Gadget

iPad用のキーボードにMicrosoft Universal Foldable Keyboardを購入! ほぼフルサイズのJIS配列で「かな」「英数」キーが存在する完璧なキーボード!

iPadだけでブログを書こうと何度も試みてきたけれど、何度も失敗してきました。

これまで僕がiPad用のBluetoothキーボードとして使っていたのはバッファローのBSKBB24BKというモデル。このキーボードとiPad Air 2を使ってブログの更新をできないものかとこれまで試みてきたのですが、なかなか定着しなかった。結局12インチMacBookに戻ってきちゃうんだよね。

今回はもう一度だけ、iPadだけでできることはiPadで済ましちゃおうという試み。リベンジですね。せっかくの機会なので新しいキーボードを買ってみようと思い立ち、Microsoft Universal Foldable Keyboardを購入してみました。

このキーボードのレビューは巷に溢れていて今さら需要はないと思うので、なぜこのキーボードを買ったのかどのように使う予定なのか、ということについて書いてみます。

iPad Air 2で使えるJISキーボードを探す旅。Microsoft Universal Mobile Keyboardが良さげです。

まさかのマイクロソフト製。

僕は外出先でブログや論文などの文章を書きたいときはいつもMacBook 12″を持ち歩いています。でもバッテリーの持ちを考えるとMacよりiPadの方がベターだし、外でやりたいのは下書きの文章を書きたいだけなのでiPadで十分。

使っているのはiPad Air 2なので、iPad Pro用のSmart Keyboardは使用不可。必然的にBluetooth接続のモバイルキーボードを使うことになるのですが、今はBuffaloのやっすいキーボード(2,000円くらい?)を持っています。

しかしながら、ある程度使っていると何かと不満が出てきたりして、さらに良いものを探してみたくなるものです。で、主にブログの文章を書くという目的にピッタリなキーボードを探してみた結果、「Microsoft Universal Mobile Keyboard」がいいのではないかという結論に至りました。まだ購入していませんが、そう考えた理由を記してみたいと思います。

Navigate