Eyefi旧製品のサポートが終了。ただし延命措置があるのでMac/PCへの転送機能だけは継続して利用可能。

9月16日で使えなくなってしまったEyefi旧製品群。最近では東芝FlashAirがEyefiの技術を取り入れる発表があるなど、何かと話題になることが多かった。

で、サポートが終了し一切使えなくなってしまうと思われていたこのEyefi旧製品群だが、最低限の転送機能だけは延命措置が図られることに。そこでこの記事ではMac版の設定方法などをまとめてみたい。Windowsの方にも参考程度にはなるかもしれません。

スポンサーリンク

→ Eyefi終焉の経緯などについてはGIZMODOに詳しく書いてあります。興味のある方はこちらから。

2017年8月6日追記:
この記事は執筆から1年近くが経過し、情報が古くなってきました。特にEyefi公式サイトの閉鎖により、延命アプリのダウンロードもできなくなっています。これまでの経緯や新たな移行先などをこちらの記事にまとめていますので、もしよかったらご覧になってくださいね。

Eyefi亡き今、ワイヤレス転送難民はどうすればいいのか? 僕の写真取り込みフローがどう変わったか実例をレポート。 | starnote*
カメラで撮影した写真をすべてワイヤレスで転送してしまおうというコンセプトで、その界隈では一世を風靡したEyefi(Eye-Fi)。昨年の秋から徐々にEOL(End of Life)を進め、現在では公式サイトも閉鎖されてしまいました。 当ブログでは過去何回かEyefiのEOLに関する記事を書いてきましたが、未だに結構なアクセスがあったりシェアして頂いていることが多いのです。そんなワイヤレス転送難民の方々はこの先どのツールを使っていけばいいのか、今回はそんな視点でお届けします。 Eyefiのサービス終了を時系列順に追ってみる Eyefi(正確にはEye-Fi旧製品群)のサービス終了に関して、当ブログではこれまで何本か記事を投稿してきました。今回の本題に入る前に、時系列順で整理しておきましょう。 2016年7月:旧製品群のサービス終了のアナウンス まず、サービス終了の第1報のメールが配信されたのが2016年7月。 当時は旧製品群のサポートが打ち切られるだけで、次の世代の開発は進められているものだと思っていました。そのため、上の記事では現行製品への移行を勧めていますが、現時点ではあまりオススメしません。 というのも、ワイヤレス転送の要となるPC側のEyefiアプリが、リコー率いるKeenaiに譲渡されました。しかし、最近のリコーの業績に関するニュースを見ていると、僕はこのKeenaiも終了してもおかしくないような状況だと考えています。 このアプリが終了してしまうと、新製品群と言えども問答無用で使用不可になってしまいます。だから新製品群への移行というのも手放しでオススメできる選択肢とは言いがたい状況になってきました。 2016年8月:東芝FlashAirがEyefi連動機能の搭載を発表 2016年8月には、Eyefiとライバル関係にあると思われていた東芝FlashAirが、Eyefiの技術を取り入れると発表。FlashAirの弱点だった「カメラの自動電源オフによる転送の停止」を補うべく、Eyefi連動機能を新世代FlashAirに搭載するとリリースが出されました。

以下、元の記事を掲載しています。延命アプリのダウンロードはできませんので、参考程度に留めて頂きますようお願いします。

Eye-Fi Centerの継続利用は不可

これまでMacやWindows PCに写真を転送するのに使っていたアプリ「Eye-Fi Center」はもう使えなくなっており、新しいアプリ「Eye-Fi X2 Utility」をインストールする必要がある。

ただし、この新アプリはMac/PCへの転送機能だけに機能を絞っている。これまでEye-Fi Center経由で行っていたFlickrやEvernoteへのアップロードなどは一切できない。まあ、延命してくれただけでも御の字ということで。

Eye-Fi Centerをアンインストール

継続利用は不可なので、新アプリをダウンロードする前に旧アプリ「Eye-Fi Center」をアンインストールしておこう。

Macの場合

アプリケーション > Eye-Fiフォルダ内に「Eye-Fi Center」「Eye-Fi Helper」の2つのアプリが入っているので、Eye-Fiフォルダごとゴミ箱に入れるだけでOK。

eyefi_folder
このフォルダをゴミ箱に入れます。

Windowsの場合

おそらく通常のアプリと同じように「プログラムのアンインストール」からできると思う(未確認)。Windows 10の場合はこんな感じかな。

[Windows 10]プログラムのアンインストール方法 | シナプス・マガジン

Eye-Fi X2 Utilityをダウンロード

まずは以下のサイトから新しいアプリをダウンロードしよう。Mac用、Windows用どちらも利用可能だ。

Eye-Fi X2 Utilityダウンロードページへ

サイト右上の言語選択が日本語になっているとエラーが出るので、もしエラーになる場合はEnglish (US) にしてみよう。そうするとダウンロードリンクが表示されるはず。

Eye-Fi X2 Utilityをインストール

公式サイトにもインストール〜設定の手順がスクリーンショット付きで解説してあるが、英語版しか準備されていない。日本語版を作れないのはアイファイ・ジャパンが解散したから?

僕は検証できるようなWindows環境を持ち合わせていないので、ここではMac版でのインストール〜設定の手順について順を追って解説したい。(Windowsの方ごめんなさい!)

罪滅ぼしに英語版のWindows用解説リンクを張っておきます。設定項目はMac版と同じだと思われます。
Windows版のインストール手順
Windows版の詳細設定手順

Mac版設定方法

① ダウンロードした「Eye-Fi X2 Utility.pkg」を開き、画面の指示にしたがってインストールを行う。これは他のアプリと同様なので詳細は割愛します。

installer
画面の指示にしたがってインストールしよう。

② インストールが完了すると「Welcome to Eye-Fi X2 Utility」というウインドウが現れるので、「Activate X2 Card(X2カードをアクティベート)」をクリック。

「Activate X2 Card」をクリック。

③ 続いてEye-FiカードをMacに挿入。画面の指示では付属のSDカードリーダーを使ってUSB接続するようになっているが、SDスロット付きのMacを使っている場合はMacに直接挿入してもOK。「Next」をクリック。

setup
MacのSDスロットに直接挿入してもOK。

④ するとEye-Fiカードをカメラに挿入して何枚か写真を撮影するよう指示が出るので、Macから取り外そう。デスクトップのEye-Fiアイコンを右クリック → 取り出すをクリック を忘れずに。

takephoto
カメラに入れて何枚か写真を撮ろう。

⑤ Eye-Fiカードをカメラに挿入し何枚か撮影してしばらく放置すると、Mac側からEye-Fiカードが認識され写真の転送が始まる。以下の画面のように緑のランプがつけば成功だ。「Next」をクリック。

takephoto
カードと写真のどちらにも緑色のランプがつけば成功。

⑥ 最後に詳細設定ができる。設定項目は以下の通り。

settings
詳細設定。
  • Add Home Wi-Fi Network(自宅Wi-Fiの登録)… 自宅のWi-Fiを登録して、そのWi-Fi経由でMacに転送する設定だ。これを有効にしなければダイレクトモードオンリーの運用となるので、できれば設定しておきたい。
  • Enable Selective Transfer(選択転送)… 以前からあった「カメラ側で保護した写真だけを転送する」設定だ。
  • Configure Folders(保存フォルダの設定)… 初期設定では、写真は「ピクチャ > Eye-Fi」、ビデオは「ムービー > Eye-Fi」に保存するようになっている。変更する場合はこちらから。

※「自宅Wi-Fiの登録」と「選択転送」の設定はEye-FiカードをMacに挿入して行おう。

できること、できないこと

繰り返しになるが、Eye-Fi X2 UtilityはMac/PCへの写真の転送に特化したアプリだ。FlickrやEvernoteなど各種クラウドサービスへの自動アップロード機能は無いので、自分でアップする必要がある。Eyefi Cloudさえも非対応なので、自動アップロードが必要ならEyefi Mobiシリーズを買ってねということだろうか。

また、以前のEye-Fi CenterでサポートされていたPro X2カードのRAWファイルの転送は引き続きサポートされる。しかし残念ながらジオタグの付与はできなくなってしまった。個人的にはちょっと痛い。でも使えるだけありがたいと思うようにしよう。

まとめ

thankyoueyefi

旧製品群の延命措置用に創業者のBerendさんが「最後の力を振り絞って開発した」というEye-Fi X2 Utility。正直に言ってここまでしてもらえるとは思っていなかったし、以前のEye-Fi Centerよりもクオリティが高いように感じるアプリだ。まずは彼に心から感謝したい。

しかしながら、延命措置がされたからといってこれからもずっと使えるわけではないし、新アプリにセキュリティホールが見つかっても対策されない可能性だってある。だから新たな移行先を考える必要が無くなったわけではない。僕は新しい(Eyefiの技術を取り入れた)FlashAirに期待しているので、それが出るまではこのEye-Fi X2 Utilityで旧製品を使っていこうと思っている。

当ブログのEyefi関連の記事はこちらから。

Eyefiの旧製品が9月16日から使えなくなるみたい。旧製品のユーザーは現行製品への移行が必要。 | starnote*
Wi-Fi機能のついていないカメラでも撮影した画像のWi-Fi転送を可能にするSDカード、Eyefi(アイファイ)。僕が使っているのは旧世代の製品である「Eye-Fi Pro X2」なのだが、これを含む旧製品群が2016年9月16日以降は使えなくなる。 2017年8月6日追記: この記事は執筆から1年以上が経過し、情報が古くなってきました。これまでの経緯や新たな移行先などをこちらの記事にまとめています。もしよかったらご覧になってくださいね。 終了のお知らせが届いた 僕が知ったのは今日送られてきたEyefiからのメール(Webで公開されてます)で、まさに寝耳に水だった。もっと早くから言われていたのかもしれないけど。 2016年9月16日には、対象製品が利用している主要サービスの一部が停止されることになっておりますので、それまでに全てのお客様には製品の使用をやめていただきますようお願いいたします。 提供されているサービスが終了するだけなので、Eye-Fiカード自体は引き続き使うことができる。だからiPhone・Androidスマホへのダイレクトモードでの転送は引き続き利用可能。(ただし、これもOSのバージョンアップなどでアプリが使えなくなる可能性がある)。 しかしながら、Eye-FiカードからMacやWindows PCに写真を転送するときに使われるアプリ「Eye-Fi Center」は終了してしまうので、こちらを使っている人は転送機能を含めて全く使えなくなってしまう。 要するに、Eye-Fi旧製品群を使ってMac・PCに写真を転送している人は素直に諦めてください、ということだろう。こんなにあっけなく終わっちゃうものなんだ。 旧製品群の見分け方 Eyefiは現行製品「Eyefi Mobi」シリーズへの移行とほぼ同時にロゴを変更しているので、見分けるのは容易だ。以下の画像では上が旧製品、下が現行。 2016年9月16日以降は旧ロゴのついた製品がすべて使えなくなる(一部例外あり:Eyefi Mobiにリニューアルしたばかりの頃はまだ旧ロゴだった)。 現行製品への移行が必要 終了してしまうものはどうしようもないので、これからも使い続けたい場合は現行製品である「Eyefi
まさかの展開。東芝のWi-Fi搭載SDカード「FlashAir」がEyefiと連携へ! | starnote*
Eyefi旧製品群のサポートが打ち切られ、転送機能を含めたすべての機能が使えなくなってしまうというニュースが駆け巡ってから約1か月半。 ここへ来てまさかの展開となるようだ。これまでEyefiとライバル関係にあると思われていた東芝の「FlashAir」がなんとEyefiと連携してしまうという事態に。EyefiからFlashAirに乗り換える人もいる中でこれは朗報だろう。 2017年8月6日追記: この記事は執筆から1年近くが経過し、情報が古くなってきました。これまでの経緯や新たな移行先などをこちらの記事にまとめています。もしよかったらご覧になってくださいね。 Eyefi対応は2本柱 プレスリリースによると、今回のEyefi連携は2本柱だ。一つはカメラとFlashAirカード間の「Eyefi Connected」に対応すること。もう一つはEyefi MobiアプリのFlashAirへの解放だ。 Eyefi Connected対応のFlashAirカードが発売 …と言われてもなんのこっちゃ分からないので、ちょっと整理してみよう。 Eyefi Connectedとは プレスリリースより引用。 Eyefi Connected機能は、カメラからSDメモリカードを制御することができるカメラ連携機能で、キヤノンやニコン、ソニーなどの10社以上300機種以上のデジタルカメラで対応しています。SDメモリカードの無線のオン・オフをカメラ側で設定することや、無線通信と連動したカメラの電源制御が可能で、データ転送中の電源停止を防ぐことができます。 つまり、Eyefi ConnectedとはカメラとSDカード間の連携機能のことだ。僕が使っているソニーのNEX-7を例に取ると、Eyefiカードを挿入すると専用のメニューが出てきたり転送中のアイコンが出てきたりする。このような機能はこれまでEyefiでしか使えなかったが、新しいFlashAirでも同じように使えるようになるということだ。 新しいカードが発売される FlashAirへのEyefi Connectedの搭載はソフト的なアップデートでは対応できないみたいで、対応した新しいカードが2016年度中にリリースされる予定。早く発売して欲しい。 Eyefi MobiアプリがFlashAirへ解放!
iCloudフォトライブラリを中心に据えた写真管理 〜iPhoneとMacとミラーレスと〜 | starnote*
写真をよく撮る人なら一度は考える問題。それはスマホや一眼レフなど複数のデバイスで撮影した写真を1箇所でまとめて管理する方法ではないだろうか。どうすればお手軽に管理でき、かつ昔の写真を簡単に探し出すことができるか。僕なりに試行錯誤してみた結果、Macを使っている人ならiCloudフォトライブラリを中心に管理すると使い勝手がよかったので紹介しておきたい。 iCloudフォトライブラリを中心に据えた写真管理 まずは以下に示している図を見て欲しい。iCloudフォトライブラリを中心に据えた写真管理の全体の流れだ。要となるiCloudは50GBプラン(月額130円)を契約している。 写真を撮るのはiPhoneとミラーレス一眼の2台 僕の場合、主に写真を撮影するデバイスは2つだ。iPhone 6sとソニーのミラーレス一眼NEX-7。 iPhoneで撮影した写真は自動でiCloudフォトライブラリへ iPhoneのiCloud設定でフォトライブラリをオンにすると、iPhoneで撮影した写真はすべてiCloudフォトライブラリへ自動的に流れるようになる。特別な設定は必要ない。 ミラーレス一眼の写真はLightroomで現像したい 僕はNEX-7で撮影する写真はすべてRAW+JPEG形式で撮影しているので、一旦MacのLightroomに取り込んで現像作業を行いたい。その後でLightroomからMacの写真.appに書き出してiPhoneの写真と一括管理する、という流れだ。 確かにiPhoneの写真をLightroom側に取り込んで、Lightroomで一括管理する方法もあるが、閲覧時の操作性ではLightroomよりも写真.appの方に軍配が上がると僕は思っている。でも現像作業はLightroom一択なので、このような使い分けにしている。 そこでここからは、「ミラーレス一眼NEX-7で撮影した写真をLightroomで現像し、写真.appに取り込んでiCloudフォトライブラリに流す」という一連の流れをできるだけ自動化する方法についてまとめてみたい。 NEX-7からMacへの転送はEyefiで自動化
スポンサーリンク

3 Comments

    • みしっと Reply

      Utilityのインストールはできましたが、残念ながら、”Activation information could not be retrieved from Eye-Fi servers at this time. Please try again in a few moments.”と出て、アクティベートできませんでした。

      • Mikémelo Reply

        こんにちは。情報ありがとうございます。

        やっぱりアクティベート時にはEyefi側との通信が必要なんでしょうかねぇ。僕もユーティリティをインストールしたiMacが不調ということもあり、もうEyefiは使っていません。残念ですが諦めるしかなさそうですね…。

Leave A Reply

Navigate