい。

江上天主堂|長崎の教会群とキリスト教関連遺産

f:id:melopan:20150721201736p:plain

 

千畳敷

自然が作り出した絶景ポイントもある。「千畳敷」とよばれる岩礁だ。海水浴場も併設されているので今の時期にはもってこいなのかもしれない。

舅ヶ島海水浴場から小島へと連なる広く平坦な岩礁で、畳が1000枚は敷けそうな位広いことから名付けられました。
小島の山の緑とそこへ続く千畳敷と浸食された奇岩、紺碧の海とのコントラストが絶景を造り出しています。

www.nagasaki-tabinet.com

f:id:melopan:20150721202602p:plain

 

 おわりに

奈留島の魅力は何と言っても新鮮な魚介類と自然に恵まれた風景だと思う。そこにはもちろん不便さもあるが、日常を忘れて羽を伸ばすのにはうってつけだと感じた。機会があれば訪れてみればいかがだろうか。(世界遺産に登録されて観光地化する前に訪れた方がいいかもしれない。)

 

スポンサーリンク

Leave A Reply

Navigate