ヌメ革の名刺入れを買ったので軽くレビュー。全工程を神戸で行っている「Made in Kobe」な一品。

イマドキの博士課程の学生は名刺くらい持ってますよ。

僕はこれまでどこかで貰ったアルミ製のだっさいだっさい名刺入れを使っていたのですが、いい加減ちゃんとしたものを買わないといけないな——と想い続けて早1年。来週学会に行くのでいい機会だと思って革製の名刺入れを新調しました。せっかく買ったので軽めにレビューしておきますね。

スポンサーリンク

楽天の「カミカゼオンライン」というショップで買いました。

購入したのは楽天で革製品を販売している「カミカゼオンライン」というショップから。加工の全工程を神戸で行っている「FOOTAN」というブランドのものです。

値段も税込3,488円と本革製品にしては大変お手頃。それでも国産のヌメ革を使って作られているのです。カラバリは全5色で、ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ワインレッド、ディープグリーンから選択可能。別料金で名入れもできますが、僕はできるだけ早く手に入れたかったので名入れはしませんでした。

送料はメール便なら無料です。発送も大変迅速で、注文の翌日には発送されていました。クロネコヤマトのメール便で送られてくるので追跡も可能です。

mail-bin

それじゃあ前置きはこのへんにして、開封していきましょうかね。

丁寧に作り込まれている一品。

封筒を開けると、納品書1通と不織布に包まれた名刺入れ本体が入っていました。

package

取り出すと革の香りが漂います。

card-holder

僕が購入したのは「ライトブラウン」。使い込むにつれていい感じに変化しそうだからね。

開けてみるとこんな感じです。内側に「FOOTAN」の刻印がしてあって、外側には何もありません。主張しすぎない感じで、個人的にはかなり好印象。

inside

刻印部分に寄ってみるとこんな感じ。縫い目やエッジの処理も丁寧です。さすが国産。

macro

ALL MADE IN KOBE。レザー自体は「栃木レザー」とのこと。

made-in-kobe

ポケットは3つ

ポケットは3つあります。まずは名刺を入れる大きなポケットがこんな感じ。

pocket-big

紙の厚さにもよると思いますが、上の写真は20枚入れた状態で厚さにして約6mm。詰め込んだらもう少し入るけれど、取り出しにくくなるのでこのくらいが現実的かな。

反対側には2つのポケットがあります。

pocket-oppositeside

貰った名刺をこっちに入れる感じになりそう。これだけ収納できれば名刺入れとしては上出来です。

まとめ

matome

革製品の魅力は「使い込むにつれて味が出てくる」ところ。この名刺入れがどのように変わっていくのかとても楽しみです。1年くらい使ったらまたレビューしますね。

以上、ヌメ革名刺入れのレビューでした!

スポンサーリンク

Leave A Reply

Navigate