iPhone 6/6s用の木製ケース「PITAKA Wood Case」ローズウッドモデルのレビュー。天然木の風合いをそのまま活かした世界に一つだけのケース。[PR]

iPhone 6/6s用のケース「PITAKA Wood Case」のローズウッドをご提供頂いたのでレビューします。タイミング的にクリスマスプレゼントですね!

木製ケースって初めて使ったんですが、手触りもよく木の香りもそのまま残っていて、とてもいいケースでした。写真たくさん撮ったのでバンバン貼り付けてレビューしますよ。いいところも悪いところも余すことなく。

スポンサーリンク

PR記事です
この記事はiPhoneケースメーカーPITAKA様よりAmazon.co.jpにて販売中のケースを無償提供して頂き、レビューしています。当ブログのPR記事に対するポリシーはこちらの記事へ。

高級ケース、開封の儀

早速いきますよ! こちらがパッケージ。高級ケースなのがひしひしと伝わってきます。

package_omote

裏はこんな感じ。日本語でも表記してあります。言い回しがちょっと怪しいけど。

package_ura

開けていきましょう。まずはシールを切ります。

cut

これどうやって開けるんだ?と思ったけど、そういう風に開くのね。開け方は書いといてほしかった。

open

一番上にはメッセージカードが入っています。こちらも日本語がちょっと怪しい。

message

メッセージカードの下から本体がこんにちは!おおー!木の香りが漂う!

unboxed

内容物をチェック

入っているのは、ケース本体とガラスフィルム。それからフィルムを貼るための道具一式です。

contents

ガラスフィルムは厚さ1mmくらいかな。エッジがラウンドしているタイプではなく、垂直にカットされているもの。僕はフィルムに関しては全く詳しくないので(何も貼らない派)、写真だけでどうぞ。

grassfilm-1

grassfilm-2

grassfilm-3

本体を見ていきましょう

ではでは本体を見ていきますよ。まずは外側から。削り出しではなく、薄くスライスした木を曲げて作っているみたい。でもすごく頑丈です。

case-omote

そしてこちらが内側。iPhoneに接する側ですね。

case-ura

ロゴは内側に書かれていて、外側には何もありません。これは高評価。

logo

iPhoneに装着してみる

iPhone 6s スペースグレイに装着してみましょう。かなりタイトなケースなので、iPhoneを傷つけないようにそーっと…

case-with-iphone-ura

なかなかいい感じじゃないですか。木製とはいえ、とても薄いケースなので操作性を犠牲にしません。カメラの出っ張りと同じくらいの厚さだと考えてもらえばOKです。

ちなみにこのケース、ディスプレイ側には出っ張りません。ですので画面を下にして置く人はフィルムとか貼った方がいいかも。そのためのガラスフィルムだったんですね。

case-with-iphone-omote

側面をチェック

側面のボタン・端子部分の処理を見ていきましょう。まずは右側。

iphone-right

左側。ボタン類はiPhoneのものがそのまま露出します。

iphone-left

続いて下側(ピントが甘くてごめんなさい)。Lightning端子やイヤホンジャック周辺は開いているので太めのケーブルでも大丈夫。

iphone-bottom

最後に上側。これもピントが甘い…

iphone-top

総評

box

クオリティは非常に高いレベルに達しています。日本製だといわれても信じちゃうくらい。ロゴが内側にあるのもGOOD。iPhone 7用がまだ出ていないのが悔やまれます。

木製のケースをしている人ってなかなか見かけないので、他の人と差をつけたいときにはもってこいだと思いました。一つ一つ模様が違うしね。そういう意味では世界に一つだけのケースってこと。

今回はローズウッドモデルをご提供頂きましたが(というか僕が希望したんですが)、他にも様々な種類があるので気になった方はAmazonでチェックしてみてください。

Amazonでチェック。こちらからどうぞ。

スポンサーリンク

Leave A Reply

Navigate