iMac不調の、その後。いろいろやってみたけど未だに原因不明のままなのです。もう少し様子を見ようと思います。

前回の記事の続きです。

スリープから復帰しなかったり、使用中にいきなり電源が落ちたり、ご機嫌斜めなiMac(27-inch, Late 2012)。症状が起きる度にコンセントを抜いてSMCをリセットして起動する日々が続いています。なんとか原因を探ろうとして試行錯誤してみたのですが、未だによく分かりません。僕がやったことをまとめておくといずれ誰かの役に立つかもしれないので、一応まとめておきます。

スポンサーリンク

詳しい環境については前回の記事にまとめていますので、まだの方はこちらからどうぞ。

iMacの調子が悪いんだけど、どうやらHDDが死にかけてるっぽいぞ。Appleに問い合わせてみたのでまとめておきます。 | starnote*
iMac (27-inch, Late 2012) の調子が悪い。このiMacは2013年1月に購入したものなので、そろそろ丸4年。その間ずっと酷使していたのでついにガタが来てしまったようです。 調べてみるとどうやらHDD(正確には1TB Fusion Drive)が原因のようで、復旧を試みている最中にうんともすんとも言わなくなってしまったのでAppleに問い合わせてみました。 まずはiMacのスペックから軽く説明 僕のiMacは2012年12月に発売されたモデルで、所謂「Late 2012」と呼ばれているモデル。発売から4年経った。購入自体は発売直後の2013年1月で、届くまでに1か月近くかかった記憶がある。 4年前の購入直後の写真 初めて光学ドライブが廃止されて薄型化されたモデルで、当時はかなり衝撃を受けた。スペックは以下のとおり。 ディスプレイ 27インチLEDバックライトディスプレイ、2,560 x 1,440ピクセル プロセッサ 2.9GHzクアッドコアIntel Core i5 メモリ 24GB(4GBx2 + 8GBx2)1,600MHz DDR3メモリ ストレージ 1TB Fusion Drive(128GB SSD + 1TB HDD) OS macOS 10.12 Sierra 基本的には購入当時のままだが、OSを最新版にしているのと、メモリの「8GBx2」は今年の5月に自分で増設したもの。 → 27インチiMacのメモリを増設したのでやり方を解説 今まで特に問題なく使用できていたが、最近になってちょっと怪しくなってきた。ここからは時系列順にまとめていきます。 スリープから復帰しなかったり突然電源が落ちたり。 1か月くらい前からスリープから復帰しないという事象が頻発するようになる。電源ボタンを押しても反応がないので、一旦電源ケーブルを抜いてSMCをリセットしてから起動していた。 → MacのSMC(システム管理コントローラ)をリセットする – Apple さらに、1回だけだが使用中にいきなり電源が落ちるという事象も発生した。その後電源ボタンを押しても反応なし。仕方ないので同じようにSMCをリセットして起動した。 さすがにおかしいと思ったのでチェックしてみた。

ディスクユーティリティのFirst Aidをもう一度やってみた → 問題がみつからず

前回は問題ありまくりだったFirst Aidをもう一度やってみました。もしかしたら前回のが偶然だったかもしれないからね。

firstaid

結果は問題なし。日をおいて3回やりましたが3回とも問題なし。前回のは何だったんだ…。これでFusion Driveがおかしいという線は消えました。

吸気口・排気口をエアダスターで掃除 → 3日間くらい効果あったけどその後再発

調べてみると内部にたまった埃が原因で電源が落ちてしまうこともあるようで、しばらく掃除していなかったのでエアダスターで吹いてみました。こういうとき本体が開かないって不便だね。

吹いてみるとあり得ないくらい埃が出てきました。ちょっと離れたところにある空気清浄機が全力になるくらい。あ、やっぱり原因はこれだったのかな?

その後使っていると3日間くらいは何事もなく過ぎました。「修理出さなくてよかったー」と安心していると、スリープから復帰せず電源も入らない現象が再び発生。コンセントを抜いてSMCをリセットし、起動します。

安心したのも束の間でした。埃が原因という線も消えたようです。

NVRAMリセット → 効果なし

あまり関係ないと思いましたが、一応やってみました。やり方はAppleのサポートページに詳しく書いてありますので、こちらを参照してください。

MacのNVRAMをリセットする方法 – Appleサポート

Appleによると、

たとえば、システム環境設定の「起動ディスク」パネルで指定したものとは異なる起動ディスクから Mac が起動する場合や、Mac の起動時に疑問符アイコンが表示される場合は、NVRAM のリセットが必要だと考えられます。

とのことなので、やっぱり今回はNVRAMはあまり関係なさそう。

ちなみに電源周りの問題の場合(今回はそう)は、NVRAMではなくSMCをリセットすると直ることがありますが、前回リセットしても改善しなかった。一応リンクしておきます。

MacのSMC(システム管理コントローラ)をリセットする – Appleサポート

Apple Hardware Test (AHT) → 問題は見つからず

AHTを行うことで、問題がハードウェアに関連するものかどうかを判断することができるそうで。やり方はこちら。

Apple Hardware Testの使い方 – Appleサポート

注意:2013年6月以降に発売されたMacではAHTではなくApple Diagnosticsを使う必要があります。やり方はgori.meさんの記事が詳しいです。

僕のiMacは2012年12月発売なのでAHTを行った。やり方は簡単。一旦システム終了した後、キーボードの「D」キーを押したまま電源を入れる。これだけ。

AHTが起動する前に「Starting Internet Recovery」と表示されて一瞬焦ったが、Appleによると

OS X Lion 以降を搭載して出荷された Macintosh コンピュータの一部には、インターネットベースの Apple Hardware Test をサポートするモデルもあります。

とのことなので、正常な動作みたい。

AHTモードでも普通に付属のBluetooth接続のキーボードやマウスは使うことができます。他のメーカーのものは試していないので分からないけど、こういうモードではApple純正ものを使うのが安心かな。

AHTが起動すると、最初に言語選択の画面になる。日本語も準備されているので、「主に日本語を使用する」を選択して「→」をクリック。するとテスト画面に入ることができます。

AHTには2種類のテストがあります。一つは「簡易テスト」。かかる時間は3分くらいで、実装メモリ容量によって変動する。24GBのメモリを積んだ僕のiMacの場合は5分12秒で終わった。

test1
かかった時間は5分12秒。特に問題は見つからず。

簡易テストでは特に問題は見つからなかったので、もう一つの詳細な「全テスト」も実行してみることにしました。「全テストを実行します」にチェックを入れて「テスト」をクリック。するとテストが始まる。

all-test1
全テスト中の画面。「テストを中止」ボタンは反応してくれなかった。

かかった時間は1時間40分くらい。そのうち1時間35分くらいはメモリのテストで、残りの5分がロジックボードのテストでした。

all-test2
表示されているのは簡易テストも時間も合計されたもの。

こちらも問題なし。ここまでやって見つからないということは、根は相当深いのかな?

増設したメモリを取り外す → しばらく様子見(いまここ)

僕は今年の5月にトランセンド製の8GBメモリを2枚(16GB分)増設したのです。しかしながら、こちらのブログによると、どうやら標準電圧版はiMac(27-inch, Late 2012)と相性問題が発生するみたい。

メモリの「相性」 – ezBlog

僕が増設したのは低電圧版なのですが、相性問題の可能性は捨てきれないので、増設した分を一旦取り外して様子を見ることに。

メモリが24GB→8GBに一気に減ることになるので、動作が重くなることを覚悟していたけど、体感的にはあまり差は感じられない。この記事も取り外した後に書いていますが、記事の執筆もPhotoshopでの画像の加工もスムーズ。もしこのまま電源落ちが発生しなければ、しばらく8GBでいこうと思っているところです。

まとめ

メモリを取り外し後スリープ復帰を2回くらいやりましたが、今のところは問題なさそう。もしこれが原因なのだったら、5月〜11月の半年間はなぜ問題が起きなかったのかとか、僕のiMacの個体と購入したメモリの相性がたまたま悪かっただけなのかとか、いろんな疑問が沸き上がってきますが、真相は不明なままで釈然としません。

現時点ではまだメモリが原因だったと確定したわけではないので、1週間くらい様子を見てまた報告したいと思います。今回は以上です。

スポンサーリンク

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate