Music

Beats Solo2 Wirelessのイヤーパッドがボロボロに。自力で交換した手順を記録しておこうと思う。

装着すると耳に白いカスが残ります。

2年くらい使ったBeats Solo2 Wireless。初めて買ったBeats製品でしたが、僕の生活に寄り添っていい音を奏でてくれていました。

異変に気づいたのは今年の9月頃。いつものように音楽を聴いた後で取り外してみると、手に白い粉みたいなものが残るようになりました。最初のうちはその正体が全く不明だったのですが、ヘッドホンが原因としか思えない。よく観察してみると、イヤーパッドの縁の部分が少しずつ剥がれかけているではありませんか!

ひとまず見なかったことにして、その後も使い続けていました。でも徐々に傷跡が広がっていき、装着後の耳にも合皮が剥がれた白いカスが残る始末。そろそろ現実を受け入れてイヤーパッドを交換することにしたので、その記録を残しておこうと思います。

SHUREのイヤホンをワイヤレス化できるキット「RMCE-BT1」を購入。SE215 Special Editionをリケーブルして約1か月使ってみた感想など。

ついに純正品が出ましたよ!

イヤホンにこだわる方々の中では定番となっているSHURE社のSEシリーズ。僕もかれこれ4年前くらいからSE215 Special Editionを持っているのですが、最近はあまり使っていませんでした。

なぜかというと有線だから

iPhone 7からイヤホンジャックが廃止されて、ワイヤレスイヤホンを使わざるを得ない状況になってきて、専らAirPodsやBeatsXばかり使っていました。だってワイヤレスに慣れちゃうと有線には戻れませんもんね。便利すぎて。

そんな中、SHURE社より純正のBluetoothリケーブルキットが発売されたので飛びついてみましたよ、というお話。

【iPhone 7で使える】手持ちのイヤホンをワイヤレス化するBluetoothレシーバーの選び方を教えます。

iPhone 7でイヤホンジャックが無くなった問題。Lightning接続のEarPodsが付属していたり、完全ワイヤレスのAirPodsが発表されたりと、Appleなりの解決策を準備してくれている。が、今現在いいイヤホンを使っているような人なら、これら新製品が鳴らす音は物足りなく感じてしまうのは想像に難くない。

今使っているイヤホンをこれからも使うとなると、あの悪名高いアダプタを装着することになるのか…? すごくカッコ悪いよ… でも諦めるのはまだ早い! 手持ちのイヤホンをBluetoothレシーバーでワイヤレス化してしまえばいいんです。

Bluetoothイヤホン「Ubegood QY8」を買ってみたら意外とよかったのでレビューします。

僕は普段はBluetoothヘッドホン「Beats Solo2 Wireless」を使っているが、この時期に屋外でヘッドホンを使うと暑いし蒸れるのでイヤホンを使いたい。でも一度ワイヤレスに慣れてしまうと有線は邪魔で仕方がないので、手頃なワイヤレスイヤホンを探していた。アマゾンでタイムセールになっていた「Ubegood QY8」(おそらく「QCY QY8」「SoundPEATS QY8」と同じもの)を買ってみたのでレビューしたい。特に宣伝料を貰ってるわけではないので悪いところは悪いって書きます。

Navigate