突然電源が落ちるというiMacの不調は、macOS Sierra 10.12.4へのアップデートでよくなったかも? →(追記)やっぱりダメでした

昨年11月頃からスリープから復帰しない突然電源が落ちる、などの不具合に見舞われていたiMac (27-inch, Late 2012)。僕のメインマシンなのでなんとか調子を取り戻そうと奮闘してきました。それは過去2回の記事でお伝えしたとおり。(→ 1回目2回目

2回目の記事以降もなかなか症状が改善しなくて困っていたんだけど、原因が全く分からず暗礁に乗り上げていました。これまでハード的な不具合とばかり思っていたのですが、もしかしたらソフト的な不具合だったのかも…?

スポンサーリンク

これまでの経緯

「電源が落ちる」という症状から、これまでハードウェアの不具合を疑ってきました。経緯を時系列順にまとめておきますね。

2016年10月 macOS Sierraへアップデート
2016年11月 ・たびたびスリープから復帰しない
・突然電源が落ちることがある
2016年12月 ・SMCをリセットしても電源が入らない事象が発生
・FirstAidでMacintosh HDを診断 → 異常なし
・吸気口・排気口をエアダスターで掃除 → 効果なし
・NVRAMリセット → 効果なし
・Apple Hardware Test (AHT) → 問題は見つからず
・増設したメモリを取り外す → 変わらず
・macOS再インストール(起動ドライブを消去後、10.12.1のTime Machineバックアップから復元) → 一時的に沈静化
2017年1月 ・macOSアップデート(10.12.1 → 10.12.2)→ また不調に → 埒があかないので騙し騙し使うことに
2017年3月 ・macOSアップデート(10.12.2 → 10.12.3)→ 症状は変わらず不調のまま

僕のiMacは2013年2月に購入したもの。購入後丸4年が経過しており経年劣化という可能性もありますが、こうやってまとめてみると、タイミング的にSierraさん悪さをしていませんか…? これまでMountain LionからEl Capitanまで順調に動いてきたしね。

こうしてmacOS Sierra自体の不具合を疑い始めたのが今月はじめ頃。望みを託して、これまで躊躇していた10.12.2 → 10.12.3のアップデートをかけたものの、症状は変わらず。いっそのこと買い替えてしまおうかと思って書いたのが昨日のエントリー。

iMacの調子が悪すぎて買い替えるか悩む。

macOS Sierra 10.12.4アップデート

そんな中、本日2017年3月28日、macOS Sierra 10.12.4がリリースされました。

Appleによるリリースノートによると、今回のアップデートはこのような内容。日本語版は所々省略されているので原文で引用します。

  • Adds Night Shift for automatically shifting the colors in your display to the warmer end of the spectrum after dark.
  • Adds Siri support for cricket scores, schedules, and player rosters from the Indian Premier League and International Cricket Council.
  • Adds Dictation support for Shanghainese.
  • Improves right-to-left language support for the Touch Bar, toolbar, and visual tab picker in Safari.
  • Resolves several PDF rendering and annotation issues in Preview.
  • Improves the visibility of the subject line when using Conversation View in Mail.
  • Fixes an issue that may prevent content from appearing in Mail messages.
  • Adds support for more digital camera RAW formats.

あとは全体的に軽くなった気がします。Sierraに上げてから気になっていたMission Controlの引っかかりも無くなった。

それから大事なことがもう一つ。

ハードウェアにアップデートが入った?

リリースノートには記載がありませんが、一部のモデルに対してハードウェアのアップデートも入った模様。というのも、僕のiMacとMacBook Airではアップデートの流れが通常と違ったから。

通常のOSアップデートの流れ

通常のOSアップデートはこのような流れで行われます。

  • 「ソフトウェア・アップデートをインストール中:約○○分」→ 再起動 → 「まもなくインストール完了:残り○○分」
usual-update
通常のOSアップデートの流れをIllustratorで再現しました。僕のiMacは古いモデルなのでグレー背景なのです。

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) はこの流れでした(黒背景ですが)。特にハード的なアップデートが入るわけではなく、至って普通のOSアップデート。

一部のモデルで通常と違うアップデートがかかった

それに対して、iMacとMacBook Airでは、通常のOSアップデートの合間に何か別の作業が挟まれました。詳細は僕には全然分からないので詳しい人いたら教えてください…

  • 「ソフトウェア・アップデートをインストール中:約○○分」→ 再起動 → 別の作業 → 再起動 → 「まもなくインストール完了:残り○○分」
usual-update
今回のiMacとMacBook AirのOSアップデート。インターネットリカバリーのときと同じような太い進捗バーが表示され、ハードウェアにアップデートがかかったような感じ。
  • iMac (27-inch, Late 2012)
  • MacBook Air (11-inch, Mid 2011)

以上のマシンはこのような流れでした。進捗バーが明らかに通常のOSアップデートとは異なるので、僕はかなり深い部分の(ハードウェア的な)アップデートだと予想しています。

というのも、なぜか「使用不可」になっていたMacBook AirのBluetoothが復活したんですよ。通常のOSアップデートで、このようなハード的な不具合が直ることって無い気がします。あ、もしかしてこの「使用不可」もSierraのせいだったのか…?考えすぎ?

いずれにせよ、10.12.1〜10.12.3のアップデートでは見られなかった挙動です。この不具合をAppleが把握していたとすれば、何かしらのアナウンスを行って欲しかったところではありますが…

これでしばらく様子を見ます

買い替えは中止! このまましばらく様子を見たいと思います。

アップデート後10時間ほど使っていますが、今のところ順調に動いています。この状態が1週間、1か月と続いてくれることを願いたい。そうするともう心配は無いかと思います。いずれにせよまた報告しますね。

憶測ばかりの記事で恐縮ですが、今回は以上です。

2017年3月31日 追記

3日間使いましたが、全く問題なく動いています。心配していた「スリープからの復帰」に関しても順調です。アップデート前は、完全にスリープに入った後に復帰しなかったのですが、それがなくなりました。また、「突然の電源断」も一度も発生していません。本当に順調そのもの。今までのは一体何だったんだ。

2017年4月23日 追記

うん。やっぱりダメです。10日間くらいは安定して動いていましたが、再発しました。捨てるまではないけれど、あまりヘビーな使い方はできなそうなので、新しいMacを買いました。

買ったのはMacBook Pro 13″ (Late 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)。1日使ったファーストインプレッションを書いたので、もしよかったら読んでみてくださいね。

12インチMacBookから13インチMacBook Proに買い替えたファーストインプレッション。タッチバーモデルの特盛仕様(SSD以外)で購入しました!

スポンサーリンク

4 Comments

  1. 私もiMac(27inch Late2013)にSierraをインストールして以来、日本語入力の不調に悩まされております。
    PCを起動して何も作業をする事無く放置しておくだけで日本語入力が遅くなります。
    インストールはクリーンインストールを行いました。
    メモリの不足かと思い、8G→24Gに増設しましたが全く改善しません。
    何か知見をお持ちではありませんか?
    ご教示ください。

  2. Kotazさん

    コメントありがとうございます。
    うーん、日本語入力が遅くなる不具合ですか。検索してみましたが、ライブ変換がらみの不具合が多そうですね。でも検索で出てくるような対策をしても改善されないということですよね…?
    クリーンインストールでも改善されないということは、ぱっと思いつくのは「ユーザー辞書のiCloud同期」が裏で暴走している、くらいですかねぇ。システム環境設定 > iCloud > iCloud Driveのオプション > システム環境設定.app のチェックを外すと、ユーザー辞書の同期がオフになりますので、一度試されてはいかがでしょう? もちろん再起動を忘れずに。
    ただこの「ユーザー辞書のiCloud同期」、何年もバグが放置されている機能でして、僕も悩まされ続けました。ユーザー辞書を消しても消してもゾンビのように復活するんです。もしかしたら、もっと根が深い問題かもしれないです。
    八方塞がりなってしまったら、Google日本語入力などの他社IMEに移行するしか手はないかもですね〜。原因が不明なままなのでモヤモヤは残りますが…
    僕が思いつくのはこんなところです。見当違いでしたら申し訳ありません。
    
  3. はじめまして、takeと申します。
    「Sierra 不具合」でググってココに参りました。
    今ちょうど、開発に使っているXCODEを8.3にするには
    現状使ってるEl CapitanからSierraにする必要があるということで、Sierraにするとどういう不具合がでるのか調査してました。
    すると貴兄のHPの記載によると、スリープから復帰しない、電源が落ちる・・・と、しかもその後のアップデートも、ハードっぽい深いアップデート、そして、追記に同症状が再び発生のドツボと・・・なんなんだこの無間地獄わ、(汗と
    そうです、私のアップデートしようとしているMacはまさに同じiMac (27-inch, Late 2012)です。
    これではSierraにアップデートできませんね。
    神はやはりいないんですね、確信しました(爆
    どこかiMacProを恵んでくれる優しいお方はいないもんですかねぇ(いきなり最高機種乞食w

  4. 全く同じ現象です。
    少しでも助力になればと思い、他のとこにも書いたのですがコピペしておきます。
    私のMacのスペックは以下です。
    iMac (Retina 5k, 27-inch, Late 2014)
    4GHz Intel Core i7
    32GB 1600MHz DDR3
    1T SSD
    ちなみに全く同じ環境で使用しているMacBookPro(13-inch, Mid 2010)は問題なく使用できています。
    こいつはメモリ8GB、250GB SSDに換装してます。
    コミュニティ以外のネットブログなどでも同様の現象が起きてるユーザーは比較的多いようですね。
    自分も何件か回って記事を読みました。iMacでは結構多い問題らしいですね。
    結論から言うと、解決できてません(泣)
    一応詳細です。
    約1年前にアップルサポートとやりとりしました。
    当時は3回修理に出して、3回目でロジックボード交換してくれて治りました。
    費用は4万程でしたね。サポート期間の3ヶ月(修理したら付きます)の間に再発することはなかったです。
    で、1年経ってまた再発しました(汗)
    面白いのがまた夏場だということですね、暑さと湿気のダブルパンチ+電源環境が原因かも?
    ただ、去年のロジボ交換後は7月初旬で再発はなかったので、暑さ湿気は関係ないかもです。
    またロジボが逝っちゃったかもしれませんね。
    40万くらいかけて買ったのに1年後に故障、4万払って修理して1年後にまた故障(泣)
    サポートのスペシャリストが修理してもダメだったんで、自分に原因追求は難しそうですね。
    先ほどチャットでUPSの導入が必要か聞いたら、試してくださいということだったので(あと換気)
    最期に試します。UPS導入してだめなら高い授業料と思って、大人しくPCを買うことにします。
    また4万で修理して来年壊れたら嫌なので、もう修理には出さないつもりです。
    追記:UPS導入してもダメだった人もいるみたいですね、安くはない買い物なので購入悩み中です。
    ですので、治ったと思っても油断しないで下さいね。また何かわかれば報告します。

Leave A Reply

Navigate