dtabカーナビ化計画。〈その2:dtabレビュー編〉

ドコモから発売されているAndroidタブレット「dtab d-01G」をカーナビとして使えるようにしようというこの企画。その2はdtabをはじめとして、購入したものを紹介したい。

前回の記事〈その1〉はこちらからどうぞ。

dtabカーナビ化計画。〈その1:検討編〉 | starnote*
僕は普段Mac・iPhone・iPadを使っている根っからのApple信者なのだが、別に他の勢力を敵視したりはしない。むしろできるだけ取り入れようと努力している方だと思う。一つの企業の思想に執着してしまうと考え方が凝り固まってしまうし、使う目的によって向き不向きがあるからね。使い分けた方がいい場合もある。 今回の目的は「車で使っていた古いポータブルナビを置き換える」こと。その目的を達成するにはAndroidタブレットの方がいいと考え(理由は後述)ドコモから発売されているdtab d-01Gの白ロムを購入しので、カーナビ化する過程を記録したい。 今回の経緯 僕の車は2009年式の日産キューブ(Z12型)。当時新車で購入して7年間ずっと乗ってきた。ダッシュボードには「2DIN」と呼ばれる大きさの穴が開いていて、そこにはメーカーオプションのオーディオが収まっている。契約した当時は地図は頭の中に入ってるしナビなんかいらない!と思っていたのだが、乗り出してから遠出などするとやっぱりナビは必要だという結論に達した。当時の自分を殴ってやりたい。 2009年当時はiPhone 3GSの時代。ナビをスマホで代用することはできなくはなかったが、全く使い物にならなかった、そんな時代だ。そこで僕はソニーから発売されていたポータブルナビ「nav-u」を購入し装着していた。しかし7年間も使っていると地図情報が古くなるからそろそろ買い換えたい。 今は2016年。当時は全く使い物にならなかったカーナビアプリもポータブルナビを凌駕する性能へと進化した。例えば「Yahoo! カーナビ」。無料で最新の地図と渋滞情報が利用できる。いい時代になったね。これを使わない手はないと思い、ポータブルナビを置き換えようと思い立った。 そもそもなぜAndroidタブレット? 「カーナビ」としての機能を求めると、デバイスの選択肢は以下のようになると思う。 埋め込み式2DINナビ(インダッシュも含む) ポータブルナビ スマホ/タブレットのカーナビアプリ 1. 埋め込み式2DINナビ

dtab d-01G

f:id:melopan:20160403203132j:plain

箱の中身はd-01G本体クイックスタートガイド保証書スタンドだけというシンプルな構成。余計なものが一切入っていないこの感じ、僕は好きだ。

ちなみにこのd-01Gは中国のメーカーであるファーウェイ製。僕は以前中国・Lenovoから発売されていたWindowsタブレットmiix 2 8を所有していたことがあったのだが、本体の質感はお察しレベルだった。なんかペコペコするし。しかしこのd-01Gは中国メーカーとは思えないほどしっかりとしたアルミニウムの筐体で質感も高い。いい意味で期待を裏切られた印象だ。

f:id:melopan:20160403205135j:plain

裏面はこんな感じ。アルミニウムの質感は高い。上下の白い部分はプラスチックなのだが決して安っぽい素材ではなく、またアルミニウムとの境目に大きな段差もない。これ本当に中国メーカー?

A5用紙をスリムにしたような大きさ

f:id:melopan:20160403210525j:plain

横に並べているのはロディアのNo.16(A5サイズ)。公式スペックによると、d-01Gは 高さ約215 mm × 幅約121 mm × 厚さ約7.9 mm となっている。

f:id:melopan:20160403210844j:plain

iPad Air 2と並べるとこんな感じ。右のやつにAppleシール貼ったら騙される人いそうだなぁ。

端子やボタンの質感も良好

f:id:melopan:20160403212405j:plain

本体底面にはmicroUSB端子。

f:id:melopan:20160403212453j:plain

右側面にはスリープボタンと音量ボタン。

f:id:melopan:20160403212542j:plain

上面にはヘッドホンジャック。

f:id:melopan:20160403212617j:plain

そして裏面の左上には500万画素のカメラが備わる。でも正直に言ってこのカメラには期待しない方がいい。無いよりはましという程度だった。嫌いじゃないけどね、こういう割り切り方。

GPS搭載セルラーモデル

dtab d-01Gのアドバンテージは、LTE対応セルラーモデルでありかつGPSを搭載しているという点。ただしトンネル内などGPSの電波が受信できない環境では現在地の表示ができない可能性が高い。ここが埋め込み式のカーナビと比較して大きく劣る点の一つだ。(埋め込み式は車から車速信号の情報をもらってトンネル内でも現在地を推定できる。)

f:id:melopan:20160404000830j:plain

SIMスロットは本体裏面下部のカバーを開けたところにある。大きさはmicro SIMだ(ドコモではmini UIMカードと呼んでいる)。またmicroSDカードは32GBのmicroSDHCまで対応するようだ。それ以上の容量は保証対象外となるから注意しよう。

f:id:melopan:20160404001340j:plain

今回は9か月割引キャンペーンを行っていたときに契約したmineo DプランのSIMを使っている。nano SIMで契約してしまったためSIMアダプタを使ってmicro SIMサイズに変換した。

タブレット用車載ホルダー

f:id:melopan:20160404003915j:plain

サンワサプライの車載ホルダーを購入した。粘着性の吸盤でダッシュボードにしっかりと固定できる。

f:id:melopan:20160404004101j:plain

Anker PowerDrive 2

f:id:melopan:20160404004835j:plain

シガーソケットからUSB電源に変換するアダプタ。Ankerのものを購入した。PowerIQに対応しているのでデバイスに最適な電流が流れる。

Ugreen オーディオステレオケーブル

f:id:melopan:20160404005059j:plain

音声はタブレットのヘッドホンジャックからカーオーディオのAUX端子に入力する。片方がL型になっているものを購入した。

総額 ¥17,491

USBケーブルは今のところはあるもので代用する。これもL型のものを購入しようと考えているが、急速充電に対応していないものもあるらしく、どの商品がいいのか見極めている段階だ。

dtab d-01G ¥12,670
タブレット用車載ホルダー ¥2,972
Anker PowerDrive 2 ¥1,199
Ugreen オーディオステレオケーブル ¥650
総額 ¥17,491

総額17,491円で買いそろえることができた。USBケーブルを追加しても20,000円以内に収まるだろう。

次回は実際に車載してみての使用感やナビアプリの使い勝手をレビューしたい。現在いろいろなナビアプリをチェックしている状況なので、少し時間がかかるかもしれないがご了承ください。今回は以上です。

 

2016年5月15日追記:続きを書きました。

dtabカーナビ化計画。〈その3:設定編〉 | starnote*
ドコモから発売されている「dtab d-01G」を車載してカーナビ化してみようという企画の3回目。今回はdtabをカーナビとして使うための設定方法について解説したい。 以前の記事はこちらからどうぞ。1回目はなぜdtabなのかということについて書いた。 2回目はdtab本体や車載スタンドなど購入品のレビューをした。 まずは必要なアプリをダウンロード 僕はdtabを現在地周辺の地図の表示と音楽の再生に使おうと思っている。それぞれ使うアプリは以下の通りだ。 地図の表示 → Yahoo! カーナビ Yahoo!カーナビ – 無料で使える本格カーナビアプリ 開発元:Yahoo Japan Corp. 無料 posted with アプリーチ 無料で高品質なカーナビアプリだ。その名の通りYahoo! Japanが提供していて、Yahoo!アカウントでログインすると渋滞状況も表示させることができる。個人的には他の地図アプリよりも運転中にチラ見で地図が見やすいと感じた。 音楽の再生 → Google Playミュージック Google Playミュージック 開発元:Google, Inc. 無料 posted with アプリーチ このアプリを使うとGoogleのサーバーにアップロードした手持ちの音楽をストリーミング再生することができる。僕はdtabを常に車載しておきたい(家に持って帰りたくない)のでPCに繋がなくても音楽の同期ができるこのアプリを選んだ。 Taskerでエンジン始動/停止と連動させる dtabをカーナビ化するに当たって肝となる作業だ。Google PlayストアでTaskerというアプリを購入しよう。このアプリはエンジンの始動/停止とdtabのスリープ解除/スリープを連動させるために使う。有料アプリだがこれがないと始まらない。 Tasker 開発元:Crafty Apps EU ¥399 posted with アプリーチ 僕はこんな感じで設定している。Taskerを使うとこの一連の動作をすべて自動化させることが可能なので、普通のカーナビと同じように使えるのだ。 【エンジン始動時】 エンジン始動(USB給電開始)→

前回の記事はこちら。 

dtabカーナビ化計画。〈その1:検討編〉 | starnote*
僕は普段Mac・iPhone・iPadを使っている根っからのApple信者なのだが、別に他の勢力を敵視したりはしない。むしろできるだけ取り入れようと努力している方だと思う。一つの企業の思想に執着してしまうと考え方が凝り固まってしまうし、使う目的によって向き不向きがあるからね。使い分けた方がいい場合もある。 今回の目的は「車で使っていた古いポータブルナビを置き換える」こと。その目的を達成するにはAndroidタブレットの方がいいと考え(理由は後述)ドコモから発売されているdtab d-01Gの白ロムを購入しので、カーナビ化する過程を記録したい。 今回の経緯 僕の車は2009年式の日産キューブ(Z12型)。当時新車で購入して7年間ずっと乗ってきた。ダッシュボードには「2DIN」と呼ばれる大きさの穴が開いていて、そこにはメーカーオプションのオーディオが収まっている。契約した当時は地図は頭の中に入ってるしナビなんかいらない!と思っていたのだが、乗り出してから遠出などするとやっぱりナビは必要だという結論に達した。当時の自分を殴ってやりたい。 2009年当時はiPhone 3GSの時代。ナビをスマホで代用することはできなくはなかったが、全く使い物にならなかった、そんな時代だ。そこで僕はソニーから発売されていたポータブルナビ「nav-u」を購入し装着していた。しかし7年間も使っていると地図情報が古くなるからそろそろ買い換えたい。 今は2016年。当時は全く使い物にならなかったカーナビアプリもポータブルナビを凌駕する性能へと進化した。例えば「Yahoo! カーナビ」。無料で最新の地図と渋滞情報が利用できる。いい時代になったね。これを使わない手はないと思い、ポータブルナビを置き換えようと思い立った。 そもそもなぜAndroidタブレット? 「カーナビ」としての機能を求めると、デバイスの選択肢は以下のようになると思う。 埋め込み式2DINナビ(インダッシュも含む) ポータブルナビ スマホ/タブレットのカーナビアプリ 1. 埋め込み式2DINナビ
スポンサーリンク

Leave A Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Navigate